1: 名無しのSamurai
クロップ監督「暫くの間」休養へ
http://www.kicker-japan.com/2015/06/klopp-will-eine-pause-einlegen.html
ドルトムントでの最終戦から二日が経ち、ユルゲン・クロップ監督が自身の今後について口にした。代理人と話し合いを行った同氏は、「しばらくの間」休養に入る考えを述べている。

「密度の濃い、とても気持ちの入ったドルトムントでの7年間を過ごしたあとでは、私もコーチ陣とともに、一度消化するための時間を得る方が意義深いと考えたんだ」

既に4月中旬に退団を明らかにしていたクロップ監督。その後様々な噂が飛び交い、特にリヴァプールとのつながりが指摘されていた。

しかしその都度同氏は他クラブとのコンタクトを否定、あくまでシーズン終盤戦に集中することを強調している。

2008年にマインツからドルトムントの指揮官に就任したクロップ監督は、モダンなサッカーで一時代を形成。リーグ連覇や国内二冠の達成。さらに2013年にはCL決勝へもコマを進めた。

だがドルトムントでの319試合目となったDFBポカール決勝では、残念ながらヴォルフスブルクに1-3で敗戦。

それでもファンから歓声に包まれながら別れを告げた指揮官は、その後の送別パーティにて「別れの辛さが徐々にこみ上げてきた。とても辛いよ」と述べ、仕事の枠を超えた大きなクラブ愛を隠し立てすることなく「なかなか頭から切り離すのは難しい」とも漏らしている。

2005年に倒産の危機に瀕していたドルトムントをここまで発展させるには、クロップ監督の存在抜きにして決してなし得ることはなかっただろう。

no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ