Samurai Goal

スポンサード リンク


2ゴールで大活躍の原口元気がチームMOMに選出!…ファン投票で断トツの92%獲得 

スクリーンショット 2021-04-09 7.07.35




1: 2021/04/08(木) 20:29:19.59 _USER9
 ハノーファーに所属する日本代表MF原口元気がブンデスリーガ2部第27節ハンブルガーSV(HSV)戦におけるチームのマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に輝いた。クラブ公式サイトが5日に発表した。

 原口は4日に行われたHSV戦にフル出場し、ドッペルパック(1試合2ゴール)達成の活躍でチームを劇的なドローに導いた。ハノーファーはHSVをホームに迎えた一戦で3点を追いかける苦しい展開となったが、56分に原口が強烈なミドルシュートを沈めて反撃の狼煙を上げる。68分には、原口の落としを受けたDF室屋成のクロスからFWマルヴィン・ドゥクシュが追加点を挙げて1点差。すると、84分には原口がゴール前で倒れ込んだ状態ながら、こぼれ球を押し込で同点ゴールを決め、3-3の引き分けに持ち込んだ。

 全3点に絡んで勝ち点1獲得に貢献した原口は、ファン投票で圧倒的な92.2パーセントを獲得し、断トツでMOMに選ばれた。今季6点目となったミドルシュートについて、本人は試合後、「約20~25メートルぐらいの距離で、僕が得意の距離でした」と振り返り、「僕の典型的なゴールと言えると思います」とコメントしている。

 また、地元メディア『SportBuzzer』は同試合の採点で、原口にチーム最高タイの「2」(最高点1、最低点6)をつける高評価。「倒れ込んだ状態での同点ゴールはセンセーショナルだった。最初は6番のポジションでプレーし、後半からは8番のポジションに変更。1-3とする素晴らしいゴールで反撃の狼煙を上げた」と記した。

 ハノーファーはHSV戦で引き分けに持ち込んだものの、現在3試合連続ドローを含む5試合未勝利で9位。次戦は、8日にブンデスリーガ第25節(延期分)でヴュルツブルガー・キッカーズをホームに迎える。

https://news.yahoo.co.jp/articles/16501d44124019cf62917c4ceb313a685f4e003e

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【女子サッカー】なでしこジャパン、パラグアイに7得点完勝 

スクリーンショット 2021-04-09 5.58.42




1: 2021/04/08(木) 18:56:59.64 _USER9
国際親善試合が8日に行われ、なでしこジャパン(日本女子代表)とパラグアイ女子代表が対戦した。

 約1年ぶりの代表としての対外試合はユアテックスタジアム仙台で開催。DF鮫島彩やFW岩渕真奈らがスタメンに名を連ね、キャプテンマークは中島依美が巻く。

 試合は立ち上がり日本がボールを保持し押し込む展開に。開始早々の2分、左サイドから崩し一度は阻まれるもこぼれ球に反応したのは杉田妃和。開幕シュートは枠に飛んだもののGKに阻まれゴールをとはならなかった。続く3分にも決定機。右サイドからのクロスに岩渕真奈が飛び込むも当てられずに流れた。

 すると6分にスコアが動く。右サイドからのボールに岩渕とナタリア・ペーニャが競り合うと、こぼれたところに南萌華。豪快に蹴りこみチームに先制点をもたらした。1点リードの日本は26分、縦パスを受けた三浦成美がペナルティエリア内で繋ぎ、岩渕が相手DFに体をぶつけつつシュートを流し込みスコアは2-0となった。

 さらに37分、右サイドで獲得したFKを蹴るのは中島。岩渕が頭でコースを変えたボールが相手選手に当たりこれがネットを揺らし、なでしこジャパンは前半のうちにリードを3点に広げる。

 前半終了間際の44分、菅澤優衣香が中央でパスを受けターンしてシュート。これも枠をとらえたが相手守護神イサベル・オルティスが立ちはだかった。

 3点のリードを手にして迎えた後半。次にネットを揺らしたのも日本だった。52分、宝田沙織を起点に岩渕、三浦と繋ぎ最後は菅澤。難しい体勢となったが冷静に沈め後半の立ち上がりを制した。63分には岩渕がラインをちぎって宝田の縦パスに反応。冷静にお見合いとなったDF、GKを避けて押し込み今日2点目を記録した。

 80分には中央を割った浜田遥、中島と立て続けに襲い掛かるが守護神オルティスがはじき出す。さらに87分、スルーパスに抜け出した田中がGKオルティスとの1対1を迎えたが、シュートはオルティスにかすりポストを叩いた。

 後半アディショナルタイム2分には途中交代の籾木結花が結果を出す。不十分なクリアを拾った椛木が冷静に流し込み6点目。さらにこちらも途中交代の田中美南が頭で合わせ後半アディショナルタイムに2得点を重ねた。

 試合はこのまま終了。なでしこジャパンはパラグアイ代表を7-0で下し完勝をおさめた。なでしこジャパンは続く親善試合で11日、パナマ女子代表と対戦する

【スコア】
日本女子代表 7-0 パラグアイ女子代表

【得点者】
1-0 6分 南萌華(日本)
2-0 26分 岩渕真奈(日本)
3-0 36分 オウンゴール(日本)
4-0 52分 菅澤優衣香(日本)
5-0 63分 岩渕真奈(日本)
6-0 90+2分 籾木結花(日本)
7-0 90+3分 田中美南(日本)

【スターティングメンバー】
■なでしこジャパン
池田咲紀子;清水梨紗、鮫島彩、南萌華、宝田沙織;杉田妃和(85分 木下桃香)、中島依美、三浦成美(80分 林穂之香)、北村菜々美(66分 籾木結花);岩渕真奈(66分 田中美南)、菅澤優衣香(66分 浜田遥)

https://news.yahoo.co.jp/articles/67c35de18a30c231d8b4d761ec997d5cf4634e83

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

スペインの名指導者が田中碧を絶賛。「3人に囲まれてもパスを出せる」 

スクリーンショット 2021-04-08 18.25.59
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

史上最速の“降格”も… Jリーグ開幕から1カ月、J2落ちの危機感が漂うのは? 

スクリーンショット 2021-04-08 18.23.15
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

南野拓実、サウサンプトン電撃移籍の舞台裏を告白!「契約前に30分ほど話した」“先輩”とは? 

スクリーンショット 2021-04-08 18.21.17
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

2021年4月9日の主な試合放送 

258744-1024x538

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索