Samurai Goal

スポンサード リンク


ネルシーニョが柏に電撃復帰?ブラジルメディアが報じる 

20181117-05552510-gekisaka-000-2-view
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

J2第42節 松本、J2優勝!大分が2位で自動昇格決定!横浜、大宮、東京VがPO参入 

FOTO0088




1: 2018/11/17(土) 16:00:22.99 _USER9
山形 1-1 大分
[得点者]
18'星 雄次(大分)
90'+1アルヴァロ ロドリゲス(山形)

スタジアム:NDソフトスタジアム山形
入場者数:6,852人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111701/live/#live


千葉 0-0 栃木
[得点者]
なし
スタジアム:フクダ電子アリーナ
入場者数:9,722人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111702/live/#live


町田 1-1 東京V
[得点者]
76'林 陵平 (東京V)
82'大谷 尚輝(町田)

スタジアム:町田市立陸上競技場
入場者数:10,013人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111703/live/#live


甲府 0-1 横浜FC
[得点者]
70'齋藤 功佑(横浜FC)
スタジアム:山梨中銀スタジアム
入場者数:9,821人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111704/live/#live


松本 0-0 徳島
[得点者]
なし
スタジアム:サンプロ アルウィン
入場者数:19,066人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111705/live/#live


新潟 0-2 山口
[得点者]
42'高井 和馬(山口)
46'山下 敬大(山口)
スタジアム:デンカビッグスワンスタジアム
入場者数:16,054人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111706/live/#live


金沢 3-1 水戸
[得点者]
14'杉浦 恭平 (金沢)
37'木村 祐志 (水戸)
45+1'マラニョン(金沢)
88'金子 昌広 (金沢)
スタジアム:石川県西部緑地公園陸上競技場
入場者数:4,479人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111707/live/#live


岐阜 0-0 福岡
[得点者]
なし
スタジアム:岐阜メモリアルセンター長良川競技場
入場者数:8,870人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111708/live/#live


岡山 0-1 大宮
[得点者]
67'菊地 光将(大宮)

スタジアム:シティライトスタジアム
入場者数:8,861人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111709/live/#live



讃岐 0-2 京都
[得点者]
45'ジュニーニョ(京都)
90+1'大野 耀平(京都)
スタジアム:Pikaraスタジアム
入場者数:3,636人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111710/live/#live



熊本 3-0 愛媛
[得点者]
52'伊東 俊 (熊本)
57'上村 周平(熊本)
80'田中 達也(熊本)

スタジアム:えがお健康スタジアム
入場者数:5,647人
https://www.jleague.jp/match/j2/2018/111711/live/#live


J2順位表
https://www.jleague.jp/standings/j2/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

好調のFW南野、ベネズエラ戦不発に終わった原因は?「僕の所のスペースを…」 

Minamino-1-1




1: 2018/11/17(土) 08:20:02.40 _USER9
3戦連発中の南野、史上6人目の4戦連続はならず

日本代表MF南野拓実(ザルツブルク)は16日に行われた国際親善試合のベネズエラ戦(1-1)に先発出場した。
試合後、自身が思うようにプレーできなかった原因を振り返っている。

大分スポーツ公園総合競技場への移動で渋滞に捕まり、両チームともキックオフ1時間前を切って会場入りすることになったこの一戦に、
日本は先月のウルグアイ戦(4-3)のメンバーをベースとした4-2-3-1システムで臨み、南野もこれまでと同様、トップ下に配置された。

序盤から前線で動き回るも、思うように前を向かせてもらえず、シュートも1本にとどまり、後半32分に途中交代。史上6人目となる代表4試合連続ゴールには至らなかった。

試合後、「サコ君に入った時に良い距離感でプレーするのは意識していたが、それを効果的に攻撃につなげられた回数が多くなかった」と、
1トップに入ったFW大迫勇也(ブレーメン)との連係から相手ゴールを脅かす機会が少なかったことを課題に挙げていた。
また、自身が存在感を発揮できなかった原因についても振り返っている。

「僕の所の中盤のスペースを8番が埋めに来ていたのが一つ。
そういう時に僕が囮になって別の選手がフリーになるとか、相手が警戒している分、そういうプレーを前半途中からやっていたけどもっと上手くやるべきだし、サコ君が収めてくれた時に上手く関われるかだと思う」

南野は高い位置で素早く前を向いて攻撃を仕掛けるうえで、相手MFトマス・リンコン(トリノFC)がセリエAでも定評のある徹底した中盤のスペース潰しを施し、苦戦を強いられたことを指摘していた。

現地時間8日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第4節ローゼンボリ戦ではハットトリックを達成し、勢いを持って臨んだ試合だったが、「今回を良い勉強にしたい」と結果を真摯に受け止めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181116-00148240-soccermzw-socc
11/16(金) 23:58配信

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

「なんというヒロキ劇場」「北川は期待できそう」ベネズエラとドロー!サポーターの声は様々 

DsHc97ZUUAE_QGc




1: 2018/11/16(金) 21:36:19.21 _USER9
後半は前線4枚を変更した森保ジャパン

11月16日、ベネズエラ(FIFAランク29位)とのキリンチャレンジカップに臨んだ日本代表。
前半に酒井宏樹の代表初ゴールで先制したが、後半に失点し、1-1でドロー。代表戦4連勝はならなかった。

中島翔哉、南野拓実、堂安律に加えて、シュミット・ダニエル、冨安健洋らがスタメンに名を連ねた。
代表戦2試合目の冨安は、11分にあやうく1点かというベネズエラの決定機を阻止。
39分には、中島翔哉のFKから酒井宏樹のゴールで1点を先制。若い力の奮闘と、大迫勇也や吉田麻也といったベテランのプレーにサポーターたちは興奮した。

後半は、中島、堂安、南野などに替えて、原口元気、北川航也、伊東純也らを投入。
81分、PKを与えて1-1の同点にされ、後半アディショナルタイムに吉田がヘディングでゴールを決めるがオフサイドで無効に。
そのまま試合は終了し、4連勝はならなかった。前半とは違った顔を見せたチームの姿に、サポーターの声も様々。いくつか紹介しよう。

「堂安つよい!中島がマークされてて結構潰されるからその分堂安が決めないとね」
「中島、相手に囲まれ過ぎ(笑)」
「ベネズエラ、ゴール前は堅いなあ」
「堂安、ガンバの時はもうちょっと不安定やったのに成長したなあ」
「柴崎は後半から良くなって来たな。 堂安とは噛み合わないが」
「原口、今すげぇトラップしたぞ。刺激受けた?(笑)」
「PK。おいなんというヒロキ劇場」
「前線4枚を変更してから日本らしいサッカーが徐々に崩れつつある」
「ベネズエラどん引き状態…引き分け狙いを打ち破るべく控え選手は奮起して欲しい!」
「いやー原口&北川の連携は素晴らしかった!北川、可能性見せつけましたな」
「まやアーオフサイドかよー!」
「吉田にはプレミアリーガーの反骨心をみた」
「ゲーム終了前の吉田の執念はよかった」
「酒井に始まり酒井に終わる試合になってしまった」
「引き分けでは終われない。という気持ちは伝わってきたが、終盤に何かオプションがあったのか?と問われると微妙だな」

アジアカップを見据えた交代に、サポーターからの反応は賛否両論というところのようだ。

日本代表は11月20日、キルギスと対戦する。年内ラストマッチということで、注目されそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181116-00050311-sdigestw-socc
11/16(金) 21:33配信

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

終盤に好機も初ゴールならず…北川航也(清水)「決まらなければそこまでの力」 

GettyImages-1051973624-800x533




1: 2018/11/17(土) 09:06:51.80 _USER9
[11.16 キリンチャレンジカップ 日本1-1ベネズエラ 大分]

デビュー2戦目の初ゴールはならなかった。日本代表FW北川航也(清水)は1-0の後半23分からFW大迫勇也に代わって途中出場。
1-1に追いつかれたあとの後半アディショナルタイムには左サイドを突破したMF原口元気のクロスから反転して左足でシュートを打ったが、DFのブロックに阻まれた。

決まっていれば決勝点という場面。代表初ゴールを逃し、「入っていれば最高だったけど、決まらなければそこまでの力」と受け止めた。
1トップで先発した大迫について「あれだけキープしてくれれば後ろの選手は楽。自
分のプレーの幅を広げるためにも必要な部分」と刺激を受けつつ、「自分にしかできないこともある」と力を込める。

「(相手の最終)ラインと駆け引きして、いかに背後にボールを出してもらって、受けることができるか」。
裏への飛び出しや前を向いての仕掛けなど、少しずつ自分の特徴も出していこうとしている。あとは周囲とのコンビネーション。
「徐々に段階は進んでいる」と一歩ずつ積み上げていくつもりだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181117-05506896-gekisaka-socc
11/17(土) 1:44配信

https://www.youtube.com/watch?v=aEDSByOmeYc


代表初招集!清水のエース 北川航也の全11ゴール・2018

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

久保竜彦氏が衝撃告白 07年開幕戦の“ひょっとこダンス”は「カズさんの真似」  

1: 2018/11/16(金) 21:34:59.26 _USER9
元サッカー日本代表FWの久保竜彦氏(42)が16日、TBS系「キリンチャレンジカップ2018 日本×ベネズエラ」(後7・00)に副音声ゲストとして生出演。
2007年のJ1開幕戦で見せた謎のパフォーマンスの“真実”を明かした。

この日の副音声は極楽とんぼ・加藤浩次(49)がMCを担当。
久保氏の現役時代を回想し、横浜FC時代の07年J1開幕戦(対浦和 埼玉スタジアム)で決めた超ロングシュートを挙げた。

加藤から「あの時のことは覚えてますか?」と聞かれ、「なんとなく覚えてます」と答えた久保氏。
加藤が「とんでもないミドルの後の“ひょっとこダンス”」と伝説のパフォーマンスに触れると、
久保氏は「カズさんの真似して踊ったんですけど…」と衝撃の事実を明かした。

当時話題となった謎のパフォーマンスは、元日本代表FW三浦知良(51=横浜FC)の代名詞「カズダンス」だったことが判明。
11年の時を経て明らかになった新事実に、加藤は「カズダンスだったんですか!?全然カズダンスじゃないですよ!」と驚きを隠せない様子だった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181116-00000156-spnannex-socc
11/16(金) 21:05配信

no title

http://www.golaco.club/uploads/article/image/1869/card_kubo.jpg
http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/51/0000188351/99/imgef32a8cfzikezj.jpeg

https://www.youtube.com/watch?v=2wZy0X1SbX4


スーパーシュート~久保竜彦~

https://www.youtube.com/watch?v=oRSK6qSH2iA


カズダンス

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索