Samurai Goal

スポンサード リンク


海外組の値打ち…スペイン人スカウトの内田評が適切過ぎる件 

104 :名無しに人種はない@実況はサッカーch 2012/10/07(日) 06:15:40.68 ID:lFTwkFkR0


【海外組の値打ち…スペイン人スカウトの内田評】
内田は予測能力の高い右SB。
常に次のプレーを意識したポジションを取っているので、自然とこぼれた球が転がってくる。
身体能力の高い相手に一対一に持ち込まれたとき、"軽さ"を露呈することもあるが、弱点を補う賢さを持つ。
守りに入った時も相手の動きを察知しているため、アタッカーに対して先手をとれている。
攻め上がりが目立つ選手だが帰陣も速く、プレーの選択が適切。
必ず味方をフォローする場所におり、チームプレーヤーとしての評価は満点に近いだろう。

e386481

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

またC大阪から若手流出!?ドイツメディアがバーゼルがMF柿谷曜一朗に興味と報道! 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/10/08(月) 18:45:17.22 ID:???i


 セレッソ大阪のMF柿谷曜一朗の獲得をスイスリーグのバーゼルが目指していると、ドイツのサッカーサイト『4-4-2.com』が報じている。

C大阪は100万ユーロ(約1億円)の移籍金を要求していると伝えている。

 バーゼルは過去にもDF中田浩二が在籍するなど、日本にもなじみの深いクラブ。今季CLは惜しくもプレーオフで敗退したが、現在スイスリーグを3連覇中の強豪クラブだ。

 柿谷はC大阪の下部組織出身の22歳。07年に出場したU-17W杯では、グループリーグのフランス戦でセンターサークル付近から超ロングシュートを決めるなど、これまで各世代の中心となって活躍してきた。

 トップチームに昇格してからは、思うような活躍が出来ず、09年のシーズン途中から徳島に期限付き移籍。

だが、今シーズンからC大阪に復帰を果たすと、ここまでリーグ戦25試合に出場、自己最多の10得点を記録。才能開花の兆しをみせている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121008-01108048-gekisaka-socc

20121008-01108048-gekisaka-000-3-view

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

宮市亮が実践する“ドMトレ”「試合の前夜あたりから、精神的にきつい体験をずっとイメージし続けるんです」 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/10/08(月) 17:07:21.54 ID:???i


“ワンダーボーイ”こと日本代表FW宮市亮(19)には、独自のモチベーションアップ法がある。

2010年12月にイングランドの名門アーセナルと契約してから、フェイエノールト(オランダ)、ボルトン(イングランド)とレンタル移籍で渡り歩き、今季はウィガンに所属。

まだ10代ながら世界最高峰リーグで躍動し始めたが、裏では“ドMトレ”を実践している。宮市が明かす。

「試合前に音楽とかを聴いてモチベーションを高める選手が多いと思いますが、僕は全然違うんです。前夜あたりから今までのつらい経験、本当に嫌で思い出したくない出来事とか、そういう精神的にきつい体験をずっとイメージし続けるんです」

 打撲や捻挫を負いながら激しい痛みを我慢してプレーした試合、監督に怒られて落ち込んだ時、ピッチ外でもテスト前に睡魔に耐えて徹夜で勉強したこと…など、つらい思い出、忘れ去りたい過去を回想するのが宮市の試合前のルーティンだという。

それは試合前日の就寝前から始め、スタジアムに移動するバスの中でも続ける。

 宮市によれば「メンタル面で徹底的に追い込むことで力を発揮できるタイプなんです。思い出して歯を食いしばることで、闘争心が生まれてくるんですよ」。

自分で自分をいじめ抜き、どんな状況でも動じない強固な精神力を養っているのだ。爽やかなルックスからは想像もつかない“ドM思考”。日本代表でも苦い過去が宮市を活躍に導くのか――。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/45623/

17555473_220x195

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

マンU ファーガソン監督、ダイヤモンド型の中盤に手ごたえ 「今季のベストパフォーマンス」 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/10/08(月) 16:00:50.71 ID:???i


 現地時間7日に行なわれたイングランド・プレミアリーグの試合で、ニューカッスルに敵地で3対0と快勝したマンチェスターU。

アレックス・ファーガソン監督はこの試合、従来とは違い中盤をダイヤモンド型にするシステムで試合に臨んだが、この新システムに手応えを感じているようだ。ロイター通信が報じている。

 長年、両サイドにウイングタイプの選手を置く4-4-2を基本布陣として戦ってきたマンU。だが、ファーガソン監督はこの日のニューカッスル戦で、MFマイケル・キャリックを中盤の底に置き、香川真司を右、トム・クレヴァリーを左に配置。

トップ下にはウェイン・ルーニーが入るダイヤモンド型の中盤を組み、FWロビン・ファン・ペルシとダニー・ウェルベックが2トップを組んだ。

 この新布陣の効果もあってかマンUは序盤からパスをつないでゴールに迫る形が見え、前半のうちにセットプレーで2点を連取。後半に入りニューカッスルに押し込まれる場面もあったものの、クレヴァリーのゴールでさらに1点を加え、3対0で勝利した。

 ファーガソン監督試合後、『スカイ・スポーツ』に対し、「ミッドウィークのチャンピオンズリーグでCFRクルージ(ルーマニア)に2対1と勝利した試合や、ニューカッスルを下した先月(27日)のリーグカップで、我々はこの形を試した」とコメント。

「この布陣は異なる選択肢を与えてくれる。我々はサイドの選手を使うことで知られるが、クルージ戦ではまずまずの力を持つ相手にもいいプレーをしていたから、このシステムでどこまでやれるか見てみたかった」と、
ダイヤモンド型を引き続き採用した理由を説明した。

 同監督はこの日のプレーを「今季のベストパフォーマンス」と評し、「素晴らしい結果だね。とてもパワフルでアグレッシブなニューカッスルとの試合では、優れたパフォーマンスをして、

試合をコントロールしなければいけないからね。ほとんどの時間でそれができていたし、我々はいいサッカーを見せていた」と、選手たちのプレーぶりを称えている。

>>2以降につづく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121008-00000025-ism-socc

e184b_854_206388ae_9e4ed180

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

Jリーグが秋春制拒否!来季も現行通り 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/10/06(土) 17:40:44.10 ID:???i


 Jリーグが、来季も現行通りの春秋制を続けることが5日、分かった。

複数のJクラブ関係者らの証言で明らかになったもので、10日に東京・文京区のJFAハウスで開かれるJ1、J2合同臨時実行委員会で最終協議し、16日の理事会で最終決定する。

 5月の実行委員会で日本協会から、秋春制への移行を提案された。直後にJは日程問題検討タスクフォースを立ち上げ、これまで6回協議した。

さらに運営、マーケティング、育成、競技と、4部門の分科会を9回開いて話し合ったが、現実的に難しいとの意見が大半を占めたという。

 積雪量の多い地域での冬開催問題などもあるが、最も大きなネックは、移行初年度のクラブ経営が難しいことだ。

日本協会からは「来年春に開幕し、翌年の夏までの1年半を1シーズンにする」との案が提示された。

しかし、試合数が増えるわけではなく、スポンサー収入、入場者収入などの増額が見込めず、1年の予算で1年半をまかなうことは現実的に難しい。

 実行委員からは「日本協会の提案で移行すると、半数以上のクラブがつぶれる」との意見が多かったという。

他に、クラブと年俸契約を結んでいる選手らの給料にも影響することも必至で、仮に1年半で1シーズン分の年俸を支払うことになれば、選手の死活問題にも発展する。

 5月にシーズン制移行を提案した日本協会・田嶋幸三副会長は「Jが出した回答に対して、協会が訂正を求めることはしません。Jの意見を尊重します」と話しており、10日に出される返答が、最終結論となる。

http://www.nikkansports.com/m/soccer/news/p-sc-tp0-20121006-1028341_m.html

news_3970_1

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

リベリー2発のバイエルンが開幕7連勝…宇佐美は古巣からゴールならず 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/10/07(日) 00:22:53.78 ID:???i


 ブンデスリーガ第7節が6日に行われ、バイエルンとMF宇佐美貴史が所属するホッフェンハイムが対戦。宇佐美は先発出場した。

 開幕6連勝と好調のバイエルンはホーム戦に臨むと、19分に均衡を破る。左サイドでボールを受けたフランク・リベリーがドリブルでペナルティエリアに侵入すると、左足を振り抜き、ゴールネットを揺らした。

 前半を1点リードで折り返したバイエルンは後半開始直後の47分にも、再びリベリーがゴールを奪取。ペナルティエリア内でトニ・クロースからボールを受けると、右足のダイレクトシュートでホッフェンハイムゴールを破った。

 バイエルンは、リードを2点に広げたあとも攻勢を続けた。3点目こそ奪えなかったが、守備陣はホッフェンハイムを無失点で抑えきり、2-0と完封勝利。

開幕7連勝を飾り、首位をキープした。なお、宇佐美は63分に途中交代するまでプレー。昨シーズン、1年間在籍した古巣からの得点はならなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121007-00000301-soccerk-socc

images



ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索