Samurai Goal

スポンサード リンク


【ドルトムント】ボス監督解任間近!後任にヒッツフェルト氏が浮上? 

1: サムライ 2017/11/23(木) 21:41:53.18 ID:CAP_USER9
ドルトムントのボス監督が解任間近で、後任にヒッツフェルト氏が浮上してるようだ。

 23日の独紙ビルトは以下のように伝えた。

 ドルトムントは25日のダービー戦を前に不安を抱えている。ここまで不調でダービーを迎えたことなどかつてなかった。欧州CLグループリーグ敗退、リーグで失墜。一部ファンや批評家からはトットナムに1-2で敗れた後、トーマス・トゥヘルを解任したことが間違っていたという意見から、今からでもトゥヘルに戻ってきてもらうべきだという意見まで出てきている。とはいえ当時トゥヘルとドルトムントの関係を考えるとあれ以外の道がなかったのも確かだ。

 だが、ブンデスリーガでの経験のないペーター・ボスを監督に迎え入れたのは間違いだった。代表取締役ハンスヨアヒム・バッツケとチームマネジャーのミヒャエル・ツォルクには速やかな修正が求められる。親和性のあるボスは落ち着きと柔らかさをもたらしているが、サッカーそのものは変化がなく、すでに研究されている。かつて監督だったユルゲン・クロップのような選手の意思やモチベーションを高める才はボスにはない。トゥヘルのような天才的な戦術眼もない。

 解任間近といえるだろう。欧州CLの直接出場権を手に入れるという目的を達成するためにはすぐにでも不振からの出口を見つけなければならない。Bミュンヘンがユップ・ハインケスを復帰させたことで息を吹き返したことから学び、短期的にチームを生き返らせる監督を招へいすることもありえる。元ドイツ代表キャプテンのローター・マテウスはオットマー・ヒッツフェルトの名前を挙げていた。ヒッツフェルトはすでに監督からの引退を表明しているが、ハインケスも1度は引退しながら復帰を果たしている。

11/23(木) 20:07配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00060170-nksports-socc
 14

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【FIFA】ロシアW杯の審判員36人を発表、日本からは佐藤隆治審判員が選出 。 

国際サッカー連盟(FIFA)はロシアW杯の審判員として、佐藤隆治審判員(40)を含む36人のリストを発表した。21日、『デイリーポスト』が伝えている。  

2018年に行われるロシアW杯の審判員は36人。世界各国のサッカー連盟から選出され、アジア、アフリカ、北米、南米からそれぞれ6名が、オセアニアからは2名、ヨーロッパからは10名が選ばれた。アジアサッカー連盟(AFC)からは、25日のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦で主審を務めるラフシャン・イルマトフ氏(ウズベキスタン)といった面々も名を連ねた。  

選出されたメンバーは、25日から29日にかけてUAEのアブダビにてW杯に関するセミナーに参加するという。それぞれの役割に関しては現時点では未定で、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の使用可否が国際サッカー評議会によって議決された後に、改めて発表される。  

日本人はこれまでもW杯に審判として参加しており、直近では西村雄一審判員と相樂亨審判員は10年の南アフリカW杯に参加し、14年のブラジルW杯でも審判を務めた。名木利幸審判員はブラジルW杯で初選出となり、西村審判員、相樂審判員とともに主審と副審2人となる初の「日本人トリオ」で参加した。
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?231623-231623-fl
no title
 
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【アーセナル】ベンゲル監督、後継者にジョバンニ・ファンブロンクホルストを指名!? 

1: サムライ 2017/11/23(木) 20:40:25.09 ID:CAP_USER9
アーセナル・ベンゲル監督、後継者フェイエ監督指名
11/23(木) 20:01配信
日刊スポーツ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171123-00060169-nksports-socc
00


アーセナル・ベンゲル監督、後継者フェイエ監督指名

 アーセナルのアーセン・ベンゲル監督(68)は自身の後任者にフェイエノールトのジョバンニ・ファンブロンクホルスト監督(42)を指名したいと考えていると、23日に電子版スター紙が報じた。

 ベンゲル監督の現在の契約は来季終了までだ。契約をまっとうしてクラブを去った場合、約23年間在籍したことになる。同監督は後任者として、ファンブロンクホルスト監督を筆頭にボーンマスのエディ・ハウ監督の名前を挙げているという。
ファンブロンクホルスト監督は現役時代の2年間アーセナルに在籍し、ベンゲル監督から指導を受けていた。2002年にリーグ優勝、そして翌年にはFA杯優勝を果たした。また同監督は15年3月からフェイエノールトを率いており、初めて過ごしたフルシーズンでKNVB杯優勝に導いた。また翌シーズンには18年ぶりにクラブをリーグ優勝に導いた。

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【動画】HSV主将・酒井高徳が選んだ日本代表ベストイレブン! 

457: サムライ 2017/11/23(木) 20:24:44.96 ID:iZfb6xSwa
https://twitter.com/HSV_jp/status/933648895065849856
02

HSV主将高徳が選んだサッカー日本代表ベストイレブン

    岡崎 高原
 小野      本田
    中田 中村
三都主 中澤 吉田 内田
      川島

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像】浦和マウリシオ、髭ネタで紙面に登場。完全ひげ武装で無双守備ww 

no title
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【最新】「FIFAランク発表!」11月連敗の日本は44位から後退。 

1: サムライ 2017/11/23(木) 18:21:01.91 ID:CAP_USER9
11/23(木) 18:08配信
Football ZONE web

イラン、オーストラリア、韓国は軒並み順位が浮上

 国際サッカー連盟(FIFA)は23日、最新のFIFAランキングを発表した。11月に各地でワールドカップ(W杯)予選や国際親善試合などの国際Aマッチが行われ、順位の変動が見られた。

【写真】英紙が「尋常でない怪しさ」と酷評! 名古屋が発表したJリーグ開幕時の復刻版ユニフォーム

 日本代表は11月10日の国際親善試合、FIFAランク2位ブラジル戦で1-3と敗戦し、14日の同5位ベルギー戦で0-1と連敗を喫したなか、前回の44位から55位に落ちたものの、アジア全体で3番手は変わらなかった。

 アジアのW杯出場国のイラン、オーストラリア、韓国、サウジアラビアに目を移すと、イランは11月にパナマ(2-1)、ベネズエラ(1-0)と連勝し、34位→32位に浮上し、アジア勢でトップの座を保持。W杯予選で大陸間プレーオフに回ったオーストラリアは、ホンジュラスに0-0、3-1で本大会出場を確定させ、43位から39位にアップした。

 また韓国は11月連戦でコロンビア(2-1)、セルビア(1-1)と上々の結果で、62位から59位に浮上した。サウジアラビアは同月、ポルトガル(0-3)、ブルガリア(0-1)と連敗したが63位で同様だった。なお、前回57位で韓国を追い抜いた中国は、セルビア(0-2)、コロンビア(0-4)と11月2連敗で60位となり、韓国より一つ下回った。

 世界の上位国では、前回ドイツが7月以来となる首位の座を奪還し、今回もトップを維持。2位ブラジル、3位ポルトガル、4位アルゼンチン、5位ベルギーと“トップ5”に変動はなかった。一方、スペインが二つ順位を上げて6位、スイスが三つ上げて8位とトップ10入りを果たしている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171123-00010015-soccermzw-socc
51
 
22
37
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索