1: 名無しさん
韓国サッカーの宿命“兵役“。知られざる義務と免除の仕組み。ソン・フンミンには最後のチャンスと裏技も

今夏行われたリオデジャネイロ五輪。サッカーではブラジルが国史上初の金メダルを獲得した一方で、日本はグループリーグ敗退、韓国はベスト8敗退となった。特に韓国の選手たちにとってこの結果は受け入れがたいものであったはずだ。国の事情により、兵役制度が存在しているからだ。(文:キム・ドンヒョン【城南】)

兵役は「国民の義務」。アスリートにはある「特恵」が

 今夏を盛り上げたリオデジャネイロ五輪がいよいよ幕を閉じた。サッカーではブラジルが自国史上初の金メダルを獲得し、歴史に名を刻んだ。ネイマールの号泣は記憶に新しい。残念ながら、韓国と日本はそれぞれベスト8、グループリーグ敗退という成績に終わった。特に韓国のメダル獲得失敗は、選手たちのキャリアへの影響は計り知れない。その影響とは”兵役の義務”だ。

 兵役はおそらく日本の読者にはピンと来ない話であろう。韓国は1950年から始まった朝鮮戦争の休戦協定を1953年に結んでいる。すなわち決して戦争は終わったのではなく、北朝鮮とは”休戦”状態なのだ。

 今でも年間20万人にのぼる19歳から32歳の若者たちが(軍隊の種類によって期間は相違であるが)社会と離れ、およそ2年間兵役の義務を果たさなければならない(筆者も韓国国籍を持っており、2010年から2012年まで海兵隊で義務を果たした)。

 義務であるため、免れるためには正当な理由が必要だ。大きな怪我を負った前歴、障がい、不遇な家庭環境、移民による外国籍取得など免除の理由はそれぞれ。アスリートでも大きな怪我を負っている選手ならば一定の書類を提出し、身体検査を受けることで免除が可能だ。4年前、Kリーグの試合で膝十字靭帯断裂の重傷を負った韓国代表DFホン・ジョンホ(江蘇蘇寧)がこのケースに当たる。つまり、健康で、一般的な身体能力や環境を持っていれば、兵役の義務を果たさなければならないのだ。

 しかしスポーツ選手には特例の手段がある。韓国兵役法第33条7項1号には「入隊対象の中、大統領令で定める芸術・体育分野の特技者として文化体育観光部長官が推薦する人を芸術・体育要員として編入することが可能」と書いてある。「大統領令」で定める条件は「五輪3位内・アジア競技大会1位」だ。

 2012年ロンドン五輪での銅メダル獲得によって、ク・ジャチョル、チ・ドンウォン(以上アウグスブルク)、パク・チュヨン(元アーセナル、FCソウル。彼の場合はもう少し複雑。下記にて補足する)、2014年仁川アジア競技大会で金メダルを獲得したチャン・ヒョンス(元FC東京、現北京)などはこの制度が適用され、兵役の義務から免除された。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160829-00010022-footballc-socc

フットボールチャンネル 8月29日(月)11時20分配信
no title


スポンサード リンク

2: 名無しさん
競争率の高い「軍隊チーム」への入隊。Jリーグでプレーした選手も

もちろん免除されたといってすべてが終わるわけではない。2年間の義務はなくなるものの、4週間の基礎軍事訓練は必ず受けなければならず(免除とは関係なく韓国人男性ならすべて受ける義務である)、7年間の「予備軍」制度にもかならず参加しなければならない。

 それでも2年間の兵役を1か月の基礎軍事訓練に減らせるというのは大きなメリットだ。ちなみに2002年日韓W杯の韓国代表は4位に終わり、3位以内は逃したが、国民の絶対的支持や史上初の快挙ということが重なり、大統領令として兵役の義務からの免除という特恵を受けている。

 では「免除」されない選手たちはどのように兵役の義務を果たすのか。選択肢は2択。プロリーグに参戦している軍隊チームであるサンジュ常武(Kリーグクラシック・1部)か、アンサンムグンファFC(Kリーグチャレンジ・2部)に入隊するか、もしくは一般の軍部隊に入隊するか、だ。

 しかし、プロリーグに参戦する軍隊チームに入隊できる選手は一握り。27歳までに入隊しなければならず、入隊できる人数も決められているため、すべての選手が入隊できるわけでもなく、競争率も高い。韓国代表歴がある選手、Kリーグおよび海外プロチーム在籍歴を持つ選手が多数だ。
 
 もちろんこの選手たちも書類審査、体力テストなどを受けなければならない。Jリーグファンにお馴染みのチョ・ヨンチョル(元大宮、現サンジュ)、ペ・スンジン(元横浜FC、現アンサン)がこの方法を選んでいる。(元清水のチョ・ジェジンは来日前に除隊。キャリアの序盤に兵役の義務を済ませた数少ない選手だ)

メダルを逃したソン・フンミン。「特恵」へのラストチャンスとは

 トップクラスでありながら一般軍隊に入隊する選手も稀ながら存在する。中でも特別ケースを紹介したい。城南FCでゲームキャプテンを務める元韓国代表SBチャン・ハギョンは年齢制限で軍隊チームに行けず、一般軍人として入隊。身体検査の結果、戦闘部隊には配置されず、通勤制の部隊に配置。通勤制の部隊は6時に退勤でき、その後の生活は比較的フリー。

 そこで彼はなんと当時社会人リーグ所属だったソウルFCと契約した。「無償レンタル」の形で、年俸も当然無し。試合にコンスタントに出場した彼は除隊後も無事プロとして復帰を果たしている。もちろんこのケースは希有だ。

 リオデジャネイロ五輪でメダル獲得に至らなかったソン・フンミン(トッテナム)の今後にも注目が集まる。結論から言うと、まだ「特恵」のチャンスは残っている。2018ジャカルタアジア競技大会での金メダル獲得だ。

 27歳の年齢制限、そして軍隊チーム入隊前年は必ずKリーグに属する必要があることを考えると、1992年生まれの彼にはこれが最後のチャンスとなる。メダル獲得への自信や一般部隊に入隊する覚悟があれば、2020東京五輪も視野に入れることもできるが、あまりにもハイリスクだろう(2020年の彼の年は28歳。軍隊チームには入隊できなくなる)。

 もちろん欧州での生活を終え、Kリーグのクラブに入団しそのまま軍隊チームに入隊するのも選択肢の一つ。しかし、ヨーロッパでも評価される彼が簡単に韓国行きを選択することは想像しがたい。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160829-00010022-footballc-socc&p=2

3: 名無しさん 2016/08/29(月) 13:08:29.68 ID:Dt8EBssp0
パク・チュヨンに見る帰化、永住権。ソン・フンミンの選択は

 そして最後の手は帰化、永住権だ。国籍を変更したり、海外に住みながら永住権獲得したりすることで、兵役を最大限に延期する方法だ。海外居住者は36歳を超えると年齢制限に引っかかるため、自動免除となる。ある種の特恵ともいえる。

 極端な話で現実味を帯びないという指摘があるかも知れないが、実際にこの手を試みた選手がいる。パク・チュヨンだ。上述のように、彼は五輪の銅メダルで兵役を免除している。ならば、どういうことなのか。

 パク・チュヨンはASモナコでプレーしていた際に、モナコ王国から10年間認められる居住権を付与された。モナコ王国は永住権制度がないため、実質的にこの居住権が永住権の性格を帯びる。当時彼の年齢は27歳だったため、37歳まで海外に滞在すると現役軍人としての入隊は当然不可能。もし途中で引退するとしても31歳に帰国したら一般部隊ではなく、先ほどチャン・ハギョンの例で説明した通勤制の部隊に配置される。彼をこの制度の巧妙に利用し、兵役を延期していたのだ。

 もちろん軍隊に行きたくない心情を理解できなくはない。また法的には何の問題もない。しかし、義務を不公平な手で免れようとした彼の行動に国民の反発が起こり、非難が殺到した。結局彼はロンドン五輪メンバー選出記者会見で謝罪。3位決定戦の日韓戦で鮮やかなゴールを決めたが、今でも彼を「モナコ人」と揶揄するサッカーファンも少なくない。

 このような”除隊”の恩恵を受ける選択肢の中でソン・フンミンはどれを選ぶのだろうか。今後、おそらく厄介な問題となるはずだ。キャリアに傷ができない選択をすることを祈るのみだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160829-00010022-footballc-socc&p=3

4: 名無しさん



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ