56: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 22:59:10.78 ID:yb1S+Bec0.net
なでしこが“あえて”選んだシビアな戦略  劣勢の中で見せた「勝つための知性」
http://sports.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2015/columndtl/201507020008-spnavi

まさかの結末でW杯2大会連続決勝進出を果たしたなでしこジャパンは、この試合の早い段階で、ある重要な決断を下していた。
彼女たちは、試合の主導権をあえて捨てるという大勝負に出たのだ。

 イングランドは右サイド8番(ジル・スコット)のヘディングを起点に攻めようとしている。
そのことは試合開始直後から明らかだった。
マークするのは、ポジション的に左サイドバック(SB)である鮫島彩の役目だったが、そこで競り負けるとゴール前中央が危険にさらされる。
パワー勝負を仕掛ける相手に対し、先に失点すればなでしこの勝ち目は遠のく。

「だから前半の途中で、割り切ったんです。8番に入るボールには(宇津木)瑠美と自分で対応し、DF4人は背後をカバーするように切り替えました」

 宮間のその決断が、勝敗を分ける重要なポイントになった。

一方のイングランドは、こだわりを貫いた。DFの有吉佐織は、相手の執拗(しつよう)な攻撃に晒されながら、こんなことを考えていた。

「私たちが引いた後も、イングランドは同じパターンで攻めて来ました。引いた後、逆に中盤でパスをつながれるほうが、私たちは嫌だったと思います」

 連続するピンチも、パターンが分かっているだけに、なでしこはなんとか持ちこたえることができた。
もしイングランドが攻撃スタイルを柔軟に変化させていたら。
たとえば、日本人のようにテクニックと判断力で勝負するMFジョーダン・ノブスを投入されていたら。
勝負の行方は違っていたかもしれない。

no title


スポンサード リンク

90: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 23:06:41.73 ID:lAoJqM0+0.net
>>56
すげえな
宮間もだけど全員がそれを理解して実行するのって

117: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 23:13:14.41 ID:zD2apFZ50.net
>>56
これ読むとイングランドにやられてるように見えて
やらせながらも我慢しながら隙見てカウンターって
なでしこのプランに嵌め込んでたんだな

154: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 23:19:46.63 ID:lvzA58J40.net
>>56
ん~すごい。。

187: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 23:24:28.34 ID:zD2apFZ50.net
>>56
なでしこのしたたかさが半端ない
相手に攻撃させながら一突きで仕留める感覚って日本人的な気もする
結果はオウンゴールだったけど

188: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 23:24:29.03 ID:BbTr7E9H0.net
>>56
男子の柔軟性のなさ
レベルが違うからすべて当てはまるわけじゃないけど

197: 名無しさん@恐縮です@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 23:26:12.78 ID:mlNoQTkH0.net
>>56
裏を取られないようにってのは見ててもかなり明確だったな
試合中に自分たちでフレキシブルに対応できちゃうのはさすがだな

http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1435844607/


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ