1: 名無しのSamurai
数的優位を生かせなかったザック「最後に押し込めなかった」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?141442-141442-fl
「私たちは勝つための勢いを持って戦っていましたが、最後に押し込むことができなかった」
「さまざまなチャンスを作りましたが、それをゴールに結びつけられなかったし、もっとチャンスを作りたかった」「(『日本らしい』サッカーは)ある程度できたけど、90分間を通してはできなかった。スピードを生かしたいと思ったが、最後にボールを入れられなかった」
「勝つこと。これまで私たちがやってきたサッカーで」
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai
涙雨日本…内田「サッカーは点を取って守るスポーツ」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?141446-141446-fl
「チーム全員で勝ちに行ったけど、なかなかゴールが割れずに悔しい戦いでした。ギリシャも堅いチームで、失点を防ぐのが得意なチームなんで、11対10でしたが、向こうも本当によく頑張っていましたし、僕らもどうにかゴールを割ろうとしましたが、なかなか難しい試合でした」

「個人としても、チームとしても惜しい場面はありました。けどゴールが割れないというのは、サッカーは点を取って守るスポーツなので、そこが、最後のところが一番大事かなと思います」

「日本でも一生懸命応援してくれるている人もいるし、僕らが代表でピッチに立つ以上、諦めていけない。今までやってきたことっていうのは、努力して報われなくても、ピッチで、ピッチに向かわないといけないのかなと思います」
no title

3: 名無しのSamurai
今大会初先発のFW大久保「もったいないし、情けない」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?141444-141444-fl
「初戦に負けていたので、自分の力を活かして勝利することを考えながら試合に入りました」
「すごくもったいないですし、本当に情けないですし、日本のみなさんに申し訳ないです。まだもう一試合あるので、そこで挽回できるように、みんな力を合わせて頑張りたいと思います」

「向こうが一人少ない状況でブロックを組まれたんですけど、すごくチャンスはありましたし、そこを本当に決められていれば勝てていたので。そこはすごく反省して、まだもう一試合あるので、練習でやっていきたいと思います」

「中盤で、バイタルでどんどんつなげていました」
「もっともっと(パスが)入ってくればチャンスはまだまだあったと思うので。それを今度は入れてもらえるように、練習からやっていきたいと思います」

「(修正点は)まだまだバイタルエリアにボールを入れてくることだったり」
「あとゴール前で最後のところでいらないファウルがすごく多い。もったいないと思いますし、あれを失くして行ければいいと思います」
no title

4: 名無しのSamurai
無得点のギリシャ戦を振り返る本田「アイデアが欠けていた」
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20140620/202742.html?view=more
 同試合のバドワイザー・マン・オブ・ザ・マッチに選出された日本代表FW本田圭佑が、試合後の記者会見に出席。以下のようにコメントした。

「コロンビアは(グループリーグ)突破が決まっていますので、自分たちに必要なことは、勝ち点3を目指して戦いに行くことだけだと思っている。今日はより攻撃的に行ったんですけど、ギリシャの堅い守備を破ることはできなかった。コロンビア戦は何とかゴールを取って、勝ち点3を目指してがんばりたいと思います」

「ポジションの問題もあると思いますし、周りのメンバーのバランスもあると思いますけど、まだ勝ち点1しか取れていないので、現状にも当然満足していない。次の試合、応援してくれているファンのためにも、何とか勝ち点3を取りたいという思いでいます」

「(気候)条件は相手も同じなので、言い訳にはならないと思います。今日に限っても、攻撃的には行ったものの、最後のところでゴールを割ることができなかったというのは、何かアイデアが足りなくて、正直にサイドからボールを上げるだけでは、中での強いセンターバックの選手に対して競り勝ってゴールを決めるのは難しい状況でしたね。違う形でゴールを破るアイデアが欠けていたと思います」
no title

5: 名無しのSamurai
まさかの先発落ち…うなだれる香川「これがW杯」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?141447-141447-fl
「もちろん、こんな結果は望んでいない。ただ、これがW杯。厳しい舞台なので。僕たちは次、勝つだけ」

「0-0だったので、点を取るだけだった」

「相手が引いていたから、スペースがなかった。でも、決めるチャンスはあった」
no title

6: 名無しのSamurai
ゴール前での迫力に欠いたと語る岡崎慎司「勝負強さがなかった」
http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20140620/202752.html
「まだ終わったわけじゃないので、最後(コロンビア戦)では、できるだけ多く点を取って勝てば(グループリーグ突破の)チャンスはあると思う」

「チームとしては良いチャンスを作れていたので、そこで決めきれないと勝つことはできない。FWとして今日は情けなかったし、こういう大舞台だからこそ(ゴールを)決めて勝利に貢献しなければいけなかった。今日に関しては自分の責任だと思う」

「切り替えて、次で点を取ればチャンスはあると思うので」
「アグレッシブに前から行くことはできたと思いますけど、相手が引いた状態で崩しきることができなかった。崩しきれなくても、最後のところで決めていれば勝つことはできたと思うので、そこの勝負強さが自分たちと自分にはなかった。そこを見せられるようにしたいですね」
「相手が引いた状態で、自分たちに(自由に)やらせてくれるという形でもあったが、狙っていたとおりにはできたけど、攻めさせられている感じもあった。最後のところで迫力をもって、ゴールに向かうことができなかったと思うし、最後のところで迫力を持ってクロスに入っていくようなことができなかった。そういう部分で、得点をするような場面が少なかったと思います」

「勝つしかないので、たくさん点を取って、前へ前へ仕掛けていく気持ちで。今日はコートジボワール戦よりはできたと思うので、そういう気持ちで臨みたいと思います」
no title



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ