Samurai Goal

スポンサード リンク


ザック監督、酒井宏樹“再生”プラン…積極起用で育成へ 

1: 五十京φ ★ 2013/02/05(火) 17:18:35.31 ID:???0
日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(59)が、DF酒井宏樹(22=ハノーバー)の再生プランを練っていることが分かった。
クラブでは出場機会に恵まれないが、期待の高い右サイドバックを積極的に起用して育成する方針で、
内田篤人(24=シャルケ)との“最強ツープラトン”を目指す。
日本代表は4日、国際親善試合ラトビア戦(6日、ホームズ)に向けて合宿をスタートさせる。

出場機会に恵まれなくても、ザッケローニ監督の期待は揺るがなかった。
昨年7月に柏からハノーバーに移籍した酒井宏は1日のブレーメン戦でも出場機会なしに終わり、これでリーグ戦は6戦連続で出番なし。
それでも、指揮官はラトビア戦に迷うことなく招集した。関係者によると、酒井宏の今後の再生に強い意欲を示しているという。

ザッケローニ監督は以前から、1メートル83の長身ながらスピードがあり高速クロスが武器の酒井宏のポテンシャルを高く評価していた。
イタリアの関係者にも「彼は代表でもトップクラス。これまでセリエAのビッグクラブがどこも彼に興味を示していないことがまったく理解できない」
と漏らしている。ドイツで出場機会に恵まれない現状に頭を痛める指揮官だが、その分、代表では積極的に起用して
育成するプランを立てているという。

同一ポジションに同レベルの2選手が台頭することを熱望しており、右サイドバックは内田と酒井宏の競争が激化することで
両者のさらなるレベルアップを期待している。目指しているのは内田との最強ツープラトン。実現すれば、6月11日の
W杯最終予選イラク戦の4日後に開幕するコンフェデ杯(ブラジル)でもターンオーバーが可能となり、過密日程にも十分に対応できる。

酒井宏はこの日、成田空港着の航空機で帰国。現状について「試合に出た方が成長するのは分かっている」と悲壮感を漂わせた。
それでも地元メディアで批判された語学力に関しては、機内でも勉強するなど着実にアップしている。
ラトビア戦に向けては「プレーでアピールしたい。チームを活性化させるプレーをしたい」と意気込んだ。

[ 2013年2月4日 06:00 ]
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/02/04/kiji/K20130204005121710.html

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像】ザッケローニが前田の胸を触り一言「この辺から胃?」www 

515: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/02/05(火) 14:38:01.39 ID:H/LCQH+w0
大喜利のお題
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

止まったら凍るぞ! 世界で最も寒くて暗いサッカーチームの過酷な練習 

1: やるっきゃ騎士φ ★ 2013/02/05(火) 12:09:44.35 ID:???0
ソースは
http://sankei.jp.msn.com/wired/news/130205/wir13020511370003-n1.htm

欧州では、凍りついたピッチ、吹きすさぶ地吹雪、気温の急激な低下によって、
スポーツの試合が台無しになることがある。
だが、北極圏のはずれにある「欧州一寒い地域のプロサッカー・クラブ」は、
氷点下の気温と身も凍りつくような寒さのなかで、毎日練習に励んでいる。

フィンランドのロヴェニエミに本拠を置く「ロヴァニエメン・パロセウラ」は、
1950年に設立されて以来、過酷な寒さの中でプレイを続けており、
冬だからといってピッチから逃げ出すことは決してない。
「自分がプレイしたことがある日で一番寒かったのは、マイナス18度だったね」
と語るのは、ディフェンダーのトゥオモ・ケネネンだ。
「大変だったよ。息をするのも難しいんだ」

サッカーのドキュメンタリー番組シリーズ「Ford’s Fascinating World of Football」で
取り上げられたロヴァニエメンの選手らは、すべてがゲームのうちだと語っている。
Ford's Fascinating World of Football -- The Coldest Club
http://www.youtube.com/watch?v=GRl8NeEcFhI&list=PLSDdJ-bq9Y1--GJkCICJzqKpcTiTJlxL-&index=4



「極寒のなかでサッカーをするのはとても大変だ。ボールは重いし、脚も痛くなってくる」
と語るのは、ゴールキーパーのパウリ・ツイスクだ。「そういう天気だと、1秒も
止まっていられない。止まってしまうとおしまいだ。ぼくはゴールのなかでずっと
ジャンプしたりランニングしたりしているよ」

ロヴァニエメンは、ナイジェリア、エルサルヴァドル、メキシコから選手を集めているが、
こうした選手たちは、文化と言語の壁だけでなく、肉体的な壁を克服しなければならない。
「ここに最初到着したときはショックを受けるけど、しばらくしたら慣れるよ」と、
ケネネン選手は言っている。

寒さだけではなく、日光の問題もある。この辺りは12月になると、1日あたりの
日照時間がわすか数分しかなくなるのだ。
※ロヴェニエミは、サンタの住む「サンタクロース村」でも有名。
また、「世界最北端のマクドナルド」もある。

-以上です-
13020405

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像】どっちがボビさんだ?? バイヤンのティモシュチュクの若い頃にそっくりでうけるw 

927: U-名無しさん@実況はサッカーch 2013/02/05(火) 02:17:12.07 ID:DbeH/gzV0
どっちがボビさんだ??

no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像・動画】現地さんによるインテル - シエナ観戦[画像・動画]レポート 乙! 

10: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/02/05(火) 03:16:32.87 ID:FTqAprSV0
シエナ戦その1
no title
 逆光との戦い。右奥がインテルサポータースタンド
no title
 ウォーミングアップ
no title
 試合開始直前
no title
 前半ゴール前の攻防
no title
 電光掲示板

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

カッサーノの“Sky Sport”のインタビューがなんか格好いい件 

902: 名無しに人種はない@実況はサッカーch 2013/02/05(火) 00:32:50.56 ID:BSObHpQ+0
http://www.inter.it/aas/news/reader?N=61267&L=it
http://www.inter.it/aas/news/reader?N=42016&L=en
http://japan.inter.it/aas/news/reader?N=5177

あなたたちがシエナに完敗して、ミランがマリオ・バロテッリの2ゴールのおかげでインテルに追い付いたその次の日に、こうやってインタビューに応じるというのは、それなりの根性が必要ですよね。

「喋ることは正しいと思うな。必要なときは、責任持って行動するべきなんだ。オレは口数が少ないタイプだけど、今は喋るべきだと思う。誰もが『インテルはもう終わった』って騒いでるけど、今のインテルはチャンピオンズリーグを意味する3位から3点差だし、ヨーロッパリーグでは決勝トーナメントに進出してるし、コッパイタリアでは準決勝セカンドレグの結果次第で決勝に行ける可能性も残ってるんだ。他のチームに追い付かれた?それって、他チームのこれまでの出来が悪かったということじゃないか。でも、そんなことは誰も言わない。なのに、インテルが調子が悪いってことは散々話題になっているんだ。まあ、いいさ。オレはこの状況を受け入れるね。むしろ、楽しいくらいだよ」

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索