1: 名無しさん 2016/07/04(月) 18:43:31.80 ID:CAP_USER9
ハイリスク、ハイリターンの船出となる。

 それが宇佐美貴史のアウクスブルクへの移籍である。すでにメディカルチェックを済ませ、契約も正式に交わすまでに至っている。

 かつて細貝萌も所属したアウクスブルクは、2011-12シーズンにはじめて1部に昇格すると、着実に力をつけてきた。一度も2部に降格せず、昨シーズンはクラブ史上はじめてヨーロッパリーグ(EL)に出場した(グループリーグを突破したELとリーグ戦の両立に苦しみ、昨シーズンは残留争いにも巻き込まれたが)。

 しかし、クラブを初めてELに導いたバインツィアル監督が、昨シーズン終了後にシャルケに引き抜かれてしまった。

 代わりにやってきたのが、シュスター監督だ。彼の手腕に目を向けると、宇佐美がこれから直面する状況のヒントを探ることができる。
監督は過去5シーズンで3度の昇格経験者。

 シュスターは、2011-12シーズンにシュツットガルト・キッカーズを4部から3部に昇格させて名をあげると、2012-13シーズンの途中にダルムシュタットの監督に就任。ダルムシュタットでは、2013-14シーズンに3部から2部への昇格を決め、その翌シーズンに1部に昇格。2年連続で上のカテゴリーに進む快挙をなしとげた。過去5シーズンで実に、3度も昇格を経験した。

 昨シーズンのダルムシュタットで、クラブとしては34シーズンぶり、監督としては初めて1部での戦いをスタートさせたとき、1年での降格が濃厚とみられていた。しかし、14位につけ1部残留に導いた。
自陣に引きこもり、ファウルも厭わずに勝つ。

 昨季、彼がダルムシュタットで作り上げたチームの特長は実にわかりやすかった。彼らの特徴的なデータを以下に紹介する。

 ・平均ボール支配率 36.8% リーグ最下位(40%を下回ったのはダルムシュタットだけ)
・平均走行距離 111.6キロ リーグ最下位

 チームの走行距離が短いのは自陣に引きこもり、前に出て行くシーンと選手が限られているから。そういう戦いをするから、支配率も下がる。

 ちなみに、各選手のイエローカードの合計は86枚で、リーグで2番目に多かった。昨シーズン、ダルムシュタットと対戦した際にマインツの武藤嘉紀はこう話していた。

 「『とにかく相手は挑発してくる。何回も削られるだろうし、ボールと関係のないところでやられると思うけど、それで苛立つな』と監督から試合前に言われていた。ドイツでやってきて、今までで一番あくどかったというか……」

 ラフプレーも含めて、自陣でのハードな守備を武器にして勝ち点を稼いだチームなのだ。

ロングボールとセットプレーで点を取る。

 攻撃面でのデータも特徴的だ。

 ・総ゴール数……38ゴール 18チーム中14位
・セットプレー(PKはのぞく。以下同じ)からのゴール数……17ゴール リーグトップ
・総ゴールのうちセットプレーが占める割合……45% リーグトップ
・シーズンのCK獲得数……119本 リーグ最下位
・ビッグチャンスの数……147回 18チーム中17位(キッカー誌の集計)

 攻撃で相手を崩すようなシーンはほとんどなく、4-4-1-1の布陣で最前線に置かれた屈強なセンターフォワードのバグナーめがけたロングボールとカウンター。それらが流れのなかの攻撃の主なパターンだった。そして、数少ないセットプレーからゴールを狙うことに最大の情熱と力を注いでいた。

 昨季のブンデスリーガで最も戦力に乏しいチームとしての戦いを徹底したからこそ、周囲の評価を覆し、1部に残留出来たわけだ。
宇佐美の技術が活きるサッカーになる展望は?

 宇佐美のテクニックとドリブルを活かせるようなサッカーとは正反対の、弱者の戦い。それが、シュスター監督がはじめてブンデスリーガ1部に臨んだシーズンで採用し、成果をおさめた戦術だ。

 もちろん、アウクスブルクの選手層はダルムシュタットに比べれば厚い。選手の質も上だ。そしてアウクスブルクの選手たちには、バインツィアル監督のもとで築き上げたサイドからの攻撃がある。

 「これからはボールを多く使った練習を取り入れていく」とシュスター監督は語り、ダルムシュタット時代とは違うサッカーへの色気も見せる。

 ただシュスターが、自身にとって唯一の成功体験である弱者のサッカーをアウクスブルクで採用しても、何ら不思議ではない。むしろロジカルな選択だとさえいえる。

 シュスター監督の得意とするサッカーの特徴を考えると、宇佐美の特長が活かされるかについては疑問が残る。彼とて、ドイツに守備力を磨きにきたわけではないだろう。

 この移籍はミスマッチではないか。そう言われても不思議ではない。事実、今回の移籍は成功が確約された類のものではない。

no title


スポンサード リンク

2: 名無しさん 2016/07/04(月) 18:43:46.96 ID:CAP_USER9
結局、ゴールに絡めば使われるという真実。

 ただ、だからこそ面白味もあるのではないだろうか。

 アウクスブルクでは、単独で相手の守備を切り裂いて、ゴールまで持って行く力が求められる。あるいは前線にいて、少ないチャンスをゴールにつなげる。

 チームは宇佐美を左MFとして考えているそうだが、攻撃的なポジションの選手である以上、ゴールやアシストの結果を残さなければ生き残ることはできない。目に見える結果を残したときに、はじめてそれ以外の働きが評価される。

 もしもシュスター監督が守備を第一に考えれば、宇佐美を起用しながら守備力を鍛えさせるよりも、守備力に長けた他の選手を起用するほうが早い。

 ただ、宇佐美がゴールに絡む働きや、独力で相手の守備を崩すようなプレーを数多く見せられれば、シュスター監督も宇佐美を使わざるをえない。そして、試合に使われれば宇佐美の守備面もまた鍛えられていくはずだ。それは宇佐美の成長につながる。
宇佐美の復帰はドイツ国内でも注目されている。

 となると、プレシーズンや開幕からの数試合でどこまでゴールに絡めるか。宇佐美の未来を左右するのは、その点につきる。

 圧倒的な数字を残していくこと。そこにこそ、宇佐美の目指す境地がある。容易ではないが、実にシンプルだ。攻撃的なポジションの選手にとって、本質的な能力が求められるのだ。

 宇佐美のアウクスブルク移籍が基本合意に達したあと、ブンデスリーガを放送するCS放送局のSKYは、ホッフェンハイム時代に決めたミドルシュートの映像とともに、2012-13シーズン以来4年ぶり宇佐美がブンデスリーガに戻ってくると報じた。

 こうしたニュースは契約している視聴者だけではなく、一般の人が見られるように駅の広告ビジョンでも頻繁に流されていたから、多くのドイツ人が目にしたはずだ。

 日本だけでなく、ドイツでも大きな期待があり、注目されている。そして、乗り越えるべきハードルは高い。

 ただ、1人の若者が再び海をわたるのだから、それくらい厳しい戦いであることもまた、楽しいものではないだろうか。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160704-00825982-number-socc&p=3

3: 名無しさん 2016/07/04(月) 18:46:04.12 ID:H3rCmTYD0
ほんとなんでこんなところ入ったんだろうか
脳筋ドン引きロングカウンターなんて合うわけねえじゃん

18: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:17:43.37 ID:ZxwKUkwn0
>>3
監督交代も知らないし、何も考えてないんじゃないか。。。

4: 名無しさん 2016/07/04(月) 18:48:19.61 ID:MfYzCuin0
これは3回目のセレモニーあるで

5: 名無しさん 2016/07/04(月) 18:49:19.83 ID:SA5mi7W70
戦術うんぬんじゃなくて監督が宇佐美の良さを理解できてるかどうかで全てが決まると思う。
ポゼッションもカウンターも一流よ。

6: 名無しさん 2016/07/04(月) 18:50:55.56 ID:PymG41KD0
>>5
お前の脳内でだけな

7: 名無しさん 2016/07/04(月) 18:53:41.43 ID:Nvgc5/EQ0
要は中盤すっとばしサッカーだろ
練習試合でもIHで使われたみたいだし、宇佐美とか使いようないんじゃね

10: 名無しさん 2016/07/04(月) 18:58:05.24 ID:Zva2yEyU0
ベルントシュスターとは違うシュスターか

11: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:00:08.05 ID:SN/Srviy0
屈強なセンターフォワードのバグナーめがけたロングボール

パトリックにパスだすのが宇佐美だったんで戦術的に対応できるわな
パトリック中々決めてはくれなかったが

12: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:02:03.59 ID:72ux2B2l0
正直、こういうクラブとか2部の方が成長できるだろ
弱いチームだからこそ、球際とかの戦いを強いられる場面が多いわけだし

13: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:05:37.74 ID:p9RcxYbI0
まさかの右SB起用

14: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:06:09.02 ID:whnKAd7y0
守備的なクラブほど一人でボール運んだり点獲れる選手が必要だから合ってる

19: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:18:01.89 ID:PymG41KD0
>>14
カウンターが最強なのは決定機の質が違うから

裏抜けからの1対1、つまり超決定機の割合が多い
だからFWの能力はそれほど要らないが足の速さは必要

宇佐美は鈍足

21: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:23:23.96 ID:7LvEanpF0
>>14
今の宇佐美に突破とか得点は皆無では
逆に守備は昔より頑張っていてアシストする側になりそうだが

15: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:06:22.19 ID:5fJmbyqf0
エンブレム、土筆マークなんだなw

16: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:12:55.26 ID:WG4S7oDm0
いかにも浅野が活きそうなやり方だな

17: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:15:40.37 ID:5fJmbyqf0
検索したら、ふつーにドイツでもニョキニョキしているらしい。土筆
ニョキニョキ宇佐美がんばれ

20: 名無しさん 2016/07/04(月) 19:22:07.61 ID:XjWCmj930
日本も世界相手なら弱者だからな
弱者の戦術で輝けるようになれば御の字だな

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1467625411/


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ