Samurai Goal

スポンサード リンク




【テネリフェ】柴崎効果で視聴者増加を目論む!?デビュー戦に備え異例の午前11時開催を検討!日本では午後8時 

1: サムライ24時 2017/02/24(金) 10:41:02.24 ID:CAP_USER9
クラブは日本人ファンを意識、キックオフ時間を現地午前11時に変更の動き

テネリフェのMF柴崎岳は心身の不調から立ち直りつつあり、いよいよトレーニング復帰への道筋が見えるところまでたどり着いた。
クラブは“柴崎効果”を最大限に享受するため、日本で視聴しやすい時間に合わせる形で、公式戦のキックオフ時間を午前中に変更しようとする動きがあると、地元ラジオ局「ラジオ・マルカ」が報じている。

柴崎は現地時間24日、“個人的な事情”によって旅立ったバルセロナから帰還後、トレーニング場へと顔を出した。
練習復帰への道筋が見えつつあるなか、クラブは柴崎の公式戦デビューに備えて着々と準備を進めているという。それは所属するリーガ2部の、公式戦キックオフ時間の変更だ。

テネリフェの本拠地カナリア諸島と日本の時差は9時間、3月以降に迎えるサマータイムでも8時間の差がある。
そのためスペインで午後のキックオフとなると、日本時間では深夜のキックオフとなる。

できる限り視聴者を増やしたいと考えているテネリフェ側は、キックオフ時間をなんと午前11時にできないかと考えている模様だ。

もし午前11時にキックオフした場合、日本では午後8時、サマータイムになると午後7時に試合を観戦することができる。
そうすれば日本人サッカーファンを、多く取り込めるとの目論見があるようだ。

アジアでの放映権を意識して、近年はスペインでも“ランチタイム・キックオフ”が広まりつつあるが、
午前中にキックオフとなれば異例のことになるのは間違いない。^

Football ZONE web 2/24(金) 9:50配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010003-soccermzw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/im_sigg9OLDXbhN2NPsYCMD4vt1jQ---x900-y600-q90/amd/20170224-00010003-soccermzw-000-view.jpg

【サッカー】<柴崎岳(テネリフェ)>クラブ施設で個人練習開始!テネリフェ幹部ら付き添い。チーム練習には参加せず
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1487893353/

 46

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【磐田】FW川又堅碁「1番でないと意味がない」狙うは自身初の得点王! 

1: サムライ24時 2017/02/23(木) 22:25:28.97 ID:CAP_USER9
 ジュビロ磐田の元日本代表FW川又堅碁(27)が22日、「脱2位」を誓った。川又はJ2ファジアーノ岡山に所属していた12年に18得点、13年にはJ1アルビレックス新潟のエースとして23得点を記録した。だが、得点ランキングではいずれも2位。Jリーグ史に名を刻めなかったことを振り返り、「1番じゃなければ意味がないことは、身に染みて分かっている」と言った。狙うは自身初の得点王獲得だ。

 この日は、セレッソ大阪との開幕戦(25日午後3時、ヤンマー)に向けて大久保グラウンドで約2時間の調整に励んだ。全体練習後も、最後までグラウンドに残って黙々とシュートを打ち込んだ。

 「先制点が鍵になると思う。勝てばチームも勢いに乗れるし、前線で体を張って、点を取ってチームを勝利に導けるようにしたいです」

 中村俊輔とともに注目される新戦力は、ピッチで加入効果を示す決意だ。

http://www.nikkansports.com/soccer/news/1782924.html
10
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【UEFA/EL】マンU、ローマらが16強進出!久保裕也所属のヘント、2戦合計でトッテナム下す。瀬戸所属のアストラは敗退 

1: サムライ24時 2017/02/24(金) 08:16:55.42 ID:CAP_USER9
ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグが22日と23日に各地で行われた。

 日本人が所属するクラブでは、MF瀬戸貴幸が所属するアストラ(ルーマニア)が敵地でヘンク(ベルギー)と対戦し、0-1で敗戦。ファーストレグは引き分けていたため、2戦合計2-3で敗退が決定した。なお、先発出場した瀬戸は82分までプレーした。

DF内田篤人が所属するシャルケ(ドイツ)はPAOK(ギリシャ)とホームでドロー。2戦合計4-1で突破が決定した。内田はベンチ外だった。

 FW久保裕也が所属するヘント(ベルギー)はファーストレグでトッテナム(イングランド)に1-0と勝利。敵地でのセカンドレグは打ち合いとなったが、2-2の引き分けに終わり、ベスト16進出を決めた。なお、今冬加入した久保はELのメンバー登録外となっている。

 その他、マンチェスター・U(イングランド)やローマ(イタリア)の突破が決定。強豪対決となったフィオレンティーナ(イタリア)対ボルシアMG(ドイツ)の一戦はアウェーのボルシアMGが4-2で勝利を収め、逆転でベスト16進出を決めた。

 ELベスト16の組み合わせ抽選は24日に行われる。

■EL決勝トーナメント1回戦セカンドレグ結果
フェネルバフチェ(トルコ) 1-1(合計:1-2) クラスノダール(ロシア)
リヨン(フランス) 7-1(合計:11-2)  AZ(オランダ)
フィオレンティーナ(イタリア) 2-4(合計:3-4) ボルシアMG(ドイツ)
スパルタ・プラハ(チェコ) 1-1(合計:1-5) ロストフ(ロシア)

トッテナム(イングランド) 2-2(合計:2-3) ヘント(ベルギー)
オスマンルスポル(トルコ) 0-3(合計:0-3) オリンピアコス(ギリシャ)
シャフタール(ウクライナ) 0-2(合計:1-2) セルタ(スペイン)
コペンハーゲン(デンマーク) 0-0(合計:2-1) ルドゴレツ(ブルガリア)

ヘンク(ベルギー) 1-0(合計:3-2) アストラ(ルーマニア)
シャルケ(ドイツ) 1-1(合計:4-1)  PAOK(ギリシャ)
ベジクタシュ(トルコ) 2-1(合計:5-2) ハポエル・ベア・シェバ(イスラエル)
ローマ(イタリア) 0-1(合計:4-1) ビジャレアル(スペイン)

サンテティエンヌ(フランス) 0-1(合計:0-4) マンチェスター・U(イングランド)
ゼニト(ロシア) 3-1(合計:3-3) アンデルレヒト(ベルギー)※アウェーゴールルールによりアンデルレヒトが突破
アヤックス(オランダ) 1-0(合計:1-0) レギア・ワルシャワ(ポーランド)
アポエル(キプロス) 2-0(合計:4-3) アスレティック・ビルバオ(スペイン)

UEFA EL公式サイト 試合詳細
http://jp.uefa.com/uefaeuropaleague/season=2017/matches/round=2000793/match=2019667/index.html

■ELベスト16進出チーム
<イタリア>
ローマ
<イングランド>
マンチェスター・U
<スペイン>
セルタ
<ドイツ>
ボルシアMG、シャルケ
<オランダ>
アヤックス
<フランス>
リヨン
<ロシア>
クラスノダール、ロストフ
<トルコ>
ベジクタシュ
<ギリシャ>
オリンピアコス
<ベルギー>
ヘント、ヘンク、アンデルレヒト
<デンマーク>
コペンハーゲン
<キプロス>
アポエル

SOCCER KING 2/24(金) 8:05配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170224-00555129-soccerk-socc

久保裕也所属のヘント、ELベスト16進出! 2戦合計3-2でトッテナム下す
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010003-footballc-socc
27
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【英メディア選出】“0円選手”ベスト50!本田圭佑が8位 

1: サムライ24時 2017/02/23(木) 20:11:54.29 ID:CAP_USER9
 どんなに逆境の中を彷徨ったとしても、彼は決して“タダ”では起き上がらない。日本代表を牽引する看板スターであるミランの本田圭佑は、いまだに世界から多くの熱視線を浴び続けている。

レアル・マドリードのぺぺにマンチェスター・ユナイテッドのズラタン・イブラヒモビッチ、バイエルン・ミュンヘンのシャビ・アロンソ、そしてミランの10番本田圭佑。

欧州サッカー界を彩るこれらの豪華な顔触れに共通する要素は、今夏に所属クラブとの契約が満了を迎えるということだ。英『HITC SPORT』は22日、今夏にフリーエージェントとなる“注目選手ベスト50”を発表。

首位を飾ったのは、契約オプション付きの単年契約で昨夏にユナイテッドへ渡ったイブラヒモビッチで、ローマ一筋を貫いてきたコロッセオの番人ダニエレ・デ・ロッシが2位に続く。

そして我らが本田圭佑は、ぺぺやマリオ・バロテッリ、フェルナンド・トーレス、ジョン・テリーといった実力者を見下ろすことのできる8位に選出され、次のような寸評を頂戴している。

「ここ数シーズンに渡って退団の可能性を囁かれてきた本田圭佑は、いよいよミランとの契約満了を迎える。彼はまだ30歳であり、いまだに大量のオファーを受けるに値する日本のプレイメイカーだ」

本田獲得を巡っては、MLSや中国スーパーリーグ、そしてプレミアリーグの複数クラブが関心を持つとされており、ミランとの別れがいよいよ現実味を帯びつつあるのが現状だ。もちろんいずれのリーグへ移籍したとしても、彼が備える強烈なパーソナリティーは新天地でも存分に発揮されるにちがいない。

theWORLD(ザ・ワールド) 2/23(木) 20:05配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00010032-theworld-socc
35
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【レスター】ラニエリ監督を電撃解任!プレミア初優勝&CL大躍進も2部降格の危機 

1: サムライ24時 2017/02/24(金) 06:09:53.00 ID:CAP_USER9
 レスター・シティは23日、チームを率いるクラウディオ・ラニエリ監督を解任したと発表した。同監督のチームに対する貢献度をクラブは認めているものの、2部降格の危機に陥っている状況などを踏まえて解任することを決めたようだ。現時点で後任については決まっていない。

 ラニエリ監督は2015年、ナイジェル・ピアソン前監督の退任を機にレスターの指揮官に就任。2014/2015シーズンは14位に終わったチームを劇的に変え、2015/2016シーズンはアーセナルやトッテナムなどの強豪クラブをおさえてレスターをプレミアリーグ初優勝に導いた。

 しかし、今季はジェイミー・ヴァーディーの得点力が低下したことに加えてリーグ戦ではアウェイ未勝利と成績が急降下。プレミアリーグ第25節が終了した時点で降格圏内18位ハル・シティと勝ち点1差の17位につけている。チャンピオンズリーグ(CL)ではクラブ初の決勝トーナメント進出を果たすなど大きな功績も残しているが、クラブはラニエリ監督を解任することを決定した。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170224-00010000-footballc-socc
https://amd.c.yimg.jp/amd/20170224-00010000-footballc-000-2-view.jpg
34
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【ACL】今季こそ日本勢のアジア制覇なるか?初戦で“勝ち点10“はACL過去最高! 

1: サムライ24時 2017/02/23(木) 21:17:06.46 ID:CAP_USER9
 20日から22日にかけてAFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第1節が行われた。Jリーグから出場した4チームは3勝1分けの好成績で発進することに成功している。

 21日の試合では浦和レッズが豪州のウェスタン・シドニー・ワンダラーズに4-0、鹿島アントラーズが韓国の蔚山現代に2-0で勝利。22日にはガンバ大阪が豪州のアデレード・ユナイテッドを3-0で下し、韓国の水原三星と対戦した川崎フロンターレは1-1で引き分けた。

 2007年には浦和、08年にはG大阪がアジア王者に輝いたものの、日本勢はその後ACLで苦戦が続き、タイトルに手が届かない年月を過ごしてきた。特に大会のスタートでは出遅れることが多く、過去5シーズンのグループステージ第1節計20試合のうち日本勢が勝利を収めたのはわずか4試合だった。

 だが今季、初戦を戦った4チームの勝ち点合計「10」は、Jリーグから4チームが出場するようになった2009年大会以降で最高の成績となった。2009年に3勝1敗で勝ち点9を獲得したのが過去最高だが、その後は多くのチームが初戦で勝ち点を落とし、2015年に至っては1分け3敗で勝ち点1しか獲得することができなかった。

 一方日本勢以外では、3チームのみの出場となった中国が全勝で勝ち点9を獲得。韓国は4チームが1分け3敗という成績に終わり、日本とは対照的に2009年大会以降の初戦で過去最低の成績となった。オーストラリアは3チームで勝ち点1にとどまり、東アジアの主要4ヶ国の成績はくっきりと明暗が分かれている。

 まだ初戦を終えただけでしかないが、幸先の良いスタートを切ることができたのは確か。来週に行われる第2節でも、各チームが好成績を収めることが期待されるところだ。

フットボールチャンネル 2/23(木) 19:00
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170223-00010025-footballc-socc

■東地区

[グループE]
鹿島 2-0 蔚山現代 [カシマ]
1.鹿島(日本)(3)+2
2.ムアントン・U(タイ)(1)0
2.ブリスベン・ロアー(豪州)(1)0
4.蔚山現代(韓国)(0)-2

[グループF]
1.浦和(日本)(3)+4
2.上海上港(中国)(3)+1
3.FCソウル(韓国)(0)-1
4.Wシドニー(豪州)(0)-4

[グループG]
1.広州恒大(中国)(3)+7
2.水原三星(韓国)(1)0
2.川崎F(日本)(1)0
4.イースタンSC(香港)(0)-7

[グループH]
1.G大阪(日本)(3)+3
2.江蘇蘇寧(中国)(3)+1
3.済州ユナイテッド(韓国)(0)-1
4.アデレード・U(豪州)(0)-3

■西地区

[グループA]
1.アルアハリ(UAE)(3)+1
1.アルターウォン(サウジアラビア)(3)+1
3.ロコモティフ(ウズベキスタン)(0)-1
3.エステグラル(イラン)(0)-1

[グループB]
1.レフウィヤ(カタール)(3)+3
2.エステグラル・フゼスタン(イラン)(3)+1
3.アルファテ(サウジアラビア)(0)-1
4.アルジャジーラ(UAE)(0)-3

[グループC]
1.アルアハリ(サウジアラビア)(3)+2
2.ゾバハン(イラン)(1)0
2.アルアイン(UAE)(1)0
4.ブニョドコル(ウズベキスタン)(0)-2

[グループD]
1.アルラーヤン(カタール)(3)+1
2.アルヒラル(サウジアラビア)(1)0
2.ペルセポリス(イラン)(1)0
4.アルワフダ(UAE)(0)-1

ゲキサカ
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1

試合結果 順位表
http://web.gekisaka.jp/pickup/detail/?208319-208319-fl#1
10
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索