Samurai Goal

スポンサード リンク




【アトレティコ】前線のポジション争いが激化!グリエズマン、F・トーレス、ガメイロが2枠を争う 

1: サムライ24時 2017/02/23(木) 22:31:16.57 ID:CAP_USER9
アトレティコ・マドリーで、前線のポジション争いが激化している。スペイン『マルカ』が伝えた。

FWアントワーヌ・グリエズマン、フェルナンド・トーレス、ケヴィン・ガメイロ。この3選手がアトレティコの2トップの座を争っている。ディエゴ・シメオネ監督はグリエズマンに絶大な信頼を寄せているため背番号7をスタメンから外すとは考えにくいが、F・トーレスとガメイロの決定力は軽視できるものではない。

F・トーレスは、2月に入り4得点を記録している。リーガエスパニョーラのレガネス戦(2得点)、セルタ戦、チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグのレヴァークーゼン戦で得点を挙げた。一方でガメイロは5得点をマーク。その内訳はコパ・デル・レイのバルセロナ戦(1得点)、リーガのスポルティング・ヒホン戦(3得点)、レヴァークーゼン戦(1得点)だ。

また、グリエズマンはこの期間に3得点を記録している。3選手が挙げたゴール数は、実に「12」に上る。前線の選手が爆発中のアトレティコは、コパ準決勝での敗退を除き、リーガで好調を取り戻しCLでベスト8進出に大きく近づいているところだ。

今季FWの選手が不調に陥った時期には、MFサウール・ニゲスやヤニック・カラスコの得点で接戦をものにしてきた。ストライカーの復調でCLストレートインとなるリーガ3位確保、2シーズン連続のCLファイナル進出に向け、アトレティコがギアを上げている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000029-goal-socc
22
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【セルジオ越後】Jリーグ優勝候補を予想「鹿島と浦和の“2強”を挙げたい」「続くのは、川崎とG大阪かな」 

1: サムライ24時 2017/02/23(木) 10:23:53.38 ID:CAP_USER9
Jリーグが開幕する。今オフの移籍市場では、大型の放映権料契約締結によってリーグからの賞金や分配金が増えることを予想してか、各クラブが例年以上に活発に動いた印象がある。

果たして、1ステージ制に戻った今季の優勝候補はどこか。やはり、僕は鹿島と浦和の“2強”を挙げたい。

鹿島は昨季、浦和とのチャンピオンシップ決勝を制し、クラブW杯で準優勝。天皇杯も制した。シーズン終盤に入り、伝統の勝負強さを見せつけた。

ただ、年間を通して見れば、夏場などなかなか勝てない時期もあり、決して“横綱相撲”じゃなかった。2ステージ制に救われた部分もあったよね。

でも、今オフの積極的な補強を見れば、Jリーグ連覇だけじゃなく、初のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)制覇も目指そうという意気込みを感じる。Jリーグで実績のあるボランチのレオ・シルバ、ストライカーのペドロ・ジュニオール、ブラジル代表経験者であるMFレアンドロ、さらに韓国代表GKクォン・スンテを獲得。一気に選手層が厚くなった。

スペインに移籍した柴崎の穴を感じさせないどころか、彼が残留していてもスタメンで出られるかどうか微妙なくらい。石井監督のやりくり次第では、ACLとの過密日程も乗り切れるかもしれない。

一方、昨季年間勝ち点1位の浦和も例年どおりに多くの選手を獲得した。ただ、FWラファエル・シルバを除けば、即戦力の大物というよりは将来性に期待したい中堅、若手ばかり。鹿島に比べると小粒な印象だ。

そもそも前線には同じようなレベルの選手がたくさんいるけど、ペトロヴィッチ監督がうまく使いこなせるのかどうかにも疑問が残る。一方で、最も補強が必要だった最終ラインは手薄なまま。ケガ人が出たらどうするのだろう。

それでも個々の選手のレベルは高いし、6季目を迎えたペトロヴィッチ監督の目指すサッカーも浸透している。大きく崩れることはないと思う。

ただ、逆に言えば、ここ数年、毎年のように優勝候補に挙げられながらも結局、勝ち切れないのは何かが足りないということ。その間、チームの中心選手の顔ぶれはあまり変わっていないし、仲良しクラブとまでは言わないけど、どこかマンネリ感がある。

そういう意味で、今季はチームに新たな刺激をもたらす選手が必要だと思う。僕は期待を込めてふたりの名前を挙げたい。まず、攻撃陣ではラファエル・シルバ。彼が“助っ人”らしく絶対的なストライカーとしてゴールを量産できるか。そして、守備陣では加入2年目の遠藤。昨年のリオ五輪代表の主将を務めるなど能力に疑いの余地はない。あとは先輩たちに遠慮せず、守備の中心、チームの中心としてのプレー、振る舞いを見せられるかだね。

鹿島と浦和の“2強”に続くのは、昨季年間勝ち点2位の川崎、昨季無冠からの巻き返しを狙うG大阪かな。大久保、永井ら代表クラスを大量補強したFC東京もハマれば面白そうだ。

例年はシーズン半ばを過ぎると、残留争いをしているチームが降格を回避するための補強に動いていた。でも、優勝賞金が大幅にアップした今季は、ぜひ上位チームにそうした動きを期待したい。

C大阪が清武を獲得したけど、優勝争いを繰り広げている上位チームが大物外国人や欧州で試合に出ていない日本人選手の獲得に動いたら、盛り上がるよね。

(構成/渡辺達也)

週プレNEWS 2/23(木) 10:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00080476-playboyz-socc
15
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像】テネリフェ柴崎岳が練習場に現る!笑顔も見せた 

スペイン2部のテネリフェに所属する柴崎岳が現地時間23日に練習を再開した。  
午前10時から行われた全体練習には合流しなかったものの、練習場内のジムで汗を流した。チーム練習は1時間半弱で終了し、柴崎は最後までグラウンドに出ることはなかった。その後、他の選手も帰途に着く中、クラブスタッフらと代理人のロベルト佃氏を交えて数分間コミュニケーションをとったのち、12時45分ころ練習場をあとにしている。  
柴崎本人は取材に訪れた報道陣の問いかけに無言を貫いたものの、日本から応援にやってきたファンと写真を撮るなどわずかながら笑顔を見せた。  
フットボールチャンネル編集部の取材に応じた代理人のロベルト佃氏は、柴崎の復帰時期について「まだ次も試合があるのでコメントしないようにしている。クラブと話をして徐々に徐々にやっていく」と明言を避けた。  
また、一時期不調の原因ではないかと話題になったホテル暮らしを今後も続けるかについては「とりあえずはそうです」と継続を認めている。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00010031-footballc-socc
11
  ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【猛反発】ロイ・キーンがルーニーの中国移籍騒動に異論を唱える「狂気の沙汰」「金には困っていないはず」 

1: サムライ24時 2017/02/23(木) 19:57:19.61 ID:CAP_USER9
偉大な先人たちの声は迷えるルーニーに届くのか?

 マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドで、現在はアイルランド代表でアシスタントコーチを務めているロイ・キーンは、去就が注目されているイングランド代表FWのウェイン・ルーニーがまだヨーロッパのトップレベルで活躍できるとし、アジアに向かうべきではないと訴えた。
 
 ルーニーは現地1月21日のストーク戦で通算250得点のクラブレコードを更新したものの、プレミアリーグでは昨年12月17日のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン戦を最後に先発出場がなく、指揮官のジョゼ・モウリーニョからの信頼を勝ち得ていない。
 
 2004年夏から12年半に渡ってマンチェスター・Uの主力に君臨したものの、ここにきてキャリアの岐路に立たされている背番号10には、中国の移籍の噂が絶えない。
 
『BBC』や『デイリー・メール』など複数のイギリスメディアは、ルーニーの代理人であるポール・ストレトフォードはすでに中国入りしていると伝え、現地時間2月28日でクローズする中国の移籍期限までに、広州恒大や北京国安、天津権健といったクラブへの加入が実現するかが注目されているところだ。
 
 だが、英紙『デイリー・メール』は、このルーニーの移籍騒動に異論を唱えるキーンのコメントを紹介している。
 
 マンチェスター・Uでルーニーと1年半に渡ってともに戦った往年の闘将は、イギリスメディア『ITV』の番組で、「中国に行くべきなんかじゃない。彼はまだイングランド、ドイツ、スペイン、イタリアのトップレベルでプレーできる」と、後輩に中国行きを再考すべきと呼びかけたのだ。
 
 さらにキーンは、「中国に行くのは狂気の沙汰だ。彼はまだ31歳だ。欧州のトップレベルで十分にやれる。それに金には困っていないだろう?」と目先の富を優先し、キャリアを無駄にすべきではないと指摘した。
 
 また、元アーセナルのDFで、現在は『ITV』や『BBC』などで解説を務めているリー・ディクソンも、「彼の気持ちは死んでいないし、問題は肉体的に下り坂かどうかということだ。(プレミアリーグとは)違うリーグが良いのかもしれないが、中国リーグではないよ」と、ルーニーの中国行きに反対した。
 
 偉大な先人たちの意見は、ルーニーの耳に届いているだろうか。期限まで残り1週間を切っていることもあり、『BBC』は今月中の中国移籍の可能性は低いとも報じているが……。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00022750-sdigestw-socc
49
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【“皇帝”長谷部誠】ブンデス234試合出場の大記録達成へ!奥寺康彦まで残り「1」 

1: サムライ24時 2017/02/23(木) 20:24:11.31 ID:CAP_USER9
フランクフルトに所属する長谷部誠は、ブンデスリーガ通算233試合の出場を果たしている。次節のヘルタ・ベルリン戦に出場すれば、奥寺康彦が持つ大記録と並ぶことになる。

長谷部の所属するフランクフルトは、現在ブンデスリーガで5位と上位につける。昨季、入れ替え戦の末に辛くも1部リーグに残留したことを考えれば大躍進と言っていいだろう。そして長谷部は躍進を続けるチームで中心的な役割を担っている。リベロやボランチという重要なポジションで、21節を終えた時点で19試合に出場している。

長谷部は2008年の冬にヴォルフスブルクに加入した。以来、ブンデスリーガでプレーを続け、今季で11年目のシーズンとなっている。出場数は233を数え、あと1試合で日本人のブンデスリーガ最多出場という30年以上破られることのなかった記録に並ぼうとしている。

フランクフルトは25日、原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと敵地で対戦する。チームは2連敗中と調子を落としているが、欧州カップ戦の出場権を争う相手をしっかり叩いた上で大先輩の記録に並びたいところだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000020-goal-socc
51
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

AbemaTVが「サッカーチャンネル」を3月1日開設!24時間365日編成 

1: サムライ24時 2017/02/23(木) 16:29:58.29 ID:CAP_USER9
 インターネットテレビ局の「AbemaTV」は、3月1日から、「サッカーチャンネル」を開設する。

 AbemaTVでは、「SPORTSチャンネル」において、様々なスポーツの放送を行なってきたが、2016年7月には「格闘チャンネル」、2017年1月には「ゴルフチャンネル」を開設するなど、専門チャンネルを拡充している。なかでもサッカーは、「UEFA EURO 2016」や「SVホルン」の試合放送が多くの視聴を集めるなど、高い人気を誇っているため、新たにサッカーを24時間楽しめる「サッカーチャンネル」の開設を決めた。

 サッカーチャンネルでは、リーガ・エスパニョーラの「FCバルセロナ」、プレミアリーグの「マンチェスター・シティ」、「マンチェスター・ユナイテッド」、ブンデスリーガの「バイエルン・ミュンヘン」、「ボルシア・ドルトムント」、セリエAの「SSラツィオ」、「ASローマ」、「ユヴェントス」、エアステリーガの「SVホルン」など、欧州の有名サッカークラブ9チームの全試合無料放送が決定。最新の試合映像を1日平均1~2試合放送するほか、厳選した過去試合などを24時間365日配信する。

 また、3月18日から20日にかけて開催される、「第22回全日本フットサル選手権大会」決勝ラウンド全8試合を生中継。6月開幕の日本フットサルリーグ「Fリーグ2017/2018」も放送するなど、随時、コンテンツを拡大していく。

 AbemaTVは、ニュースやバラエティなどオリジナルレギュラー生放送番組など、約30チャンネルを無料で放送するインターネットテレビ局。スマートフォンやPCのほか、Amazon Fire TVや、Apple TV(第4世代)、Android TVなどのテレビデバイスでも視聴できる

Impress Watch 2/23(木) 15:15配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000086-impress-ind
17
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索