Samurai Goal

スポンサード リンク


2021年4月11日の主な試合放送 


1c3397de-s

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

サッカー欧州選手権、12都市中8都市の有観客開催が決定 [パンナ・コッタ★] 

スクリーンショット 2021-04-10 20.56.50




1: 2021/04/10(土) 17:39:23.82
ドイツ・ミュンヘン(Munich)、イタリア・ローマ、スペイン・ビルバオ(Bilbao)、アイルランド・ダブリンは、19日までにファンの受け入れに関する計画を発表することになっており、UEFAは「これら4都市での開催は、同日に最終決定が下る」としている。

UEFAはその際に開く理事会で4都市の開催権を剥奪し、すでに決まっている他の都市に権利を与える可能性がある。
新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)で日程が1年延期され、6月11日から7月11日に開催されることになった欧州選手権をめぐっては、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン(Aleksander Ceferin)会長が先月、「空席の前」で試合を行うのは望まないと明言していた。

それでも、観客数は開催地によって大幅に異なるとみられる。ロシア・サンクトペテルブルク(St. Petersburg)とアゼルバイジャン・バクーが収容人数の50パーセントを受け入れる方針であるのに対し、ハンガリー・ブダペストは100パーセントの人数を目指しつつ、「観客には厳しい入場条件をつける」としている。

UEFAは、各開催都市には特にワクチン接種の状況など「多くの要素」を考慮してもらった上で、観戦者数の決定を任せているという。
https://news.yahoo.co.jp/articles/4f0518cbb43c92081c8481a97d510274194249e9

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

J1第9節土曜夕 C大阪×福岡 

スクリーンショット 2021-04-10 18.28.27




1: 2021/04/10(土) 17:05:19.09 _USER9
C大阪 2-2 福岡
[得点者]
67'吉岡 雅和    (福岡)
69'中島 元彦    (C大阪)
76'加藤 陸次樹   (C大阪)
88'フアンマ デルガド(福岡)

スタジアム:ヤンマースタジアム長居
入場者数:4,607人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/041012/live#live

※新型コロナ感染の影響で入場制限あり

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

J1第9節土曜昼 広島×湘南 結果 

スクリーンショット 2021-04-10 18.24.06




1: 2021/04/10(土) 15:57:19.23 _USER9
広島 0-1 湘南
[得点者]
56'田中 聡(湘南)

スタジアム:エディオンスタジアム広島
入場者数:7,085人
https://www.jleague.jp/match/j1/2021/041001/live#live

※新型コロナ感染の影響で入場制限有り

J1順位表
https://www.jleague.jp/standings/j1/ 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

大学サッカーが真摯に向き合うべき課題 

rectangle_large_type_2_a005ddf20a62033aed50c670ed935c1c




1: 2021/04/10(土) 08:14:27.50 _USER9
大学サッカーに関わる皆さんに質問です。

「大学サッカーの課題はなんですか?」

と聞かれたら、あなたはどのように答えますか?注目度の低さでしょうか。集客でしょうか。はたまた、環境面や資金面の問題でしょうか。実際、そのような課題は確実にあります。しかし、それよりもっと大きな、核心をつくような課題があると僕は思います。

僕だったら、冒頭の質問にはこのように答えます。それは、「頑張る学生・チームへのリターンのなさ」です。「リスクテイクに対するリターンのなさ」とも言えると思います。

これは大きな問題です。これこそが、注目度の低さや集客での苦労の根源にあると思っています。さらに言えば、これはサッカーにとどまらず、大学スポーツにもとどまらず、日本の学生スポーツが抱える大きな課題だと言えるかもしれません。

Jリーグの場合、ホーム開催のチケット収入は基本的にホームチームに入ります。しかし、大学サッカーの場合はチームにチケット収入が入ることはありません。当日の試合運営を行う組織である学連が一括でチケット収入を管理しています。そのため、各大学がいくら頑張って集客活動をしても、その頑張りに対するリターンはありません。つまり、各大学には集客活動に対するインセンティブがないというのが実情です。そんな状況の中で関東学連が用意しているのが、前期リーグ後期リーグそれぞれ1回の「集中応援日」というものです。(※コロナの影響で今は実施していません)「この日くらいは集客活動を頑張ってよ」といった感じで各大学にお願いをしていますが、チームによって熱量はバラバラです。

直接的なインセンティブがないにも関わらず、早稲田大学や筑波大学などの一部の大学は集客活動に精力的に励んでいるわけです。(※今はコロナの影響で難しい部分は間違いなくあります)ここで名前が挙がってくるのが、「大学サッカー界をリードする」といったビジョンを掲げていたり、大学サッカーの注目度向上に対するモチベーションを持っている大学になります。

これは一種のボランティア活動です。有形のリターンがチームにないにも関わらず、「大学サッカーの注目度や価値の向上」といった無形のリターンを目指して身を削っています。悪く言えば、せっせと学連の収益UPに貢献している状況なのです(笑)。
僕は学連の内部の人間なので、学連が儲かるのは万々歳です(笑)(ただし、実務を頑張る我々学生幹事に対してお金が入ってくることはありませんよ)。ただし、学生幹事とはいえチームから派遣されている身でもあるので、この状況をいつも苦々しく思っています(これは僕だけではないはずです)。

「日本再興戦略2016」における数値目標として、「2025年までに国内のスポーツ市場規模を15兆円にまで拡大させる」ことが掲げられています。(2015年は5.5兆円)その具体的な施策の1つとして、「アマチュアスポーツの産業化」「大学スポーツの振興」も明記されています。現状は先程述べた通りの大学サッカーですが、その先に僕が見ているものは「大学サッカー商業化プロジェクト」たるものです。はい、ここでこんな疑問を抱いた方もいるのではないのでしょうか?

「学生スポーツで金稼ぎをするとは何事か!」「学生スポーツはクリーンであるべき!」

なんとなく言っている意味も分からなくはないですが、古いと思います。ここでは、とある企業や組織が学生スポーツを使ってボロ儲けすることを意図しているわけではありません。学生やチームの頑張りによって生み出すことができたお金を、頑張る学生・チームにきちんとキックバックする。キックバックされたお金を選手やチームの投資に充てることで、競技面や環境面の更なる充実を図る。その環境で育った(優秀な)学生が成果を残し、様々なフィールドで活躍することで、社会に貢献できる人材を輩出し続ける。そして、このサイクルを回し続ける。これが、僕が描く「大学サッカー商業化プロジェクト」の真意です。このようなことを言うのは、上記のことが当たり前のように行われていると見せかけて、全く行われていないからです。プロのアスリートは頑張った報酬として給与を得ていますが、日本の学生スポーツでは選手に給料が支払われることはありません。むしろ、学生とその家族が背負っているのは大きな負担ばかりです。高い部費を払い、遠征費も負担し、用具も各自で用意しています。

また、チームが頑張って集客をしても、学生の頑張りによって生まれた価値に惹かれてスポンサーが大会についても、そのチケット収入やスポンサー料がチームに対して分配される仕組みもほとんどありません。
(以下リンク先で)
note 7th 4/9
https://note.com/ryucalcio/n/ndbddabdb4896

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

審判がサインおねだり 批判一転、礼賛の声―欧州サッカー 

1: 2021/04/10(土) 07:52:07.71
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021041000211
2021年04月10日05時54分

no title

ショブレ副審の慈善活動のために、ドルトムントのハーランドがイエローカードとレッドカードに記したサイン(ロイター時事)

no title

マンチェスター・シティー戦を終えたドルトムントのハーランド(中央)=6日、英マンチェスター(ロイター時事)



 【ロンドン時事】6日に行われたサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝第1戦、マンチェスター・シティー(イングランド)―ドルトムント(ドイツ)の試合後に、ちょっとした騒ぎがあった。

 全員がロッカールームへ引き揚げる際、ルーマニア人のショブレ副審がノルウェー代表のスター選手、ハーランド(ドルトムント)にサインを「おねだり」。この場面が中継映像で流れたため、「プロ意識を欠く」などと副審に批判が集まった。

 マンチェスター・シティーのグアルディオラ監督は「息子か娘にでもあげるのだろうが、あんな光景は見たことがない」と驚いた。欧州サッカー連盟(UEFA)は大会参加者による不当な利益の授受を禁じており、規定に抵触するのではないかとみる英メディアもあった。

 しかし、ショブレ氏の行為は私欲を満たすためではなかった。英紙ガーディアン(電子版)などによると、同氏は母国にある自閉症患者の治療施設を2015年から支援。今回手にしたサイン入りのイエローカードとレッドカードは支援金に充てるため、競売にかけられる見通しという。この事情を知った欧州メディアは、一連の出来事を好意的に報じている。

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索


月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索