458: 名無しさん@恐縮です 2013/06/20(木) 17:43:43.80 ID:lPwn2lVA0
伊紙評価、香川・本田・岡崎・ザッケローニ監督に高採点

日本代表は19日(日本時間20日)、コンフェデレーションズカップグループA第2節の試合でイタリア代表と対戦し、3-4の惜敗を喫した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』がこの試合の両チームの選手たちを採点している。

前半に本田圭佑のPKと香川真司のゴールで2点を先行した日本だが、前半終了間際にダニエレ・デ・ロッシに1点を返され、後半開始直後には立て続けに失点。岡崎慎司のゴールで3-3の同点に追いついたが、最後はセバスティアン・ジョヴィンコに決勝点を奪われて敗れる結果となった。

『ガゼッタ』はこの試合、チーム全体への採点としてイタリアを6点、日本を6.5点と日本の方を高く採点。個々の選手でも、敗れた日本の方がやや高めの採点となった。

日本は香川、本田、岡崎の3人とアルベルト・ザッケローニ監督の4人に最高点の7点が付けられ、その中でも香川が「左サイドで躍動」したとしてベスト選手に選ばれている。本田については「バイクのように」動き回ったと苗字にかけて称賛。ザッケローニ監督に対しても「親愛なるザックよ、日本は何て素晴らしいんだ!」と賛辞を送った。

その他の選手では、4失点を喫したスタメンDFの4人には5.5点。イタリアでプレーするインテルDF長友佑都には「30分間は良かったが、その後は普通になった。と言うより『インテル化』した」と低調なシーズンを送ったチームに言及した。その他の日本の選手たちには、出場時間の短かった中村憲剛を除いて6点が付けられている。

イタリアでは、内田篤人のオウンゴールを誘発するなどのプレーを見せたエマヌエレ・ジャッケリーニに最高の7点。マリオ・バロテッリ、セバスティアン・ジョヴィンコにそれに次ぐ6.5点が付いた。

最低点は前半途中で交代となったMFアルベルト・アクイラーニで4.5点。決定的な仕事のできなかったMFアンドレア・ピルロや、岡崎のPK獲得につながるバックパスを出したマッティア・デ・シリオなどは5点となり、ピルロについては「ザックはメキシコのようには彼に自由を与えなかった」と日本が同選手を抑え込んだことを評価している。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130620-00000017-goal-socc

no title


スポンサード リンク

471: 名無しさん@恐縮です 2013/06/20(木) 17:44:46.00 ID:HIc203vSP
>>458
わらったw
イタリアはおもろいなw

476: 名無しさん@恐縮です 2013/06/20(木) 17:44:50.92 ID:W8jgbrxK0
>>458
長友叩きたいというより、珍テルwwwって言いたいだけだな
まぁ長友はそんな存在なんだろ

596: 名無しさん@恐縮です 2013/06/20(木) 17:54:35.01 ID:iEnzGiy90
>>458
黒青に染まってしまったな

640: 名無しさん@恐縮です 2013/06/20(木) 17:57:15.42 ID:PPUW9KvA0
>>458
はっきり言い杉だろwww

引用元: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1371715674/



スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ