1: 名無しのSamurai
ザックジャパンの窮地を救うのは、闘莉王しかない
http://sportiva.shueisha.co.jp/clm/jfootball/2014/05/08/post_611/
杉山茂樹氏の提案

 長谷部誠、内田篤人、吉田麻也。従来のスタメン3人は、はたして本大会に間に合うのか。微妙な状況だと言われている。だが、W杯メンバーを決める前に、テストマッチをこなして、新戦力を探る機会も、新たな組み合わせを試す場も、もうない。

 ザッケローニ監督は、スタメンを固定して戦ってきた。長谷部、内田、吉田の3人にしても、必ずと言っていいほどスタメンで起用してきた。積極的に他の選択肢を求めようとはしなかった。そうしたやり方をしてきた結果、本番直前にして、不安が募る状況を招いてしまったわけだ。

 その危機管理能力は、最低レベルにある。代表チームの監督を務めたことがない”悲しさ”を露呈している格好だ。

 まず、もし長谷部が間に合わなかった場合はどうするか。これまでの流れからすれば、スタメンで起用される可能性が高いのは、山口蛍だ。しかし、僕の見立てでは、長谷部が備えているオーガナイザー的(チーム全体を見る目)な要素は、山口よりも青山敏弘(サンフレッチェ広島)や高橋秀人(FC東京)のほうが持ち合わせていると思う。山口は、交代選手としてアクセントをつける側に回るほうが向いている・・・[続きはリンク先へ]
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ