1: 名無しのSamurai
元独代表GKエンケの死から5年…サッカー選手とうつ病の関係
http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20141111/249419.html
 ハノーファーやドイツ代表で活躍したGKロベルト・エンケがこの世を去って、10日で5年が経った。

 2009年11月10日、ハノーファーの練習場へ向かうはずだったエンケは自宅近くの踏切で列車にはねられ、32歳という若さで逝去した。ハノーファーで素晴らしい活躍を見せ、2010年の南アフリカ・ワールドカップに臨むドイツ代表で正GKを争うと目されていたエンケの突然の死。さらにそれは自殺だったことにより、ドイツ国民のみならず、多くの人間がショックを受けた。

 エンケは故郷のクラブでキャリアをスタートさせるとボルシアMGを経て、ポルトガルのベンフィカに1999年移籍。そこで活躍すると、バルセロナへとステップアップを果たした。しかし、適応に苦しみ定位置を確保できず、トルコのフェネルバフチェへとレンタル移籍したが、そこでもサポーターから批判を浴び、失意のままスペインに戻ったエンケは、2004年1月に当時2部のテネリフェへ移り、復調すると、2004年7月、ハノーファーへの移籍が決まり、母国復帰を果たした。

 エンケは2008年に発売された『ワールドサッカーキング』第100号内のインタビューで、バルセロナ所属時について「思い出は今でも僕を苦しめる」と回顧。3部相手のカップ戦で敗北を喫したことにより、周囲からは失格のレッテルを張られ、突如試合のメンバー外になったことで「はらわたが煮えくり返った」と振り返った。

 さらに悩みながら決断したトルコ移籍も最初の試合で0-3の敗北を喫すると、エンケに対して空き瓶や花火が飛んでくる事態となった。一試合で「ここにはいられない」と考えたエンケは、すぐにクラブへ「辞める」と告げ、当時は普通のステップを踏んで移籍することが考えられないほど、「精神的に参っていた」と告白している。

 エンケは死後、夫人の告白によりうつ病にかかっていたことが明らかになった。キャリアで困難を極めたバルセロナ移籍後にうつ病を患ったと言われている。さらに大きな衝撃がエンケを襲う。2006年、先天性の心臓病を患っていた愛娘のララちゃんが2歳でこの世を去ってしまった。これがエンケの精神面に決定的なダメージを与えてしまった・・・


no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ