1: 名無しのSamurai
3連勝のミランを地元紙が絶賛 ラツィオ戦の本田FKには「ひどかった」

 日本代表FW本田圭佑所属のACミランは、1日のラツィオ戦に3-1と勝利。ここにきて3連勝と、首位との勝ち点差を5まで詰めてきた。そのラツィオ戦で、本田は後半36分から途中出場。地元紙では「採点なし」の文字が並んだが、「ガゼッタ・デロ・スポルト」では厳しい寸評をつけられている

「FKのチャンスを得るが、FKはひどかった。他のことをする時間はなかった」

 アディショナルタイムが3分ほど経過したところで、本田はMFジャコモ・ボナベントゥーラのパスに抜け出しにかかったところで相手に倒され、ゴール前でのFKを得た。自ら壁の上から落ちるボールで狙ったが、ボールはそのままクロスバーを越えた。そのキックを「ひどかった」と酷評されている。

 一方で、チームの勝利に対しては称賛の声が上がっている。同紙は「8日間で3連勝。ベルトラッチ、メクセス、バッカのゴールで、ミランは首位と勝ち点差5」という見出しで報じた。また、「ベルトラッチ、メクセス、チェルチ。元ジャッロロッシたちの仕返し」と、ローマに所属経験のある選手たちが、同じローマを本拠地とするラツィオとの“ダービー”で、ミランに勝利を呼び込んだと称えている。

続きはリンク先へ
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151102-00010011-soccermzw-socc

Soccer Magazine ZONE web 11月2日(月)19時30分配信
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ