Samurai Goal

スポンサード リンク


スペイン大手メディア「レアルが希望を取り戻すための来季イレブン」に「久保建英」を含める! 

1: 2020/03/29(日) 08:10:14.90
スペイン大手メディアの『アス』が、レアル・マドリーの来季の予想陣容に日本代表MF久保建英を含めている。

『アス』電子版は「多くの新顔とともに期待を取り戻させるチーム。2020-21シーズン、レアル・マドリーの考え得るイレブン」という見出しの動画を公開。チーム刷新の必要性が指摘されるレアル・マドリーの来季イレブンを予想した。4-3-3のシステムで選ばれた11人は、以下の通り。

GK
ティボ・クルトワ

DF
アクラフ・ハキミ(ドルムントにレンタル中)
ラファエル・ヴァラン
セルヒオ・ラモス
セルヒオ・レギロン(セビージャにレンタル中)

MF
久保建英(マジョルカにレンタル中)
カゼミロ
マルティン・ウーデゴール(レアル・ソシエダにレンタル中)

FW
マルコ・アセンシオ
カリム・ベンゼマ
ロドリゴ or ヴィニシウス

このイレブンでは34歳MFルカ・モドリッチ、30歳MFトニ・クロースとマドリーを支え続けたインサイドハーフ2選手が外れて、そこにウーデゴール、そして久保が入った。ただしレアル・マドリーファンの中には、MFフェデ・バルベルデではなく久保が選ばれたことに疑問を呈する声もある。

『アス』によれば、この来季イレブンの市場価値は合計5億1800万ユーロとのこと。なおドイツ『トランスファーマルクト」は、久保の市場価値を1500万ユーロと見積もっている。

3/29(日) 7:59配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00010005-goal-socc

写真no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ジーコ「日本に戻れない」 新型コロナの脅威に言及「もし日本に戻れば病院に20日間は隔離されるだろう」 

20200329-00254111-soccermzw-000-1-view




1: 2020/03/29(日) 06:34:17.38
日本に帰還予定もパンデミックの影響で母国ブラジルに滞在「クラブはとどまるよう提言」
 
現在、世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスの影響により、各国のリーグが中断している。Jリーグも延期の措置が取られているが、
鹿島アントラーズでテクニカルディレクター(TD)を務めるジーコ氏は母国ブラジルメディアのインタビューに応じ、「私にとって非常に危険なウイルスだ」と危機感を示している。

中国で発生した新型コロナウイルスが、全世界で猛威を振るっている。Jリーグは2月22日と23日に各カテゴリーの開幕戦を消化したが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
直後にリーグ中断を余儀なくされた。今月25日にはJ3が4月24日、J2が5月2日、J1が5月9日と段階的に再開していく方針を発表されている。

鹿島は開幕戦でサンフレッチェ広島に0-3の大敗を喫し、厳しいシーズンスタートとなっていたが、ブラジルメディア「UOL」は
「67歳のジーコはコロナウイルスのリスクグループのメンバーであることをどのように感じているのかを語った」と見出しを打ち、ブラジルの英雄であるジーコ氏のインタビューを行っている。

記事では、「鹿島のTDはリオデジャネイロから日本に戻れない。ジーコは鹿島での職務のために26日の木曜日に日本へと戻る必要があった。しかし、コロナウイルスによるパンデミックのため、
入国規制もあって移動することができない」と説明しつつ、「67歳は高齢者で構成されるリスクグループの最上位に位置する」と指摘している。

鹿島での仕事に意欲も「もし日本に行けば、病院に20日間は隔離されることになる」
 ジーコ氏はインタビュー内で次のように語っている。

「私にとって非常に危険なウイルスだ。私は65歳以上で、もう70歳近い。リスクグループに属していることになる。それでも、私は健康な生活のためにこれまで喫煙したことはないし、酒もほとんど飲まない。
今健康なのは、神が健康状態を祈ってくれたからだけではなく、狭いスペースでウエイトトレーニングをしているからさ」

現在母国ブラジルに滞在しているジーコ氏は日本に戻れない状況にあるが、「日本では通常練習が行われている。私も行きたいが、航空会社の問題、ウイルス発生の状況のため、
クラブは必要な限りブラジルにとどまるよう提言してきた。もし日本に戻れば、病院に20日間は隔離されることになるだろう」と続けている。

鹿島は21日に練習試合で北海道コンサドーレ札幌と対戦し、2-4と敗れていた。Jリーグ再開の目処も立っており、日本での仕事に意欲を燃やしているジーコ氏だが、今は世界的なパンデミックという緊急事態。
母国での待機が最適な状況なのは間違いない。

3/29(日) 6:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200329-00254111-soccermzw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<長谷部誠>今季で契約満了!このまま退団も「将来は誰にも分からない」「ウイルス拡大収束が大事」 

20200329-00000077-spnannex-000-6-view




1: 2020/03/29(日) 07:36:09.34
EフランクフルトのMF長谷部は28日付のドイツ大衆紙ビルト(電子版)のインタビューに応じ、新型コロナウイルスの感染拡大に「将来がどうなるか誰にも分からない。難しい状況だけど、前向きさを失わずに立ち向かわなくてはいけない」と呼び掛けた。

 長谷部は今季いっぱいでクラブとの契約が満了。クラブ側に延長の考えがないと報じる地元メディアもあるが、リーグが再開できない事態に陥れば、Eフランクフルトのユニホームを再び着てピッチに立つことがなくなることもあり得る。経験豊富な元日本代表主将は「どうすることもできない。もちろんプレーは続けたいけど、まずはウイルスの拡大が収まることが大事」と冷静に話した。

3/29(日) 5:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00000077-spnannex-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

香川真司が語るスペインの今「3月5日頃は約250人だった感染者が今では56000人以上に。これが今の現状です」 

1: 2020/03/28(土) 22:16:05.87
スペイン2部のレアル・サラゴサに所属する日本代表MF香川真司が27日、自身のオフィシャルブログを更新。感染が拡がる新型コロナウイルスについて、スペインでの生活状況を明かした。

 香川がプレーするスペインでは現在、新型コロナウイルスの爆発的な感染拡大が深刻な状況となっている。「今伝えたいこと」というタイトルでブログを更新した香川は、「スペインでは3月5日頃は約250人だった感染者が今では56000人以上に増えています。これが今のスペインの現状です」と報告。

 スペインでは外出禁止令が出ているため「今はチームの練習もなく、自宅で過ごす日々」だという。「ピッチの上でボールは蹴れませんが、練習場が自分の家になっただけで、それ以外はいたって普通のリズムで生活している」という。

「練習は午前中に1時間半ほど。自分の課題を克服して強化するために、具体的にテーマを決めてやっています。これらはチーム練習が毎日続く普段だと負荷が高すぎたり、次の日に影響したりするけれど、今はそれを考えなくていい。この状況を逆にプラスに考えるようにして、モチベーション高く取り組んでいます」

 スペインサッカーリーグ「ラ・リーガ」は13日に「再開日を定義せずに延期する」との声明を発表しており、再開の目処は立っていない。香川は「どこに目標を持っていけばいいのか?」と自問自答しながらも、「もちろんストレスがたまる部分もありますが、こういう時に人間力、精神力が試される」。いまは「ここ数ヶ月間はなかなか結果もついてこず、自分のプレーにもどかしさを感じ、悔しい思いをしていたので、この中断期間は気持ちの面でリセットする事が出来ている」と、この期間を有効活用してリフレッシュに充てているようだ。

 そのなかでも「1日の始まりに坐禅を日課として取り組んでいる」ようで、「背中と骨盤をしっかりと立てて、いい姿勢を保ち5分から10分、時間をあけてもう一度。何も考えない、というのはかなり難しいことですが、坐禅する中でたまにいい感覚が得られる」と香川。「そんな実感がある。これも、今だからこそやれることかなと。サッカー選手としての自分が今出来ること。それを遂行するだけだと思います」と率直な思いを綴っている。

3/28(土) 20:03配信GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200328-00010023-goal-socc


写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

自宅のジムで体を鍛えるメッシ、壁には“あの人”の写真が14枚も! 

20200324-01049758-soccerk-000-1-view




1: 2020/03/28(土) 21:32:04.15
 スペインでは新型コロナウイルスの感染者、感染に起因する死者が爆発的に増えており、ラ・リーガの選手たちの多くも自宅待機を余儀なくされている。その様子を自身のSNSで公開する選手がいるなか、3月21日にはYouTubeやツイッターで様々なコンテンツを配信している『OTRO』がリオネル・メッシの自宅トレーニングを公開した。

 各メディアがジム顔負けの設備が整ったトレーニングルームや、メッシと息子の仲睦まじい様子に着目するなか、アルゼンチンメディア『infobae』はトレーニングルームの“壁”に着目した。

 トレーニングルームの壁にはボクシング元世界ヘビー級王者で、2016年に74歳で死去したモハメド・アリ氏のモノクロ写真が確認できるだけで14枚も飾られており、メッシが彼の熱狂的なファンであることが改めて明らかになった。

 これまでもメッシはアリ氏の写真がデザインされたTシャツを着て、メディアやSNSに登場している。過去には、そのTシャツ姿でバルセロナとの契約更新に臨み、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長と握手を交わしたこともある。

 またアリ氏が亡くなった際には、自身のフェイスブックに「蝶のように舞い、蜂のように刺す」という有名なフレーズとともにアリ氏の画像を投稿し、その死を悼んでいる。メッシは憧れの人が見守るなかでトレーニングに励み、リーグ戦再開に備えているようだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200324-01049758-soccerk-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ザック氏が新型コロナへ見解「日本の震災のときのよう。東京五輪はスポーツ復興の大会に」 

news_300145_1




1: 2020/03/27(金) 20:30:25.70
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?300145-300145-fl
20/3/27 15:34

 元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、26日付のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』のインタビューに応じ、新型コロナウイルスを巡る状況について自身の見解を示した。

 ザッケローニ氏は、1999年にスクデットを獲得したミランを始めとして、インテルやユベントスなどセリエAのビッグクラブの指揮官を歴任。2010年夏には日本代表監督に就任し、チームを2014年ブラジル・ワールドカップへと導いた。そんなザック氏の母国イタリアでは現在、新型コロナウイルスが猛威を振るっており、高齢者を中心に8000人を超える死者が出るなど深刻な状況となっている。その現状を目の当たりにしたイタリア人指揮官は、日本滞在中の2011年に体験した東日本大震災に思いを巡らせた。

「コロナウイルスを巡る現状は、2011年に起きた日本の震災と原子力発電所の事故を思い起こさせる。ある意味、あのときの状況をもう一度体験しているような気分だ。あのときは2分間がものすごく長く感じたよ。私は向こうで自宅に籠っていたが、窓の外を見ると街は無人。地下鉄の中に長時間、取り残された人もいた。恐ろしい時間、恐ろしい日々だった」

「あのときは徐々に平常を取り戻していったが、今回の悲惨で非現実的な状況には終わりが見えない。中国や日本、UAE(アラブ首長国連邦)など過去に私が監督を務めた国々から励ましの電話やメッセージがたくさん届いている。嬉しく思うよ」

 またザック氏は、2020年東京オリンピックが1年程度の延期とされたことを受け、延期を提案した安倍晋三首相の判断を歓迎。「安倍首相が五輪の開催に『ノー』と言ってくれて良かった。妥当な判断だと考える。世界的な祭典であるべきであり、すべての国が参加しなくてはならない。きっとスポーツ復興の大会になるだろう」と述べた。



関連
ザック氏、東京五輪に期待「延期でも日本人なら準備可能。忘れられない大会になる」
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?299998-299998-fl

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索