1: 名無しさん
自分と同じ境遇で結果を出したライバルから香川真司が感じたこと

全てを受け入れて、ポジティブに頑張っていくしかない――

 ヨーロッパリーグ・ラウンド16のトッテナム戦、香川は3試合連続で先発を外れることになった。ただ、これは先週末の“大一番”バイエルン戦でベンチ外となったことを考えれば、決して驚きではなかった。

 ホームでの第1戦を3-0で勝利という最高のかたちで終えたドルトムントだが、この日もトゥヘル監督の選択した戦い方は慎重で、その構想のなかに香川が入ることはなかった。

 トゥヘル監督がバイエルン戦の先発メンバーから手を加えたのは、GKビュルキ→ヴァイデンフェラー、打撲でメンバー外となったギュンドアン→カストロのみだった。

 攻撃時こそ、いつものように4-1-4-1のフォーメーションを採ったが、守備時にはバイエルン戦同様、右ウイングのドゥルムがウイングバックのような低いポジションをとって5バックを形成した。

 中盤はヴァイグル、カストロ、ムヒタリアンというメンバーで逆三角形を形成したが、いずれも激しい守備のタスクを完璧にこなしてみせたところからも、トゥヘル監督の起用の意図が窺えた。

 欧州カップ戦のノックアウトラウンドでは、アウェーゴールを奪われれば第2戦での戦いが難しくなりかねないため、ホームでの第1戦は大胆かつ慎重に戦わなければならなかったのだ。

 82分からピッチに立った香川は、チャンスを狙いつつもチームが失点せず、良いかたちで試合を終えられるよう意識してプレーした。高い位置でボールをカットし、カストロへスルーパスを送ったシーンはあったが、その後はチャンスが訪れることはなかった。

「(自分の現状について)嫌でも納得しないと前に進めない感じがするから、しっかり自分なりに受け止めるところは受け止めて……。チームが勝っていることは大きなことですし、やっぱりチームが勝っていると、『自分もやらなきゃいけない』という強い刺激になっています」

 バイエルン戦でメンバーを外れた香川だが、トゥヘル監督との個別な話し合いはなかったという。その意図については監督が会見で語ったように、戦術的なものだと受け止めるしかない。

「(監督は出場する)チャンスはくれているのでね、あとは自分がピッチで証明していくしかない。だからこそ、練習から監督が何をしたいのか、そしてチームにとって必要な自分のプレーとは何かを、よりを感じるようになったし」

「フォーメーションも試合展開によって変わるなかで順応していかないといけない。今日もみんな、順応して良いプレーをしていたので、そういうところも求められていると思います」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160311-00010007-sdigestw-socc
no title


スポンサード リンク

2: 名無しさん
ここで勝ち抜いていくしかない――必要なことも見えている

 トッテナム戦では、香川と同じく、ベンチ外になるなど厳しい状況が続いていたカストロが先発し、2つの得点に絡んでみせた。その活躍に、香川にも感じるところがあったという。

「ゴンツ(カストロ)がやったように、自分もああいうところで結果を残したいです。(ここまで)ゴンツも苦しんでいたので、僕自身もすごく嬉しかったです。自分もそれに負けないようにアピールしたいです」

「受けるタイミングであったり、受けてからの展開であったり、今日のゴンツのプレーを見て感じるものはあったし、すごく上手くやっていたんじゃないかなと思います」

 最後に、香川はこう締めくくった。

「彼も同じポジションで、同じようにベンチ外になったりしていたから。結果で示すことが一番ですし、そのために練習もしているんで。メンバー争いも激しい戦いなんで、それは受け入れるしかないですし、高いレベルでやれているんだから、ポジティブに頑張っていきたいと思います」

 香川自身が語るように、「ここで(ポジション争いを)勝ち抜いていくしかない」。そのために必要なことも見えている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160311-00010007-sdigestw-socc&p=2
no title

3: 名無しさん



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ