Samurai Goal

スポンサード リンク


日本とタヒチってどっちが強いの? 

1: 名無しさん 2013/06/23(日) 06:08:10.79 ID:rzGFEs+50
タヒチ

2: 2013/06/23(日) 06:09:13.87 ID:nLU/+KeG0
あ?タヒチと日本が試合したら4-2で日本が勝つわ

7: 2013/06/23(日) 06:44:33.69 ID:b5uTAgyn0
>>2
wwwワラタ

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

オシム氏、ザック監督解任論に異議「私が日本サッカー協会の責任者なら、代えない」 

1: かばほ~るφ ★ 2013/06/24(月) 09:39:17.60 ID:???0

オシム氏 ザック監督解任論に異議「私なら代えない」

コンフェデ杯で3戦全敗に終わったザックジャパン。元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(72)は1年後のW杯本大会を見据え、守備の強化と走力のある選手の起用、そしてフィジカルの時代に対応した走るサッカーの徹底を提言した。

本番まで1年しかないが、焦る必要はない。3連敗を理由に、ザッケローニ監督を代えるべきという意見があるそうだが、私が日本サッカー協会の責任者なら、代えない。ザッケローニ氏ほどの監督はめったにいない。
これまでの2年半、彼のもとで成し遂げた進歩は大きなものだ。

選手選考は監督の専権事項だが、私の意見も参考に挙げておく。まず、攻守に足の速い選手が必要だ。前線にドリブラーは多くそろっているが、広島の佐藤タイプのスピードのある選手がいない。押されている場面でのカウンターなど戦術の幅を広げる意味でも、逆に相手のカウンターの対策として足の速いストッパーやFW、サイドバックは非常に役に立つ。

さらに中盤で圧倒するためには、攻撃の起点になるセンターバックが足元の技術と視野の広さを備えてほしい。中沢や闘莉王の待望論があるが、まずは若手を抜てきしたらどうか。前回W杯の英雄の再招集は最後の手段だ。ボランチもバックアッパーが必要、できればセンターバック、ストッパーもできると、メンバー交代をせずに3バックと4バックを使い分けることができる。

中村俊輔のような左利きのセットプレーキッカーも必要だ。本田は毎試合、FKになるとボールを抱えて自分で蹴ろうとするが、もっと効果的なキックができるようになってほしい。

最後に日本のファンへメッセージがある。
(1)前回10年からの進歩を客観的に見よ、前進を自信に、強敵にもひるまず
(2)大志を抱き、その実現のために必要なことをともに考えよう、目先の結果に一喜一憂しない
(3)今の方向は大局的には間違っていない、そのまま進めばよい――ということだ。

スポニチ http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/06/24/kiji/K20130624006077550.html
118421590218216330241


ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

本田と川島がプラベートでコリンチャンスのトレーニングセンターを訪れる 

800: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/06/24(月) 07:22:42.72 ID:CYaormtD0
本田と川島がブラジルについて学ぶためにプライベートでコリンチャンスを訪れる
http://placar.abril.com.br/materia/honda-visita-ct-do-timao-e-torcedores-brincam-abra-o-olho-gobbi

No-000003

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【祭】本田圭佑「今きてるオファーを吟味してる。。ラブはいい選手」 

403: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/06/24(月) 01:08:05.59 ID:xfRNIZgp0
【新情報】本田、ブラジルメディアのインタビューでオファーを受けたことを明かす? ついでにラブを褒める
http://globoesporte.globo.com/futebol/selecoes/japao/noticia/2013/06/honda-elogia-vagner-love-e-fala-em-futuro-incerto-no-cska.html
No-00000013


誤訳ならごめん

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

松木安太郎を考える。「相手のハンドに厳しく、こちらのハンドに甘い松木」w 

205: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/06/23(日) 20:28:03.17 ID:v49/tfrN0
松木安太郎を考える。
http://bylines.news.yahoo.co.jp/takedasatetsu/20130623-00025913/
相手のハンドに厳しく、こちらのハンドに甘い松木

松木の解説を嫌う人が多い事は理解できる。要するにあれは「解説ではない」からだ。その内容は、「解説の松木さん」ではなく、「酒場の松木さん」であり、「居間でゴロゴロとテレビを見ている松木さん」なのだ。「サッカーに結構詳しい上司」「昔サッカーをやっていた自治会のオジさん」程度、としてみてもいい。極めて直情的な感想を連ねる彼の言質は、日本代表各人の出来・不出来やフォーメーションの連係具合を分析しつつ観戦したい視聴者には到底受け入れられないのはわかる。

相手のハンドに厳しく、こちらのハンドに甘い。勝っているときのロスタイムの長さに憤り、負けているときのロスタイムの短さに憤るのだ。このバランスの悪さは、もはや潔い。そもそも「絶対に負けられない戦い」を銘打つテレビ局だ、松木はその意向通り、絶対に負けてはいけない、と心底思っている。サッカー解説者を代表して解説しているのではなくて、どちらかというと茶の間の代表だ。むしろ、ハーフタイム中に入り込んでくるサッカー好き芸能人の方が冷静な解説をしているくらいで、役割は完全に逆転してしまっている。

no title


これ読んでてワロタ

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

マンUに残りたいルーニーと、放出すべきだと考えるファーガソン 

546: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/06/23(日) 18:43:08.32 ID:67wToC9J0
http://qoly.jp/index.php/news/17225-20130623-rooney-transfer

ルーニー本人は前監督のサー・アレックス・ファーガソンが自らの移籍志願をメディアに明かしたことに傷ついていると言われている。27歳のFWは移籍をを求めた事を否定しており、モイーズから今も自分がクラブにとって価値ある存在なのかを知りたがっており、ファーガソンのコメントが誤解であると考えている。

面白い事にファーガソンはルーニーのこの夏での売却を推薦しているようだ。これは来年以降ではルーニー売却で得られる移籍金が劇的に下がる事が予測されるからである。ルーニーはオールド・トラッフォードとあと2年契約を残しており、10月で28歳となる為、1年後では遅い、とファーガソンは考えている模様。

しかしながら、決定はモイーズに委ねられており、ルーニーをエヴァートンでデビューさせた指揮官は、ルーニーに好印象を与えるチャンス、つまり残留して活躍する道を与えるかもしれない。なお、もしルーニーが移籍する場合は本人がイングランドに留まる事を望むと言われているが、ユナイテッドはチェルシーに売却するのは嫌がっており、アーセナルに売却するかもしれないとの事。

no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索