Samurai Goal

スポンサード リンク


日本代表・森保一監督、惨憺たる現実を直視せよ。A代表兼任はもう無理、留任なら東京五輪に専念を 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/16(木) 12:47:22.32 ID:ppn1PeMw9
 東京五輪で金メダル獲得を目指すサッカーU-23日本代表は、その五輪予選を兼ねたAFC U-23選手権で1勝も挙げられないままグループリーグ敗退となった。
突きつけられたのは、森保一監督のA代表とU-23代表兼任が限界を迎えているという厳しい現実だ。
自国開催の五輪でメダル獲得を本気で目指すなら、森保監督の進退も含め、強化体制を見直すしかもう道は残されていない

●アジアで1分2敗、未勝利敗退という現実

日本にとって半年後に迫った2020年東京五輪の重要なシミュレーションと位置付けられたAFC U-23選手権(東京五輪アジア最終予選)。
ところが、9日のグループリーグ初戦、U-23サウジアラビア代表戦を1-2で落としたのを皮切りに、
12日のU-23シリア代表戦も終盤のカウンターで失点して1-2で連敗。早くもグループリーグ敗退が決まってしまった。

「何としても意地を見せる」と背水の陣で挑んだ15日の最終戦、U-23カタール代表戦で日本は小川航基が今大会初の先制点をゲット。
ようやく白星が見えてきた。だが、直後に齊藤未月がPKを献上し、結果的にはは1-1のドロー。

VARの介入によって不可解な判定が生まれるなど不運も重なったが、3試合を終えて勝ち点1のグループ最下位という結果は妥当というしかない。
森保一監督が掲げる東京五輪での「金メダル」という目標には到底、届きそうにもない厳しい現実を突きつけられた。

こうなると、森保監督の去就問題に発展するのは必至。日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三会長は13日の全国高校サッカー選手権決勝の試合後、
取材陣に対し「最終的なところについては(自分が)結論を出さなければいけない時は来ると思いますけど、
(ハリルホジッチ監督を解任した)前回も技術委員長である西野(朗=タイ代表監督)さんの考えを尊重したのが一番。
やはり技術委員会でどういう議論が行われるのかが大事。森保監督とも直接話す必要があると思っています」と発言した。

自分自身が最終決定権者であることを認めながらも、まずは技術委員会や指揮官本人と会談して方向性を模索する考えを示している。

となれば、帰国後に具体的な話し合いに入ることになるはずだが、東京五輪本番までの強化に使える時間は限られている。
最善策をいち早く打ち出さなければ、命取りになると言っていい状況なのは確かだ。

●笛吹けども踊らず。求心力を失う森保監督

第一に考えるべきなのは、やはり森保監督のA代表とU-23代表の兼任体制見直しだ。
ご存じの通り、2018年夏の就任後から指揮官はA代表優先の体制を採ってきた。腰を据えて東京五輪世代を指導できたのは、
2018年8月のアジア大会と昨年12月のU-22ジャマイカ代表戦くらい。
昨年夏のコパ・アメリカも12月のEAFF E-1サッカー選手権もA代表とのミックスという中途半端な編成で、五輪代表強化という観点では不十分だった。

兼任のマイナス面が出た顕著な例が昨年の11月シリーズ。森保監督は同月14日の2022年カタールワールドカップアジア2次予選、
アウェイでのキルギス代表戦に赴いた直後に広島へ飛び、同17日のU-22コロンビア代表戦を指揮した。

さらに19日には大阪でA代表のベネズエラ代表戦を率いるという超強行日程に挑み、1勝2敗で勝てたのはキルギス代表のみという散々な結果に終わった。
指揮官と同世代の筆者もほぼ同じ行程で動いたが、肉体的負担や疲労は凄まじかった。
彼はそのうえで練習や試合の準備、対戦相手の分析、実際のトレーニングや試合のマネジメントをしなければならず、さすがに手に余る状況だったに違いない。

A代表も東京五輪代表もサポートスタッフはいるものの、やはり監督不在はチーム全体の士気に関わる。
U-22コロンビア代表戦で不甲斐ない敗戦を喫した後、「金メダルというのは私だけの目標なのか。
チームで共有しているのか」とロッカールームで声を荒らげたというが、練習から一緒に過ごしていない彼の言葉がどこまで若い世代に響いたか分からない。



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00010002-footballc-socc
1/16(木) 10:46配信

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

3大馬鹿にされるスポーツの行為「ボクシングの減量」「サッカーの痛いンゴ」 

20200110-00357085-footballc-000-5-view[1]




1: 風吹けば名無し 2020/01/16(木) 12:29:58.81 ID:Tclfq/xer
あと一つはなんや?

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

バルセロナがU-17日本代表FW西川潤獲得へ!スペイン紙が2月の契約締結を予想…加入は来夏か 

20200116-00010002-goal-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2020/01/16(木) 06:13:35.66 ID:ppn1PeMw9
バルセロナが西川潤の獲得に向けて動いているようだ。スペイン『ムンド・ディポルティーボ』が報じている。

昨年行われたU-17ワールドカップの4試合で2ゴール2アシストを記録し、世界中の注目を集めた西川。11月にも同メディアはバルセロナがセネガル代表MFパペ・サールとともに17歳の同選手に熱視線を送っていると報じていたが、その関心は継続中のようだ。

『ムンド・ディポルティーボ』によると、昨夏に鹿島アントラーズから獲得した安部裕葵に続き、バルセロナは再び日本人の獲得を目指している様子。「バルサが2月のジュン・ニシカワ獲得に向けて動き出す」と報じており、移籍が現実味を帯びている。

しかし、移籍実現に向けてネックになるのが西川の年齢だ。アカデミーに所属していた久保建英が帰国を余儀なくされた件など、18歳未満の選手に対する国際移籍に関する規約違反に当たるため、同選手が18歳の誕生日を迎える2月21日まで契約することはできない。

それでも、仮に契約に向けての動きが順調に進めば、西川は来夏にバルセロナに加入することになると伝えている。来月末には18歳になり、ビザ等の書類手続きに1カ月半から2カ月を要することから、遅くとも4月までに交渉をまとめる必要があるようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200116-00010002-goal-socc
1/16(木) 6:11配信

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

U23日本・田中碧が一発退場…VAR判定にネット激怒「謎のレッド」「なぜ森保監督は抗議しない」 

20200116-00241241-soccermzw-000-1-view[1]




1: ラッコ ★ 2020/01/16(木) 01:04:20.53 ID:tlh0zSis9
U23日本 MF田中碧が一発退場…VAR判定にネット激怒「謎のレッド」「なぜ森保監督は抗議しない」

<U―23アジア選手権1次リーグB組 日本―カタール ( 2020年1月15日 タイ・パトゥムタニ )>

 東京五輪男子サッカーに開催国枠で出場が決まっているU―23日本代表は15日、U―23アジア選手権1次リーグB組最終戦でU―23カタール代表と対戦。
0-0の前半終了間際にMF田中碧(川崎F)がVAR判定により一発退場となった。

 日本は序盤から攻勢に出るも決定機を決められず。0―0で迎えた前半アディッショナルタイムに球際の競り合いでMF田中碧(川崎F)が相手選手と接触。
主審は笛を吹かず試合続行となったが、その後VAR判定となり主審が映像を直接チェック。田中碧のプレーが危険だったと判定されレッドカードを提示された。

 この判定にネット上の日本サポーターは激怒。
「あれでレッドはおかしい」
「謎のレッドカード」
「ファウルですらないと思う」
「なんで森保監督は抗議しない」
など納得出来ない判定に不満の声が多く上がった。

スポニチ Sponichi Annex 2020年1月15日 23:21
https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2020/01/15/kiji/20200115s00002014417000c.html

<関連記事・関連スレ>
U-23カタール戦、最大の敵は信じられない「アジアの笛」。不可解な判定の数々、ただただ不運な結果に【U-23日本代表どこよりも早い採点/AFC U-23選手権】 | フットボールチャンネル
https://www.footballchannel.jp/2020/01/16/post358010/
【サッカー】「美しいタックルが…」 田中碧の退場判定に海外記者も不満「VARはネガティブな権力」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579102316/
【サッカー】田中碧、レッドカード1発退場 日本ーカタール
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579097550/
【サッカー】先制弾FW小川航基「正直こんなに力なかったのか」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579102972/
【サッカー】森保監督「ベストを尽くせば最後の成果に繋がる」東京五輪に向け諦めない姿勢
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579103371/
【サッカー】森保監督 アジアで1勝もできず「しっかり反省しないといけない。過去は変えられない。成長のために生かしたい」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579102067/
【サッカー】日本代表、1-1でカタールと引き分ける!(オリンピックには出場できます) AFC U-23選手権 ★3
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1579102769/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

森保監督、続投に意欲!アジアで未勝利も「五輪で結果を出すことで責任を果たしたい」 

1: 豆次郎 ★ 2020/01/16(木) 01:15:47.54 ID:ZBNC9X8W9
 「U-23アジア選手権・1次リーグB組、カタール1-1日本」(15日、バンコク)  2連敗で1次リーグ敗退の決まっていた森保一監督率いるU-23日本代表は1-1でカタールと引き分け、1分け2敗の未勝利となり、B組最下位で大会を去ることになった。東京五輪前最後の公式戦でアジア勢相手に1勝もできないという厳しい現実を突きつけられた。

 試合後の会見で森保監督が続投に意欲を見せた。1次リーグ敗退で進退を問う声が出ていることについて「積み上げに関しては確実にできている。もちろん今回の結果に関して私に責任があるが、その責任というのは、選手を成長させる、五輪で結果を出すことで責任を果たしたい」と、開催国として出場する本大会へ視線を向けた。

 A代表と五輪代表監督を兼任することの難しさも見えている。森保監督は「(兼任の)ポストは私が判断することではなく、日々最善を尽くすことをやりつつ」と話した。

https://www.daily.co.jp/soccer/2020/01/16/0013037144.shtml?pg=amp&__twitter_impression=true
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

森保監督、”自身の進退”に言及 「続けるかどうか私が判断することではない」 

20200116-00241241-soccermzw-000-1-view[1]




1: ひかり ★ 2020/01/16(木) 02:36:24.98 ID:yNY4fn2k9
 森保一監督は現地時間15日、タイで開催されているU-23アジア選手権グループリーグ第3戦のカタール戦(1-1)後に自身の進退について言及。「続けるかどうか私が判断することではない」と語った。

 今大会、第1戦のサウジアラビア戦と第2戦のシリア戦で2連敗。この日のカタール戦はFW小川航基(ジュビロ磐田)が先制点を奪うも、その直後にPKを献上して同点に追いつかれ、3試合を通して
未勝利に終わった。試合後の会見で自身の五輪に向けての気持ちと、兼任監督について問われた森保監督は、進退について言及している。

「今回の敗退に関して、この責任はこの先チームをさらに成長させること、五輪に向かっていくことで果たしたい。私のポストに関しては与えられることで、これから続けるかどうか私が
判断することではない」

 東京五輪に向けて自身が率いて責任を果たす思いを明らかにしながら、残り半年に向けて目を向けた。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200116-00241241-soccermzw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索