Samurai Goal

スポンサード リンク


【画像】マインツサポからもいじられる岡崎慎司www 

1: 名無しのSamurai
大人気の岡崎慎司 ボード!
no title

no title

no title

no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

“口撃”で心理戦制したオランダ代表のPK専用GKクルル「混乱した相手監督の表情はプライスレス」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 20:47:11.75 ID:???0.net
現地時間5日(以下現地時間)に行なわれた2014年W杯準々決勝で、
PK戦の末にコスタリカを下して準決勝進出を決めたオランダ。

この試合でPK戦に備えて延長終了間際に途中出場し、
2本のPKをストップして勝利の立役者となったGKティム・クルルが試合を振り返り、
自身の投入や“口撃”が相手に動揺を与えたと語っている。

オランダはこの試合で、スコアレスで延長戦終盤に突入すると、
PK戦に備えて正GKヤスパー・シレセンに代えてクルルを投入。

迎えたPK戦でクルルは、相手選手に対して「蹴る方向は分かっている」と、
繰り返しプレッシャーを与え、結果として2本の決定的なセーブを披露。
チームは4対3でPK戦を制し、ベスト4進出を決めた。

クルルが相手にプレッシャーを与える言動を繰り返し行なったことは、
FIFA(国際サッカー連盟)の定めるフェアプレー精神に反するとの声も挙がっているが、
同選手は何も悪いことはしていないと主張。

6日の記者会見で「悪いことをしたとは思わない。相手に攻撃的な姿勢で叫んだわけではない。
クレイジーなことは何もしていないよ。ただ蹴る方向を知っていると伝えただけだ」と、単なる駆け引きの一部だとしている。

終盤のGK交代がコスタリカに動揺を与えたかと問われたクルルは、「おそらく」と返答。
「僕がウォームアップを始めたら、(コスタリカの)ベンチ全体が、何が起きているのかといった具合に混乱していた」と述べ、
コスタリカのホルヘ・ルイス・ピント監督のリアクションを思い出して
「向こうの監督を見たら、僕らの(ルイス・ファン・ハール)監督の方を見ていた。その時の彼の表情はプライスレスだと思うよ」と、
コスタリカベンチに大きな混乱が生じていたと振り返っている。

7月7日(月)14時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000014-ism-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

飛び膝蹴りのスニガにブラジル最凶マフィアが報復声明。。。 

1: 名無しのSamurai
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

元イタリア代表監督が語る日本の敗因「守備があまりに脆弱。前と後ろでまるで別なチーム」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 22:39:01.92 ID:???0.net
一部抜粋

「より積極的に攻めようとした日本とコートジボワールは、だが最後には敗れている」

――要するに、コートジボワールと日本が敗れたのも、その本質的とされる部分を欠いていたのが最たる理由であると?

「あるいは一定の根拠になり得るであろうという私見であって、もちろんそれが絶対だとは言わない。当然、それがすべてでもない。
ただ、コートジボワールと日本に共通する何かがあったとすれば、それは彼らが“より攻撃に比重を置いていた”という部分。

もちろん、それはギリシャとの比較という意味ではあるのだが。より積極的に攻めようとした日本とコートジボワールは、
だが最後には敗れている。その積極性はもしかすると過度だったということなのか。

一方で、“そうではない”、むしろ“より消極的”であったとさえも言えるギリシャは、ベスト16に駒を進めるという言わば快挙を成し遂げては、
それだけでなく、その決勝T1回戦でもまたもうひとつの快挙を成す寸前にまで行ってみせた。

コスタリカに敗れたとはいえ、それはあくまでもPK戦によるもの。5割の確率で勝つチャンスがあったということになる。
だが彼らは敗れた。グループリーグでの戦い方とは異なり、“より積極的に”攻めたギリシャが敗れ、
わずか1本のシュートを放ちそれを決めたコスタリカが最後には勝利を収めている。

矛盾と言えばそうなのだろうが、しかしこれもまたサッカーだ。
いや、これこそがサッカーであると、そう言うべきなのだろう。勝利するためには実に様々な方法がある」

>>2以降につづく


7月7日(月)11時24分配信
http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140707-00010001-footballc-socc&p=3
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像】マンU14/15ホームユニ発表!最前列に香川真司!!! 

1: 名無しのSamurai
マンU来シーズンユニ発表 香川最前列!!
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

本田選手は自己暗示かけ続け、辛いトレーニングや厳しい勝負の世界を乗り越えて来たのでしょう。 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/07(月) 17:13:35.84 ID:???0.net
「ぼくは大人になったら世界一のサッカー選手になりたいと言うよりなる」。
これはサッカー日本代表、本田圭佑選手が小学生時代に書いた作文「将来の夢」の冒頭部分です。

心理学用語に「予言の自己実現」というものがあり、
占い師などの言葉を信じる故に無意識的にその通りの行動を取ってしまい、結果としてそれが現実になることを意味します。

本田選手の作文には「ヨーロッパのセリエAに入団する」や「W杯に出場する」の他に
「プーマと契約して世界中の人が僕が作ったスパイクやジャンバーを買って行ってくれる事を夢みている」など具体的なビジョンが綴られており、
その為に「世界一になるには世界一練習しないとダメだ」と、この内容はとても小学生が書いたものとは思えません。

予言の自己実現は、他者からの言葉に限定されず繰り返し思考した内容が現実となる場合も含まれるので、
本田選手は自己暗示をかけ続け、辛いトレーニングや厳しい勝負の世界を乗り越えて来たのでしょう。

このようにポジティブな場合は有言実行として賞賛されますが、予言の自己実現にはネガティブな場合も起こりえるのです。
「どうせまた失敗する、私なんてダメだ」など、負のイメージを持ち続けるとどんな事が起こるでしょうか。

ダメだダメだと思考するほど潜在意識は「ダメという状態が正しい」と認識し、より一層ダメ人間として正しい行動を起こすよう仕向けるのです。
その結果、失敗が積み重ねられ、さらに自分を嫌いになる負のループ。これは精神衛生上、極めて良くないですね。

思考するならポジティブな事だけ考えるよう意識しましょう。
厳しい現実社会を生き抜く上でポジティブな事だけ考えるのは不謹慎に思われる方もいらっしゃるかと思いますが、
それでもなるべく楽しい事だけ考えるようにする。

そうすれば、「今はヘタだけど、頑張って必ず世界一になる」
という夢を小学生の頃から抱き続けた本田選手に一歩近付けるかもしれませんね。

7月7日(月)16時56分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140707-00000000-ykf-ent
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索