1: 名無しのSamurai
豪州メディアがアジア杯ベスト11を発表 日本からは1人も選出されず
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150201-00010000-soccermzw-socc
優勝したオーストラリアから最多4人が選出

 アジアカップオーストラリア大会は1月31日、決勝戦でホスト国のオーストラリアが延長戦の末に韓国を2-1で下し、初優勝を飾って閉幕した。地元紙「シドニー・モーニング・ヘラルド」は大会ベストイレブンを選出。23日の準々決勝UAE戦で敗退した日本代表からは1人も選出されなかった。

 GKはオーストラリアのマシュー・ライアン。ベルギーの強豪クラブ・ブルージュでプレーする守護神は、昨夏のブラジルワールドカップでは好プレーを見せられなかったが、今大会は冷静さと堅実さを披露し、優勝に貢献した。

 DFは中国のチョウ・リンホウ。広州恒大でプレーする右サイドバックはプレーのみならず、腕に入れた巨大なタトゥーと巨体で存在感を示した。

 同じく広州恒大の韓国DFキム・ヨングォンも選出。かつてFC東京や大宮でプレーしたストッパーは、アジアにおける次の10年間でベストなディフェンダーとなりそうだと評された。また、オーストラリアDFトレント・セインズベリー、ウズベキスタンDFビタリー・デニソフも選出されている。

 中盤は、イランのMFアンドラニク・ティモリアン、韓国のスウォンジーMFキ・ソンヨン。UAEからは準々決勝日本戦でもゴールを決めたMFアリー・マブフートと、華麗なプレーで観衆を沸かせたMFオマール・アブドゥラフマン。決勝戦で先制ゴールを決めたオーストラリアのMFマッシモ・ルオンゴがそれぞれ選出された。

 1トップにはホスト国の英雄であるオーストラリアのFWティム・ケーヒルが名を連ねた。監督は惜しくも準優勝に終わった韓国代表のウリ・シュティーリケ監督が選ばれた。

 前回大会王者の日本は、本田圭佑(ACミラン)、香川真司(ドルトムント)、長友佑都(インテル)ら欧州の名門でプレーする選手を擁して連覇を目指した。1次リーグでは3戦全勝を飾り、無失点と危なげない戦いを続けた。だが、準々決勝でUAEにPK戦で敗れ、大会を去った。ホスト国のメディアにインパクトを残せた選手は、残念ながらいなかったようだ。

サッカーマガジンゾーンウェブ編集部●文 text by Soccer Magazine ZONE web
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai
GK マシュー・ライアン(オーストラリア)
DF チョウ・リンホウ(中国)
DF キム・ヨングォン(韓国)
DF トレント・セインズベリー(オーストラリア)
DF ビタリー・デニソフ(ウズベキスタン)
MF アンドラニク・ティモリアン(イラン)
MF キ・ソンヨン(韓国)
MF アリー・マブフート(UAE)
MF オマール・アブドゥラフマン(UAE)
MF マッシモ・ルオンゴ(オーストラリア)
FW ティム・ケーヒル(オーストラリア)
監督 ウリ・シュティーリケ(韓国)

3: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ