2: 名無しのSamurai
マンU惨敗、攻撃が低調だった要因とは?“モイーズ流”を復活させた“クロスマシーン”ヤング
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140504-00010000-footballc-socc
デジャヴュだった。いや、実際に見た経験があるのだからデジャヴュとは言わないのかも知れない。ライアン・ギグスによる新体制が前節ノリッジ戦で見せた変化はそこには無く、モイーズ時代を思い起こさせる単調な攻撃が繰り広げられていた。

 気温14℃、柔らかな日差しが降り注ぐ午後4時。御歳72歳になるサー・アレックス・ファーガソンさんがまぶたを閉じ、夢の中へ誘われていくには十分な条件が揃っていた。

 この試合、ウェイン・ルーニーはそけい部を痛めたということでベンチを外れ、香川真司の姿も無かった。前線に起用されたのはハビエル・エルナンデスとフアン・マタ。サイドには左にナニ、右にアシュリー・ヤングが名を連ねた。

「単調なサイド攻撃は策を持たないモイーズのせいだ!」。そういった意見も多々あったし事実だった。モイーズ体制での最多のクロス本数は81。対してこの試合でのユナイテッドのクロス本数は42本に“留まった”。

 なぜ“留まった”なのか・・・[続きはリンク先へ]
no title


スポンサード リンク

3: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ