Samurai Goal

スポンサード リンク


【お前に言われたくないw】3戦無得点のスペイン五輪代表を「中国代表と肩を並べた」と論じる…中国メディア 

1 : ◆YKPE/zzQbM @ゆきぺφ ★ 2012/08/02(木) 12:40:59.56 ID:???0


 ロンドン五輪男子サッカー・グループリーグが1日終了し、強豪スペインは日本に敗れるなど
3戦未勝利ノーゴールという結果で帰国することになった。

中国メディア・網易は「2008年の中国代表以下だ」とする記事を掲載した。

 記事は「今大会でスペイン代表が残したのは恥辱の記録だけであり、中国代表に匹敵するものだ」
として、中国代表が1988年のソウル五輪で1点も奪えず敗退したこと、開催国だった08年の北京五輪でわずか1得点で敗退したことと
比較した。そして「全世界の笑いものにされた中国代表と肩を並べた」と論じた。

 記事はまた、スペイン五輪代表がスペインフル代表やFCバルセロナをまねた布陣で臨み、
パスサッカーを展開しようとしたことについて「バルサ式サッカーは歴史の積み重ねで
生まれたもの。五輪代表のものは単なる模倣にすぎない」と指摘した。
(編集担当:柳川俊之)

サーチナ 8月2日(木) 11時52分配信
http://london.yahoo.co.jp/news/detail/20120802-00000020-scn

12080204

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

FW森本貴幸に今度はプレミアリーグ行きの噂!エヴァートンとウェスト・ハム 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/08/02(木) 06:46:19.71 ID:???i


カターニアFW森本貴幸に対して、プレミアリーグのクラブが関心を示しているようだ。『tribalfootball.com』が伝えている。

この報道によると、森本の獲得に関心を示しているのは、エヴァートンとウェスト・ハムだ。エヴァートンのデイビッド・モイーズ監督は、以前から森本に注目していたとのことである。

2011-12シーズンにノヴァーラでプレーした森本は、古巣のカターニアが共同保有権を買い戻し、現在は完全にカターニアの選手となっている。最近では、ベジクタシュ行きの噂が浮上していたが、カターニア側は「オファーは届いていない」と移籍を否定していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120802-00000035-goal-socc

12080203

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

吉田麻也、引き分け狙いに理解求める、「日本人はまじめだから…」 

1 :ウインガーφ ★ 2012/08/02(木) 08:17:46.64 ID:???0


2日連続で似たような光景がピッチに広がった。0-0のまま迎えた終盤、
選手たちはリスクを冒すことなく、試合を終わらせた。引き分け以上で首位
通過が決まる一戦。関塚隆監督が「最後の方は『CBもCKで上がらなくていい』
と指示は出した」と認めたように、無理をして勝ちに行き、カウンターから
失点するようなことだけは絶対にできない。当然のリスクマネジメントだった。

前日31日、南アフリカ女子代表とやはり0-0のスコアレスドローに終わった
日本女子代表(なでしこジャパン)の試合とは状況が異なる。なでしこの場合は、
1点を取って勝つと首位通過となり、“2位狙い”の目的を果たせなかった。
そのため点を取られないのはもちろん、点を取ってもいけなかった。

U-23日本代表は点を取って勝っても構わなかったが、終盤は失点しない
リスク管理の下、結果的に0-0で終わった。いずれにせよ、試合の最後の
最後まで1点をめぐる激しい攻防が繰り広げられるような試合ではなかった。
【中略】
「ホンジュラスも2位でよかったから、あまり前から来なかった。見ている方は
あまり面白くなかったかもしれないけど、そういう展開になったのでしょうがない。
勝ちたかったけど、相手があまりにも来なくて、そこまでする必要がなかった」。
DF吉田麻也はそう言って、申し訳なさそうな表情を浮かべた。

なでしこジャパンの佐々木則夫監督が南アフリカ戦後の記者会見で「後半
途中の経過次第でドローも狙おうとスタートした」と認めたことは、さまざまな
場で議論を呼んだ。当然、それはU-23代表の選手たちの耳にも入っていた。

「日本人はまじめだから、すべてに全力を注がないといけないみたいな
ところがある。でも、ずる賢さも大事。このチームに入っても、みんな優しいし、
そういう駆け引きがうまくないと感じた。それもサッカーだし、そこを理解して
もらわないと……」。吉田はそう胸の内を明かし、「あんまりこのことは話したく
ないんだよ」と、ナーバスな話題を切り上げ、目の前の試合に集中していた。

ゲキサカ 8月2日(木)8時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120802-01104720-gekisaka-socc

12080202

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

宇佐美貴史が秘密兵器となるか、それとも反逆児で終わるかがメダルへのカギとなりそう 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/08/01(水) 21:21:59.92 ID:???i


 日本の命運はMF宇佐美貴史(20=ホッフェンハイム)が握る――。

男子1次リーグD組の日本は1位突破をかけてホンジュラス戦(1日=日本時間2日)に臨むが、かつて「問題児」と言われた宇佐美の存在がクローズアップされている。

いまだ出場機会のない天才ドリブラーはピッチ内外でどんなパフォーマンスを見せるのか。イレブンもメダル獲得の“キーマン”として注視しているのだ。

 五輪メンバーに選出された宇佐美は、スタメン起用された18日の親善試合ベラルーシ戦で、再三チャンスを作る活躍を見せた。

ただ21日の親善試合メキシコ戦は周囲との連係が合わずに前半でベンチに下げられ、以降はレギュラーを剥奪。本大会では2試合とも出場機会がない。

 日本はFW大津祐樹(22=ボルシアMG)、FW永井謙佑(23=名古屋)の活躍で早々に決勝トーナメント進出を決めたが、宇佐美は完全に蚊帳の外。

ところが、キャプテンのDF吉田麻也(23=VVV)は今後の戦いに向け「宇佐美をどう生かすかがカギになるんじゃないか」と意外にもキーマンに指名した。

 吉田によると「今の日本のサッカーはFW永井とか攻撃陣が前線から(守備のために)すごく走って運動量が必要になっている。ただ、これを(五輪の)全試合で続けることはできない。そこで他の選手の力が必要になってくる」

>>2以降につづく

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120801-00000307-tospoweb-socc

f40ef1c7

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

あだ名は「チャラ男」も素顔は真逆 U-23日本代表・大津祐樹 

1 :お歳暮はコーラ1㍑φ ★ 2012/08/01(水) 00:31:33.35 ID:???0


 わずか90分間で世界の注目を一気に浴びた。ロンドン五輪サッカー男子1次リーグの第1戦。

その立役者は、値千金の決勝弾をたたきこんだMF大津祐樹。サッカージャーナリストの安藤隆人氏は、大津を見た目とは違い「熱い男だ」と言う。

 あだ名は「チャラ男」。イケメンで、その話し方に今風の若者の軽さがあることから、ファンの間でそう呼ばれるようになった。

 しかし、中身は全く違う。サッカーには誰よりも情熱的で、スペイン戦で勝利を告げるタイムアップのホイッスルが鳴り響くと、大号泣した。

 この熱さは高校時代から変わっていない。成立学園高校(東京都)で1年生からレギュラーになったが、線は細かった。高3になるとプロのスカウトの目に留まるようになったが、「エレガントなプレーヤー」という印象は変わらなかった。

 しかし、どの試合でも、負けた後は誰よりも悔しい表情を見せた。

 高3の全国高校サッカー選手権都大会準決勝。強豪・帝京と激突した成立学園は、大津を筆頭に有能な選手がそろい、優勝候補の筆頭だった。だが、前半の立ち上がり早々に味方が退場し、10人になってしまう。

 最後はPK戦で敗れ、大津の高校サッカーは幕を閉じた。

 敗退が決まった瞬間、大津はその場に膝から崩れ落ち、大号泣。ロッカールームでジャージーに着替えてからも涙が止まらない。

 試合後にインタビューすると、

「悔しいです......僕が......僕がもっとしっかりしていれば......自分のプレーをやり切れなかった」

 自責の言葉しか出てこなかった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120731-00000006-sasahi-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

試合中に息子を抱きしめる吉田麻也www 

540 :名無しに人種はない@実況はサッカーch 2012/07/30(月) 03:32:38.08 ID:9z35JKZG0


12080107
親子に見えなくもない

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索