1: 名無しのSamurai
復調の兆し見せるドルトに非常事態…ウイルス蔓延で戦力ダウンか
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150220/283103.html
 20日に行われるブンデスリーガ第22節で、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、同DF酒井高徳のシュトゥットガルトと対戦する。しかしチーム内に流行している風邪のせいで、ドルトムントの戦力がダウンする見込みだという。

 18日、ドイツ紙『ビルト』が報じた内容によると、ドイツ代表DFマッツ・フンメルス、同DFエリック・ドゥルム、イタリア代表FWチーロ・インモービレ、ポーランド代表MFヤクブ・ブワシュチコフスキ、U-19ドイツ代表DFジェレミー・ドゥジアクの5選手が風邪をひいているという。

 この状態についてユルゲン・クロップ監督は、シュトゥットガルト戦に向けた会見で「残念ながら我々はウイルスの波につかまってしまった。ドゥルムはもう2週間も病気にかかっている。クーバ(ブワシュチコフスキ)も同様に風邪。ドゥジアクは医者に行った。フンメルスはまだトレーニングに参加できていないし、インモービレも白旗を上げている」と、惨状を説明。

 そして「彼ら5選手をできるだけ周囲から隔離し、これ以上蔓延しないよう我々も気を付けている。他の選手の血液も常に検査し、罹患していないかチェックしている。そして私はシュトゥットガルト戦だけではなく、(翌週のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦の)ユヴェントス戦のことも考えなければならない」と話した。

 一方で良いニュースも聞こえてきた。肩の負傷で戦列を離れていた元ドイツ代表MFセバスティアン・ケール、そしてひざのけがが癒えたMFスヴェン・ベンダーら中盤の2選手が復帰したことだ。

 それについてクロップ監督は、「彼らは普通にトレーニングをしている。でも長いリハビリ期間があった。金曜(20日)の試合で使うかどうかは、もう少し様子を見なければ」とコメントしている。
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ