Samurai Goal

スポンサード リンク


日本代表の若手育成は機能せず!!“なぜルカクやエムバペがいない?” 

ibicha20140926_wm-1024x611
1 2018/07/21(土) 22:39:16.49 _USER9
グループリーグを突破したからといって、今回のやり方が適切だったという結論は出すべきでない。
W杯直前の監督交代も大きな賭けだった。予選を突破させた監督をそう簡単に代えるものではない。
大変な役割を引き受けた西野監督には苦労があったことだろう。
G大阪などで実績を残し、選手をよく知っているからこそ可能だった。

日本以外にも予選突破後に代表監督を代えた国があるが、ほとんどの国がうまくいっていない。
日本の場合は、監督交代からポーランド戦終盤の勝ち点計算までのいくつかの賭けのすべてが結果的にうまくいった。
次に同じことをやろうとしても難しい。運が良かったから勝てた、では今後の参考にはならない。

日本人選手の良い部分を生かすスタイルを目指す方向性は、間違っていない。

俊敏性、走力、粘り強さ、戦闘性を生かし、組織的で規律ある試合をすれば、強豪ともかなり互角にやれることが証明された。

しかし課題は多い。

特に攻撃では、相手に怖がられる若いエースが欲しい。
例えば日本になぜルカク(ベルギー)やエムバペ(仏)のような足の速いFWがいないのか。
5年先、10年先の未来を見越した育成が、うまくいっていないということだ。
この話を始めると長くなるので、また別の機会に譲る。

https://worldcup2018.yomiuri.co.jp/news/4215/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

日本代表監督は森保氏でほぼ確定!?田嶋会長がコメント 

1 2018/07/21(土) 21:40:22.20 _USER9
田嶋会長「26日までにサイン」=サッカー日本代表監督
7/21(土) 21:08配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00000093-jij-spo

 
no title


日本サッカー協会の田嶋幸三会長は21日、東京都内で取材に応じ、次期日本代表監督について、26日の理事会までの合意を目指す意向を示した。「そこまでにサインできるようなことになればいい」と話した。

最有力候補には東京五輪世代のU21(21歳以下)日本代表を率いる森保一氏(49)が挙がり、関係者によると、森保氏は就任に前向きな姿勢を示している。

田嶋会長は同日、関塚隆技術委員長から報告を受けたとした上で、監督候補が1人に絞られていることを明かした。

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ヴィッセル神戸公式HPでイニエスタのページだけが異質すぎると話題にww 

thumb2-vissel-kobe-fc-

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

“ネイマール擁護”『批判は弱虫の武器』同僚のアウベスが言及!! 

1 2018/07/21(土) 21:59:18.97 _USER9
●W杯8強敗退のブラジル、ネイマールは“演技”で注目の的に…

ロシア・ワールドカップ(W杯)では数々のニュースターが生まれた一方で、評判を大きく落としたのがブラジル代表FWネイマールだ。ファウルを受けた後の転がりぶりが“ネイマール・チャレンジ”として世界中で拡散しているが、パリ・サンジェルマン(PSG)で同僚のDFダニエウ・アウベスが「批判は弱虫の武器だ」と擁護したと、スペイン紙「AS」が報じている。

 ブラジルは優勝候補筆頭に挙げられながら、準々決勝でベルギーに1-2で敗れベスト8で敗退。そのため心証が悪くなったものの、ネイマールはW杯で2ゴールを決めるなど、決してピッチ内で沈黙し続けたわけではなかった。W杯開幕直前に負った大怪我によりセレソン入りが叶わなかったアウベスは、ネイマール主催のオークションイベントでこのように話している。

「ネイマールがニュースに取り沙汰されると、感情的になって批判を受けることになる。もし彼が髪を別の色に染めただけでも、批判対象になるんだから。俺は彼らに対して、ネイマールの立ち位置を分かってほしいと思うね」

 ロシアの地でネイマールとともに戦えず、なおかつ批判からの盾になれなかったことを悔しく思っているのだろう。そしてアウベスはこのように続ける。

ネイマール&コウチーニョはW杯最多のチャンスメイク数

「批判なんてものは弱虫にとっての武器だ。サッカー選手は常にチーム、チームメイトのために全力を尽くそうとしている。ネイマールを知っている人なら、アイツの凄いクオリティー、特別さを知っているんだから。ネイマールやそのレベルにいる選手を批判するのは簡単だけど、彼らがやっていることは難しいんだからな」

 データ会社「オプタ」調べのデータによると、今回のW杯でもっともチャンスを創出したコンビはネイマールとコウチーニョの9回で、3位決定戦まで戦ったMFキリアン・トリッピアーとDFハリー・マグワイア(イングランド)の7回、MFケビン・デ・ブライネとFWエデン・アザール(ベルギー)の6回を優に超えている。ネイマールの貢献度の高さを知るからこそ、アウベスとしてみれば今の批判的な風潮は許せないものなのだろう。

ZONE 7/21(土) 12:35配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180721-00123410-soccermzw-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

韓国紙『日本のサッカーを参考にすべき』と主張する理由とは? 

no title
1 2018/07/21(土) 22:45:07.99 _USER9
サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で1次リーグ敗退した韓国。最終戦でFIFAランク1位のドイツを破る大金星こそ挙げたが、決勝トーナメント進出に辿り着くことはできなかった。韓国メディアは大会を総括し、「日本を参考にしなければならない」と指摘している。

「“ソン・フンミンワンマンショー”では4年後も望めない」と報じたのは、韓国紙「中央日報」だった。記事では大会を振り返り、「1人依存度」が高いチームが振るわなかったことが特徴にあると指摘。FWレバンドフスキのポーランド、FWサラーのエジプトが1次リーグ敗退し、FWメッシのアルゼンチン、FWロナウドのポルトガルも16強敗退したことに言及している。

 そして、「孤高のエース」と評した母国のエース、ソン・フンミンも2ゴールを挙げたが「力不足」と指摘。所属するトットナムのFWケイン(イングランド)らのような援軍がなかったとし、背番号7が負傷したら解決策を見つけ出すのは難しいのが韓国サッカーの現実と記述。「ソン・フンミンワンマンショー」では4年後のカタール大会も好成績を残すのは難しい声が出ているという。

 そこで、お手本にすべきとして真っ先に挙げているのが日本だった。

「アジアで唯一16強に進出した日本を参考にしなければならない。日本代表はセネガル戦のスタメン11人中10人がヨーロッパで活動する海外組だった。日本の選手らは欧州プロサッカーへの進出に積極的だ。エイバルに移籍した乾貴士は2ゴール、1アシストを記録している」

韓国の欧州組は3人、KリーグMVPも「W杯で世界レベルとの差を実感した」と指摘

 このようにつづり、日本のスタメンの大半がヨーロッパに在籍していることを紹介。これに比べ、韓国はメキシコ戦に先発した11人のうち、欧州組は3人だったとし、KリーグMVPを獲得したイ・ジェソンについても「W杯で世界レベルとのギャップを実感した」と記している。

 記事の中で、ハン・ジュンヒ解説委員は「韓国は代表全体のクオリティを高めなければならない。ソン・フンミンを除けば、欧州プロサッカーのトップクラスでプレーを続ける選手の数がますます減少している。兵役が障害となるが、欧州のビッグクラブではなく、中堅チームでも着実に活躍する選手が増えなければならない」と述べている。

 また、3戦連続延長戦を耐え抜いたクロアチアの体力、優秀なユースシステムを持つベルギーについても学ぶべき例として挙げていた。ドイツ撃破で一時は沸いていた韓国だったが、4年後を考えると、チーム改革の必要性の危機感を強く抱いているようだ。

7/21(土) 10:39配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180721-00030435-theanswer-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

“浦和、大丈夫!?”日本代表・遠藤航がベルギー1部クラブへ移籍の見通し!! 

img_4435e4c903fab6f131e008645c2fee5e181647
1 2018/07/21(土) 18:28:10.21 _USER9
浦和レッズに所属する日本代表DF遠藤航が、ベルギー1部シント=トロイデンVVへ完全移籍することで基本合意に至ったことが発表された。

遠藤は浦和の中心選手として今季はここまでリーグ戦15試合に出場して2得点を記録。ロシア・ワールドカップにも日本代表の一員として参加した。しかし、本大会では出場機会を得られず、さらなる成長のため海外移籍を決断した格好となる。

遠藤は今回の移籍に際して以下のようにコメントしている。

「ベルギー1部のシントトロイデンVVに移籍することに決めました。ファン・サポーターのみなさんには突然の報告になってしまい申し訳ありません。個人的にさまざまな思いがある中で決断させていただきました。浦和レッズには2年半お世話になり4人の監督のもと、多くの選手と共にプレーし、成長させていただきました。みなさんとは悔しい思いも多くしましたが、このチームでルヴァン杯、ACL優勝を経験し、浦和レッズに関わるすべてのみなさまと喜びを分かち合えたあの歓喜の瞬間は忘れません。次のアウェイでのセレッソ大阪戦が最後の試合となりますが、勝ってベルギーに行けるように頑張りますので、熱い声援をお願いいたします」

なお、シント=トロイデンでは元浦和の関根貴大や、リオデジャネイロオリンピックのトレーニングパートナーとしてともにブラジル入りした冨安健洋がプレーしている。遠藤にとって溶け込みやすい環境と言えそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180721-00010003-goal-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索