1: 名無しのSamurai

no title


ブンデスリーガの日本人選手のスタッツランキング

得点 - マインツ岡崎慎司
シュート数 - マインツ岡崎慎司
パス数 - フランク長谷部誠
1対1勝率 - ハノーファー酒井宏樹
走行距離 - ドルト香川真司
出場時間 - マインツ岡崎慎司


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai
no title

3: 名無しのSamurai
岡崎がダントツ、一番走る選手は香川 ブンデス公式の日本人選手ランキング企画
http://news.livedoor.com/article/detail/9624269/
ドイツ・ブンデスリーガの日本版公式ページが年末企画として「日本人選手ランキング」を公開し、ドイツでプレーする13人の日本人を様々な数字とともに紹介している。

ゴール数は、得点王ランキングでも上位争いをしているマインツの岡崎慎司選手が8ゴールで1位。前半戦の中盤から調子を上げたハノーファーの清武弘嗣選手が続く3ゴールとなっている。

シュート数も岡崎選手が33と1位で、続いたのがフランクフルトの乾貴士選手の28と、他メディアのランキングで「積極的なプレーヤー」として日本人トップとなったデータを裏付ける結果に。

パスに関しては、同じフランクフルトの長谷部誠選手が669のパス成功で1位。中盤の守備的位置でボールを供給するポジションでの仕事振りが証明されたようだ。

その他、1対1の勝率ではハノーファーの酒井宏樹選手が61%でトップで、試合中の走行距離ではドルトムントの香川真司選手が90分につき11.9キロで1位となっている。

出場時間数に関しては、ほぼフル出場している岡崎選手が1440分と、前半怪我の影響もあり出場できなかった長谷部選手や内田篤人選手などを押さえて1位となっている。

2014年12月28日 21時19分 Sports Watch

4: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ