Samurai Goal

スポンサード リンク


FW永井謙佑 驚速弾!英1部ウェストハムが獲得へ“興味” 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/07/31(火) 12:43:47.35 ID:???i


 ◇ロンドン五輪男子1次リーグD組 日本1-0モロッコ(2012年7月29日 ニューカッスル)

 関塚ジャパンが8強入りだ!男子の日本は29日、1次リーグD組の第2戦でモロッコを1―0で破り、2連勝で勝ち点を6に伸ばし、00年シドニー五輪のトルシエジャパン以来、3大会ぶりとなる決勝トーナメント進出を決めた。

0―0の後半39分、FW永井謙佑(23=名古屋)が技ありのループシュートで均衡を破り、そのまま逃げ切った。1位通過を目指し、8月1日にホンジュラスと対戦する。

 決勝トーナメントにつながるゴールはスピードスターが奪った。後半39分、清武が浮き球のパスを左サイドに蹴り込むと、永井は50メートル5秒8の俊足を飛ばして相手DFをかわした。

飛び出してきた相手GKよりも早く追いつき右足アウトサイドでループシュート。「GKが出てきたのは見えていた。先に触れる自信はあった」。ボールはワンバウンドして無人のゴールに吸い込まれた。

 26日のスペイン戦では再三ゴールチャンスがありながら決められなかった。「1点は1点。そういうゴールを決められてプラスになる。きょうこそ決めてやるという強い気持ちを持っていた」。

この日は仕事でブラジルに住む両親が駆け付け、昨年9月に結婚した綾香夫人と兄も観戦していた。ゴール直後は看板に飛び乗りガッツポーズ。喜びを爆発させた。

 第1戦でスペインを撃破したことで関塚ジャパンの注目度は増し、この日はイングランドのプレミアリーグ17クラブの関係者が大挙して視察に訪れた。

中でも永井にご執心だったのが、若手の発掘と育成に定評があるウェストハムのスカウトだった。

>>2以降につづく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120731-00000017-spnannex-socc

12073106

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ラウールが“同期”の内田を称賛「特別な思いがある。明るい未来が待っている」 

691 :名無しに人種はない@実況はサッカーch 2012/07/30(月) 17:48:11.86 ID:2VdybIX90


アル・サッドの元スペイン代表FWラウール・ゴンサレスが、シャルケ時代にともに戦った日本代表DF内田篤人や、カタールへの移籍ついて言及している。25日に発売した『サッカーゲームキング(Vol.012)』のインタビューに応えた。

 ラウールは内田について、「僕と同じ時期にシャルケに入団したし、アツトには“同期”のような特別な思いがあるよ」とシャルケ時代の戦友を称している。

 また、「アツトは将来性のある素晴らしい選手だよ。彼はまだ24歳。いつだって謙虚で、常に何かを学ぼうという向上心がある。あの勤勉さとチームに徹する精神は日本人ならではのものだと思うし、これからもっと成長できるプレーヤーだ。彼のスピードと右足のテクニックを持ってすれば、明るい未来が待っているはずだと見ているよ」と将来の活躍に太鼓判を押している。

 今夏にシャルケを退団し、カタールへの移籍を決断したことには、「体が悲鳴を上げていたんだ。僕はもう35歳だし、これ以上ヨーロッパのトップレベルでサッカーを続けるのはキツいと思っていたのさ。それに、ファンのみんなの期待を裏切りたくないし、目に見えて衰えていくところを披露したくないというのもある」とキャリアが晩年に差し掛かったことを理由に挙げている。

 さらに、「前向きに移籍を考えた部分もあって、極度の緊張感が漂っている独特の空気から離れて、何か新しいことをやりたいと思うようになっていたのさ。今の僕にとって、それほどの重荷にならない環境でサッカーを楽しむことが大切だと思ったんだ」と前向きな移籍ととらえていることを語っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120730-00000332-soccerk-socc

12073105

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

「ロシア牢獄へようこそ !」本田在籍のCSKAに有望なMF選手が収監かwwww本田移籍あるかも。。。 

1 : ◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★ 2012/07/30(月) 22:53:10.75 ID:???0


2012年07月30日20時58分
提供:Goal.com

CSKAモスクワは、AZに所属するスウェーデン代表MFラスムス・エルム獲得を決定的にしたようだ。

エルムは、6月に行われたEURO2012にスウェーデン代表として出場した。
同選手は、スウェーデン代表として26試合に出場している。

CSKAは、エルムと3年契約を結ぶと見られている。
移籍金は600万ユーロ前後と推定される。

24歳MFには、ほかにもリヴァプールやトッテナム、ラツィオからの関心が伝えられていた。
http://news.livedoor.com/article/detail/6806503/

12073104

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

カタールへ移籍したラウール「残念ながら日本のクラブからオファーはなかった…それだけのことさ」 

1 : ◆3ZUPU3cydIci @ターンオーヴァーφ ★ 2012/07/30(月) 23:11:10.64 ID:???0


SOCCER KING 7月30日(月)17時27分配信

アル・サッドの元スペイン代表FWラウール・ゴンサレスが、ドルトムントからマンチェスター・Uへ移籍した日本代表MF香川真司や、
日本への移籍について言及した。
25日に発売した『サッカーゲームキング(Vol.012)』のインタビュー内で語っている。

ラウールはシャルケ在籍時に対戦した香川の印象を聞かれ、
「カガワはすでに“偉大なプレーヤー”の仲間入りをしている。ドルトムントはシャルケとライバル関係にあったけど、
カガワは実際にとても危険なプレーヤーで、みんなが彼を警戒していた」と振り返った。

香川が今シーズン、マンチェスター・Uへ移籍したことには、
「新シーズンはプレミアリーグでも、“クラック”(名手)としての才能を見せつけるはずだよ。
(マンチェスター)ユナイテッドにとっては最高の補強になったんじゃないかな」とビッグクラブでの香川の活躍に期待している。

今夏にシャルケを退団し、カタールへの移籍を決断したラウール。
日本への移籍を考えたか問われると、「日本のファンはいつも暖かい声援を送ってくれる。
特に1998年のトヨタカップは僕のゴールでヴァスコ・ダ・ガマを破り、クラブ世界一になったんだ。
本当に素晴らしい思い出が刻まれた国だし、日本のみんなに僕が特別な思いを抱いていることも確かだ。
ただ、残念ながら日本のクラブからオファーはなかった……それだけのことさ」と心境を語っている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120730-00000333-soccerk-socc

8a133baf

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

オリンピックの裏でブログ戦争勃発!!吉田麻也x大津祐樹 

12073013
白熱するロンドンオリンピックの裏で、サッカー日本代表にブログ戦争が勃発。吉田麻也vs大津祐樹 セコンド:うっちー(内田篤人)vs酒井宏樹
なんかワロタw
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798030724/
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

FW永井謙佑、幼少期にブラジルでストリートサッカー三昧!!しかし、高校では… 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/07/30(月) 09:38:22.49 ID:???0


 ロンドン五輪第3日(29日)サッカー男子日本代表は30日未明(日本時間)、1次リーグ第2戦となるモロッコと対戦した。

強豪スペインを破って勢いづくチームの象徴が、日本のスピードスター、FW永井謙佑(けんすけ)(23)だ。世界が注目する逸材は他の選手とはひと味違った形で自らのプレーを形作っていた。

 50メートル5秒8。快足を誇る永井の原点は、サッカー王国、ブラジルにあった。

 父の仕事の関係で、3歳から8歳までブラジル南部のイパチンガで過ごした。遊びといえば街角で興じるサッカーしかなかった。

 “ジーコ2世”“ロナウド2世”を目指すブラジルの子供たちと一緒に、舗装もされていない道路を裸足(はだし)で駆け回り、砂ぼこりをあげた。

 「ドリブルはぎこちないけど、どこかリズム感がある。走り方もきれいじゃないけど、なぜか速い。これはブラジルで養われた要素ではないか」。

母校、九州国際大付高(福岡)サッカー部の江藤謙一コーチ(30)はこう分析する。

 もっとも、高校入学時はほとんど注目されない存在だった。当時のサッカー部主将、梶川恭平さん(25)は「実力は70人いる部員のうち60~70番目ぐらいだった」。

永井自身も「ボールの扱いがへたで、体力もない」と周囲にこぼしていた。
 だが、入学当時に160センチほどしかなかった身長は、3年間で15センチ以上伸びた。

比例するようにスピードも上がった。選手としての成長のきっかけは、長所を自覚したこと。相手守備陣をごぼう抜きし、ゴールを決める快感にいつしか目覚めた。

 「世界に強烈なインパクトを残したい」。永井は周囲にそう話す。ラテン系の明るさも持つニッポンの韋駄(いだ)天。五輪の舞台でも前へ、前へと突き進んだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120730-00000509-san-socc

12073012


ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索