Samurai Goal

スポンサード リンク


【動画】岡崎慎司、チェルシー戦タッチ集!カンテとマッチアップ 

45
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

俳優・竹内涼真(元東京VユースDF)、サッカータレントの宿命“リフティングうまい”の風潮をなくそうと訴え!  

1: 2018/01/16(火) 13:20:35.96 ID:CAP_USER9
俳優の竹内涼真が15日、都内で行われたソフトバンクの新サービス発表会見に参加。
サッカータレントの宿命である“リフティングうまいはず”の風潮をなくそうと訴えた。

竹内は同社の人気CM「白戸家」シリーズに昨年から参加している。
今回は“学割先生”として出演する。データ容量が50GBの「ウルトラギガモンスター」を
1年間月額3980円から利用できるようになるキャンペーン「学割先生」のPRのため、リフティングを50回、披露することになった。

5歳からサッカーを始め、中学・高校時代には東京ヴェルディユースに所属。

サッカー推薦で大学に進学するほどの腕前を持つ竹内ならば、お手の物かと思いきや、
本人は苦笑いで「サッカーやってた人はリフティングうまい、という制度を変えていきたいんです」とぽつり。

自身の主なポジションは華麗なテクニックを見せるアタッカーではなく、フィジカルや読みで勝負するセンターバック。
「これまでサッカーをやっていた役者さんやタレントさんが、みんな直面する問題。
リフティングはできますけど、ぐるぐる回すなんでホントにすごい人しかできない。驚くようなことはできない」と提言した。

それでも、実際にチャレンジするとスーツに革靴ながら38回まで記録を伸ばし、会場は大きな拍手に包まれた。
絶賛する周囲に「すみません、いろいろフォローしていただいて」と照れくさそうにしていた。

また、会見には生徒役の志尊淳も参加。竹内と志尊は映画『帝一の國』で主演の菅田将暉を支える役で共演し、大きな話題となっていた。+
今回は先生と学生役となり、竹内は「志尊くんと、そんなに年が変わらない。ちょっと変な感じする」と明かし、志尊も「こないだまで同じ学生役だったのに」と苦笑いだった。

 竹内といえば昨年末にインフルエンザに罹患。体調について問われると「体調完璧です。やせました」とにっこり。「今年はかからないようにします」と誓っていた。
らないようにします」と誓っていた。

https://www.oricon.co.jp/news/2104046/full/
40
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【香川真司】W杯代表へ意欲「1試合の積み重ね、徹底」  

1: 2018/01/16(火) 08:53:23.82 ID:CAP_USER9
1/16(火) 8:44配信
香川真司W杯代表へ意欲「1試合の積み重ね、徹底」

<ブンデスリーガ:ボルシア・ドルトムント0-0ウォルフスブルク>◇14日◇ドルトムント

 ドルトムントMF香川真司(28)は、0-0で引き分けたホームのウォルフスブルク戦にフル出場した。

 これで4試合連続のフル出場のドルトムント香川は、後半8分にペナルティーエリア内右からのグラウンダークロスで決定機を演出したが、FWサンチョのシュートは左ポストに当たった。直近の3試合すべてで得点かアシスト(1得点2アシスト)と数字に残る結果を出しており、惜しくも4試合連続とはならなかったが好調を維持。それでも「スピード感やテンポが個人としてもまだ足りていなかった」と反省した。

 W杯へ向けて「1試合の積み重ねが、そういう場につながる。それを徹底してやる」と力を込めた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00101290-nksports-socc
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【AFC U-23】森保ジャパン、3連勝!U-21日本代表、GSを1位通過…3ゴールで北朝鮮を下す! 

AFC U-23選手権中国2018・グループステージ第3戦が16日に行われ、U-21日本代表がU-23朝鮮民主主義人民共和国代表と対戦した。  第2戦のタイ代表戦からスタメン全員を入れ替えた日本は、前半から北朝鮮を攻め立てる。29分、ペナルティエリア内で旗手怜央からスルーパスを受けた伊藤洋輝が思い切りシュートを打つも、枠を外してしまう。  

すると32分、敵陣で得たFKがゴール前に送られると、柳貴博がふとともで押し込み先制点を奪う。43分にはペナルティエリア内で裏に抜け出した伊藤がグラウンダーのクロスを送ると、最後は三好康児が押し込み点差を広げた。  

押し込んでいた日本だったが52分、オフサイドラインぎりぎりで抜け出されたキム・ユソンがボールを受けると、GKとの1対1を冷静に決められ、点差を1点に縮められる。それでも73分、獲得したPKを旗手が蹴ると、シュートはGKに防がれるものの、バーに跳ね返ったボールがGKの肩にあたりそのままゴールへ転がった。ラッキーな形で得点を奪う。  試合はこのまま終了し、グループステージを3連勝で終えた日本が決勝トーナメント進出を決めた。

【スコア】
U-21日本代表 3–1 U-23北朝鮮代表

【得点者】
1-0 32分 柳貴博(日本)
2-0 43分 三好康児(日本)
2-1 52分 キム・ユソン(北朝鮮)
3-1 73分 カン・チュヒョク(オウンゴール)(日本)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180116-00702751-soccerk-socc
28
 
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【セルジオ越後】井手口の移籍には疑問が…スペイン2部でのプレーはW杯につながるのか?  

1: 2018/01/15(月) 22:46:23.76 ID:CAP_USER9
Jリーグの各チームが新シーズンに向けて慌ただしい動きを見せる一方で、ガンバの井手口がイングランド2部のリーズへ移籍したね。
ただ、加入後すぐにスペイン2部のクルトゥラル・レオネサへレンタルに出て、今シーズンは武者修行を積むことになった。

元々、イングランドでは労働許可証の取得が困難で、井手口もまずはスペインで実績を踏む必要性を理解していたようだ。

欧州での肩慣らしという意味では良いのかもしれない。ただし6月のロシア・ワールドカップまで半年を切ったなかで、ベストな選択だったのかと言われれば疑問が残るよ。
確かに不慣れな土地で奮闘すれば、逞しさを身に付けられるかもしれない。でもスペイン2部のレベルは正直高いとは言えないよね。

本大会に向けて大事な時期だからこそ、国内で力を磨いたほうがベターだったのかもしれない。

クラブのレベルが違うから一概に比較はできないけど、2016年の夏にアーセナルへ移籍した浅野は加入直後にドイツのシュツットガルトへレンタルに出され、いまだにアーセナルのユニホームを着れずにいる。
最近のパフォーマンスを見ていると、アーセナル復帰は難しくなっているようだし、良い移籍だったとは思えないよ。

海外クラブの門を叩くのは別に悪いことではない。国内でのプレーに満足している選手よりも成長できるチャンスは必ずあるからね。

とはいえ、時期と移籍先は熟考するべきだよ。単にオファーが来たから「じゃあ行きます」では、安易すぎる。
今後の選手キャリアを思い描いて、いつ、どんな場所に移籍するのが最適か考える必要がある。ひいてはそれが個々のレベルアップにつながり、日本サッカーのためになるはずだからね。
選手が海外移籍に憧れ持つ一方、Jリーグと各クラブはもっと危機感を持つべきだ。

今のサッカー少年は将来の目標を「海外でプレーすること」と答えるよ。それはJリーグに魅力がなく、海外へ活躍の場を移す通過点としか考えていないからだと思うんだ。
FC東京の久保はバルセロナの事情により帰国を余儀なくされたけど、このままだと彼のように若い年齢で海外クラブの下部組織に入るケースが増えるんじゃないかな。そうすると国内リーグはさらに衰退するね。

ガンバの遠藤、フロンターレの中村のようにひとつのクラブで長い間プレーする選手が減っているのも気になるよ。それは各クラブに引き留められる要素が少なくなっているからだろう。

今オフには大久保が1年限りでFC東京を退団し、古巣のフロンターレに復帰した。それも減俸を飲んでの出戻りだったという。
周囲では様々な意見があるようだが、要は大久保がFC東京というクラブに失望したということだよね。現に昨季は大型補強をしたFC東京は明確な指針を示せないまま、13位でシーズンを終えた。

最近では確固たるアイデンティティを示せないクラブが増えているし、選手も愛着を持てなくなっていると思う。だからこそ移籍も頻繁になったし、クラブのレジェンドという存在が育ちにくくなったんだ。
海外移籍するのは仕方ないと割り切るよりも、どうすれば選手が国内に残ってくれるか、リーグやクラブは真剣に考えるべきだね。

2018年1月15日 6時30分 サッカーダイジェストWeb
http://news.livedoor.com/article/detail/14158247/
01
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【C・ロナウド】「マンU復帰を決意した」スペイン紙が報じる!レアルの“約束反故”が理由?  

1: 2018/01/15(月) 19:07:11.03 ID:CAP_USER9
スペイン『アス』紙は15日付で、レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、古巣であるマンチェスター・ユナイテッドへ復帰することを決意したと報じている。

 C・ロナウドは2003年から09年までユナイテッドでプレーしたあとマドリーへと移籍。マドリーでもエースとして活躍を続けてきたが、ユナイテッド復帰の意志を固めたという。C・ロナウドの「決意は非常に固く、数人のチームメートたちにもそのことを伝えた」ほどだと述べられている。

 その理由は、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が契約更改についての約束を守らなかったことだとされている。昨季のチャンピオンズリーグ決勝でマドリーを2連覇に導く活躍を見せたあと、C・ロナウドはクラブから年俸を引き上げての新契約を約束されていたとのことだ。

 だが、その後半年以上が経過しても新たな契約は交わされてない。C・ロナウドは「マドリーで引退したい」などの発言でクラブにメッセージを送っていたが、ペレス会長の側がそれに応えることはなく、パリ・サンジェルマンのFWネイマールを獲得するためC・ロナウドを“トレード要員”にするとの噂まで浮上している。

 バルセロナのリオネル・メッシと並んで現代のサッカー界で最高の選手の一人だとされるC・ロナウドだが、2100万ユーロ(約28億4000万円)という現在の年俸はメッシやネイマールに大きく引き離されて世界5位どまりだという。クラブから適切な評価を得られていないという不満から、移籍を考えているということもあり得るのだろうか。

1/15(月) 19:01配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180115-00251372-footballc-socc
07
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索