Samurai Goal

スポンサード リンク


【質問】好きな“ゴールパフォーマンス”ってどの選手? 

4b66a7611675dbfc951b5fed79bf9ca4
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【朗報】田嶋会長が“W杯必勝法”を東大でプレゼン!! 

20180414-00083968-roupeiro-000-3-view
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【驚愕】日本代表メンバーの年俸総額“51億2300万” 

20170917040044
1   2018/05/20(日) 21:06:33.02 _USER9
5月19日(土)午前9:25~11:45にMBS毎日放送で放送の「せやねん!」より

■年俸総額51億2300万円の27人!武田さんW杯で勝てますか?
GK
川島永嗣 1億円(35歳、メッス/フランス1部)
東口順昭 7000万円(32歳、G大阪/J1)
中村航輔 2500万円(23歳、柏/J1)

DF
酒井宏樹 1億2000万円(28歳、マルセイユ/フランス1部)
酒井高徳 5億3000万円(27歳、ハンブルガーSV/ドイツ1部)
長友佑都 4億3000万円(31歳、ガラタサライ/トルコ1部)
槙野智章 1億円(31歳、浦和/J1)
植田直通 3000万円(23歳、鹿島/J1)
昌子源 6000万円(25歳、鹿島/J1)
遠藤航 6000万円(25歳、浦和/J1)
吉田麻也 3億9000万円(29歳、サウサンプトン/イングランド・プレミアL)

MF
長谷部誠 6億円(34歳、フランクフルト/ドイツ1部)
三竿健斗 2000万円(22歳、鹿島/J1)
山口蛍 6500万円(27歳、C大阪/J1)
原口元気 1億2000万円(27歳、デュッセルドルフ/ドイツ2部)
宇佐美貴史 7900万円(26歳、デュッセルドルフ/ドイツ2部)
大島僚太 7000万円(25歳、川崎F/J1)
柴崎岳 1億円(25歳、ヘタフェ/スペイン1部)
香川真司 6億5000万円(29歳、ドルトムント/ドイツ1部)
青山敏弘 6000万円(32歳、広島/J1)
井手口陽介 5000万円(21歳、クルトゥラル・レオネサ/スペイン2部)
乾貴士 1億円(29歳、エイバル/スペイン1部)
本田圭佑 4億5000万円(31歳、パチューカ/メキシコ1部)

FW
大迫勇也 1億8000万円(28歳、ブレーメン/ドイツ1部)
岡崎慎司 4億5000万円(32歳、レスター/イングランド・プレミアL)
浅野拓磨 8000万円(23歳、シュトゥットガルト/ドイツ1部)
武藤嘉紀 1億3400万円(25歳、マインツ/ドイツ1部)
※金額は推定

ソース画像
no title
 no title

(※参考:西野ジャパン27選手の平均年俸は1億8974万円)

※西野ジャパン27選手の年俸ランキング
1位香川真司 6億5000万円、2位長谷部誠 6億円、3位酒井高徳 5億3000万円、4位本田圭佑 4億5000万円、4位岡崎慎司 4億5000万円、6位長友佑都 4億3000万円、
7位吉田麻也 3億9000万円、8位大迫勇也 1億8000万円、9位武藤嘉紀 1億3400万円、10位酒井宏樹 1億2000万円、10位原口元気 1億2000万円、
12位川島永嗣 1億円、12位槙野智章 1億円、12位柴崎岳 1億円、12位乾貴士 1億円、16位浅野拓磨 8000万円、17位宇佐美貴史 7900万円、18位東口順昭 7000万円、18位大島僚太 7000万円、
20位山口蛍 6500万円、21位昌子源 6000万円、21位遠藤航 6000万円、21位青山敏弘 6000万円、24位井手口陽介 5000万円、25位植田直通 3000万円、26位中村航輔 2500万円、27位三竿健斗 2000万円

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【朗報】中島翔哉こそ『ポリバレント』だった!!ポンテ氏が明かす 

中島翔哉-3-700x483
1   2018/05/20(日) 16:48:25.14 _USER9
 ロシアワールドカップに向けた27人の日本代表候補メンバーが発表された。驚きだったのは、今季ポルトガルで大ブレイクを遂げたFW中島翔哉の名前がなかったことである。「ポリバレントではない」というのが西野朗監督からの評価。仮に指揮官の言葉が嘘偽りない真実だったとしたら、その見方は適正だったのだろうか。(取材・文:舩木渉)

 中島をポルトガルに熱心に誘って移籍を後押ししたポルティモネンセのポンテTD(テクニカルディレクター)も自身のフェイスブックを更新して「中島が(日本代表から)外れたのは全くもって理解できない。西野監督は大きなミスを犯した。私は35年間サッカーの世界にいるが…あのコメントは信じられない」と憤りをあらわにした。

 かつて浦和レッズでもプレーしたポンテ氏が指摘した「あのコメント」とは「中島はポリバレントではない」という部分。それに対して「彼は今季、4つの違うポジションでプレーしていた。リーグのアシストランキングでも4位で、10ゴール12アシスト。リーグのベストイレブンだ」と反論する。

 今季の中島は29試合中21試合がフル出場だったが、そのような試合の多くでは他のポジションの選手交代にともなって、左ウィングから2トップの一角やトップ下、右ウィングに移った。試合ごとに違う戦術の中でも、監督の信頼を得てピッチに立ち続け、ポンテ氏の言うような「4つのポジション」以上に多くの役割を果たしていたとも言える。

 さらに「クラブにはパリ・サンジェルマン、ポルト、ベンフィカ、スポルティングCP、シャフタール・ドネツク、ドルトムントという6つのビッグクラブから公式オファーが来ている。さらに10以上のクラブが彼に関心を示している」と明かし、「ミスター・ニシノは中島のパフォーマンスと価値を本当に理解しているのか? 不正を働いたのではないか?」と西野監督の決断に疑問を呈した。



●化学用語からサッカー用語になった「ポリバレント」

 そもそも「ポリバレント」という言葉の意味が再検証されなければいけない時期にきていることにも触れておきたい。オシム元監督は「ポリバレント」を「複数のポジションをこなす」という解釈で用いたが、これは10年以上前のことだ。
 
 それからサッカーは急激な進歩を遂げ、いまや「フォーメーション」や「ポジション」というのは単に形式的なものであって、ピッチ状の事象において意味を持たなくなってきている。便宜的に選手の大まかな立ち位置という意味での「フォーメーション」や「ポジション」は存在するが、それよりも選手個々の能力に応じて与えられている「タスク」の方が重要な意味を持つ。

 中島も左ウィングという「ポジション」がメインだったのは間違いないが、与えられる「タスク」は試合によって異なる。多岐にわたる「タスク」を柔軟にこなしてゴールやアシストという結果を残していることも、ある意味で「ポリバレント」と言えるのではないだろうか。

 ハリルホジッチ前監督には代表選手の明確な選考基準があった。例えば「公式戦で継続的にプレーしているか・していないか」「コンディションは万全か・そうでないか」「ゴールを決めているか・決めていないか」といったハッキリとした線引きがなされていた。リーグの格やレベルに左右されず、純粋なパフォーマンスの質が重視された。だからこそ納得感のあるメンバー選考になっていたことが多かったように思う。

 一方、西野監督による日本代表選手の選考には明確な基準が見えてこない。「ポリバレント」という言葉で何となく片付けられてしまっている印象すらある。「何でも器用にできる」というのは裏を返せば「突出した武器がない」「全てが一流ではない」などと捉えることもできる。それらは紙一重の差だ。

 ハリルホジッチ前監督は、中島にここぞの爆発力とゴールに絡める力を期待して抜てきした。しかし、西野監督の日本代表は「没個性」の集団になってはいないだろうか。「出る杭は打たれる」ということわざもあるが、もし「徹底的に個性を消して組織力にフォーカスすること」が「日本化した日本のサッカー」だとするならば、中島のような突出した武器を持つ将来性豊かなタレントをワールドカップという4年に一度の大舞台から排除したことが、日本サッカー界の未来に深刻な打撃を与えるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180520-00010001-footballc-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

「監督をクビにしない!!」ブーイングを浴びながらも低迷中の名古屋を社長が後押し!! 

38701_ext_04_0
1   2018/05/20(日) 19:59:21.44 _USER9
名古屋は中断前ラストゲームの柏戦に2―3で敗れた。13戦未勝利(3分け10敗)で断トツの最下位のまま、中断期間に突入した。

 試合後、サポーターのブーイングを浴びた小西工己社長は「今はグランパスの基盤作りをしている段階。プロなので時間がかかるで済ませてはいけないが、一朝一夕でできるものではない。今季は右に行っても左に行っても、どんな状況になっても代えることはない」と今季は監督交代しないことを明言した。

 大森征之スポーツダイレクターも「非常に厳しい勝ち点。監督がやるサッカーをするには、質の高い選手をそろえないといけない。何も決まっている段階ではないが、足りないところを補いたい」と夏の補強を示唆した。

 開幕15試合目で日本人初ゴールを奪ったFW玉田は「全てに対して、選手1人1人が気持ちを入れてやるしかない」と語った。

スポーツ報知 5/20(日) 19:10
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000188-sph-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

香川真司「まずは初戦に向け調整」スタメン確定かのような発言 

1   2018/05/20(日) 20:02:33.35 _USER9
サッカー日本代表MF香川真司(ドルトムント)が20日、都内で行われたアディダス社の新スパイク発表会に参加。ロシアW杯の初戦であるコロンビア戦(6月19日・サランスク)に早くも照準を合わせた。

 W杯への意気込みを問われた香川は「ブラジルでは悔しい思いをした。ただ、実際あれが実力。その実力の差を埋めるために、この4年間は厳しい環境で厳しい戦いをしてきた。(W杯で)素晴らしい結果を残せるようにしたい」と決意表明。

W杯メンバー23人は親善試合・ガーナ戦(30日・日産ス)翌日の31日に発表されるが、香川の目は既にロシアを見据えており「まずは(1次リーグ)初戦のコロンビアを相手に、良いスタートを切れるように調整していきたい」と話した。

 ガーナ戦に向けた代表合宿は21日からスタートする。

ディリースポーツ 5/20(日) 19:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180520-00000159-dal-socc

写真no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索