Samurai Goal

スポンサード リンク


【サッカー】代表監督には外国人?日本人?どちらが適任なのか W杯後、JFAの決断が問われる 

1   2018/04/24(火) 22:59:11.01 _USER9
写真
no title


次期サッカー日本代表監督の候補に、名門アーセナル(イングランド・プレミアリーグ)を22年率いたフランス人監督アーセン・ベンゲル氏(68)の名前が浮上した。一方、「日本人監督で」との意見が日本サッカー協会(JFA)内から出たとも報じられたばかりだ。

 「選手とのコミュニケーション不足」を理由にバヒド・ハリルホジッチ氏が解任された日本代表。新指揮官は、世界を知る外国人にすべきか、言語の障壁がない日本人にすべきか。

■ベンゲル氏は「この国の率い方をよく知っている」

 フランスのテレビ局「TF1」ウェブ版は2018年4月22日、ベンゲル氏の新天地として日本代表があがっていると報道。ほかに中国代表、ドルトムント(ドイツ・ブンデスリーガ)、パリSG(フランス・リーグアン)の計4つの候補があるとしている。

 ベンゲル氏は世界最高峰のひとつ、プレミアリーグのアーセナルで長期政権を築き、リーグ制覇3回、国内戦のFAカップ制覇は7回という実績を誇る。02-03年はリーグ38戦26勝12分で無敗優勝の偉業も達成した。

 日本とも縁があり、アーセナルに入る直前の1995~96年、名古屋グランパスで監督をつとめていた。95年はJリーグ最優秀監督賞に輝き、天皇杯はクラブとして初優勝。低迷していたチームを復活させたのは、選手の長所を生かしつつ、徹底した組織戦術を植え付けたことにあるといわれる。

 上記記事では、名古屋を率いた経歴に触れながら、「ベンゲル氏は地球の反対側にあるこの国の率い方をよく知っている」と評価した。だが、ロシア・ワールドカップ(W杯)を2か月前にしたハリルホジッチ氏の解任にも触れ、「ここ数か月で日本の選択が示したレベルの低さは足枷になりそうだ」とも加えた。就任を打診されても、突然解任される憂き目をおそれて足踏みするかもしれないということか。

協会内では「日本人監督」ムードが

 一方、JFAでは23日、日本代表チームのマネジメントを担う技術委員会が開かれ、西野朗監督で臨むロシアW杯後も「日本人監督で」と求める意見が出たという。複数のスポーツ紙が24日報じた。

 これまで代表監督には、国際経験が豊富な外国人監督を起用してきた。アルベルト・ザッケローニ監督のもと惨敗した14年ブラジルW杯後は、さらに経験を重視し、「W杯での実績」を大きな指標とした。それがハビエル・アギーレ氏(02、10年にメキシコ代表で16強)であり、ハリルホジッチ氏(14年にアルジェリア代表で16強)だった。

 田嶋幸三会長はハリルホジッチ氏解任を発表した9日の会見で、今回はW杯直前という「緊急事態」であることを理由に、日本人ではあるが西野氏に後任監督を託すと説明した。西野氏は技術委員長として、ハリルホジッチ氏の近くで代表チームを見ており、内情を把握しているためだ。任期は「ロシアW杯まで」。

 「特例」という扱いに見えるが、田嶋会長は同会見で「もしこのロジック(W杯での実績を考慮)を続けると、岡田(武史)監督以外の日本人は(代表監督を)できないことになるので、クライテリア(基準)は考えないといけないと思っている」と発言。今後、長期的な日本人監督の起用も示唆していた。

 日本人監督を育てるべきではないかという意見は、元代表選手からも漏れたことがある。

つづく

4/24(火) 20:53配信 Jcastニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000014-jct-ent

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【Jリーグ】明日開催のJ1対戦カードが面白そう ※スタメン予想表有り 

DQHDUV9VAAAW2cU
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【JFA】「ハリルさんはお金を取りに来たのでは?」と関係者が漏らす 

20180325_vahid-halilhodzic5533
1   2018/04/24(火) 19:57:55.56 _USER9
サッカー日本代表監督を解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)は21日に再来日し、声を震わせながら「真実を探しにきました」「私はゴミ箱に捨てられたような状態」などと語ったが、日本協会関係者は「要するに、カネを取りに来たんでしょう」と冷ややか。実際、29日までの日本滞在の大部分は、違約金や慰謝料をめぐる“銭闘”に費やされる見通しだ。

 強気一辺倒だったハリルホジッチ氏が、涙で声を震わせたのは意外な光景ではあった。

 ただし、羽田空港に到着したハリル氏は最初、待ち構えた報道陣に手を振る余裕があった。

 冒頭、「日本に来ることをいつも楽しみにしていましたけど…」と訳していた樋渡群(ひわたし・ぐん)通訳(40)がおえつを漏らし始め、ハリル氏の方がもらい泣きする形で、目に浮かんだ涙を隠そうと、外していたサングラスを掛け直したのだ。

 実は樋渡通訳、2015年3月の日本代表監督就任当時からハリル氏を担当しているが、「ハリルを崇拝しすぎ、感情的になるところがある」(日本協会関係者)として、昨年3月から羽生(はにゅう)直行通訳(43)を加えた2人制となった経緯がある。樋渡通訳が外されなかったのは、ハリル氏のお気に入りだったからだ。

 ハリル氏の帰国予定は29日だが、9日間もの滞日中、決まっているスケジュールは自らリクエストした公式記者会見(27日=都内の日本記者クラブ)だけだという。

 水面下で日本協会との“銭闘”がスタートする見込みだが、ある同協会関係者はこう怒りをあらわにする。

 「ハリルが日本でマネジメント契約を結んでいる代理人は、元日本代表主将・宮本恒靖氏のマネジメントも行っている人物で、日本代表戦のマッチメークの仕事もしている。日本協会から億単位の仕事も請け負っているんです。ハリル解任をめぐって違約金や慰謝料が発生すれば、彼にも報酬が入るのでしょう。しかし、日ごろの日本協会との関係からいえば、仮にハリルが日本で会見をしたいといっても止めるのが筋でしょう。それなのにたきつけたフシさえある」

 さらに、「ハリルに異様に肩入れしている樋渡通訳も、日本協会に雇われている立場なんですがね…」と付け加えた。

 また、フランス人の某日本協会関係者は、タレントのビートたけしとハリルホジッチ氏の対談を企画。こちらもハリル解任で消滅し、「日本協会の解任は許されるべきではない」と怒り心頭という。

 こうした、電撃解任で名誉や利益を取り損ねた人々が右往左往し、ハリルの再来日を後押しした面もありそうだ。

 そのハリル氏が日本代表在任中の3年間で得たサラリーは約6億円といわれる。今後はW杯本戦前に解任されたことによる違約金に加え、名声を傷つけられたとして慰謝料も要求する構えとみられている。

 日本協会は「しっかり誠意をもって対応する」(田嶋幸三会長)として、ハリル氏が面会を要求するなら応じる用意もしているが、心配なのは西野朗監督(63)率いる新体制に影響が及ぶこと。

 西野監督が「(ハリル氏と)会う予定は全くない。僕自身、猶予もなく、準備期間もないので、とにかく今の仕事に集中したい」というのも無理はない。

 しかし、代表監督を評価し助言する技術委員長の立場にあった西野監督が、ハリルの銭闘に巻き込まれる可能性は拭えない。(夕刊フジ編集委員・久保武司)

4/24(火) 16:56配信夕刊フジ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00000018-ykf-spo

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【Jリーグ】ACL軽視が深刻な問題に 解決策はやはり“カネ”なのか 

acl2018rogot
1   2018/04/24(火) 19:31:01.79 _USER9
今季のAFCチャンピオンズリーグで、決勝トーナメントに進めたJリーグクラブは鹿島アントラーズのみだった。4クラブがグループリーグに挑戦しながら、ほとんど勝利を挙げることすらできず敗退に追い込まれた事実は重く受け止めなければいけない。

大陸王者を争う大会に、Jリーグ勢は100%の力を注げていたと言えるのだろうか。(取材・文:ショーン・キャロル)

●地に墜ちたJリーグ勢のアジアにおける価値

 浦和レッズがサウジアラビアのアル・ヒラルとの緊迫の一戦を制してAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝のトロフィーを掲げてから5ヶ月。Jリーグ勢は、今季のACLに出場した4チームがグループステージの計24試合でわずか5勝しか挙げられず、再び強烈に地表へと叩き落とされてしまった。

 J1の現王者であり、昨季ACLで準々決勝まで進んで浦和に敗れた川崎フロンターレは、1勝も挙げられないまま敗退。柏レイソルもわずか1勝にとどまり、最初のハードルを越えられずに大会を去った。

 鹿島アントラーズはグループリーグ突破を果たしたが、大岩剛監督のチームもホームでは未勝利。先週火曜日(17日)のグループリーグ最終戦で水原三星に0-1の敗戦を喫すると、ホームのサポーターからブーイングを浴びせられた。この結果によりグループ首位の座を失い、ベスト16では昨季準決勝まで進んだ上海上港との対戦を強いられることになった。

 だが、日本勢で最も残念な戦いぶりを見せてしまったのはセレッソ大阪だ。

 昨季のルヴァンカップおよび天皇杯王者であるセレッソは、自ら失敗を招き寄せてしまったも同然だ。次のラウンドに進めるかどうかを気にしてすらいなかったかのようだ。

「正直に言えば、前回我々がACLに出場した際には、クラブはJ2に降格してしまった。そのことが記憶に新しい状況で、今年はJリーグにより重点を置いているのは事実だ」

 先週火曜日のアウェイでの広州恒大戦でBチーム(Cチームとさえ言えるかもしれない)を起用して1-3の敗戦を喫し、グループGを3位の成績で終えたあと、ユン・ジョンファン監督はそう話していた。

「それでも、メンバー全員の力でグループステージを突破したいとは思っていた。そうならなかったのは残念だ」

「我々はACLでの戦いの経験が浅い。だから今日の試合を迎えるにあたっては、選手たちがプレッシャーに耐えられる力が重要であることを強調してきたが、残念ながら我々には十分にそういう力がなかった。グループステージ全体を見てみれば、突破できなかった最大の要因は経験不足だと思う」

つづく

4/24(火) 12:54配信 フットボールチャンネル
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00010004-footballc-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

《レッドカード・長谷部》出場停止4試合の処分により今シーズン終了!! 

1   2018/04/24(火) 20:20:48.47 _USER9
フランクフルトは24日、日本代表MF長谷部誠が4試合の出場停止処分を科されたと発表した。ブンデスリーガは残り3試合であるため、同選手は今シーズンのリーグ戦でピッチに立つことができなくなった。

長谷部は21日に行われたブンデスリーガ第31節のヘルタ・ベルリン戦で先発メンバーに名を連ねたが、0-2で迎えた79分にレッドカードを受けた。ドイツ人FWダヴィー・ゼルケとの競り合いからひじ打ちを見舞い、一発退場となったのだった。

そして今回、ドイツサッカー連盟(DFB)が長谷部へ追加処分を科すことを決定。「相手選手に対する悪質な反スポーツ行為」として、4試合の出場停止処分を受けることが決まった。

フランクフルトの発表によると、長谷部と同クラブは異議申し立てなどは行わず、処分を受け入れる見通しとのこと。同選手は2014年夏からフランクフルトでプレーしているが、レッドカードを受けるのは今回が初めてだった。

今回の処分により、3試合を残して今シーズンの公式戦全日程を終えることとなった長谷部。自身11シーズン目のブンデスリーガは24試合出場(先発は23試合)を記録して幕を閉じた。

4/24(火) 20:07配信 サッカーキング
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180424-00747815-soccerk-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【新クラブW杯】スポンサー総額2兆7500億円!!日本企業が中心に! 

1   2018/04/24(火) 17:50:17.76 _USER9
FIFA(国際サッカー連盟)は来月に緊急会合を開き、毎年年末に開催されているクラブワールドカップの改革案について話し合うようだ。12年間のスポンサー総額は250億ドル(約2兆7500億円)に上ると、英紙『The Guardian』や米メディア『ESPN』などが報じている。
 
 ジャンニ・インファンティーノFIFA会長は、ナショナルチームの各大陸王者を一堂に会して開催されてきたコンフェデレーションズ・カップを廃止する意向。代わって2021年からクラブワールドカップの規模を拡大し、4年に一度、ワールドカップのプレ大会として実施する案を提唱している。現行のクラブワールドカップは今年末の大会(UAE開催)でいったん終了し、2021年の6月まで行なわれない予定だ。
 
 新たなレギュレーションの下で、クラブワールドカップは大きく生まれ変わる。出場クラブ数は現在の7チームから24チームに増加。欧州はチャンピオンズ・リーグ王者やヨーロッパリーグ王者を含めた最多12クラブがエントリーされ、南米から4クラブ、アジア、北中米・カリブ、アフリカら各2クラブ、オセアニアから1クラブ、そして開催国から1クラブが出場できる。

英紙『Financial Times』によると、12年間(3大会)のスポンサードを担うのは日本のソフトバンクを中心とするコンソーシアム(投資グループ)で、UAEやサウジアラビア、中国といった国々が参画しているという。テレビ放映権やチケットセールス、さらには開催地の選定などを共同で管理・運営していくのだ。2021年大会は翌年のワールドカップがカタール開催となるため、アジアで“新生クラブワールドカップ”がお披露目となる。日本開催の可能性も低くないだろう。
 
 インファンティーノ会長にとっては、来年に控える会長選に向けて大いにアピールしたいところ。『ESPN』は「FIFAとしての収益が飛躍的に向上すれば、サッカー後進国への配当金も上がり、得票に好影響を及ぼすだろう」と見立てる。ただ、UEFA(欧州サッカー連盟)はシーズン終了直後に行なわれるカレンダーに難色を示しており、各国のメガ・有力クラブの反発も予想されるだけに、今後の調整はひと筋縄ではいかないだろう。
 
 もしクラブワールドカップの毎年開催が今大会で終了となれば、1960年に第1回インターコンチネンタルカップとして始まった伝統の風物詩がついに途切れることとなる。トヨタカップの名で親しまれた時期が長く、その馴染みが深い日本のサッカーファンにとっては寂しい限りだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00039327-sdigestw-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索