Samurai Goal

スポンサード リンク


本田監督、始まりはまさかの“逆オファー”!? 

http _o.aolcdn.
1 2018/08/13(月) 11:55:08.15 _USER9
8/13(月) 9:05配信 日刊スポーツ

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会の日本代表MF本田圭佑(32=メルボルン・ビクトリー)が、カンボジア代表の実質的な監督に就任した。12日、首都プノンペンでカンボジア・サッカー連盟と本田が会見。指導者ライセンスを持たず、現役選手であるため同国代表のゼネラルマネジャー(GM)に就任。A代表の強化の全権を担う。契約は2年。世界的にも極めて異例の世界を股に掛けた“兼任監督”が誕生した。

 オーストラリアに移籍した本田は、カンボジアにいた。そしてスーツでひな壇に座り堂々と「私にとってはじめての監督業になります」と言い切った。隣にはカンボジア連盟のサオ・ソカ会長。同国代表のGMに就任し、実質的な全権監督として強化にあたることが、突如発表された。

 選手は続ける。指導者ライセンスはない。同時に自身の個人アシスタントでアルゼンチン人のフェリックス氏が監督に就任した。指導者資格を持つ同監督を通じ、トップとして指揮する。国際サッカー連盟(FIFA)の定める各国代表の活動期間(直近は9月3~11日)を利用し、拠点となるオーストラリアからカンボジアを訪れ、チームを指導、強化し試合も指揮する。ベンチにも入る予定で調整を進めるという。

 はじまりは、逆オファーだったというから驚きだ。16年から同国でクラブ経営に参画している。日本代表のW杯ロシア大会のアジア2次予選で対戦してから、連盟幹部とも交流を続けてきた。「連盟に『現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か』と質問したところ『本気で言っているならオファーをする』と言っていただいた。こういった形の契約は世界のどこを見ても初めてだと思います。普通ではないやり方を受け入れてくれたことに感謝しています」。

 監督業は、近い将来の選択肢としていた。まさか現役中、それも指導者ライセンス取得前にFIFAランキング166位とはいえ、一国の代表の全権を握ることになるとは。本田はやると決めたらやる。いつ死んでもいいよう後悔のない人生を突き進んでいる。

 南半球の新天地メルボルン・ビクトリーでは、約4億円という破格の年俸で迎えられる責任があり、15日にはメルボルンで盛大な入団会見が行われる。公言した、20年東京オリンピック(五輪)に日本代表のオーバーエージ枠で出場するという目標もある。ただ、今回の歴史的な挑戦で、次のW杯のアジア予選で本田のカンボジアと森保ジャパンが、A代表同士、互いに国を背負って対戦する可能性も出てきた。

 本田監督は、早くもカンボジア代表の顔として「1つはカンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。2つ目は、サッカー以外のカンボジアの魅力を世界にアピールすること」と所信表明した。初陣は9月10日のマレーシアとの国際Aマッチ(ホーム)となる可能性が高い。

 ◆カンボジアと日本 W杯ロシア大会のアジア2次予選では、日本と同組だった。ホームとアウェーで2度対戦し、日本がホームで3-0、アウェーでは2-0で勝っている。本田はこの2度の対戦で、ともに得点を挙げている。カンボジアの英雄とも言われるFWワタナカは同国初のJリーガーとして、昨年J3の藤枝でプレー。リーグ1試合に出場し無得点だった。また、カンボジア国籍を取得したマラソンの猫ひろしも有名。

 ◆選手と監督の兼任 釜本邦茂が日本リーグ時代にヤンマー(現セレッソ大阪)で選手兼監督。海外ではルート・フリット(チェルシー)やケニー・ダルグリッシュ(リバプール)、現イングランド代表のガレス・サウスゲート監督(ミドルズブラ)らがプレーしながら監督も務めた。「リベリアの怪人」ことジョージ・ウエアは、代表の選手と同国サッカー協会の会長を兼任。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00298154-nksports-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ベルギーリーグにまたまた日本人!!DMMの勢いが止まらない! 

sty1808060012-p1
1 2018/08/13(月) 13:02:58.66
 流通経大4年のDF小池裕太(21)がベルギー1部シントトロイデン入りすることが10日、分かった。

昨年11月に日本のDMMグループが経営権を取得した同クラブには、既に1月からDF冨安、7月からMF関根、DF遠藤が在籍。ベルギーには外国人枠がなく、小池が4人目の日本人となる。

同時期に海外1部リーグのクラブに日本人4人が在籍するのは初のケースだ。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180811-00000061-spnannex-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

W杯を機に何が変わった?トルシエ氏が紐解く「サッカーは非人間的、機械的に」 

img_7b5c5379e2c36ee023d47600887fedd0274190
1 2018/08/13(月) 13:13:32.61 _USER9
フランスの2度目の優勝で幕を閉じたロシア・ワールドカップを、フィリップ・トルシエはどう総括したのか――。
ジャンニ・インファンティーノFIFA会長が「史上最高」と自画自賛し、実際、プレーのクオリティ(も決して悪かったわけではないが)を除けば確かに間違いなく最高であった大会を、トルシエはどう見ているのだろうか。

大会直前から始まったイビチャ・オシム、フィリップ・トルシエというふたりの短期集中連載を終えるにあたり、多少時間は空いたがトルシエの電話インタビューをここにお届けする。
 監修:田村修一

(中略)

◾ 「ビデオ判定でなければ絶対に笛は無かった」

 ――ビデオ判定が結果に影響を与えたと言えますか? 

 「影響はあった。
 オーストラリア戦でフランスがPKを得られたかどうかは誰にもわからなかった。あのPKがなかったら引き分けに終わっていただろう。
クロアチア戦のPKもそうだ。ワールドカップの決勝で、ビデオ判定でなければ笛は絶対に吹かれなかった。つまりビデオがサッカーを多少なりともロジカルにしたと言える。

 これまでサッカーは非ロジカルなスポーツだと言われ続けてきた。サッカーでは1+1がときに3になると。『誤審』がその主な原因だったが、そこがこの大会では合理的になった。試合結果も合理的になり、1+1は常に2になったわけだ」

◾ サッカーは非人間的、機械的になった。

 「だが他方でサッカーの人間的な側面を排除したのも事実だ。レフリーの判定を議論するのもサッカーの一部であるからだ。その点でサッカーはより非人間的かつ機械的になったといえる。

 しかしあらゆる疑念を排除して、より明快になったのも間違いない。合理的な結果に到達することで、ロジカルな勝者をビデオが生み出した。
判定へのフラストレーションは常に存在したが今は違う。ビデオが示す結果に議論の余地はない。疑念や批判を挟む余地はなくなった。

だから今、批判されるのはデシャンの哲学であり、フランスのプレースタイルだ。それはサッカーそのものへの批判であり、監督に対する批判であり、選手交代やプレー哲学への批判だ。
判定がより正確になることで、結果に対する監督の責任がより重くなったといえる」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180813-00831588-number-socc&p=4
続く

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

G大阪“起死回生”の補強に渡辺千真を獲得し、長沢駿を期限付きで放出!! 

キャプチャ

1 2018/08/13(月) 06:26:45.46 _USER9
G大阪が神戸の元日本代表FW渡辺千真(31)を完全移籍で獲得し、神戸はG大阪FW長沢駿(29)を期限付き移籍で獲得することが12日、決定的になった。
17位とJ2降格圏に低迷するG大阪は、今夏に得点力のある前線の選手獲得を模索。

横浜M、F東京、神戸と所属した3クラブで計4度の2ケタ得点をマークしてきたが、
今季は元スペイン代表MFイニエスタらの加入で出場機会を減らしていた渡辺の獲得を目指していた。

神戸は今夏仙台に移籍した元日本代表FWハーフナー・マイク(31)に続き渡辺も流出する事態に、G大阪で昨季10ゴールを挙げ192センチの高さを誇る長沢を評価。
異例といえるFW同士の“トレード”が確実になり、近日中にも両クラブから発表される見込みとなった。

8/13(月) 6:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000039-sph-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【動画】ジェフ千葉“8分間に連続3PK”という珍試合の結果ドローに!! 

1 2018/08/13(月) 08:00:50.44 _USER9
<明治安田生命J2:町田3-3千葉>◇第28節◇12日◇町田


<得点者>
[町]オウンゴール(25分)
[町[平戸太貴(45分)
[町]平戸太貴(64分)
[千]指宿洋史(75分)PK
[千]船山貴之(79分)PK
[千]船山貴之(83分)PK


 ジェフユナイテッド千葉のファン・エスナイデル監督(45)は、後半30分からの8分間に3連続でPKを獲得し、決めて引き分けた町田ゼルビア戦後の会見で「感動的な試合だった。選手の努力は、この結果に値したと思う」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 前半25分にオウンゴールで先制を許すと、同45分、後半19分と3連続失点を喫し、敗色濃厚となったが、諦めなかった。後半30分、右CKからのこぼれ球を、途中出場のFW指宿洋史(27)が左から折り返したボールがDFのハンドを誘い、得たPKを指宿が自ら決めた。

 後半34分には、再び指宿がゴールを背負った状態でボールを収め、DF深津康太をかわそうとしたところで後ろから倒され、再びPKを獲得。そのPKを、今度はFW船山貴之(31)が決めて1点差となった。さらに同38分、船山が右から仕掛けてDFのハンドを誘ってPKを獲得し、自ら決めた。

 エスナイデル監督は「両チームともに同じような戦いをしていたので、0-3で負けていたのは、少し大げさな結果だ。大切なのは引き分けたことだ。偶然ではないが、引き分けたのは大切」と試合を総括した。

その上で「彼らは彼らの強みを出した。直接的なサッカーだが、しっかりやってくるので守備が難しい。でも我々は負けに値しない試合はしたと思う」と町田のサッカーを評価しつつ、引き分けを前向きに捉えた。そして「0-3で負けている時から引き分けの結果になるまで応援し、後押ししてくれたサポーターに感謝している」とサポーターにメッセージを送った。

 質疑応答の中で、後半16分に先発のラリベイと交代で入った指宿が流れを変えたのでは? と聞かれると、エスナイデル監督は「流れを変えたのは多分、旭と指宿だ」と、指宿だけでなく、後半開始から入ったMF矢田旭も流れを変えた1人だと強調。「指宿はゴールに直接的な関わりをしたが、プレーに関しては旭が関わっている。矢田にはボールを持ったら主役になって欲しいし、前の試合より攻撃的になって欲しい。実際、良く出来たと思う」と矢田を評価した。

 指宿については「相手がラインを上げてきたので、走り込むスペースがあったからボールを入れようと指示したが、うまくやった。ゴールを背負うのが、彼の得意技」と評価。その上で「そもそも、彼はかなり素質がある選手。自分で信じ、実際に実行しないと。今日のようなプレーをすれば、本当に素晴らしい選手になる素質がある」と、もっと自信を持ってプレーするよう訴えた。【村上幸将】

8/12(日) 23:14配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00298023-nksports-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

スペイン紙「トーレスはありえない」決定機を逃した金崎へのフォローに注目!! 

2018-07-22-tosu-fernand
1 2018/08/13(月) 11:44:18.29 _USER9
明治安田生命J1リーグ第21節が11日に行われ、サガン鳥栖が浦和レッズを1-0で下し、2連勝を達成した。スペインメディアはこの試合で、FWフェルナンド・トーレスがFW金崎夢生を気遣った場面を取り上げている

この試合の60分、ペナルティーエリア内右に位置したF・トーレスの折り返しをゴール手前の金崎がフリーで受けたが、トラップをミスしてしまい絶好機を物にすることができなかった。すると悔しがる金崎にF・トーレスが近づき、抱き寄せ、背中を2回叩いて励ましている。

スペイン『アス』は、F・トーレスの紳士な人柄が表れていたこの場面の映像を「ほかの選手ならばやらないだろう。F・トーレスがチームメートに行った品位ある振る舞い」との見出しで紹介。映像の内容については、次のように描写している。

「ストライカー(F・トーレス)はボールを奪い、ゴールをお膳立て立てした。が、金崎が信じられない形でミスした。スペイン人のリアクションは、敬意を示すべきものだった」

それでも鳥栖は、53分にMF高橋秀人が決めた得点を最後まで守り切り、2連勝を達成。同日に名古屋グランパスが勝利して一時は最下位に転落したが、一転して16位に浮上した。

8/12(日) 0:18配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000034-goal-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索