1: 名無しのSamurai
意外と多い日本人の血を引くサッカー選手。あのダビド・シルバも母親が日系人
http://www.footballchannel.jp/2014/04/26/post37933/
日本でも増えつつある“ハーフ”。海外で活躍する日系人とは?

コソボ出身でアルバニア国籍の両親のもと、ベルギーで生まれ育ったアドナン・ヤヌザイは、ベルギー代表を選択したとクラブの公式HPが伝えた。

 当然と言えば当然の選択だったが、19歳の逸材がどの代表チームを選択するのかは一時期大きく報じられていた。複数の国籍を所有することは日本では一般的ではないものの、国内情勢や地理的な都合もあってアジア以外の地域ではむしろ当たり前のことと言えるだろう。

 とは言え、酒井高徳、長谷川アーリアジャスール、カレン・ロバート、鈴木武蔵など帰化ではなく出生の段階から複数の国籍を選択できる選手が日本でも増えつつある。サッカー界以外でもハーフタレントがバラエティー番組を席巻し、ダルビッシュ有はメジャーリーグの猛者たちから三振を奪いまくっている。

 では逆に、日本人の血を引いていながら、海外で活躍する選手はいるのだろうか?・・・[続きはリンク先へ]


スポンサード リンク

2: 名無しのSamurai
ロドリゴ・タバタ
ロドリゴ・タバタ(Rodrigo Barbosa Tabata、1980年11月19日 - )は、ブラジル出身のサッカー選手。日系3世である。ポジションは主にトップ下。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AD%E3%89%E3%AA%E3%B4%E3%BB%E3%BF%E3%90%E3%BF
no title

3: 名無しのSamurai
ステファン・イシザキ
ステファン・ダイスケ・イシザキ(Stefan Daisuke Ishizaki, 1982年5月15日 - )は、スウェーデン・ストックホルム出身のサッカー選手。ポジションはミッドフィルダー。日系2世。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%B9%E3%86%E3%95%E3%A1%E3%B3%E3%BB%E3%A4%E3%B7%E3%B6%E3%AD
no title

4: 名無しのSamurai
ダビド・シルバ
ダビド・ホスエ・ヒメネス・シルバ(David Josue Jimenez Silva, 1986年1月8日 - )はスペイン、カナリア諸島出身のサッカー選手。プレミアリーグのマンチェスター・シティFC所属。ポジションは主にMF(オフェンシブハーフ、サイドハーフ)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%80%E3%93%E3%89%E3%BB%E3%B7%E3%AB%E3%90
no title

5: 名無しのSamurai
ガエル・カクタ
ガエル・カクタ(Gael KAKUTA, 1991年6月21日 - )は、フランス・リール出身のサッカー選手。セリエA・SSラツィオ所属。ポジションはミッドフィールダー。祖父が日本人の日系フランス人3世[1]。「フランスのメッシ」の異名を持つ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%AC%E3%A8%E3%AB%E3%BB%E3%AB%E3%AF%E3%BF
no title

6: 名無しのSamurai



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ