Samurai Goal

スポンサード リンク


Jリーグ/J1最終順位が確定! 横浜Fマリノスが15年ぶりの優勝!ACL出場権はFC東京、鹿島アントラーズに…  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 18:21:20.31 ID:6yjy8yVh9
明治安田生命J1リーグ最終節が7日に行われ、2019シーズンの最終順位が確定した。

 優勝を手にしたのは横浜FM。7日に行われた2位・FC東京との最終決戦に3-0で勝利し、2004年以来15年ぶりのリーグ優勝を達成した。また、仲川輝人とマルコス・ジュニオールが史上初の同一クラブでの得点王を獲得。昨季は残留争いに巻き込まれるなど苦しんだが、今季は開幕から上位争いを演じ、2季目を迎えたアンジェ・ポステコグルー監督のもと、一気に頂点に上り詰めた。

 FC東京と鹿島は惜しくも優勝を逃したものの、来季のAFCチャンピオンズリーグ出場権を獲得。鹿島が天皇杯を制した場合は、本戦からの出場となり、リーグ4位の川崎FがプレーオフからACLに参戦することとなる。

 下位に目を向けると、終盤戦にかけて熾烈な残留争いが繰り広げられた。松本と磐田が最終節を残してJ2降格が決まってしまったが、参入プレーオフをめぐる争いは最後まで続いた。浦和は今季、ACLでは決勝に勝ち進むなど躍進したが、リーグ戦では上位進出は叶わず。結果的には残留を果たしたものの、終盤戦に至っては勝ち星が積み上げられず、厳しい戦いを強いられた。

 昇格組の2チームは明暗が分かれる結果となった。6年ぶりの昇格を果たした大分は、片野坂知宏監督のもと、開幕から台風の目となり、一度も残留争いに巻き込まれないまま9位でシーズンを終えた。一方で4年ぶりにJ1の舞台に立った松本は、深刻な得点力不足に悩み、1年でのJ2リターンとなってしまった。

 最下位の磐田に至っては、開幕から不振に陥り、度重なる監督交代を敢行。最後はスペイン人のフェルナンド・フベロ監督のもと、復調の兆しを見せたが、J1残留はならず。クラブとしては2度目の降格が決まった。

 2019シーズンのJ1最終順位は以下の通り。

1.横浜F・マリノス(70・30)
2.FC東京(64・17)
3.鹿島アントラーズ(63・24)
――ACL出場権――
4.川崎フロンターレ(60・23)
5.セレッソ大阪(59・14)
6.サンフレッチェ広島(55・16)
7.ガンバ大阪(47・6)
8.ヴィッセル神戸(47・2)
9.大分トリニータ(47・0)
10.北海道コンサドーレ札幌(46・5)
11.ベガルタ仙台(41・-7)
12.清水エスパルス(39・-24)
13.名古屋グランパス(37・-5)
14.浦和レッズ(37・-16)
15.サガン鳥栖(36・-21)
――J1参入PO出場――
16.湘南ベルマーレ(36・-23)
――J2自動降格――
17.松本山雅FC(31・-19)
18.ジュビロ磐田(31・-22)

12/7(土) 16:14配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-00010025-goal-socc

写真no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<日本代表>E-1選手権に向けたメンバー変更!橋岡大樹(浦和)と菅大輝(札幌)が追加招集...  

20191207-01006478-soccerk-000-4-view[1]




1: Egg ★ 2019/12/07(土) 18:05:49.72 ID:6yjy8yVh9
日本サッカー協会(JFA)は7日、EAFF E-1サッカー選手権2019に向けた招集メンバーの変更を発表した。

 JFAは今回、DF橋岡大樹(浦和レッズ)を追加招集することを発表。また、DF室屋成(FC東京)がケガのため、代わってDF菅大輝(北海道コンサドーレ札幌)を招集することを合わせて発表した。

 日本代表は12月10日に韓国の釜山で開幕するE-1サッカー選手権に出場する予定。初戦は10日に中国と対戦する。

12/7(土) 17:49配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-01006478-soccerk-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ザッケローニ元監督 “J1優勝決定戦”の会場に出没! 稀少写真に元日本代表MFも反応  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 23:17:15.36 ID:2ZTQFpFn9
レーシングドライバーの脇阪寿一氏がザッケローニ監督との2ショットを披露

no title

2019年のJ1リーグは、横浜F・マリノスの15年ぶり4回目の優勝で幕を閉じた。日本サッカー界が沸いた瞬間に、かつての日本代表監督も会場を訪れていたようだ。レーシングドライバーの脇阪寿一氏が、公式インスタグラムでその模様を伝えている。

【写真】元日本代表MF松井大輔も反応! レーシングドライバー脇阪寿一氏、ザッケローニ元日本代表監督との稀少2ショット

no title

 J1リーグ最終節は、首位の横浜FMと2位FC東京が直接対決。引き分け以上、敗れても3点差以内であれば横浜FMの優勝が決まる状況で、序盤から積極的に攻めてDFティーラトン、FWエリキ、MF遠藤渓太のゴールで3-0と勝利し、2004年以来となるリーグ優勝を果たした。

 その瞬間を会場で見守っていた一人が、元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏だ。

 ACミランやインテル、ユベントスというイタリアの名門で監督を歴任したザッケローニ氏は、2010年8月に日本代表の指揮官に就任。11年のアジアカップ優勝、14年のブラジル・ワールドカップ(W杯)出場に導いたが、W杯本大会では1分2敗でグループリーグ敗退となり、退任していた。

 中国の北京国安を経て、2017年にはUAE代表監督に就任したが、今年のアジアカップで準決勝敗退となり退任。ネット上では、12月6日にザッケローニ氏を都内で目撃したという情報が複数出ていたが、実際に来日していたようで、レーシングドライバーの脇阪寿一氏が横浜FM対FC東京戦での一コマを伝えている。

「アルベルト・ザッケローニ監督に写真撮ってもらいました。嬉しい 後ろに日本サッカー協会田嶋幸三会長 凄いところに入れて頂いて、#owltechさんに感謝です」

 喜びの声とともに、ザッケローニ氏との2ショットを投稿。その背後には、関係者と会話する田嶋幸三会長の姿も写っている。投稿には、横浜FCの元日本代表MF松井大輔も「いいね!」で反応していた。

12/7(土) 21:10配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191207-00233046-soccermzw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

久保建英、バルセロナ戦で先発予想 現地紙も注目 カンプノウ凱旋で現地はグリーズマン級の注目度  

1: 豆次郎 ★ 2019/12/07(土) 20:29:53.75 ID:cSaSQuzj9
Football ZONE web12/7(土) 18:10配信
マジョルカ久保建英、バルセロナ戦で先発予想 現地紙も注目「メッシの一団を脅かす」

かつてバルセロナの下部組織に在籍していた久保、“古巣”との初対決で結果を残せるか

 日本代表MF久保建英が所属するマジョルカは、現地時間7日に行われるリーガ・エスパニョーラ第16節でバルセロナと対戦する。スペイン電子紙「Okdiario」は久保の先発を予想し、「クボがメッシの一団を脅かす」と報じている。


 久保が“古巣”と対戦する。2011年から13年まで、久保はバルセロナ下部組織“ラ・マシア”に所属。クラブが18歳未満の外国籍選手獲得・登録の違反により公式戦出場停止の処分を受けたため帰国した。

 バルセロナの本拠地にマジョルカが乗り込むなか、久保にとっても初めてカンプ・ノウでのプレーが見込まれており、スペイン電子紙「Okdiario」も注目。「クボがメッシの一団を脅かす」との見出しで報じ、次のように続けている。

「影響力を持つタケフサ・クボ擁するマジョルカは、カンプ・ノウで暴れまわろうとしている。レアル・マドリードからマジョルカに貸し出された久保にとって、最初の直接対決となる」

 記事では両軍の布陣を予想しており、バルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ、ウルグアイ代表FWルイス・スアレス、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが3トップを形成。一方のマジョルカも3トップの配置で、久保は左ウイングの先発となっている。

 今シーズンのマジョルカは、ここまでアウェー6連敗と内弁慶ぶりが際立つ。そのなかで活躍を期待されるのが久保だ。11月3日の第12節バジャドリード戦(0-3)から4試合連続でスタメン出場を続け、第13節ビジャレアル戦(3-1)ではミドルシュートからリーガ初ゴールをマークしている。現地でも注目を集めている一戦で、久保は結果を残せるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191207-00233003-soccermzw-socc
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

鳥栖残留決定も赤字転落、バルサ流失敗…苦難1年  

20191207-12070669-nksports-000-5-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/07(土) 19:54:42.99 ID:p3pSX++z9
<明治安田生命J1:清水1-0鳥栖>◇最終節◇7日◇アイスタ

サガン鳥栖が2年連続、最終戦でやっとJ1残留を決めた。清水に敗れ2連敗も、16位湘南が引き分けたため、勝ち点で並びながらも得失点差による15位で“他力残留”となった。

試合後、選手に笑顔があるはずもなく、元日本代表FW豊田陽平(34)は「負けて残留し、すごい複雑」とチームを代弁。
今季を振り返り「今年は(ルイス・カレーラス)新監督のもと、つまずいた部分があると思う。
来季は残留争いにならないようにしたい。来年(鳥栖に)いる、いないにかかわらず、みんなそう思っている」と再起を期した。

この日は、引き分け以上で自力残留を決められる条件だっただけに、金明輝監督(38)は「今まで積み上げたものを投げうってでも、勝つ、もしくは引き分けたかった」。
鬼気迫る思いで試合に臨んだが「勝ちにこだわり過ぎて、良さを半減させてしまった。
そこは反省している」と言い、攻守のバランスを欠いたことを悔いた。

それでも、一時は最下位から残留に導き「後ろに火がついた状況だったが、選手がひとつになってくれたのが唯一の救い」と安堵(あんど)の思いも吐露。

成績低迷のため昨季途中で解任されたフィッカデンティ監督の制約の多い守備重視の戦術から、今季は180度方針を転換した。
得点力アップを掲げ、元バルセロナのカレーラス新監督を招聘(しょうへい)し、ボール支配や攻撃で圧倒する“バルサ・サッカー”に活路を見いだした。

だが大幅なスタイル変更はチームにフィットせず、4連敗で1勝1分け7敗の最下位だった4月28日の湘南戦後に、またしても解任劇が起こった。

流れを好転させるため、昨季も途中から指揮をとったのに続き、金監督が“緊急再登板”。
劇的な変化は起こらず、結局また、残留争いに巻き込まれた。

苦しんだのは、チームだけではない。年間6億円の大口スポンサー契約を結んでいた、ユニホーム背中部分に掲出のサイゲームスが昨季限りで撤退。
18年度決算は、推定年俸8億円のトーレスや1億5000万円のFW金崎らよる人件費高騰や、フィッカデンティ監督解任の違約金がかさむなどして、4期ぶり約5億8000万円の赤字に転落した。
クラブにとっても試練の年だった。

ただ来季について、2年連続残留争いの経験や反省を踏まえ、竹原稔社長(58)は「地方クラブで財源がない中でやっており、反省はいっぱいある。
だがこの経験を生かして次はやっていかないといけない」としつつ、ビジョンについて「地方クラブとしてもう1度育成というクラブのキーワードを強化し、身の丈に合った経営をしていきたい」という。

巨費をつぎ込む大型補強に頼らない緊縮財政の方向で、竹原社長は、トップチームの編成については金監督の続投を問われ「そうです」と明かし来季も指揮を託す構え。
選手については「身の丈に合った予算の中でしてくれる選手と契約していかないといけない。若手も育てていく。
クラブとしては極端にシフトして行くでしょう」と語った。来季は、地方クラブの真価が試される年になりそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191207-12070669-nksports-socc
12/7(土) 19:01配信

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<Jリーグ>J1観客数大幅増加!史上最多!初めて“平均2万人”の大台超え。総観客数も最多  

1: Egg ★ 2019/12/07(土) 18:12:38.87 ID:6yjy8yVh9
明治安田生命J1リーグの最終節となる第34節の全9試合が7日に各地で行われ、今季の全日程が終了した。リーグ公式記録によれば、J1の総観客数および1試合平均観客数はともにリーグ史上最多記録を達成した。

 首位と2位の直接対決で優勝チームが決定するという劇的な状況となった7日の横浜F・マリノス対FC東京戦では、日産スタジアムで6万3854人のファンが観戦。国内のリーグ戦における史上最多観客数を更新する大観衆となった。

 この試合を筆頭に、最終節は9会場で合計25万8915人の観客数が記録された。史上最多となった今季ゴールデンウイークの第10節(25万9521人)にはわずかに及ばかなったが、J1の1節の観客数ではリーグ歴代2位となる数字だ。

 最終節を終え、今季J1の総観客数は306試合で634万9681人。現在より試合数の多かった1995年の615万9691人(364試合)を24年ぶりに更新するJ1史上最多の総観客数となった。昨年からは約8.8%増となる50万人以上の増加を達成している。

 1試合あたりの平均観客数は昨季より1687人増の2万751人。こちらも1994年の1万9598人を上回るリーグ史上最多記録であり、初めて平均2万人の大台を突破した。

 クラブ別では、ホームゲームの観客数が最多だったクラブは1試合平均3万4184人の浦和レッズであり、2006年以来14年連続の1位。昨季より約20%の大幅増となったFC東京が平均3万1540人で2位だった。浦和以外のクラブの平均観客数が3万人を越えたのは2010年のアルビレックス新潟以来9年ぶりのことだ。

12/7(土) 17:41配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191207-00351732-footballc-socc

写真
no title


【サッカー】<“Jリーグ史上最多観客動員数を更新!>6万3854人が日産スタジアムに集結..6年ぶりに更新
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575702380/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索