1: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:25:01.75 ID:CAP_USER9
先月のことだが、日本の一部スポーツ紙で、吉田麻也の名古屋グランパスへの復帰の可能性について報じられていた。
 これはまず、吉田がサウサンプトンで置かれる現況を反映しての報道である。
もし、レギュラーでバリバリ活躍している選手であれば、プレミアリーグからいきなり日本復帰の噂が出るはずがない。
そう、残念ながら、今季の吉田は放出されても仕方ないパフォーマンスが続き、
サウサンプトンでの立ち位置は安泰ではなくなっているからこそ吹き出た話である。
 
 今季開幕直後のリーグ戦で4試合連続先発出場し、レギュラーとしてシーズンをスタートした。
しかし移籍市場ギリギリでセルティックからフィルジル・ファンダイクを獲得したロナルド・クーマン監督は、
直後のWBA戦からこの同胞CBを起用。吉田は過去2季と同じ定位置であるCB3番手に降格してしまう。
 とはいえ、そのユーティリティ性とサッカーへ取り組む真摯な姿勢を高く評価する指揮官は、
昨夏に購入した右SBのセドリックに満足していない様子だった。
そのため日本代表CBにこのポジションでチャンスを与え、特に守備力が必要とされる格上との対戦の際に積極的に起用した。
 
 本人も「選手としての幅を広げるチャンス」と以前SBとして使われていた時に比べると大幅に前向きに構えて、
右SBとして「レギュラーを目指すくらいで」と意気込みを見せていた。
だが不慣れなポジションがゆえ、次第に苦しい戦いを強いられるようになる。
 象徴的だったのは11月下旬の対マンチェスター・シティ戦。敵の攻撃力を警戒したクーマン監督は
右SBで吉田を起用するも、開始直後にいきなりラヒーム・スターリングにボールを奪われて先制点を献上。
以降、吉田の先発出場機会は数えるほどで、プレータイム自体も大幅に減少した。
そんななかでにわかに出始めたのが、吉田の移籍に関する噂である。
 
 今季も終わりに近づいた5月1日のマンチェスター・シティ戦。真相について話を聞く機会が訪れた。
試合後、ミックスゾーンに顔を出した吉田は「試合に出てないんだから聞くことないでしょう!」といいながらも足を止め、
冒頭の名古屋への移籍話についての真意も聞かせてくれた。

昨年1月に契約延長をしている吉田は、今夏の時点で契約を2年間残す。
当然残留を望んでいるはずで、本人も「イギリスは良い国だと思うし、リーグもいいし。なにより英語なので分かるので。
それがもしイタリアやドイツなどにいったら、状況はまた変わってくるから」と、イングランド、
つまりプレミアリーグ残留を大前提に置いていることを明かした。
 
 だがその一方で、第3者的な視点からよりシビアに自分の置かれた立場を分析し、
そのうえで「可能性は、どこに行くのもゼロじゃないでしょう」ともしている。
 
「もしかしたら中東に行くとか、中国に行くとか、ドイツもあるし、イタリアもある。
アジアだからどうとか、そういうのは、分からないじゃないですか。なにがあるかは分からない。
もしかしたら、(将来的に)家族の問題で(日本へ)帰らなければならない場合もあるかもしれない」

 確かに吉田の言うとおりであり、だからこそ「はっきり言う必要もないのではないかな、と」という結論に至ったのだ。
同時に「でもまだ2年間の契約が残っているし。
(移籍金が)『高い』と自分でいうのもなんだけど、Jリーグでそれだけ出すのであれば
(自分より)もっと良い選手が取れると思う」と冗談めかして笑った。
 
 だがこれらはすべて、現在の吉田が考えている本音だろう。そのうえで、真面目な顔でこう続けた。
 
「すべてはタイミング。どんな可能性も残っている。もしかしたら明日の練習で誰かが怪我をして
試合に出るようになるかもしれないし、逆にずっとベンチかもしれないし。
でもオファーが来てどこかに行くかもしれないし、行かないかもしれないし。それはその時にならないと分からない」
 
 2年半前に李忠成が日本へ復帰した際、サウサンプトンでのレギュラー争いに後れを取る吉田に
「日本復帰は考えるか」と聞いたことがあった。その際には「ない、ない!」と真っ向から否定した。
あの頃と比較して態度は軟化している。おそらくそれは、吉田の心の余裕から生まれているものである。

no title

 


スポンサード リンク

2: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:26:01.44 ID:CAP_USER9
 選手としての自信やプレミアリーグで4年間プレーしてきた自負。もしかしたら2年間契約を残しているという
余裕でもあり、逆にいえば他のどこにいってもできるという確信かもしれない。
 
 当時と比べて状況は大きく変化しているだろうか。あえて言えば、レギュラーの座は掴めていないにしろ、
フットボーラーとしてさらに進歩しているのは確かだ。それだけに、現在のサブに置かれた状況についても
「あまり考えすぎないように、するようになった」。
 
 以前であれば「『あれやらなければ、これやらなければ』と感じていた」ために、
出場するたびにアピールしようと空回りすることも多かった。しかし「いまは気持ち的にはだいぶ落ち着いている」という。

一方で、プロサッカー選手としては試合に出場しなくてはいけないのを最も自覚しているのは本人だ。
 
「選手だから試合に出てなんぼだと思うし。シティ(の選手)も同じように……いくらネームバリューがあっても、
コンスタントに出ていないと明らかにフィットしていないし。ボニだってスウォンジーの時と比べたら全然違う。
そこは、僕だけではなくて、どの選手も同じだと思う。やはり、もうちょっとプレーする時間は必要かな。
今日の試合は、試合勘というか、コンスタントに試合に出ることの大事さを、見ながらも感じましたね」
 
 実直なスポーツマンである吉田を動かすには、「なにか」が必要である。
例えば、よりハイレベルなクラブやリーグへのステップアップであったり、
同等レベルのクラブでも先発出場の可能性が高くなるのであれば、移籍も視野に入れるだろう。
 
 翻って名古屋は、現在の吉田に「なに」をオファーできるのか。パッと考えただけでは見当たらない。
将来的なことを考えれば可能性はあるはずだが、彼がいま目指すところ、目指す(・・・)べき(・・)ところは
サウサンプトンでのレギュラー奪取であり、プレミアリーグで常時出場できるクラブへの移籍ではないだろうか。
 
 そうでなかったとしても、確実に言えることがある。それは、サッカー選手として成長するうえでは、
日本復帰のタイミングが今ではないということだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160508-00015725-sdigestw-socc&p=3

3: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:27:00.45 ID:UEltjyr00
契約が切れるまではサウサンプトンじゃないの?
2.5億円の年俸を捨てるの?

5: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:30:58.76 ID:EAEj1p8Y0
>>3
いや、チームが契約が載っている内に売る事でお金を得たいから、本人が居たいと言っても出されるのが殆どだよ。そこをチームの意思に反して残りたいと言ったら完全に干される可能性もある。

4: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:29:42.60 ID:tzs2Q/jG0
名古屋が契約してくれるとは限りませんよ

6: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:33:05.27 ID:rSlCLvEA0
結局名古屋→VVVの大口コンビはどっちもパンキになったな

7: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:41:20.93 ID:u0u3eCkR0
ベンチの肥やしとは言っても、そこはプレミアリーグ。
所属チームの試合に影響がないのなら、五輪OA枠に使うのも良いです

9: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:46:18.74 ID:Ktzn2q0h0
全然試合に出てなくてワロタw

10: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:50:55.02 ID:7ruko2Wa0
もう充分がんばったろう。もうそろそろ帰ってこい、長崎へ、

11: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:52:15.55 ID:Ekk85vok0
ヨーロッパで出来るうちは残った方がいい

15: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:58:03.16 ID:gFFCN4Ev0
ポカを減らせ

16: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:58:54.54 ID:cSEpG0Sh0
チャンピオンシップいけよ

17: 名無しさん 2016/05/08(日) 19:59:11.82 ID:1EQtgZP+0
4年間?
実質1年ちょっとの経験しかないだろ

19: 名無しさん 2016/05/08(日) 20:01:30.77 ID:r+oUfPB90
今の姿を安西先生がみたらなんというか。。。

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1462703101/


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ