1: 名無しさん
【セルジオ越後が斬る】サッカー界に“第2、第3の清原”が出ないようにするためになにをすべきか――
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160212-00010004-sdigestw-socc
真っ先に思い浮かぶのがマラドーナ。彼もまたスターだった。

 薬物使用の疑いで逮捕された元プロ野球選手の清原和博氏のニュースが連日、報道されているね。

 覚せい剤をはじめとした麻薬の問題は、結局は“お金のあるところ”で起きてしまう傾向が強いように思う。歌手のASKA氏など、芸能人はもちろん、スポーツ選手も金銭的に潤っている有名人にカテゴライズされても不思議ではない。

 そうした有名人はいろんな世界との交流があるだろうし、その中で“良くない世界”の人たちとの付き合いが生まれてしまったのかもしれないね。

 サッカー界で言えば、麻薬で真っ先に思い浮かぶのが、元アルゼンチン代表のマラドーナだ。ナポリ時代に1年以上も出場停止処分を受けたけど、彼もまたスターと呼ばれる人種のひとりだよね。

 当時もこの問題は世間を賑わしたと思うけど、今回の清原氏に関する報道を見ていると、加熱するそれとは裏腹に、どうにも違和感が拭えないよ。

 多くのメディアが関係者のコメントを集めたり、いろいろな角度から大々的に取り上げている。それは清原氏がプロ野球選手として偉大な功績を残しているからだろう。ASKA氏の時もそうだ。彼が才能のあるアーティストだから、大きなニュースになった。

 でもちょっと待ってほしい。覚せい剤を使用した人が、有名人かどうか、その人がどれだけ素晴らしい成績を残してきたとか、そんなに重要なのか。

 もちろん、法律で禁じられている行為をした当人たちが悪いのは間違いない。罰せられてしかるべきだ。

 でも、極論を言えば、諸悪の根源は彼らにはない。彼らにそうした行為をさせてしまっている社会に、日本という国に問題があるように思えて仕方がないよ。

サッカー界は“お金のあるところ”とは言えないかも。

 清原氏が逮捕された後、報道では連日「彼は何年前から~」とか「どこどこで取引をしていた」といった明るみになった事実が流されている。でも、誤解を恐れずに言えば、そんなことはある意味、些末なことだ。

 議論すべきはそこではない。“なぜ、こうした事態になってしまったのか”をもっと真剣に考えなければいけないんじゃないだろうか。

 甲子園歴史館から清原氏のPL学園時代のユニホームやバットが撤去された? それで覚せい剤が撲滅できたら苦労はない。

 最近、僕が見たニュースでは、鹿児島で末端価格にして70億円に相当する約100キロの覚せい剤を保持していた疑いで4人が逮捕されたという。こうした事実が明るみになると、日本にはどれだけの麻薬が持ち込まれているのか不安になってくるよ。

 法律が甘いんじゃないのかな。刑罰をさらに厳しくすれば撲滅できるとは思わないけど、国会でもっと話し合われてもおかしくないと思う。メディアもそうした部分を追求すべきだ。議員の不倫問題など、どうでもいい。

 こうした状況が変わらなければ、“第2、第3の清原”が出てくるかもしれない。そして、それがサッカー関係者ではない保証はどこにもないんだ。

 Jリーガーにもそうした危険が及ぶかもしれない。もっとも、今の選手たちの平均的な年俸を考えれば、サッカー界が“お金のあるところ”とは言えないかもね。それは不幸中の幸いとでも言うべきか。

 とにかく、“大元”を絶やさなければダメなんだ。そのためにはなにをすべきなのか。清原氏をいくら叩いたところで、根本的な解決にはならない。ピントをしっかりと問題の核に合わせなければいけない。

 今回はサッカーとは少し離れたテーマだけど、スポーツ界だけでなく、日本社会全体、一人ひとりの人間にも関係してくるかもしれない深刻な問題でもあるから、この場を借りて発言させてもらった。日本が蝕まれる前に、事態の改善を願うよ。
no title


スポンサード リンク

2: 名無しさん



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ