1: 名無しのSamurai
アギーレ解任次の手 日本サッカー協会が画策する香川真司ガンバ大阪移籍(1)
http://npn.co.jp/article/detail/89908839/
 協会首脳が活路を見出そうとしているのが、負け続けているアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の制覇だ。アジア各国のリーグチャンピオンがクラブナンバーワンを争う大会で、Jリーグ王者をアジアの頂点に導き、その勢いを買ってクラブW杯(旧トヨタカップ)で世界一に--という雄大な戦略だという。
 それを裏付けるように大仁会長は14日、今年のACL出場資格を得た4クラブ、ガンバ大阪(Jリーグ1位)、浦和(2位)、鹿島(3位)、柏(4位)の幹部を集め、「われわれの究極の目的はクラブW杯優勝。そのためにまずはACLを制覇してほしい」と叱咤激励した。

 協会がこれほど意気込むのは秘策があるからだ。日本代表のエース香川真司を一時的に帰国させ、助っ人として参戦させる計画だという。
 香川は昨年8月末に英マンチェスター・ユナイテッドから古巣の独ドルトムントに電撃復帰したが、マンUでの2年間の控えが影響し、実力が発揮できないでいる。自信も喪失。おかげでドルトムントは2部リーグへ自動降格となる順位に低迷。香川の理解者だったクロップ監督も香川を見切り、スロベニア代表のMFケヴィン・カンプルを獲得して巻き返し策に出ている。
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ