928: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/02/15(土) 14:26:26.32 ID:3mRysgDw0
「本田のパフォーマンスは? データで見るボローニャ戦」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140215-00000008-goal-socc
本田は決して輝かしいパフォーマンスを見せたわけではないが、堅実な試合をしていたとは言える。パス成功率は95.5%と非常に高く、相手陣内でも87.8%にのぼった。44本のうち失敗はわずか3本のみ(うち2本はボローニャのペナルティーエリア内)で、ゴールチャンスを生み出したパスも1本あった。

no title

ヒートマップが示すように、本田は主に右ウイングの位置でプレー。たびたびオーバーラップするデ・シリオと頻繁にパスを交換していた。本田がデ・シリオに出したパスは20本を数え、イタリアの若手SBも本田に15本のパスを送っている。

本田は試合の中で8度の1対1を行い、結果は3勝5敗。だがそれとは別に、相手ボールを4度奪っている。シュートは前半に放った1本のみだが、相手選手のブロックに阻まれる結果に終わった。

データを見る限りでは、本田は明らかに左サイドの同じポジションに位置していたターラブより全体的に良い試合をしていたと判断できる。だが結果としてモロッコ代表MFは本田より長い時間ピッチにとどまっただけでなく、イタリアのメディアやミランのファンからもより高い評価を受けることになるだろう。
[一部抜粋]
no title



もはやイタリア紙採点よりもデータで観るほうが状況わかるな。


スポンサード リンク

935: ! 2014/02/15(土) 14:33:47.76 ID:3QE+JY/W0
>>928
実に的を射ている正しい寸評・批判だと思う

938: 2014/02/15(土) 14:36:31.38 ID:5YXJ9ofI0
>>928
ゴルコムらしからぬ的確さだなw
駄目なとこ、サポの反応、ターラブとの比較もその通りだと思う

943: haSe 2014/02/15(土) 14:39:10.64 ID:QhSwqWil0
>>928
的確だねぇ
本田みたいなプレーはトップ下ならいいのだが
サイドは強引でもしかけないといけないからあってない
2TOP下のSHなら話も違うのだが
デシリオとの連携もとりやすいし
レアンドロ酒井コンビみたいなかんじで

引用元: http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/eleven/1392386513/



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ