Samurai Goal

スポンサード リンク


森保監督、明言! 香川&新ビッグ3“完全融合”させる!  

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/03/22(金) 06:04:40.05 ID:82+WbP/X9
3/22(金) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000007-spnannex-socc
no title


 ◇キリンチャレンジカップ2019 日本―コロンビア(2019年3月22日 日産ス)

 日本代表は22日、キリンチャレンジカップ・コロンビア戦(日産ス)に臨む。前日会見に出席した森保監督は、新旧メンバーの“完全融合”を明言。6~7月の南米選手権(ブラジル)、秋からのW杯カタール大会アジア2次予選も見据えた、MF香川真司(30)と新ビッグ3との共演が実現する。

 森保監督が“完全融合”を明言した。「アジア杯で主力として戦った選手と、また新たに加わった選手も交えながら編成をして戦いたい」。コロンビア戦のメンバー編成の意図をこう説明。融合の肝は、森保ジャパンで攻撃の核を担ってきた中島、南野、堂安と、香川の共演だ。

 香川の主戦場はトップ下。トップ下には指揮官が就任以来、12試合中10試合で南野を先発に起用してきた。それだけ替えの利かない配役だったが、香川の招集で初めてトップ下争いが勃発する。

 ただ、単純な入れ替えの構図は取らない。南野を1トップに上げ、香川をトップ下に入れて共存させる可能性も。南野はこの日「1トップに入ってもできる。イメージはサコ(大迫)くんのように前で起点となって存在感を出すこと」と説明した。

 新ビッグ3と香川との融合は6月開幕の南米選手権、そしてW杯2次予選を見据えた狙いでもある。会見では「これからの伸びしろを見せてもらえるように」と期待を寄せた。融合がどこまで進むか、今回のテーマがいよいよ始動する。 (波多野 詩菜)

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

52歳・カズ、イチロー引退に「喪失感がすごい」今後はカムバックも提案  

mig




1: 久太郎 ★ 2019/03/22(金) 13:06:36.10 ID:k93omK149
J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(52)が22日、横浜市内の練習場で取材に応じ、21日に現役引退を発表した米大リーグ・マリナーズのイチロー外野手(45)について「まだまだ続けてくれるのかなとと思っていたので、ちょっと複雑な気持ちです。喪失感がすごいですね」と心境を明かした。21日のマリナーズ-アスレチックス戦をテレビ観戦していたというカズは「引退に関しては本人の気持ち。その気持ちを尊重したい。これからの人生はまだまだ長いので楽しみにしています」とねぎらいの言葉を送った。

 イチローとは20年来の親交があり、よく食事をともにした間柄でもある。2人は顔が似ていると言われることもあったといい、カズは「僕自身がイチローさんに間違えられることがありましたね。イチローさんも間違えられたことがあって“カズダンス”を踊ったと言っていたのを聞いたことがありますね」と懐かしそうに話した。

 最近では米大リーグのマーリンズを退団した17年12月末に神戸で会ったといい、「大リーグのチームがなければ、きっぱりやめるという覚悟、その強い意思を感じました。僕は個人的に、イチローさんは大リーグじゃなくても野球を他のところでもやるという考えが少しはあるのかなと、イチローさんのことをそう思っていた。でもその時に、そうじゃないんだと、そのレベルで自分がなくなったら終わりだと、その時のの覚悟、迫力はすごいなと思いました」と振り返った。

 さらに「僕の個人的は意見ですが」と断った上で、「どんなカテゴリーであっても続けて欲しかった。本当に理想が高い、10割打ちたいとか、そういう戦いをずっとしてきている人なので、なかなかカテゴリーを落としてというのは難しいのかもしれませんけど、イチローさんにしか分からないと思いますけど、個人的にはそういうふうに思っていましたね。世界中にイチローさんを必要とするチームはあると思う。そこに行ってやる姿を見てみたかった」。

 今後のイチローにるいては「カムバックしてもいいんじゃないですか。ちょっと休んで、プロリーグはたくさんありますよね。中南米にも。日本だけでなく。中南米とか行ってほしいね。とにかくもうプレーしている姿を見たいです。、もちろん大変なんですけど、個人的に言えば三振しようが何だろうが、ずっと立ってやってほしいなと思います」。先月26日に52歳を迎えたサッカー界のレジェンドは、寂しそうな表情で話した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-00000057-dal-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<大迫頼み脱却がコロンビア戦のテーマ>前線の組み合わせは?鈴木×香川?鎌田×南野?南野×香川? 

1553187224




1: Egg ★ 2019/03/22(金) 09:39:43.46 ID:oFZ9qOX79
鈴木と鎌田に大迫の代わりを求めるだけなら、失望に終わるだろう。

大迫勇也頼みの攻撃からの脱却――。これが、コロンビア、ボリビアと対戦する3月シリーズのテーマのひとつなのは間違いない。
 
 今年1月のアジアカップでは、大迫へのくさびのパスが攻撃のスイッチとなり、大迫のポストワークから連動した攻撃が始まった。逆に、大迫がピッチにいなければ、攻撃のスピードアップすらままならず、不在の影響が大きいことは明らかだった。
 
 実際、森保一監督もメンバー発表の際、「大迫頼みの攻撃の戦術というところは私も質問を受けたり、いろいろなところで見聞きしたりしている」と言及している。
 
 最も簡単な解決策は、“ポスト大迫”と言うべき優れたファーストストライカーを起用することだが、残念ながら今の日本には大迫に匹敵するセンターフォワードはいない。
 
 そこで森保監督が導き出したのは、ポストプレーのスペシャリストを選ばない、という解決策だった。
 
 負傷中の大迫に代わって今シリーズで選ばれたFWは、鈴木武蔵と鎌田大地のふたり。鈴木はスピードや跳躍力といった身体能力が武器で、ゴールに向かって直線的にプレーするストライカーだ。これまで目についた荒削りな面も改善され、トラップの技術やなめらかな動き出し、シュートの正確性に成長の跡が見える。

 一方、鎌田の魅力はなんといってもシュートのうまさ。右でも左でも正確にコースを居抜き、今季シント=トロイデンでは12ゴールをマークした。また、力強いドリブル突破と柔らかいボールキープも魅力で、剛柔併せ持つオールラウンダーでもある。
 
 ただし、彼らをただ1トップに入れて大迫の代わりを求めるだけなら、失望に終わるだろう。そもそも鎌田に至っては、適正はトップ下なのだ。では、どうするか。
 
 トップ下の香川真司と南野拓実を含めた4人の組み合わせで考える必要がある。
 
 最もオースドックスなのは、1トップに鈴木、トップ下に香川や鎌田を起用するパターン。香川も鎌田もタメを作って周りを生かせるタイプ。鈴木が裏を狙ってDFを押し下げて生まれるバイタルエリアのスペースで、香川や鎌田が縦パスを受けて前を向く。最前線にくさびのパスを打ち込むのではなく、2列目で起点を作るというわけだ。
 
 振り返れば、大迫も常に最前線でDFを背負っていたわけではない。中盤まで下がってボールを受け、2列目が飛び出すためのスペースや、SBが攻め上がるための時間を作り、自身もゴール前に入っていった。大迫がピッチにいるときから起点はバイタルエリアに作っていたのだ。

周りを生かし、自分も生きるという点で、鎌田は大迫に近い存在だ。

 その点で、鎌田を1トップに、よりゴールに向かって仕掛けられる南野をトップ下に置くパターンも考えられる。鎌田が大迫のように中盤に落ちてくさびのパスを収め、入れ替わるように南野が前線へと飛び出していく。
 
「1トップはやったことがないので、分からないです。でも、日本代表は細かくパスを回すチームなので、うまくハマれば全然できるかなと思います」と鎌田は語る。常にゴール前で相手のCBを背負ってプレーすることがミッションではなく、いかに相手のCBのマークから逃れて、中盤やハーフスペースでボールを収めて前を向くか。周りを生かし、自分も生きるという点で、鎌田は大迫に近い存在だろう。
 
 鈴木×香川なのか、鎌田×南野なのか、はたまた南野×香川なのか……。
 
 森保監督はどの組み合わせを選び、そのコンビがどのような化学反応を見せるのか。大迫不在というピンチが逆に、日本代表の可能性を高めるチャンスに変わるかもしれない。

3/21(木) 20:50 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190321-00055945-sdigestw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

Jリーグの村井チェアマン(DAZNの視聴者のトレンド)「プロ野球の視聴者が2番目に見ているのはJリーグでした」 

S.Kaneko_20180117_136-800x533




1: Egg ★ 2019/03/21(木) 15:12:56.66 ID:gZd8X+MX9
3月19日、JFAハウスにて2019年3回目のJリーグの理事会が行われ、理事会後に記者会見が行われた。

理事会後の会見の冒頭、村井チェアマンは「(開幕戦の)入場数のトレンドであったり、DAZNの視聴者のトレンドであったり、そういった報告事項がたくさんありました。感触としては、なんとかいいスタートが切れたのかなと思います」と挨拶

「BリーグやVリーグ視聴者の6割以上がJリーグを見ていて、プロ野球の視聴者が2番目に見ているのはJリーグでした。他の競技団体と一緒に盛り上げたり視聴環境をアナウンスすることが今後重要な手段という議論が出ていた

(Jリーグ・村井チェアマン)」2019年3回目のJリーグの理事会を開催。

https://www.targma.jp/jwatcher/2019/03/19/post4998/

1 Egg ★ 2019/03/21(木) 08:49:19.80
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1553125759/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

タイ代表、カンナバーロ初陣の中国代表を撃破!Jリーガーコンビで決勝点  

maxresdefault




1: 久太郎 ★ 2019/03/22(金) 11:00:03.42 ID:k93omK149
Jリーガーコンビで決勝点!タイ、カンナバーロ初陣の中国を撃破

北海道コンサドーレ札幌に所属するタイ代表MFチャナティップが決勝点を挙げ、母国を決勝進出に導いた。

 21日、タイはチャイナカップ準決勝でファビオ・カンナバーロ体制初陣の中国代表と対戦。チャナティップのほか、DFティーラトン(横浜FM)とMFティティパン(大分)のJリーガー3人が先発に名を連ねた。

 決勝点が生まれたのは前半33分。MFアディサク・クライソーンのスルーパスに抜け出したティティパンがPA右からマイナスへ折り返し、ゴール前に走り込んだチャナティップが右足で流し込んだ。

 米『ESPN』によると、タイはボール保持率40%、中国のシュートを17本(枠内6本)も浴びたが最後まで得点を許さず、1-0で完封勝利。25日に行われる決勝では、22日に行われるウルグアイ対ウズベキスタンの勝者と対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190322-41088461-gekisaka-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<初陣コロンビア代表のカルロス・ケイロス監督>“ガチ宣言”「日本を甘く見てはいけない」  

GettyImages-1125672910-800x533




1: Egg ★ 2019/03/21(木) 16:37:49.10 ID:cek1XGdA9
コロンビア代表のカルロス・ケイロス監督(66)が“ガチ宣言”だ。22日に日産スタジアムで日本代表と対戦するコロンビアは、前日会見にかつて名古屋でも指揮を執った経験のあるポルトガル人指揮官が登場。1月のアジア杯でイラン代表を率い、今回がコロンビア代表指揮官として初陣となるケイロス監督(66)は「フレンドリーマッチとは言うけれど、それは完全な建前。フレンドリーマッチであろうと、われわは国を常に背負って戦わないといけない」と強い意気込みを語った。

 コロンビアとは18年W杯ロシア大会1次リーグ初戦で戦って以来の再戦。そのときは2―1で西野ジャパンが勝利した。またケイロス監督にとっては、イランを率いた1月のアジア杯の準決勝以来の日本との対戦。そのときも0―3で敗れているだけに、指揮官は「選手にも言ったが、日本を甘く見てはいけない」と警戒を口にした。

 またあしたのメンバーについて指揮官は「ここには日本のメディアもいる。もし日本メディア、コロンビアメディア用に2回会見を行ったら、それぞれ違うメンバーを言うかもしれない」と冗談交じりに語り、「まだ選手にも言っていないから、ここでは発表できない」とけむに巻いた。

 コロンビア代表とは過去4度対戦し、日本の1勝1分け2敗で3得点、6失点。

3/21(木) 16:12配信 スポニチ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190321-00000194-spnannex-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索