1: 名無しさん
マレズがレスターと2020年まで契約延長…岡崎慎司ら所属のプレミア王者に残留
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000030-goal-socc
レスター・シティは17日、アルジェリア代表MFのリヤド・マレズと契約延長を締結すると発表した。契約期間は2020年6月まで。“ミラクル・レスター”優勝の立役者の一人であるマレズはアーセナルなどビッグクラブへの移籍がうわさされていたが、今夏のマーケットにおける獲得レースはこの発表を持って終止符が打たれた。

レスターは発表に際し、「契約延長を発表できることを嬉しく思う。彼の将来は2020年まで、フォクシーズ(レスターの愛称)とともにある」とコメントした。

マレズは2014年1月にフランスのルアーブルからレスターに加入。独特のリズムから繰り出されるドリブル、精度の高いパス、そして高い決定力を武器に主力に定着し、昨シーズンは17ゴール11アシストを記録した。プレミアリーグの優勝に大きく貢献し、イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)が選出する年間最優秀選手に輝いていた。

昨シーズンのブレイクによって今夏の移籍市場の目玉選手の一人と見られ、アーセナルやチェルシーなどへの移籍がうわさされていた。『フランス・フットボール』によると、マレズ自身、「プレミアリーグはすごいリーグだからできる限りここに留まりたいと思っている。でも世界を見渡すと、誘われたら簡単に断れないクラブが2、3つあるのも事実なんだ」と話したといい、レスターを離れる可能性は十分にあると見られていた。

しかしながら今回の発表により、レスターへの残留が確定。クラウディオ・ラニエリ監督やジェイミー・バーディー、岡崎慎司らとともに、チャンピオンチームの一員として新たなシーズンを戦っていくことになる。

GOAL 8月18日(木)6時42分配信
no title


スポンサード リンク

2: 名無しさん



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ