1: 名無しさん@お腹いっぱい。
伊紙評価:本田は及第点 「彼を下げてバロテッリを入れたことで…」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140324-00000017-goal-socc
ミランMF本田圭佑は23日、セリエA第29節ラツィオ戦で先発出場し、54分までプレーした。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同選手に及第点となる6点をつけている。

『ガゼッタ』は寸評で「不明確な攻撃の超現実的筋立てに適応し始めている。ループシュートを狙ったが、枠をとらえるにはあまりに弱かった」。

6点はミランのベストプレーヤーに選ばれたMFカカー、そしてバロテッリの6.5点に次ぐチーム3位タイの採点だった。本田のほかには、GKマルコ・アメーリア、MFナイジェル・デ・ヨング、MFアンドレア・ポーリ、FWジャンパオロ・パッツィーニ、セードルフ監督、チーム全体に6点が与えられた。

「バロテッリが入り(本田が不在となって)、ミランは相手に一つの要素をプレゼントした。本田に託されていた相手を追う仕事をバロテッリに求めることはできないという意味だ。さらに、セードルフ監督はポーリとカカーの位置を入れ替えた。そうすることで、ただでされ特に輝いてはいないミランの攻撃のアイディアは、さらに霞むことになった。これらの変更は必要だったのだろうか?」
[一部抜粋 全文はリンク先へ]
no title


スポンサード リンク

2: 名無しさん@お腹いっぱい。



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ