1:
川崎Fの大久保が、ドイツ時代、長谷部お手製のカレーライスに救われたと告白

自伝によると、ヴォルフスブルクには日本人学校はなく、大久保は自身のお子さんを現地の幼稚園に通わせていた。しかし、言葉が通じないため、愛息は「お腹が痛い」といって幼稚園に行きたがらなくなったという。これを心配した長谷部は、幼稚園まで様子を見に行ってくれたそうだ。

 さらに、「可哀想だよ。マジで大丈夫かな」と、「まるで自分の子供のように」悩んでくれた長谷部は、自宅でカレーライスを作ってふるまってくれたとのこと。そのカレーライスをほおばる息子さんの姿を見て、「みんなが幸せな気分になった」のだという。
[全文はリンク先へ]
http://www.soccer-king.jp/news/japan/jl/20140307/173258.html
no title



スポンサード リンク

2: この記事への反応







3:
イイハナシダナー

4:



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ