132 : 2012/09/12(水) 13:40:33.77 ID:xMv80om40


ニワカです

ヒデの頃のトップ下と
本田に求められてるトップ下と
香川の考えてるトップ下の仕事の違いを
どなたかわかりやすく教えて下さい、よろしくです
12091201


スポンサード リンク

151 : 2012/09/12(水) 13:46:41.02 ID:06Nl4r6g0


>>132
簡単に言うと

ヒデと本田は#10のプレイメーカーで高度なレベルでMFのポジションをこなせる万能型MF

香川はセカンドストライカーで#10ではない
中盤の選手にしては能力、技術、フィジカルすべての面で劣る


他の選手を活かせる能力と技術に長けているということで中盤の選手としては本田が一番優秀だろう



160 :_ 2012/09/12(水) 13:49:47.42 ID:E9s/9Lnz0


>>132
ヒデの頃はDFラインを高くして
裏にスペースあったから
やっぱりスルーパスを狙うのが主な仕事だった
(とはいえ、ヒデが出始めた頃はそうだったけど
 2000年代には、既にそのスタイルはクラシカルなモンになってから
 ヒデも時代遅れになった)

で、サッカーは変化して高速化、守備の組織化で
DFラインの裏にスルーパスなんて
トップ下の位置からではそうそう狙えない

で、欧州で多いのが
香川のように攻撃に変化をつけるタイプじゃね?
相手のDFラインの裏に飛び出たり
技術で変化をつけたり
隙間でボールを貰って相手のDFをズラしたり。
高い位置で仕事してナンボ の選手


本田はMF全般(サイドもボランチも)を助けて
中盤での起点となる
運動量とキープ力が求められて
味方が苦しい時にボールを収めて確実に渡す
堅実的な技術をもっている


ただ、チームとしては、その中でも本田は得点して欲しいって
狙いもあるだろね、何だかんだいってゴールに近いポジションだし



191 : 2012/09/12(水) 13:55:40.28 ID:xMv80om40


>>160
ありがとう
自分の頭の中に、かなり光が見えてきましたw



211 :_ 2012/09/12(水) 14:00:24.76 ID:E9s/9Lnz0


>>191
補足で言うと
ヒデの頃は2トップが主流だったので
2トップにスルーパスを出して
おい、FW!後は決めろよ!ってスタイル
司令塔っぽいよねw
だから、司令塔=トップ下だったんだと思う。

今は1トップが全盛
欧州的な4-5-1は4-4-2の派生だから
トップ下は、よりFWに近い選手になる
昔のセカンドトップ、ファンタジスタのポジションだね。
セカンドトップに守備や中盤のタスクを与えてポジ下げたのが
欧州で主流のタイプ、香川はこっち系


ただ代表は4-3-3に近い考え方
そうなるとトップ下はよりMF的な選手を置いた方が
上手くいく
本田はこっち系もできる。


って事だと思う



244 :132 2012/09/12(水) 14:08:01.36 ID:xMv80om40


160=>>211
本当に詳しくありがとう
勇気出して聞いてみてよかった…



183 :J 2012/09/12(水) 13:54:26.22 ID:q+lKCeDgO


>>132
ヒデの頃のトップ下と本田に求められるトップ下は同じ。起点になってアシストしてゴールもやる。
ただヒデの時代はトップ下が使えるスペースがまだ残っていた。年々警戒されてスペースを失うと強引に割って入れるフィジカルが必要になってフィジカル不足のトップ下は位置をボランチやサイドに移して起点の位置を変えた。
で、起点創りから解放されて起点は創れないがアシストゴールは得意なタイプであるセカンドトップが昔のトップ下に近い場所で働くようになった。香川がこれ。



206 :132 2012/09/12(水) 13:59:31.27 ID:xMv80om40


>>183
!!
ハグしていいですか、一応女ですw

ハグくまさん




スポンサード リンク

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ