Samurai Goal

スポンサード リンク




【画像】J2松本山雅のルーツ「喫茶山雅」が完成!2月25日オープン 

このたび株式会社松本山雅は、2月25日(土)松本市みどり町にオープンする「喫茶山雅」が完成し、2月21日(月)に竣工式を執り行いましたのでご報告いたします。 竣工式には、クラブの由来となった「純喫茶山雅」の元店主・故山下忠一さんのご息女・山下慶子様、松本山雅FCの前身「山雅クラブ」OBで組織されている「山雅会」の皆さまにご参列いただき、完成を祝うとともに、復活した喫茶山雅の歓びと期待にあふれたお言葉をいただきました。
【営業時間】11:00~22:00(不定休)
【住所】松本市大手4丁目9-16
【店舗概要】 1F:喫茶スペース(54席)、松本山雅FCオフィシャルショップ 2F:イベントスペース

http://www.yamaga-fc.com/archives/89030
 
no title
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ルーニーの代理人が中国入り、広州恒大や北京国安が移籍候補先に? 

1: 名無しの24時 2017/02/23(木) 11:55:44.74 ID:CAP_USER9
マンチェスター・Uに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーの代理人が、移籍交渉のために中国に渡ったようだ。22日、イギリスメディア『BBC』やイギリス紙『デイリーミラー』など複数のメディアが報じている。

 今月18日、ルーニーの中国移籍報道が浮上。昨年にも同様の噂がされており、今回は広州恒大や北京国安が移籍候補先に挙げられている。直近の公式戦3試合ではメンバー外となっており、退団の噂が加速してきている。

 今回の報道によると、ルーニーの代理人を務めるポール・ストレットフォード氏が中国入りした模様。同氏は同選手に興味を持つ複数のクラブと交渉していると見られ、今冬の中国市場閉幕を迎える28日までに移籍を実現させようと試みているようだ。また、中国の多くのクラブが週給60万ポンド(約8500万円)を準備しているという。

 今冬もチェルシーからブラジル代表MFオスカル、ボカ・ジュニオルスからアルゼンチン人FWカルロス・テベスらを“爆買い”し、市場を賑わせてきた中国クラブ。ルーニー獲得が実現すれば、間違いなく今冬最大の注目を浴びることとなるだろう。

SOCCER KING 2/23(木) 11:10配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00554793-soccerk-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ライプツィヒと南野拓実所属のザルツブルク、どちらかが”CL不出場”の可能性浮上。 

1: 名無しの24時 2017/02/23(木) 14:04:03.84 ID:CAP_USER9
ドイツ・ブンデスリーガのライプツィヒと、FW南野拓実が所属するオーストリア・ブンデスリーガのレッドブル・ザルツブルクが、UEFA(欧州サッカー連盟)の規定によってどちらかが来シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)に出場できない可能性があることが分かった。オーストリア紙『ザルツブルガーナーハリヒテン』が伝えている。

 ライプツィヒは現在、国内リーグでバイエルンに次いで2位、ザルツブルクはオーストリア・ブンデスリーガで首位に立っている。このままの順位でシーズンを終えた場合、ライプツィヒには来シーズンのCL本選、ザルツブルクにはCL予備予選への出場権がそれぞれ与えられる。

 しかしUEFAは、同一の出資者がスポンサーとなっている複数のクラブがCLに出場することは望ましくないとしており、両クラブとも大手飲料メーカーのレッドブルがメインスポンサーになっていることからUEFAの規定に抵触する可能性があるという。

 この件についてライプツィヒのオリバー・ミンツラフCEOは、「我々にとってナーバスになるようなことは何もないし、UEFAからこのことで通知を受けてもいない。スポーツの分野で権利を勝ち取ったのなら、我々も来季は国際舞台でプレーできるものと考えている」とドイツメディア『SPORT1』の取材に対してコメントし、両クラブともCL本選に出場可能との考えを示した。

 UEFAの公式な見解はシーズン終了後まで分からないが、特に今シーズン、昇格組ながら大健闘を見せているライプツィヒにとっては、サッカー以外の思わぬところから懸念材料が出てきてしまった。

SOCCER KING 2/23(木) 13:57配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00554808-soccerk-socc

【サッカー】<UEFA/CL>レスター、敗戦もヴァーディが貴重なアウェーゴール…岡崎は出番なし/ユヴェントス、後半の2発でポルトに先勝
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487802588/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【柴崎岳】マルティ監督が”親心”発揮!「100%になるまで我々は辛抱する」 

1: 名無しの24時 2017/02/23(木) 07:47:13.56 ID:CAP_USER9
 スペイン2部テネリフェMF柴崎岳は胃腸炎と不安障害でチームから一時離脱し、治療のためにバルセロナに向かったと伝えられ、公式戦デビューの見通しも立たない現状にある。だが、ルイス・マルティ監督は新戦力の回復を辛抱強く待つ方針を明らかにしている。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 柴崎は昨年のFIFAクラブワールドカップ決勝のレアル・マドリード戦で2得点の活躍を見せて、移籍市場最終日の1月31日にスペイン移籍を果たしながらもいきなり心身のコンディションを崩してしまった。

7日にチームから離脱し、以降はホテル生活を送るなどいまだグラウンドにも立てずにいる。18日の本拠地戦では笑顔でスタンド観戦するなど回復ぶりを見せ、テネリフェ女子チームの堂園彩乃と面会もしていた。ところが20日に「個人的な理由」として治療のためにバルセロナに向かったと見られ、22日にテネリフェ島に戻ると伝えられていた。

 そうした一連の騒動もあったが、マルティ監督は即戦力という計算しており、半年契約で獲得した柴崎に対する期待を失わないでいるようだ。

「彼が適応するための時間が必要だ。彼はとても興味深い選手だと思っている。ただ彼が100%の状態になるまで、我々には辛抱が必要とされるだろう」

 こう語った指揮官は、いまだグラウンドにも立てずにいる柴崎に親心を見せている。

■マジョルカ時代に家長の同僚の知日家

 マルティ監督は、かつて現役時代マジョルカでMF家長昭博(川崎フロンターレ)とチームメートだった経緯もあり、日本人プレーヤーと一括りせずに、選手ごとの個性や違いの存在も理解している。

「我々は人間だし、全く違う新しい文化に接した時、どうやって反応すればいいのか分からなくなることもある。我々は彼の生活をサポートする必要がある。今一番大事なことは次の試合のマジョルカ戦だ」

 マルティ監督にとって古巣戦となるマジョルカとの試合に向けた意気込みと同時に、異なる環境への適応を求められる柴崎へのサポートを誓った。柴崎がそのスキルで監督の恩義に報いる日はやって来るのだろうか。

Football ZONE web 2/22(水) 22:10配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170222-00010024-soccermzw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【広島DF千葉】ドーピング問題で「異例の個人記録抹消」、理由書抜粋も公表へ。 

1: 名無しの24時 2017/02/23(木) 11:52:12.54 ID:CAP_USER9
Football ZONE web 2/23(木) 10:53配信

 Jリーグは22日、日本アンチ・ドーピング規律パネルより 2016年12月20日付けで通達があった
サンフレッチェ広島DF千葉和彦の「日本アンチ・ドーピング規律パネル決定(理由書)」に基づき、
個人記録を抹消したと発表した。昨年9月25日の浦和レッズ戦および同10月1日のFC東京戦が対象で
(公式記録は変更なし)、シーズン後の異例の記録失効となる。

 千葉は、昨年9月のドーピング検査で禁止物質「メチルヘキサンアミン」が検出されたため、
同10月21日付で暫定的資格停止となり、同12月20日付で「資格停止をともなわないけん責」の
処分が科されていた。今回、「日本アンチ・ドーピング規律パネル決定(理由書)」の抜粋は
以下のとおりとなる。

「平成28年9月25日(検体採取の日)から同年10月21日(暫定的資格停止期間の開始日)まで
獲得された競技者すべての個人成績(2016 明治安田生命 J1リーグ2ndステージ第13節における
競技成績を含む)はいずれも失効し、かつ、上記期間において獲得されたメダル、得点、及び褒賞は
いずれも剥奪される」

 該当試合は前述の浦和戦とFC東京戦で、千葉は2試合にフル出場していた。それに伴い記録の
失効前と失効後で下記のように変更となる。

■千葉和彦のJ1通算記録(2016シーズン終了時点)
【J1通算出場試合数】
失効前:308試合 → 失効後:306試合

【J1通算出場時間】
失効前:26227分 → 失効後:26047分

【J1通算シュート数】
失効前:87本 → 失効後:84本

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00010007-soccermzw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【W杯出場枠拡大】アフリカ側が「出場10枠」を求める?南アフリカサッカー協会会長が要望。 

1: 名無しの24時 2017/02/23(木) 12:10:16.57 ID:CAP_USER9
サッカーW杯の参加国が2026年大会から48か国に増えることについて、国際サッカー連盟(FIFA)の
ジャンニ・インファンティーノ(Gianni Infantino)会長に対し、アフリカ側が出場10枠を求めていることが
明らかになった。

インファンティーノ会長は現在、数日間の日程でアフリカ大陸の各国協会会長と会談し、出場枠拡大と
新しいサッカー発展プロジェクトについて説明を行っており、南アフリカサッカー協会(SAFA)のダニー・
ジョーダン(Danny Jordaan)会長は22日、国内のラジオで「どの協会も拡大を支持しているし、アフリカは
10枠を希望する」と語った。

現行の32か国から48か国に拡大する案は、1月にFIFAの評議会で承認され、2026年大会から実施されることが
決まった。48か国が3チームずつ16組に分かれてグループリーグを戦い、1位と2位のチームが決勝トーナメントに
進む形となる。

1998年のフランス大会から、アフリカは出場枠5を維持しているが、目立った成績は残せておらず、ベスト8が
過去最高となっており、大陸から2か国が決勝トーナメントに進めたのも、2014年ブラジル大会(2014 World Cup)が
初めてだった。

南アフリカとは別の協会の会長は、匿名を条件にインファンティーノ会長との会談について明かし、「有意義な
会合だった。FIFAの会長と直接、われわれの組織運営にかかわることについて話し合えたのは良かった」と
コメントしていた。

インファンティーノ会長本人は、滞在していた南アフリカ・ヨハネスブルク(Johannesberg)で報道陣に口を開かず、
ジンバブエサッカー協会(ZIFA)のフィリップ・チヤングワ(Philip Chiyangwa)会長の誕生パーティーが行われる
ハラレ(Harare)へ飛んだ。

24日にはウガンダを訪問し、同国連盟(FUFA)のヨウェリ・ムセベニ(Yoweri Museveni)会長と会う予定となっている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000015-jij_afp-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索