592: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2014/11/27(木) 09:39:57.14 ID:/EvW1MS4.net
本田圭佑の新生代表初ゴールを導いた、内田篤人がドイツで磨いた"武器"
http://news.mynavi.jp/news/2014/11/27/055/
一部抜粋 ・・・全文はリンク先へ

輝きを放った本田圭佑とのコンビネーション

胸中に秘められた「闘志」と並ぶ内田の"武器"は、右ウイングに配された本田圭佑(ACミラン)とのコンビネーションで最も眩(まばゆ)い輝きを放った。

アギーレ監督が採用する「4-3-3システム」では、3人で構成される中盤がケアできないスペースを、ウイングが下がって埋めるケースが多かった。相手のボールホルダーが日本から見て左サイドにいれば中盤も左側にシフトし、右ウイングの本田が下がる。

相手ゴールとの距離が遠くなる分だけ、本田が与える脅威は必然的に薄れる。守備でも体力を消耗する。そうした悪循環に、内田は自らの判断で楔(くさび)を打ち込んだ。

「本田さんが前で仕事をしてくれれば強さがあるし、ドリブルで突っかけられる。自分が守備を負担して、本田さんが戻らなくていいようにサポートをしたい」。

ホンジュラス戦の前半41分だった。キャプテンのMF長谷部誠(フランクフルト)のクリアが前線に残っていた本田への絶妙のパスとなり、試合の流れを決定づける2点目が生まれた。
ドイツで磨いた「アドリブ力」が生んだ声のアシスト

アギーレジャパンにおける本田の初ゴールは、偶然から生まれたものではない。得点シーンの直前、危機を察知して自陣へ下がろうとした本田に対して内田が叫んだ。

「下がってくるな! 」。

状況を迅速かつ的確に見極め、臨機応変に機転を利かせる。ドイツに渡って5シーズン目。濃厚な経験に裏打ちされた「アドリブ力」こそ、これまでアギーレジャパンで右サイドバックを務めた酒井宏樹(ハノーバー)、酒井高徳(シュツットガルト)にはない内田の持ち味となる。

シャルケと日本代表の両方で、100%のパフォーマンスを維持できない自分に違和感を覚えていた。ワールドカップ後には、「ずっと考えていた」と代表引退に言及した一言が独り歩きしたこともある。

アギーレ監督のラブコールを受けて、再び袖を通した青いユニホーム。内田の心に宿る「日の丸」への変わらぬ思いは、強い痛みが出るまでホンジュラス戦を戦い抜き、4日後のオーストラリア代表戦を欠場したことが何よりも物語っている。
no title


スポンサード リンク

596: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2014/11/27(木) 10:03:37.37 ID:wZHa5xst.net
>>592
よくまとまったいい記事だね

600: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2014/11/27(木) 10:41:52.79 ID:l5BvYDgw.net
>>592
いい記事だ
若干またおっさんがポエマーってるがw

602: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2014/11/27(木) 10:56:55.88 ID:pxYecAe4.net
>>592
「アドリブカ」という新しい言葉かと一瞬思ったw

606: 今、天王星のwiki見てきたら軌道傾斜角(i) が0.774°だった 2014/11/27(木) 11:34:15.49 ID:RU9pYaFI.net
>>602
「りょく」だと気が付いたのは全て読み終わってからだったw

http://hope.2ch.sc/test/read.cgi/liveuranus/1416961119/


スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ