Samurai Goal

スポンサード リンク


“所得隠し認めた!?”モドリッチ脱税で懲役刑~スペイン紙報じる 

308a2efc-f839-8ce7-5bd4-bd3f3a51ca0c
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

“良い人すぎる”ポドルスキ、酔ったファンをタクシーにエスコートの神対応!  

1: 2018/09/22(土) 13:06:05.32 _USER9
J1ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが自身の公式インスタグラムを更新し、ホームタウンの神戸で酔ったファンに心優しい対応を見せる動画を公開した。

【画像】神戸の独代表FWポドルスキ、夜の神戸で酔ったファンに神対応! タクシーの後部座席に優しくエスコートする様子no title


 1日のJ1第25節・北海道コンサドーレ札幌戦で危険なタックルにより一発退場となったポドルスキは、1試合出場停止処分で15日の本拠地ガンバ大阪戦を欠場。23日に敵地浦和レッズ戦を控えるなか、ポドルスキが20日にインスタグラムのストーリー(24時間で削除される動画・写真)を更新。夜の神戸でファンと酒を交わし、最後はタクシーに乗せて見送るという神対応の動画をアップした。

「神戸で夜の外出」と記した動画では、とあるお店でファンと一緒にお酒を嗜む様子を公開。楽しい時間を過ごした後、路上で酔ったファンが「ルーカス・ポドルスキ、オール・オーバー・ザ・ワールド、ナンバーワン!」と絶叫すると、ポドルスキは柔和な笑顔を浮かべて嬉しそうな表情を見せた。動画上には「KOBE FANS LOVE」と記して、ファンへの愛を示している。

 酔ったファンが何度も絶叫し、ポドルスキは優しく見つめていたなか、送迎のタクシーが到着すると、エスコートに動いたのがポドルスキだった。日本語で「アリガトウゴザイマス」と感謝の言葉を発すると、そのファンをタクシーの後部座席に案内。紳士的対応でファンがその場から去るのを見送った。動画上には「変だが愛らしい」と冗談交じりの一言を添えている。

 ピッチ内では闘争心剥き出しのポドルスキだが、夜の神戸でファンに見せたのは神対応そのもの。ピッチ外で“良い人すぎる”側面を覗かせた。

9/22(土) 8:30配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00136806-soccermzw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

“トップ下待望論”が過熱!香川真司が遠征帯同!「シンジが10番だ」  

1: 2018/09/22(土) 12:53:51.75 _USER9
CLクラブ・ブルージュ戦に続いて4-2-3-1採用の見込み 香川は遠征に帯同して現地入り

ドイツ1部ドルトムントは現地時間22日、敵地でブンデスリーガ第4節ホッフェンハイム戦に臨む。開幕から3試合連続でベンチ外だったMF香川真司は遠征に帯同。クラブ公式ツイッターによる予想スタメンからは外れたものの、「シンジが10番だ」「ロイスを左にしてカガワをトップ下だ」と“香川トップ下待望論”が熱を帯び始めている。

【動画】ドルトムントで今季初出場の香川、CL開幕戦で絶妙クロス供給 「ラブリーなパス」と海外称賛

 ロシア・ワールドカップを終え、ドルトムント7年目のシーズンを迎えた香川は、例年以上に厳しい立場に立たされている。今季リーグ戦は開幕から3試合連続でベンチ外。現地時間18日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ初戦のクラブ・ブルージュ戦もライバルのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに先発の座を譲った。

 しかし、クラブ・ブルージュ戦では後半17分からピッチに立ち、今季公式戦初出場。同34分にはポーランド代表DFウカシュ・ピスチェクに絶妙な浮き球のクロスを供給してゴールに迫り、流れを変えてみせた。

 ルシアン・ファブレ監督は20日の記者会見で「たった一つのシステムを求めているわけではない」と4-3-3に固定したわけではないことを明言。CLでは4-2-3-1が採用されたが、クラブ公式ツイッターによるホッフェンハイム戦の予想スタメンでも、引き続き4-2-3-1で臨む形を見込んでいる。

予想スタメンからは外れるも、リーグ戦初のベンチ入り濃厚

 GKは不動の守護神ロマン・ビュルキ。最終ラインは右からピスチェク、マヌエル・アカンジ、アブドゥ・ディアロ、マルセル・シュメルツァーの4人が並ぶ。中盤はアクセル・ヴィツェルとマフムード・ダフードのダブルボランチ、左右のサイドハーフにマリウス・ヴォルフとクリスティアン・プリシッチが配置。そして、トップ下に主将マルコ・ロイス、1トップにマクシミリアン・フィリップとこの11人が先発と予想された。

 香川は遠征に帯同しており、ドイツ紙「ルール・ナハリヒテン」公式ツイッターは敵地ホッフェンハイム入りした際の空港の様子も捉えている。ライバルのドイツ代表MFマリオ・ゲッツェに加え、ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグル、右太ももを痛めたスペイン代表FWパコ・アルカセルはチームに同行していないため、香川はベンチ入り濃厚とともに出場機会が巡ってくるチャンスはあるだろう。

 クラブ公式ツイッターのコメント欄には「ロイスを左にしてカガワをトップ下だ」「シンジが10番だ」「ヴォルフの代わりにカガワ」と香川の出場を期待する声が多く寄せられており、“香川トップ下待望論”が熱を帯び始めている。

9/22(土) 10:01配信 フットボールZONE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00136916-soccermzw-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

“福田正博大絶賛”大島僚太を代表の中核に「1本のパスで全員を動かす」  

1: 2018/09/22(土) 13:17:42.71 _USER9
no title


森保一監督の初陣となったコスタリカ戦で、大島僚太を見たかったというのが正直な気持ちだ。大島はW杯ロシア大会のメンバーに選ばれながらも、1試合も出番がないまま終わったが、W杯後に再開したJリーグではずば抜けたプレーを見せているからだ。

イニエスタがプレーで伝えている「バルサにあって日本にないもの」

 川崎フロンターレでの大島を見ていると、1トップの小林悠、中盤の中村憲剛、家長昭博、阿部浩之らと”川崎のサッカー”を共有できている。自分が顔を出してもらいたいときに周囲がパスを受けに来てくれて、リターンパスが欲しいときにボールが戻ってくるため、いいリズムをつくり出せており、彼のパス1本で味方も敵もフィールドプレーヤー全員を動かしている。そう思えるほど存在感は強烈だ。

 大島はもともと中盤でボールを捌くことに定評があって、昨季から球際で強さを出せるようになってきたが、今季はそこに加えて、ゴール前に出ていってシュートに直結するプレーでも相手に脅威を与えられるようになってきた。

 それがもっともよく表れていたのが、第21節の清水エスパルス戦だった。中盤でボールを受け、パスを出すとワンツーパスを受けようと動いたが、ボールが出てこないと判断するや、そのままゴール前に侵入。そして、ラストパスが大島の足元にピタリときてゴールを決めた。

 ただ、大島がこうしてゴール前に侵入するプレーの回数はまだ多くはない。シュートが決まる、決まらないは別にして、ペナルティーエリア近く、できればペナに入ってのシュートを1試合に2、3度見せられるようになれば、さらなる高みへ登っていけるはずだ。

 大島の最大の武器は、足元の高い技術と広い視野にある。ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタと同じようにパスを受ける前の体の向きに気を配っているからこそ、彼のもとにボールが集まり、試合をコントロールできる。

 視野の確保がうまい選手は、たとえば、自分の右からきたパスを受けるときに、ボールを自分の体の前を通して逆サイドの左足で止める。これはパスが出てきた側の足でコントロールすると、体の向きがパスの出てきた方向にしか向かなくなり、次のパスは同サイドになってしまうし、逆サイドに展開しようとすると、そのために体の向きを変えなくてはならず、テンポが悪くなってしまうことを避けるためだ。

つづく

9/21(金) 7:20配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00010002-sportiva-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【大絶賛】元スペイン代表MF「クレバーな選手」長友佑都の出来を手放しで褒めちぎる! 

1: 2018/09/22(土) 11:33:23.23 _USER9
「僕よりベターな左サイドバックだ」

元スペイン代表の名手が、ガラタサライで出色の出来を披露している長友佑都を絶賛だ。トルコの全国紙『Aslan Arenasi』がその声を伝えている。
 
 かつてマジョルカやエスパニョール、リバプールなどでプレーし、ガラタサライでも2シーズン半を過ごしたアルベルト・リエラ。左サイドで幅広く機能したスペシャリストが、国内リーグで覇権を奪還し、チャンピオンズ・リーグ開幕戦でもロコモティフ・モスクワを3-0で下した古巣を称えている。そのなかで、日本代表SBへのインプレッションについても語ったのだ。
 
「ナガトモは本当にクレバーな選手だね。彼はどこで、なにをすべきかを常に理解している。勇敢で献身的で、任務をしっかり全うするんだ。もう少し身長が高ければ申し分ないんだろうけど、強度はとても高いと思う。同じサイドでプレーするガリー・ロドリゲスもパワフルで質が高く、良い連携を見せているよ。ナガトモはいまのガラタサライに欠かせないプレーヤーで、間違いなく僕よりベターな左サイドバックだ(笑)」
 
 リエラはもともと攻撃的な技巧派のプレーヤーで、時折チームの事情によりサイドバックで起用されることがあったが、やや守備面に難があった。そのあたりを自虐的にいじり、冗談めかして長友を持ち上げたのだ。

 今年1月に35歳で現役を退いた名手は、現在のガラタサライをこう評している。
 
「ファティフ・テリム監督が素晴らしいチームに鍛え上げた。国内リーグとチャンピオンズ・リーグを同時に戦い抜く総合力を備えていて、これからも確かな結果を残していくだろう。チャンピオンズ・リーグは、次のポルト戦(第2節)がひとつの鍵になるだろうね。相手は完成度が高く成熟したチーム。ポルトとのゲームで、いまのガラタサライの本当の力量が分かるんじゃないかな」
 
 長友とガラタサライのチャンピオンズ・リーグ第2節は10月3日。敵地ドラゴンで開催される強豪ポルトとの一戦だ。

9/22(土) 11:03 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180922-00047628-sdigestw-socc

写真no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

“やる気満々”浦和槙野、神戸戦イニエスタに燃える!!埼スタ も満員御礼!! 

card_81f200d1




1: 2018/09/22(土) 09:11:46.38 _USER9
浦和は23日、ホーム神戸戦を迎える。入場券は今季初の完売、予想入場者数は約5万9000人に上る。DF槙野は「本来なら自分たちの力で多くのお客さんに来てもらわなければいけない。自分たちのサッカーで(観衆の)ハートをつかみたい」と言った。

 埼スタでは昨年11月のACL決勝以来のチケット完売だが、今回の動員には神戸に加入したスペイン代表MFイニエスタ人気の影響を否定できない。槙野はそんなファン、サポーターを含め、丸ごと浦和ワールドに引き込むつもりだ。

 もちろん、対戦には血が騒ぐ。「誕生日(5月11日)が同じ有名人と言えば、イニエスタでした」と笑う。さらにもう一人、ケルン時代の盟友ポドルスキも健在の神戸だが、満員の埼スタで主役の座は譲らない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180922-00000006-spnannex-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索