Samurai Goal

スポンサード リンク


イタリア3部で選手が新型コロナウイルス感染確認。チームは練習を中止 

20200227-00364700-footballc-000-1-view




1: 2020/02/27(木) 20:29:59.47
イタリア・セリエC(3部)のクラブであるピアネーゼに所属する選手一人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された。伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など複数メディアが伝えている。

 イタリアでは北部を中心に新型コロナウイルスの感染が拡大し、欧州では最も深刻な状況に陥っている。サッカー界もセリエAの試合延期などを含めて大きな影響を受けているが、下部リーグとはいえ選手にも感染者が出てしまった。

 ピアネーゼはイタリア中部トスカーナ州のピアンカスタニャイオを本拠地とするクラブ。北部ほど感染が広がっている地域ではないが、感染が確認された選手は先週に両親に会うため電車でイタリア北部を訪れていたとのことであり、その際に感染した可能性が疑われている。

 選手は土曜日の夜に風邪のような症状を自覚し、日曜日に行われたアウェイゲームを欠場したが、チームに帯同はしていたようだ。その後検査を受け、コロナウイルス感染が確認された。現在では症状は収まっているとのことだ。チームは念のため27日の練習を中止する予定だという。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00364700-footballc-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【サッカー】2020年2月28日の主な試合情報 

258744-1024x538
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<森保ジャパン>新型コロナウイルス直撃!W杯アジア2次予選“無期限”入国禁止でモンゴル戦どうなる? 

20200222-00010053-chuspo-000-1-view[1]




1: 2020/02/27(木) 19:26:44.14
新型コロナウイルスが森保ジャパンを直撃だ。

 日本代表が3月31日にアウェーでW杯アジア2次予選を戦うモンゴルが、27日に新型コロナウイルス感染拡大に伴う新たな入国管理措置を発表。入国禁止の対象国に日本が加わり、過去14日以内に日本に滞在歴のある外国人が28日から当面の間モンゴルに入国できなくなった。

 これまでモンゴルが行った入国管理措置はその都度期限を設定してきたが、今回は「当面の間」と“無期限”に変わった。これにより、モンゴル戦の開催は極めて不透明になってきた。

 都内のJFAハウスで行われた技術委員会を終えた日本サッカー協会の関塚隆技術委員長(59)は「そこの試合に関してはFIFA(国際サッカー連盟)やAFC(アジアサッカー連盟)からの見解を待って、柔軟に対応していかなければいけない。現時点ではそういう答えしかできない」と戸惑いの表情を浮かべた。

 新型コロナウイルスの感染は拡大の一途をたどっており、早期の終息は見込めない状況。日本戦のモンゴルでの開催は難しく、第三国の代替地を探すにしても感染が拡大する日本からの選手団を受け入れる国を短期間で探すのは難航が予想される。かといって延期は国際Aマッチデーの日程がすでに詰まっており、こちらも一筋縄ではいかない。

 森保ジャパンにとって重要な公式戦となるW杯予選が宙に浮く非常事態。イレブンは無事にピッチに立つことができるのか。

2/27(木) 17:58配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000054-tospoweb-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<Rマドリード主将セルヒオ・ラモス>一発退場に賛否!「史上最も汚い選手」CL史上最多タイ4度目の退場 

1: 2020/02/27(木) 19:51:22.70
レアル・マドリードは現地時間26日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・シティとの第1戦で1-2と敗れた。終盤に主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが一発退場処分を受けたなか、海外メディアは「史上最も汚い選手」「欧州レッドカード王」と伝えている。

【動画】「史上最も汚い選手」「ダイブだったのか…」と賛否両論! レアル主将DFラモス、相手FWジェズスの突破阻止で一発退場の決定的瞬間
https://www.football-zone.net/archives/248703/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=248703_6

 本拠地サンチャゴ・ベルナベウにシティを迎えたレアルは、後半15分にスペイン代表MFイスコのゴールで先制。しかし、後半33分にベルギー代表MFケビン・デ・ブライネのクロスからブラジル代表FWガブリエル・ジェズスに同点弾を決められると、直後の同38分にはデ・ブライネにPKを流し込まれて逆転された。

 クローズアップされているのは、後半41分のプレーだ。相手のブラジル代表FWガブリエル・ジェズスにスペースを突かれたラモスは、全速力で追いかけるなかで背後からファウル。決定機阻止によりレッドカードが提示されて一発退場となり、第2戦の出場停止も決まった。

 最終的にレアルは1-2と逆転負けを喫したなか、海外メディアはラモスの退場劇に注目。CLキャリア通算4度目のレッドカード提示を受けたラモスは、元オランダ代表MFエドガー・ダーヴィッツや、ミランFWズラタン・イブラヒモヴィッチと並び、大会ワースト記録の不名誉な記録に並んだ。

 ブラジル紙「ランス」公式ツイッターは「ラモスがCL史上で最も汚い選手になった」と伝えれば、米テレビ局「CNN」インドネシア版は「ラモスが欧州レッドカード王」と報道。また英メディア「GIVE ME SPORT」は「それがブラジル人のダイブだったのか、あるいは倒れるのに十分な接触があったのか、ファンは夜通し議論できるだろう」と記している。

 守備の柱が不在のなかで迎える3月17日の第2戦。苦境に立たされたレアルは8強進出を果たせるだろうか。

写真
no title


2/27(木) 19:40配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200227-00248703-soccermzw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【新型コロナ】 豪首相、消費継続を呼びかけ 「サッカーの試合に行ってもいい、コンサートもOK」 

20200227-00000103-reut-000-1-view




1: 2020/02/27(木) 18:56:15.64 _USER
オーストラリアのモリソン首相は27日、新型コロナウイルスの感染拡大について、「パンデミック」(世界的な大流行)につながる可能性が高いとの認識を示した。
首相は首都キャンベラで会見し「世界的なパンデミックになるリスクが非常に大きいと認識している」とし「そうしたパンデミックに備えて必要な措置を講じなければならない」と述べた。

首相は、同国の国家安全保障委員会が中国本土からの外国人渡航者の入国制限を少なくとも1週間延長することで合意したと表明。

同首相は、国内経済に大きな影響が出ることを認めながらも、経済への影響を抑制するため、国民に消費継続を呼びかけた。

首相は「サッカーの試合に行ってもいいし、街で友達と遊んでもいい。
コンサートに行ったり、中華料理を食べに行くことも可能だ」と述べた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200227-00000103-reut-cn

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

2006年からのスペインサッカーの審判買収 

i=https%253




1: 2016/05/25(水) 19:03:44.27
バルセロナの判定が怪しくなったのは正式にユニセフがスポンサーになった2006年頃からだ。
05-06チャンピオンズリーグベスト4の2ndレグのカンプノウでのミラン戦でシェフチェンコのゴール取り消しは鮮明だった。
それからワールドカップ誘致の際も金銭の受け渡しによって2022年カタールワールドカップに決定したと
騒がれたこともあるFIFAとの怪しい繋がりのカタール財団もスポンサーになる。
過去にモウリーニョなどもバルセロナの不可解な判定にたびたびこのスポンサーについては口にしている。
2012年のFIFA年間最優秀監督賞の選出でもパンデフの告発により投票の不正操作が発覚した。
つまりFIFAの賞レースであるバロンドールなど全て不正操作されている可能性がある。
ユニセフ親善大使のメッシは怪しいバロンドールも何度も手にする。
成人になった今も尚、スポーツ選手ということもあり禁止薬物のヒト成長ホルモンを使わざるを得ないが、
メッシのドーピング問題は常に無視されメッシにはドーピング検査は行われない。
ワールドカップでもバルセロナの広告塔達の所属チームは優遇されるようになる。
最も恩恵を受けるのはスペイン代表だがメッシを擁するアルゼンチンも例外ではなかった。
またバルセロナの価値を上げるために所属リーグもヨーロッパの大会で恩恵を受けている。
そのため金銭的に厳しい低レベル化したリーガエスパニョーラがリーグランキング1位になるという不可解な現象が起きている。
そして低レベル化したリーガのチームが負けないように怪しい判定がやたらと多くなり、近年のヨーロッパの大会は買収審判の独壇場と化してしまった。

バルセロナやスペインは審判の判定だけに関わらずメディアにおいてもコントロール下に置いている。
ユニセフとカタール財団の権力や財力は強大で、バルセロナやスペインのイメージ向上には余念がない。
世界各国の広告代理店に金をばらまき、日本では電通に管理され徹底したイメージコントロールがなされている。
イメージ戦略により二次的な収益もかなり出ているだろう。

このように巨大化していく91-92チャンピオンズリーグしか実力で優勝していないバルセロナの買収について語ろう。

前スレ
2006年から始まったバルサの審判買収 3ヤオサ
http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/football/1451678135/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索