Samurai Goal

スポンサード リンク


【高評価】長谷部誠、フランクフルトの粘り勝ちに貢献!ドイツ地元紙「ハセベが必要なんだ」  

1: 2018/09/22(土) 00:16:22.44 _USER9
「フランクフルトに必要なリーダーシップを備えている」

no title


ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節、グループHのマルセイユ対フランクフルト戦は、2-1でアウェーのフランクフルトが勝利した。

 試合会場のヴェロドロームは、昨シーズンのサポーターの不祥事により無観客。がらんとしたスタジアムが独特な雰囲気を醸し出すなか、これまでリーグ戦では開幕3試合で出場がなかった長谷部誠がスタメン入り。酒井宏樹はベンチスタートとなった。

 1-1で迎えた59分、フランクフルトはウィレムスが2度目の警告で退場し、1人少ない状態になってしまう。しかし粘り強く守り、終了間際の88分、交代出場のヨビッチが勝ち越しゴールを決めて、敵地で勝利をもぎ取った。

 フランクフルト紙『Frankfurter Neue Presse』は、「中央で守備と攻撃を担った長谷部という選択肢は、結果的にチームを強固にした」と綴り、この逆転劇を支えた存在として長谷部を高く評価した。

 また、ドイツ紙『BILD』も「彼の特徴であるハードラン、ボールをセーフティーに扱う能力、そしてデュエル。この試合で、これらは常に必要とされる場所にあった」と、その貢献ぶりを称賛している。

 実はこの数日前、フランクフルト地元紙『Frankfurter Allgemeine Zeitung』が、「Sky Sports」司会者のマーク・ベーレンベック氏の弁として、「長谷部がフランクフルトに必要である」というコラムを掲載し、その理由を以下のように挙げている。

「長谷部のようなリーダーシップを持つ選手が、今のフランクフルトには少ない。ふたつめに、ドルトムントのような攻撃力の高いチームと当たる時には、5バックを検討すべき。その場合、ボランチは長谷部が最適だ。

 そして3つめに、現レギュラーのジェルソン・フェルナンデスとルーカス・トッロが満足なパフォーマンスを見せていない。

 経験豊富な長谷部は、チームが不安定になった時、そのサポートと、戦略をもたらすことができる選手だ。我々には、彼が必要なんだ」

 まさに、ここで語られたことが、マルセイユ戦で発揮されたというわけだ。

 当の長谷部は、試合後に自身のインスタグラムを更新。チームの勝利を喜びながら、「改めてサッカーはファンサポーターがいて成り立つものと実感」と、ハッシュタグで本音を吐露している。

9/21(金) 20:10配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00047610-sdigestw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【衝撃】“家族サービス”のイニエスタ、日本庭園「相楽園」に行くも休館日 

e7d69c27a7524bfe77f9973ae0d600fcafbca9ddcc5a365ae4aee5dc3ad76a10




1: 2018/09/21(金) 23:29:58.84 _USER9
 J1ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、これまで家族と一緒に様々な場所を堪能している様子を伝えてきたが、今度は日本庭園に足を運んだようだ。自身の公式インスタグラムに一枚の写真をアップして反響を呼んでいる。

 今夏スペインの名門バルセロナから神戸に加入したイニエスタは、卓越したテクニックを駆使して攻撃を牽引するなど強烈な存在感を発揮。ハイレベルなプレーでファンを魅了している。

 その一方で空き時間には様々な場所に顔を出しているが、今回訪れたのは神戸市内の日本庭園「相楽園」に家族で来園したようだ。イニエスタは20日に自身の公式インスタグラムを更新し、相楽園の門前で撮影した家族ショットを投稿した。

 しかし、イニエスタが訪れた木曜日はちょうど休園日で、写真でも門の横に「本日は休園日です」の看板が掲げられている。残念ながら中には入れず、門の前で撮影という形になったようだ。それでもイニエスタ一家は満面の笑みで写真に収まっており、コメント欄には「美しい風景」「美しい国」「クール」などの声が上がった。

 15日のJ1第26節ガンバ大阪戦(1-2)では、キャプテンの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキと副キャプテンのDF渡部博文がともに出場停止のため、イニエスタが初キャプテンとして出場した。天皇杯にはじまり、リーグ戦3試合で敗れるなど公式戦4連敗と調子を落としている神戸は、23日に敵地で浦和レッズと対戦する。リフレッシュを図ったイニエスタを中心に連敗をストップできるか。そのプレーに注目が集まる。

9/21(金) 19:04 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00136767-soccermzw-socc

【サッカー】<記者コラム>思わずつぶやく、「どんだけ良い人やねん、イニエスタ…」
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1537354735/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

“長期滞在”の証!?鳥栖トーレス『ミズノ』と契約締結!!  

1: 2018/09/21(金) 21:57:01.29 _USER9
J1リーグ サガン鳥栖に所属している元スペイン代表のフェルナンド・トーレスが日本の総合スポーツメーカー『ミズノ』とミズノブランドアンバサダー契約を締結した。

9月22日に行われる柏レイソル戦からミズノ製サッカーシューズ「MORELIA NEO 2(モレリアネオツー)」を着用するとミズノはオフィシャルで報告し、またトーレス本人もこの契約についてコメントを残している。

■フェルナンド・トーレスのコメント
「この度、歴史ある日本のスポーツブランド『ミズノ』と、ブランドアンバサダー契約の締結をさせていただき、とても光栄に思っています。プレーしていても全くストレスを感じない履き心地の良さがとても気に入っています。ミズノのシ ューズと共に、クラブで良い結果を残せるように努めていきたいと思います」

9/21(金) 16:39配信スポルト
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00010008-sportes-socc

写真
no title


イニエスタはアシックスと契約か?すでに新しいブーツでプレー
アンドレス・イニエスタは、19年間のキャリアでずっとナイキのブーツでプレーしてきた。これまで様々なパーソナライズモデルも販売されており、その多くが成功を収めている。

 そんなイニエスタが、9月からは異なるブーツで試合やトレーニングに参加している。メーカーロゴが記されていない“ブラックアウト“だが、モデルはアシックスのX-Flyだろう。アシックスはヴィッセル神戸のオフィシャルサプライヤーだ。

 日本のブランドといえば、先日はフェルナンド・トーレスがミズノと契約を結んだばかりである。ルイス・スアレスもプーマと契約したが、偉大な選手は常に偉大なブーツにリンクされるということだ。

9/21(金) 18:54配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00010001-mdjp-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

“瀕死状態”のガンバ大阪、敵地で完全復活3連勝!! 

JLG3_17012_d02-800x533
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【大絶賛】マルセイユ指揮官・同僚が酒井宏樹に「リーグ最高の右SBの1人」 

39d6f5b5-ee0f-9a2e-11b6-29961257be36
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【コラム】取材記者が思わずつぶやくイニエスタの人間性「どんだけ良い人やねん…」  

1: 2018/09/19(水) 19:58:55.39 _USER9
今年からサッカー担当になり早9か月が経った。もとは野球担当だったため、最初はサッカーのシステムはおろかルールすら怪しかったが、W杯やリーグ戦を経て徐々にその面白さが分かってきたところだ。

そんな中でも何よりラッキーなのが、担当するクラブのひとつであるJ1神戸に、今夏からスペイン代表のMFアンドレス・イニエスタ(34)が加入し、その世界的プレーヤーを取材する機会に恵まれたことだ。本人やその周囲から日々話を聞く中で「どんだけ良い人やねん…」と思わずつぶやきたくなった話の数々を紹介したい。

 イニエスタの持ち味は、吸い付くようなボールさばきと正確すぎるパスだろう。サッカー経験のほとんどない私から見ても、感動するレベルだ。そんな背番号8がチームに加わってから神戸の試合はホームはもちろん、アウェーでもチケットの完売が相次いでいる。クラブ関係者は「思っていた以上だった。ルックスがウリというタイプの選手でもないし、得点を決めるわけでもない。サッカーが分かる層には支持があると思っていたけど…」と驚きの色を隠せない。外見でもない、豪快なゴールでもない。そのドリブルひとつで、パスひとつでお客さんを呼べる、そのプレーが見たくてスタジアムが満員に埋まる、今の日本のサッカー界においては本当に貴重な存在といえるだろう。

 ピッチを出たイニエスタはとても真面目なナイスガイだ。1日の札幌戦では初めて北海道に上陸。その機内で用意された席はなんと他の選手と同様、エコノミークラスのシートだった。バルサ時代の移動はチームのプライベートジェット。それでもイニエスタは機内でDF藤谷らと笑顔で写った写真を自身のインスタグラムにアップするなど、文句を言うどころか、むしろ移動自体を楽しんでいたという。神戸とバルサで練習環境も大きく違いがあるはずだが、クラブ関係者は「不満は聞いたことがない。人間ができている。聖人君子(せいじんくんし)みたいな人」とその人柄を評す。

 これまでの数々の実績を勝ち誇ることもせず、異国の地でチームになじもうとする姿勢もハンパない。もともとはロシアW杯が終わり、休暇を取った8月からチームに合流予定だった。しかし「早くチームとして戦いたい」とほとんど休暇を取ることなく7月18日に来日。チームにすぐに合流し、22日にデビューを果たした。来日した翌日は神戸市内のクラブハウスで早速自主トレを行ったあと「帰ってくる監督や選手をここで出迎えたい」とアウェーの長崎から戻ってくるチームを待っていたという。チームに早く溶け込もうと、年上年下関係なく選手や関係者にも自分から積極的に話しかけ、帰り際には報道陣にも手を振ってくれる。そんな姿には思わず「どんだけ良い人やねん」と言いたくなる。

 ファンサービスにもその人柄がよく表れている。来日時の関西空港や、月に1回行われる公開練習の際など、クラブ関係者が「このへんで…」と止めても「まだ大丈夫」とファンにサインを続けることがよくある。あらかじめ予定されていた時間をオーバーすることもしばしば。8月26日の横浜M戦(ノエスタ)の後も、敗戦の悔しさから報道陣には無言を貫いたが、その後居合わせたファンに撮影を頼まれると、嫌な顔ひとつせず応じていた。目の前のファンを大事にしようという強い思いが伝わってきた。

 神戸は今、新監督にフアンマヌエル・リージョ氏(52)が就任することが決まり、大きな変革期を迎えている。その中心はもちろんイニエスタだ。来日して少し経った頃、イニエスタはこんなことを話していたという。「このチームは1000%良くなる。アジアを目指せるチームに1000%なる」と。その言葉が確かなら、現在は8位と悔しい結果が続いている神戸がこれからどのように変わっていくのか、楽しみで仕方ない。チームの変化とともに、今後もイニエスタの「どんだけ良い人」な一面はもちろん、様々な表情も伝えていけたらと思う。(記者コラム・筒井 琴美)

9/19(水) 16:03配信 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180919-00000059-sph-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索