Samurai Goal

スポンサード リンク


FC今治が声明を発表…岡田代表取締役会長が謝罪「本当に申し訳ありません」 

Unknown

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

本田圭佑 古巣ボタフォゴに大型寄付も…サポーターは辛らつ「ホンダは史上最悪の選手」 

1: 2021/03/02(火) 00:16:47.08 _USER9 BE:952564598-2BP(1000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
3/1(月) 23:34配信
東スポWeb

本田圭佑

 元日本代表MF本田圭佑(34)が申し出たブラジル1部ボタフォゴへの〝恩返し〟に現地ファンの反応は――。

 ボタフォゴは2月28日に、昨年末に退団した本田が2021年シーズンのクラブ年間VIPパスを50枚購入した上で、ファンやサポーターに寄付したことを発表。「本田のご厚意に感謝する。彼とは連絡を取り続けている。希望者を募って抽選して割り振ることになる」とクラブ側は感謝を示した。

 昨年1月に加入した際には熱烈な歓迎を受けて大きな期待が寄せられたが、思うような活躍ができないままシーズン途中の昨年末に突如退団を表明していた。

 チーム低迷の危機から逃げ出す形になったボタフォゴのサポーターは本田への猛批判を展開。さらに退団の際に新型コロナ禍が深刻化している中で大人数の送別会を開催したことが判明して、火に油を注ぐ形になった。火種がくすぶったままとなっていたサポーターに向けて、感謝ととともに贖罪の意味も込めた大型寄付となった。

 本田の熱い思いに応えてサポーターも遺恨は水に流すことに…とはいかなかった。

 この発表を真っ先に報じたブラジルメディア「フォガオネット」には多くの現地サポーターの声が寄せられたが「私は本当に好きだった」などと好意的な意見がある一方で、「ホンダはボタフォゴ史上最悪の選手であり続けている! あなたは決して応援されない!」「彼は私たちが必要なときに放棄した臆病者だった」などと本田を糾弾する声も。いまだに遺恨が根強いことが浮き彫りになった。

 本田は精一杯の誠意を見せているが、サッカーの本場で特に熱狂的で知られるボタフォゴサポーターからの反感は簡単には拭えないようだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/202b5f22ed774a79730c87a81610c5b33671d2bd

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

バルセロナ前会長バルトメウ氏が緊急逮捕 選手ら中傷「バルサゲート」事件で 

スクリーンショット 2021-03-01 21.56.38




1: 2021/03/01(月) 21:24:21.38 _USER9
スペイン1部バルセロナの前会長ジョゼップ・マリア・バルトメウ氏(58)が1日、カタルーニャ警察モッソスに逮捕されたと同国紙「ムンド・デポルティボ」など各メディアが一斉に報じた。バルトメウ氏のほか、オスカル・グラウ氏、ロマン・ゴメス・ポンティ氏、ジャウメ・マスフェラー氏も拘留されているという。

 バルトメウ氏は「バルサゲート」(選手の信用を傷つけることを目的として「13ベンチャーズ」社と契約し、選手や家族を中傷するキャンペーンを実施した事件のこと)の首謀者とされており、この捜査を続けていた警察当局は1日の朝にバルトメウ氏らを拘束。同日にクラブオフィスを訪れて「バルサゲート」に関連する関連書類をすべて押収した。

 同紙によると、バルトメウ氏はレコルツの警察署に逮捕されたとし、すでに家族も、その事実を把握しているという。7日にはクラブの新会長選挙が行われる予定となっているが、チームの動向を含めて大きな影響が出るのは避けられないようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/c69606276d8254c5eb02e862bcae6891a0af9bf9

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

「日本人GKが脅威を撃退」17戦連続出場の川島永嗣、首位リール戦の好守に仏紙注目 

スクリーンショット 2021-03-01 21.52.42




1: 2021/03/01(月) 20:37:10.94 _USER9
敵地で首位リールと1-1、GK川島はフル出場で勝ち点1獲得に貢献
 フランス1部ストラスブールに所属する日本代表GK川島永嗣は現地時間2月28日、リーグ・アン第27節の首位リール戦に先発出場。アウェーでの1-1ドローに貢献したなか、試合中に見せたセーブシーンが現地メディアで「日本人ゴールキーパーが脅威を撃退」と伝えられている。

【動画】「日本人GKが脅威を撃退」 ストラスブールGK川島、首位リール戦で冷静なセーブを見せた瞬間
https://www.football-zone.net/archives/310412/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=310412_6

 今季の川島は開幕2試合に先発後、8戦連続で出場なし。だが第11節モンペリエ戦(3-4)で9試合ぶりにゴールマウスを守ると、そこから今節のリール戦まで17試合連続でフル出場を続けている。今月20日で38歳となるベテラン守護神は、フランスでワールドクラスの選手を相手に日々奮闘しているが、今節は首位を走るリールとのアウェーゲームに臨んだ。

 パリ・サンジェルマン(PSG)、リヨン、モナコと熾烈な上位争いを繰り広げるリールに対し、ストラスブールは前半36分にFWリュドビク・アジョルクが先制点を奪う。失点したことで攻勢に出るホームのリール。同42分、リールは左CKから193センチのオランダ人DFスベン・ボトマンが打点の高いヘディングシュートを見舞うも、ゴール上部に飛んだボールを川島が右手で触り枠外にそらした。

 このプレーをフランス紙「ル・フィガロ」は、「日本人ゴールキーパーが脅威を撃退」と速報。フランス紙「レキップ」も、「カワシマが右手でクロスバーの上へ落ち着いてそらす」と伝えている。

 その後も耐え続けたストラスブールだったが、後半41分にリールDFジョゼ・フォンテに同点弾を決められ1-1のドロー。惜しくも敵地での金星を逃したものの、シュート14本を放たれ、70%近いボールポゼッションを許した試合で川島は最後の砦として奮闘していた。

 第27節終了時点で16位のストラスブールは、2部との入れ替え戦に回る18位ニームと勝ち点「5」差。1部残留へ向けて、ベテラン守護神・川島の活躍に注目が集まる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0b6161e57bcd45cba4b3b8e7370a047eee6344f4

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

FC東京、新規クラブスポンサーとしてカタール航空と契約を締結 

スクリーンショット 2021-03-01 21.33.28




1: 2021/03/01(月) 20:35:03.23 _USER9
 FC東京は3月1日、新規クラブスポンサーとして『カタール航空』と契約を締結したことを発表した。

 カタール航空は1997年に設立された航空会社だ。現在はローマ、パリ・サンジェルマン、バイエルン、ボカ・ジュニオルスなどのクラブとスポンサー契約を締結しており、ローマとボカ・ジュニオルスではユニフォームの胸スポンサーに掲載されている。

 クラブスポンサー契約締結に際し、カタール航空はFC東京のクラブ公式HPにコメントを寄せている。

「数々の受賞歴を誇るカタール航空は、英国の航空サービス調査会社スカイトラックス社実施の国際航空評価『World Airline Awards 2019』にて世界1位の航空会社『Airline of the Year』として選出されております。また、当社の画期的なビジネスクラス『Qsuite』が評価され、ビジネスクラス総合ランク世界1位、ビジネスクラスシート部門においても世界1位を受賞しました。航空業界において最高の栄誉とされる『Airline of the Year』を5度受賞した唯一の航空会社です。また当社は、世界規模の航空連合であるoneworldに湾岸国から初めて参加した航空会社であり、アライアンス全体で160ヶ国以上、1,000ヶ所以上の空港から、毎日14,250便を運航しています」

「カタール航空はFIFA公式パートナーとして、FIFAワールドカップ・カタール2022TMを含む多くのトップレベルのスポーツイベントの公式スポンサーを務めています。世界中の人々をつなげる架け橋としてのスポーツの意義は、当社のブランドメッセージ『Going Places Together』の中核を成すものでもあります」

「この度、カタール航空はFC東京のクラブスポンサーをさせていただくことになりました。地域の皆様、ファン・サポーターの皆様とともに、FC東京を応援してまいります」

https://news.yahoo.co.jp/articles/abfd9417294ae6ad875c772fc3567ade11c596a3

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

アジアサッカー連盟、横浜FMに罰金1500ドルの処分 

スクリーンショット 2021-03-01 21.26.09




1: 2021/03/01(月) 20:11:43.64 _USER9
 アジアサッカー連盟(AFC)は23日、昨季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で発生した懲戒事案を公表した。横浜F・マリノスに罰金1500ドル(約16万円相当)の処分が下されている。

 発表によると、横浜FMは昨年12月1日に行われたグループステージ第5節の全北現代戦で、後半のキックオフ時間に遅れたため。また同年11月25日に行われた第3節の横浜FM戦で同様の違反があった上海上港にも1250ドルの罰金処分が下されている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8962650b114637fcc31fbee19888f73bb02dbf43

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索