1: 名無しのSamurai
これぞ究極のフェアプレー!? PKをわざと外して拍手喝采
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151008-00000040-goal-socc
試合中にピッチで倒れた選手が出たとき、試合を止めるためにボールを外に蹴り出してスローインにして、そのスローインを相手に返して試合再開――。こうした「フェアプレー」の光景は頻繁に見かけるが、アゼルバイジャンでの試合で、珍しい「フェアプレー」の場面が見られた。

インテル・バクー対カラバフの後半、エリア内への縦パスに反応したカラバフのFWに対し、インテルのGKが飛び出す。GKともつれてFWが転倒すると、エルヴィン・アスケロフ主審はPKの判定を下した。

しかし映像を見ると、FWはかなり手前からジャンプしており、インテルの選手たちは猛然と抗議した。だが、もちろん判定は覆らず、しかもGKが退場処分を受けてしまう。交代枠を使い切っていたインテルは、フィールドプレーヤーがGKを務めることになったが、ここで「フェアプレー精神」を発揮したのが、カラバフのクルバン・クルバノフ監督だった。

PKではないと感じた指揮官は、退場で引き揚げる相手GKと握手をかわすと、何とキッカーのエルヴィン・ママドフに外すよう指示したのだ。これを受けてママドフが大きく右に外すと、インテルの選手は拍手を送り、スタンドからも喝采を浴びた。

試合は結局、今季ヨーロッパリーグに参戦しているカラバフが2-0で勝利したが、わざとPKを外すとは、これぞ究極のフェアプレー? そして、一番ホッとしたのは主審だったかも!?

GOAL 10月8日(木)7時56分配信
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ