Samurai Goal

スポンサード リンク


【画像】内田篤人にはやっぱり子供が集まる。。。 

1: 名無しのSamurai
やっぱり内田篤人には子供が集まる。。。
no title

no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像】香川真司が、ミタパンにデレデレwww 

1: 名無しのSamurai
日本代表選手の素顔に迫るインタビュー 『ホンネをザックリJAPAN』!三田友梨佳アナが香川真司選手に直撃っ!!
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

香川真司「(ファン・ハール就任は)前々から分かっていた」「W杯は自分のアピールの場ではない」 

1: 名無しのSamurai
W杯に集中する香川、マンU新監督決定も「前々から分かっていた」
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?139352-139352-fl
 今はW杯に集中する。所属するマンチェスター・ユナイテッドの新監督に現オランダ代表監督のルイス・ファン・ハール氏が就任することが発表されたFW香川真司だが、「前々から決まることは分かっていたし、とりあえずW杯があるので、それからだと思う」と淡々と語った。

 新監督がオランダ代表を率いていることもあり、W杯でのプレーは来季に向けたアピールともなるが、「あのクラブにいれば、ある程度は(自分のことも)知っていると思う。(W杯は)自分のアピールの場ではない」と強調。個人的なことは関係ない。チームの勝利だけを考えている。

 鹿児島・指宿合宿ではフィジカル面の強化とコンディションづくりが最大のテーマとなる。「(W杯の初戦まで)1か月近くあるので、逆算して、今はハードにやれていると思う」。16日から19日までは都内で他の海外組の選手とともに合同自主トレでフィジカルトレーニングを積んできた。「自主トレも結構やったし、その延長線上。この1週間のキャンプで基礎的な体力を上げておければ」と話していた。
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

日本代表合宿1日目、大久保はトップ下で戦術確認、ザックの直接指導も 

1: 名無しのSamurai
大久保はトップ下で戦術確認、ザックの直接指導も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140521-00135607-gekisaka-socc
 日本代表が21日、鹿児島県指宿市内で合宿をスタートさせた。この日帰国したFW本田圭佑(ミラン)とGK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)、前日20日に帰国したばかりのDF長友佑都(インテル)の3人を除く20人が、トレーニングパートナーのDF坂井大将(大分U-18)とFW杉森考起(名古屋)とともに汗を流した。

 練習は冒頭部分のみ報道陣に公開され、フィールド選手18人が2グループに分けられた。一つのグループはトレーニングパートナー2人とともにアルベルト・ザッケローニ監督の指導の下、4-2-3-1の布陣で守備時のポジショニングやプレッシャーの掛け方などを確認。指揮官が12日のW杯メンバー発表会見で「このチームのやり方をおさらいするところから作業を進めたい」と話していたとおり、まずはチームのコンセプトを“復習”した。

 その指導は微妙なポジショニングや体の向きなど細部にわたり、2012年2月以来の代表招集となったFW大久保嘉人(川崎F)に対しては、身振り手振りをまじえてポジショニングを修正させる場面もあった。この練習で大久保はトップ下の位置に入っており、1トップやサイドハーフだけでなく、トップ下での起用もザッケローニ監督は考えているようだ。
no title


ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

モウリーニョが、ユナイテッド監督就任のファン・ハールに嫉妬! 

1: 名無しのSamurai
モウリーニョ、ユナイテッド監督就任のファン・ハールに嫉妬
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140521-00000012-goal-socc
来季からマンチェスター・ユナイテッドを率いるルイス・ファン・ハール監督は、就任を知らせたチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督から「嫉妬を感じる」と言われたそうだ。

ブラジル・ワールドカップ終了後にユナイテッドの指揮官に就任するファン・ハール監督。1年目からユナイテッドを復活させたいと意気込む指揮官は、オランダメディアで、クラブの発表前に家族や友人にメールで連絡したときのことを明かしている。イギリス『BBC』が伝えた。

「彼(モウリーニョ監督)が最初に返信をくれたんだ。彼は、私が仕事をしてきたクラブのリストに嫉妬を感じると言っていたよ」
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

代表チーム強化の“秘訣”はクラブ化!?クラブチームとの関係でみるW杯優勝候補 

1: 名無しのSamurai
代表チーム強化の“秘訣”はクラブ化!?クラブチームとの関係でみるW杯優勝候補
http://brazil2014.yahoo.co.jp/column/detail/201405200003-spnavi
 優れた選手を選抜し、それぞれの特徴を生かすようにチームを構成する。代表チームとクラブチームの作り方に大きな違いがあるわけではない。ただし、代表チームは活動期間が限られている。少ない強化日数を効果的に使わなければならないので、実は有効なチーム作りの方法も限られている。

 (1)スーパースターを中心に再編成する
 (2)戦術的なアイデアを入れて統一する
 (3)同じクラブの選手を起用してコンビネーションを生かす

 スーパースターを生かした典型が、1986年ワールドカップ(W杯)メキシコ大会のアルゼンチンだ。ディエゴ・マラドーナの能力を最大限に使って優勝している。カルロス・ビラルド監督は「マラドーナのためのチーム」を作った。ダニエル・パサレラを外してキャプテンをマラドーナに任せ、天才的なゲームメーカーだったリカルド・ボチーニとの併用も断念している。伝統のウイングプレーヤーも置かず、マラドーナ以外の10人で守り、マラドーナと2、3人の選手で攻めた。

 マラドーナのドリブルを1人で止めるのは不可能で、必ず2、3人を引きつける。そして、ドリブルしながら周囲の状況を把握できるマラドーナはわずかな隙間から決定的なパスを繰り出すことができた。攻撃のパートナーだったホルヘ・バルダーノとホルヘ・ブルチャガは、ゴールを直撃できるポジションをとればいいので、タッチラインに開いて幅を作る必要がない。ウイングは不要だった。

 攻撃はマラドーナ1本に絞っても成立する。あとは、マラドーナからもたらされるゴール以上に失点しないチームを作れるかどうかだった。


no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索