1: 名無しさん
スペイン移籍熱望のオーバメヤンがレアルを逆指名! 「バルセロナよりも、アトレチコよりも好き」
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160504-00010005-soccermzw-socc
今季公式戦39得点のエースが、スペインのラジオ番組で激白

 ドルトムントのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがレアル・マドリード移籍を逆指名した。スペイン地元ラジオ局「カデナ・コペ」で激白したもの。

「僕は自分のチームで今季を終えることに集中している。何が起こるか分からないが、契約は2020年まで残されている。僕は常に言っているが、スペインでプレーすることが夢。いつになるかわからないけれど」

 今季公式戦39得点を挙げている韋駄天はこう語った。右足の指の剥離骨折から復帰した前節ヴォルフスブルク戦では途中出場ながら2ゴールを決める活躍で、その評価を再び高めた。リーグ戦では得点ランク25位でトップのバイエルンFWロベルト・レバンドフスキに2ゴール差と迫っている。

 移籍先はすでに心に決めている。「移籍がいつになるか? それは自分では言えない。どんな状況になるか分からないが、私の家族はバルセロナよりもマドリードにより結びついている。そして、認めよう。僕はアトレチコよりもレアルが好きなんだ」と、オーバの愛称で知られる男は言い切った。マンチェスター・ユナイテッドなどプレミア勢が、今夏の移籍市場で獲得に乗り出すと報じられているストライカーだが、移籍先はリーガ、そして”白い巨人”と明確に指名した。
終盤戦に入り激震が続くドルトムント

 ドルトムントは今季終盤戦に入ってから激震を迎えている。主将のドイツ代表DFマッツ・フンメルスがバイエルン・ミュンヘンへの移籍を熱望し、クラブは大黒柱のライバルへの移籍願望を公式サイトで発表する異常事態となった。そして、ヴォルフスブルク戦ではサポーターから大ブーイングを浴びる結末となった。

 守備の要に続き、シーズン中にエースストライカーが移籍先の希望を明確にするという事態に陥ったドルトムント。ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアン、セルビア代表DFネベン・スボティッチにも移籍の可能性が浮上しており、リーグ逆転優勝とDFBポカール決勝進出と二冠獲得の可能性を残すなか、激震続きの終盤戦となっている。

Soccer Magazine ZONE web 5月4日(水)11時10分配信
no title


スポンサード リンク

2: 名無しさん



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ