1: 名無しのSamurai
ザック:「日本サッカーの未来はこの4年の方針で」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140703-00000036-goal-socc
前の日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が2日、イタリア『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じた。

「このような経験ができて、おそらくは私の方が支払わなければいけなかった。彼らは多くを私に与えてくれたんだ。W杯での10日間は良いものではなかったが、ポジティブな終わり方を願っていた。でも、これほどまでとは思っていなかったよ。この4年間で我々がやってきたことに感謝するために、空港で多くの人が迎えに来てくれた」

「私はその前日、契約を延長しないと発表していた。この4年でやってきたことに何かを加えられるような、別の指揮官に譲るのが正しいことだからだ。連盟が、新監督もザッケローニのサッカーモデルに沿って仕事をすると言ってくれたのはうれしかった。だから、日本サッカーの未来は、この4年間でやってきた方針で続いていくだろう」

「スタッフはまだ残っているが、私はもう耐えられなかった。あまりに愛情を感じて、この環境から離れるのは難しいことだったんだ。ファンは空港に見送りにも来てくれた。一部の選手たちもね。ほかの国では見たことないことだ」

イタリア代表はチェーザレ・プランデッリ前監督が辞任し、新たな指揮官を探しているところ。その候補の一人とされているのが、ザッケローニ氏だ。

「私の名前はもう8年も前から出回っているよ。代表監督に立候補する人は多い。だが、私はそこに加わらないよ。この重要な時期において適切な監督像を見出すのは、連盟幹部の仕事だと思う。私は何も言わない。決めなければいけないのは連盟の幹部たちだ」
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai
ザック、お疲れ

3: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ