1: 名無しのSamurai
ハリル監督 エース本田“干される”危険性
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150321-00000003-tospoweb-socc
 本田の時代は終わりを迎えるのか。日本サッカー協会は19日、バヒド・ハリルホジッチ監督(62)の初陣となるキリンチャレンジカップ・チュニジア戦(27日、大分)とJALチャレンジカップ・ウズベキスタン戦(31日、東京)に臨む日本代表メンバー31人とバックアップ選手12人を発表した。さっそく新指揮官が独自色を打ち出してきたなか、注目されるのはエースFW本田圭佑(28=ACミラン)の処遇。過去に見られた不穏当発言や問題行動があれば、一気に“干される”危険性もはらんでいる。

 メンバー表を手にプロジェクターの前に立ち、身ぶり手ぶりを交えて選手の名前と起用方針を説明する――。知将の呼び声高い指揮官らしい“プレゼン形式”で会見は始まった。

中略

 そこで不安視されるのが本田だ。2013年9月のグアテマラ戦後にFW前田遼一(33=FC東京)やFWハーフナー・マイク(27=HJKヘルシンキ)の名を暗に示しながら批判。同年10月の欧州遠征ではベラルーシ戦後にチームの整列に加わらず、あいさつもしなかったことからGK川島永嗣(32=スタンダール)と一触即発の事態になった。これまでは不問に付されてきたが、誰よりも規律を重視するハリルホジッチ監督の前で同様の“悪態”をついたらどうなるか…。

 この日も指揮官は「人間性もスポーツ面もレベルが高い選手」を求め、「(新戦力が)すぐにスター選手と代わったとしても私としては全然問題ない」と主力に特別待遇はしないと断言。“本田ブランド”はもはや通用しない。
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ