Samurai Goal

スポンサード リンク


J2降格決定の長崎。高田社長がJ1の厳しさを振り返る「タラレバにはなりますが…」 

20181117-00010022-goal-000-2-view
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

中島翔哉の起用で浮かび上がる森保ジャパンの課題…解決策になり得るのは?【河治良幸】〈dot.〉 

20181119-00000006-sasahi-000-1-view
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<本田圭佑>カンボジア代表監督就任の真意を告白!「お金も大事だけどもっと大事なことがある」 

20180326_keisuke-honda9944




1: 2018/11/19(月) 11:45:48.75 _USER9
選手キャリアを続けながらカンボジア代表の実質的な監督を務めている本田圭佑が、その異例とも言うべき決断を下した理由を、11月18日、自身のSNSで明かした。

【動画】本田が明かしたカンボジア代表監督就任の理由!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail2/id=50418

 世間を驚かせたのは、今年8月だ。オーストラリア、Aリーグの強豪メルボルン・ビクトリー移籍を決めていた本田は、その直後にカンボジア代表の代表監督とGM(ゼネラルマネージャー)を兼ねる「Head of delegation」に就任することを発表したのだ。

 その役職に就いてからの本田は、実に精力的だ。メルボルンでのプレーを続けながら、実質的な監督としてビデオ通話などを通してカンボジア代表の指導を行い、そしてスケジュールの許す限り代表戦の指揮も務めている。

 ではなぜ、日本サッカー界のカリスマは、現役生活を続けながらカンボジアでの監督キャリアを選んだのか? 18日に自身のツイッターとインスタグラムに投稿した短い動画内で、その想いを口にした。

「まだまだ苦しい生活をしている人も多いカンボジアで、サッカーを通じて、ちょっとでも勇気を与えられるような、元気になってもらえるような、明日から働くエネルギーを少しでも得てもらうようなプロジェクトになればなと思って」

 さらに本田はツイッターに「お金も大事ですけど、お金より大事な事ってあるじゃないですか? カンボジア代表を強くするっていうのはそんな感覚に近いんですよね」という言葉も記し、限られた資金のなかでカンボジア代表の強化していく上での覚悟を明白に示した。

 今月12日に行なわれた「AFFスズキカップ2018」のミャンマー戦では、先制しながらも、1-4と逆転負けを喫したカンボジア代表。本田就任以来、不在時に行なわれた試合も含めて1分け4敗とまだ白星がないチームは、20日のラオス戦で初勝利を挙げられるだろうか。32歳の日本人MFの采配を含めて注目だ。

11/19(月) 5:30配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00010000-sdigestw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

松本山雅サポが熱狂的な理由…松本市の人々のアイデンティティ 「常に長野より低い立場に」  

9




1: 2018/11/19(月) 14:43:33.81 _USER9
2018年のJ2は松本山雅が優勝を果たした。最終節までもつれ込んだ優勝争いを制する原動力となったのは、熱狂的なサポーターの存在だった。
Jリーグ屈指とも言える熱を持った松本山雅のサポーターの声援は、選手たちのプレーにも大きな影響を与えた。(取材・文:元川悦子)

●最終節での優勝を引き寄せたサポーターの力

(中略)

●スタジアムにはどれほどに人が駆けつけるのか?

2017年に徳島から移籍してきて、今季からキャプテンマークを巻く橋内優也も「自分たちの背中を押してもらっているのは間違いない。
(11月11日の)前節の栃木SC戦そうですけど、あれだけ沢山のサポーター(約4500人)がアウェーに来られると、自分たちはサボれない。
応援してくれる人たちを暗い顔して帰らせるわけには行かない。自分にもプラスアルファが出ていると思います」と語気を強めていたが、
これだけの熱狂的な支持を受けられるクラブはJ1・J2含めて屈指と言っていい。

前日のベネズエラ戦(大分)で日本代表デビューを果たした松本山雅OBのGKシュミット・ダニエル(仙台)も
「松本は実力も環境もあるチーム。J1昇格に値する」とコメントしていたが、彼の言う「環境」の中に
つねに熱狂的サポーターと熱く盛り上がるスタジアムの存在があるのは間違いない。

反町康治監督が就任し、J2初参戦した2012年以降、サンアルの観客動員数は右肩上がりで推移した。
J2初年度の2012年こそホーム平均9531人と1万人を割っていたが、2013年に1万1041人と大台に到達。J1初昇格を決めた2014年は1万2733人に増え、
シーズン終盤は1万8000人超を記録することもあった。

2015年は「J1効果」で1万6843人まで数字を上げたが、1年でJ2落ちを強いられた2016年も1万3631人と2014年超の人数を確保。著しい減少は免れた。

シュミット・ダニエルがプレーしたのはこの年。2016年の松本山雅は勝ち点84とクラブ最高勝ち点を確保したが、
最後の最後で清水エスパルスに得失点差で上回られて3位に落ち、J1昇格プレーオフで伏兵・ファジアーノ岡山に夢を打ち砕かれた。
この失望感が多少は響いたのか、翌2017年は1万2146人まで数字を落としたが、2018年は1万3283人と再び上昇に転じた。

「この3年間の悔しい思いが糧となってここまで来た」と反町監督も語ったが、いったんJ2に落ちたクラブを再浮上させるのは容易なことではない。
それでも大崩れすることなく、ハードワークと堅守を前面に押し出せたのはつねにエールを送る人々がいたから。
そこはチーム関係者全員の共通認識である。

●山雅は松本市の人々のアイデンティティ

今季はJ1降格組のアルビレックス新潟にJ2観客トップの座を譲ったものの、サンアルのキャパシティを考えたら松本山雅の動員力は脅威と言っていい。
新潟と同じ降格組の大宮アルディージャが9224人、ヴァンフォーレ甲府が7384人という数字にとどまっているのを見れば、勢いがよく分かるだろう。

甲府の海野一幸会長も「ウチは(後発の)松本に追い越されている」としばしば語っていたが、
松本山雅のサポーターにとってこのクラブは「生きがい」であり「希望」なのだ。

「松本という町はつねに長野県の県庁所在地・長野と比べられ、低い立場に置かれてきた。これだけ大声で『松本』をアピールできるのは山雅だけ。
ホントに気分がいい」と語る人々も少なくないように、山雅が地域の誇りとアイデンティティになっているのは紛れもない事実だ。
その強い地元愛がクラブ愛、選手愛となってサッカーに向かう。

一度、松本山雅でプレーした選手は、「自分の息子」であり、他へ移籍しても気になる存在だ。
だからこそ、シュミット・ダニエルが日本代表で出るか出ないかは大きな関心事だし、2014年J1初昇格の主力だった犬飼智也(鹿島)が
アジアチャンピオンズリーグで奮闘していれば応援する。

実際、鹿島のクラブハウスに緑のマフラーを巻いたサポーターが訪れているのも目の当たりにしたことがある。
それは犬飼のところだけではない。「応援されている」ことへの感謝が反町監督や選手たちのエネルギーになっているのだ。

(以下、記事全文はこちら)

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00010002-footballc-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

井原正巳氏が森保ジャパンに入閣!日本サッカー協会のコーチングスタッフへの就任が濃厚 

20181118-00000238-sph-000-3-view




1: 2018/11/19(月) 08:02:05.39 _USER9
J2福岡の指揮官を退任する井原正巳氏(51)が日本サッカー協会のコーチングスタッフに就任することが濃厚になったことが18日、分かった。森保一監督(50)が指揮する日本代表、東京五輪代表のコーチを務める可能性もある。この日、日本代表は愛知県内で国際親善試合のキルギス戦(20日、豊田)に向けた練習を冒頭だけ公開して行った。

 国際経験豊富な井原氏が日本協会のコーチングスタッフに入る可能性が高まった。複数の関係者によると、日本協会サイドは、同氏の指導力、経験値を高く評価し、リストアップしていた。17日のJ2最終戦後、J1昇格を逃した責任を取って福岡の監督退任を表明したことで交渉に入るという。

 井原氏は選手時代、DFとして横浜Mなどで活躍し、「アジアの壁」との異名を取った。国際Aマッチ出場はMF遠藤保仁の152試合に続く歴代2位を誇る。02年の引退後は解説者などでサッカーを外から分析する立場を経て、08年北京五輪代表のコーチなどを歴任し、15年に当時J2の福岡の監督に就任した。

 福岡では1年目で5年ぶりのJ1昇格に導いた。選手時代の実績だけでなく、日本代表で主将を長く務めるなど求心力もあり、選手に尊敬されている。戦術では、3バック、4バック布陣を使い分けるなど柔軟な対応力があり、守備力向上に定評がある。

 日本協会のコーチングスタッフは、森保監督が率いる日本代表、兼任する東京五輪代表をはじめ年代別代表などのコーチを務める。井原氏がどの世代のコーチになるかは未定だが、11月の日本代表活動にU―16代表の斉藤俊秀コーチ、U―19代表の秋葉忠宏コーチが加わり、指導者も各年代の融合が図られており、森保ジャパン入閣もあり得る。

 来年1月には森保体制で初の公式戦となるアジア杯が控える。井原氏の経験が生かされる舞台でもある。

 ◆井原 正巳(いはら・まさみ)1967年9月18日、滋賀・甲賀市生まれ。51歳。守山高から筑波大を経て、90年に日産自動車入社。大学2年の88年に日本代表入りし、国際Aマッチ通算122試合5得点。98年フランスW杯出場。Jリーグでは横浜M、磐田、浦和でプレーし、2002年に現役引退。指導者としては06~08年に北京五輪代表アシスタントコーチ、09~14年は柏のヘッドコーチを務め、15年から福岡監督に就任。182センチ、74キロ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181118-00000238-sph-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ベネズエラFWロンドン コパ・アメリカに助言!「厳しい大会だ。相手は強豪ばかり」 

img_ceabf96b25c2aba7588fafa86517b959120424




1: 2018/11/19(月) 07:51:45.76 _USER9
主役たちの到着の遅れ、勝敗に大きな意味のない親善試合、目立つ空席。そうした影響もあってか、11月16日に日本代表とベネズエラ代表の一戦が行なわれた大分スポーツ公園総合競技場には、どことなく弛緩した空気が漂っていた。一部のファンも渋滞に巻き込まれたためスタジアム到着が遅れ、声援もいつもより小さかった印象がある。

名門クラブの救世主だった富豪は、なぜ「サポーターの敵」になったのか?

 それでも当然、ピッチ上では懸命に戦う選手たちの姿があった。なかでも、日本のCB吉田麻也(サウサンプトン)とベネズエラのFWサロモン・ロンドン(ニューカッスル)、プレミアリーグでプレーするふたりの対決は見応えがあった。

 ベネズエラのゴールキックやロングフィードが前線に飛ぶと、ターゲットとなるのはロンドンだ。186センチ・98キロのパワフルなストライカー(なぜか試合前に配られた公式スタートリストには、172センチ・74キロと記載されていたが)は、ニューカッスルでの直前の試合で2ゴールを挙げており、調子を上げている。

 だがこの日は、吉田と冨安健洋(シント・トロイデン)の密着マークに苦しみ、これといった活躍は見せられなかった。序盤には決定的なシュートが冨安に阻まれるなど、惜しい場面もあったが、以降は徐々に影が薄くなっていき、前線で十分にポイントをつくることもできず、ハイボールの競り合いでも背後の吉田に負けることが多かった。

 試合後、ベネズエラの選手たちの先頭を切って取材エリアに現れたロンドンに声をかけ、印象を聞いてみた。日本代表と吉田、そしてニューカッスルのチームメイトについて。

「日本は予想どおりクオリティの高い選手が多くて、苦しい戦いを強いられたよ。日本のホームグラウンドだったから、うちの選手たちは少し硬くなっていたかもしれない。それでも僕らは最後まで勝利を目指して戦った。いい時間帯もあったし、なんとか1点を返して引き分けで終われたので、満足している。全体的なパフォーマンスも悪くなかったと思う」

つづく

11/19(月) 7:31 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181119-00010002-sportiva-socc&p=1

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索