Samurai Goal

スポンサード リンク


サッカーW杯優勝のドイツ代表が 8年間改善してきた「数字」とは? 

1: 名無しのSamurai
サッカーW杯優勝のドイツ代表が8年間改善してきた「数字」とは?

レーヴ監督は、就任直後に「選手がボールを保持している時間を最小化する」という極めてシンプルな目標を掲げた。
つまり、試合中にマイボールになったらできるだけ早く味方選手にパスして、網の目を縫うようにボールを動かしながらチャンスを作っていくパスサッカーだ。
サッカーの専門用語では「ポゼッション・サッカー」とも言うらしい。

この方針に沿って、徹底したプレーの分析が行われた。
データ収集、分析で強力なパートナーとなったのが、ドイツを代表するIT企業SAPである。
SAPは、古くからスポーツの情報分析や、球団運営のIT化による経営強化に専門チームを作って取り組んできた。
ドイツサッカー連盟(DFB)との関係も深い。サッカークラブではホッフェンハイムというチームと長く協力関係にあり、
同クラブはハイテクを駆使したデータ分析による選手育成に最も力を入れている球団として知られている。

レーヴ監督の方針をうけ、SAPではすぐにドイツ代表チームの試合を分析、ボール保持時間のデータを提供した。
すると、2006年当時は平均すると1人の選手が約2.8秒ボールを保持していたことがわかった。
この数値を極力減らすためのトレーニング、選手同士の連携を進めた結果、効果はすぐに表れる。
2008年には約1.8秒、2010年の南アフリカ大会の時は約1.1秒まで短縮、そして今大会前には1秒を切るまでになった。

今回のW杯でドイツ代表の戦いを振り返ると、突出したスーパースターがいたわけでもなく、凄みも感じないが、
相手チームの守備はいつの間にか崩されてゴールを決められるシーンがよく見られた。
どんなシステムの相手でも、パスを回されていると少しづつ陣形に隙間ができてくる。高速でボールを動かすことで、相手に修正する時間を与えず、隙を突きながらボールをゴール前に運ぶ。
あとは、確実にシュートを決めることができる決定力のあるフォワードが複数いたことが勝因ではないだろうか。

もちろん、ボール保持時間を短縮したから優勝できたというほど、単純な話ではないだろう。
しかし、明確な数値目標があったことで、チームとしての長期的な戦い方の方向性が定まっていたことが、ドイツのブレない強みの原点だったはずだ。 ・・・続きはリンク先へ

http://diamond.jp/articles/-/56037
no title
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

加藤浩次「監督すげ替え、すげ替えじゃあ、ちょっと問題あるな」日本サッカー協会を批判! 

1: 名無しのSamurai
加藤浩次が日本サッカー協会に苦言「監督すげ替え、すげ替えじゃあ、ちょっと問題あるな」
http://news.livedoor.com/article/detail/9040642/
14日放送の情報番組「スッキリ!」(日本テレビ系)で、加藤浩次がサッカー・ブラジルワールドカップ(W杯)を振り返り、今後の日本代表のあり方について持論を語った。

そんな中テリー伊藤が「その中で、日本はどうなんですか」「決勝リーグね、監督みんな自国の監督じゃないですか」と尋ねると、加藤は「自国の監督以外優勝したことないですからね、W杯は」と解説。今後の日本代表について、「監督変える、選手変えるって話になりがちですけど、根底はサッカー協会ですからね」と切り出した。

「U17からその下」「そこの強化をどうするかっていうことを、しっかりと明確に出さないことには、僕はダメだと思いますよ」と、4年後に向けて次世代の育成を日本サッカー協会は明確化すべきだと説明。続けて「監督すげ替え、すげ替えじゃあ、ちょっと問題あるな」と、現在の体制を批判した。
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像】マンU香川真司が新ユニフォームでヘディング!!! 

1: 名無しのSamurai
ヘディング真司
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

いろんな人が選ぶブラジルW杯ベストイレブン 

1: 名無しのSamurai
水沼貴史が選ぶW杯ベストイレブン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000002-wordleafs-socc
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

メッシ、W杯決勝でも嘔吐 複数回の検査も原因不明!! 

1: 名無しのSamurai
メッシ、W杯決勝でも嘔吐 複数回の検査も原因不明
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000011-ism-socc
2014年W杯は現地時間13日(以下現地時間)に、ドイツとアルゼンチンによる決勝が行なわれ、アルゼンチンは延長戦の末0対1で敗れ、1986年大会以来の優勝には手が届かなかった。この試合中、同代表のFWリオネル・メッシは、またしてもピッチで嘔吐する場面が見られた。

 キャリアを通じて驚異的なペースでゴールを量産し続けてきたメッシだが、ここ最近はクラブや代表の試合中に嘔吐する姿が度々目撃されている。今大会前開幕直前の6月7日に行なわれた国際親善試合のスロベニア戦でも、試合中に嘔吐。複数回の検査を受けているもののも、原因は明らかになっていない。アルゼンチン代表のアレハンドロ・サベラ監督はブラジルへ発つ前、メッシに掛かるプレッシャーの大きさを懸念していた。
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【動画】ドル時代の香川も登場!ブンデス公式 フリーキックの失敗 TOP10 

1: 名無しのSamurai
Top 10 Free Kick Fails
http://youtu.be/1ZZEaqZXB1o

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索