1: 名無しのSamurai
カカーが本田のイタリアでの成功を明言「実力も経験も十二分。期待以上の仕事をすると信じている」
http://www.footballchannel.jp/2014/04/29/post38406/
――2014年1月、ミランは監督が代わっただけでなく、その少し前には本田という新しい選手も加入。ミランのクラブ史上初の日本人選手にして「10番」を背負った。この彼についてどんなイメージを持っていたのか? また、ここイタリアでの7、8試合を経た今にしてどういう印象を持っているのだろうか。途中交代でベンチに下がる際に激しいブーイングを浴びたこともあったが。

「確かに1月には色々なことが変化した。ただ、その1月のメルカートで加入した選手たち、エッシェン、ラミ、ターラブ、そして本田、彼ら4人が素晴らしい実力者であることに疑いの余地は一切ない。ミランとイタリアのサッカーに慣れるにはもちろん少しばかりの時間が必要になるとしても、彼らならばきっと大きな貢献を果たしてくれると信じている。

 その上で、本田について僕から言えるのは、ここイタリアで成功するために必要な実力も経験も彼には十二分に備わっているということ。まったく異なる環境に適応するのは確かに容易ではないし、何度も言うようだけど“一定の時間”が必要なのもまた事実なんだろうけど、あれだけ真摯にサッカーに取り組む姿を目の当たりにしている僕としてはやはり、彼の成功を確信できない理由がないと、そう明言できる。

 何よりも重要なのは、彼が1年以上も休みなく今に至っているという事実。ここを正しく考慮する必要がある。なので、万全の体調で臨める来季の彼を僕は待ちたいと思うんだ。他とは違う、このイタリアという国のサッカー特有の戦術とそのディティールを今季これからの試合で理解するはずの彼は、きっと今とは格段に質の異なるプレーを見せてくれると思う。彼が周囲を理解するのに比例して周囲もまた彼への理解を深めていくのだからね・・・[続きはリンク先へ]
no title


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai
http://www.footballchannel.jp/2014/04/29/post38406/3/
――ところで、FKについて一点だけ。日本代表やロシアではFKを蹴るのは本田と決まっていたんだが、ここミランではバロテッリや君といった名手がいる。キッカーはどのように決めているのだろうか?

「この僕がFKの名手!? ノー、ノー、ルイウ。それは何かの間違いだよ(笑)。とにかく、ここミランでFKを誰が蹴るか、その基準は明白。右のエリアならば左利きの本田、中央と左からのFKならばマリオ(・バロテッリ)。で、セットプレーの場合、いわゆるクロスのボールを入れるのは本田、またはモントリーボ。そしてコーナーは常に本田。これが基本だよ。

もちろん時と場合によっては変わることもあるんだけどね。例えば、より強烈なシュートが必要な場合にはラミがキッカーになるというように」

3: 名無しのSamurai
やっぱあのフリーキック争奪戦はえんぎだったんだ!!


4: 名無しのSamurai
迫真の演技だなw

5: 名無しのSamurai
でも蹴ったのカカじゃん。。。



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ