Samurai Goal

スポンサード リンク



ノーシュート 香川 「ボール回しだけ、怖くないサッカーだった」と反省 「泥くさいサッカーをやる」 と 

1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 16:28:05.50 ID:???0.net
欧州チャンピオンズリーグ(CL)は26日、各地で1次リーグ8試合を行い、
D組で既に決勝トーナメント進出を決めている日本代表MF香川真司(25)所属のドルトムント(ドイツ)は、
敵地でアーセナル(イングランド)に敗れて初黒星。香川は後半16分からトップ下で途中出場したが、
見せ場はつくれなかった。勝ったアーセナルは15季連続で16強入りを決めた。
B組でMF柿谷曜一朗(24)所属のバーゼル(スイス)はホームで昨季覇者のレアル・マドリード(スペイン)
に惜敗。柿谷は後半42分から途中出場したが、効果的な働きができなかった。
試合後、香川の口を突いて出てきたのは反省の弁ばかりだった。
「追いつけるチャンスがあったのに、それをものにできなかった」
「ボール回しだけで、相手に怖くないサッカーをしてしまった」
「もっとサイドで起点をつくればよかった…」
2点を追う後半16分から出場した香川。トップ下の位置でボールを待ったが、
なかなか好位置でパスがもらえない。アーセナルが深く自陣に引き、ゴール前のスペースをつぶしたからだが、
ドルトムントはその打開策を持ち合わせていなかった。
香川は約30分間プレーしたが、シュートはゼロ。見せ場すらつくれず、不発に終わった。
前所属のマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)では期待されたほどの活躍ができず、
今季は古巣に復帰。だが、いまだ長いスランプから抜け出せていない。

香川はゴール前の狭いエリアなど特定の状況下では並外れた能力を発揮するが、プレーの幅が狭いため、
応用が利かない。「今は本当に弱音を吐いてはいけない。ネガティブに捉えても仕方ない。
いかにぶれずにやれるか。がむしゃらに泥くさいサッカーをする」と香川。
ドルトムントで大活躍した3、4季前のフォームを取り戻そうともがいているが、
以前とチームメートは異なり、サッカー自体も進化している。“後戻り”をすればするほど、
実は歯車がかみ合わないという悪循環にある。
約1カ月前に復帰したばかりのロイスが先週末、右足首の靱帯(じんたい)を断裂し、再離脱した。
復帰は年明けと見られ、同じポジションの香川にかかる期待は増すが、長いトンネルの出口はなお見えてこない。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2014112802000194.html
tumblr_nfqm9eigQx1sgovp0o1_500

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

マルディーニ「本田は昨季病を抱えていたと聞いている」「昨季から模範的だが、リーダーたり得るとは思わない」 

1: 名無しのSamurai
【独占取材】マルディーニは本田への評価を変えたのか?「昨季から模範的だが、リーダーではない」
http://www.footballchannel.jp/2014/11/28/post58307/

[一部抜粋]
――そして、今季のミランに見る変化といえば、他ならぬ10番・本田。6ゴール以降はやや調子を落とした感があるとはいえ、昨季とは比較にならないほど良くなっている。

「正確にはその中身を記憶してはいないのだが、確か前回(今年3月)に君と話した際に言ったはずだ。そして、その際に期待した状況が今の彼を取り巻いていると言えるのではないか」

――前回、先の3月21日、君はこう言っていた。『(本田がミランで活躍するためには)当然のことながら周りのサポートを欠くわけにはいかない。(中略:http://www.footballchannel.jp/2014/05/01/post38706/2/参照)その上で、つまり彼がイタリアのサッカーに慣れていく中で、徐々に信頼を勝ち得ていくことができれば、本人が望む場所(ポジション)でプレーすることが可能になるのではないか』

「その通り。彼は“フェノーメノ(怪物、の意。かつてのロナウドの渾名・代名詞とされた)”ではない。しかし、“ブオン・ジョカトーレ(いい選手)”ではある。そして今季の彼は、文字通り“いい選手”であることを証明している。昨季に抱えていた数ある問題を解決した証なのだろう。決して軽くはない病を抱えていたとも聞いている。

 もちろん言葉の問題も軽視できない。そして周囲の信頼を必要としていた。“確かなチーム戦術”と、その中における“確かなポジション(役割)”もまた必要としていた。だから私は、先の3月に君から受けた取材ではこんな風にも述べていたはずだ。

『今の彼に最も大切なのは時間だ』と」

――ところが残念なことに、例の本田6ゴールの直後の日本では、その他ならぬマルディーニが前言(今年3月の発言)を翻したとされている。先の10月19日時点で『ミランで最も模範的な選手。真のリーダーになる素質がある』、こう発言したとされ、一部にはそれを根拠なく揶揄する向きもある。

「ノー。そんなことは言っていない。彼のプロとしての姿勢、誰よりも真剣にトレーニングする姿は“模範的”であると思うが、しかしそれは不振を極めていた昨季も同じだったはず。彼は常に誰よりも真剣にトレーニングを重ねていたと聞いている。そして私は、そうした彼のプロフェッショナルとしての姿勢を疑ったことなど一度としてない。

 しかし、かといってその彼が真のリーダーたり得るとは思わない。なぜなら、まさにこれこそが今日のミランが抱える最大の問題、そのひとつだと捉えているからだ。現ミランには、まさにチームを牽引する真のリーダーが欠けている」


no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

Jリーグがサッカー観戦の“IT革命” スタジアムに無線LAN、選手データなど配信へ…今夏西武ドーム視察で着目 

1: 常世非時香果φ ★@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 12:14:22.80 ID:???0.net
J新観戦スタイル提供へ スタジアムに無線LAN、選手データなど配信
スポニチアネックス?11月28日(金)8時51分配信

 Jリーグがサッカー観戦の“IT革命”を計画していることが27日、分かった。
関係者によればスタジアムのエリア全体に専用の無線LANでインターネットに
無料アクセスできる新サービス導入に向けて動きだした。実現すれば、試合を観戦しながら
手元のスマートフォンやタブレット端末で同時に多種多様なサービスを受けることが可能となる。

 今夏、Jリーグ幹部は3日間、西武ドームを視察した。同ドームでは昨年3月から
エリア限定の超高速無線通信サービスを導入。専用サイトに接続すれば試合中も
前打席までのデータを反映した投手と打者の対戦成績など、観戦がより楽しくなる
コンテンツを提供している。サッカー版が実現すれば、観戦スタイルも新時代に突入する。

 観客動員が低迷するJリーグでも環境整備は重要なテーマ。村井チェアマンは既に
来季からJ1全試合で「デジタルトラッキングシステム」の導入を明言。
各選手の走行距離、ポゼッション率、パス成功率などの即時開示を目指すもので、
新たなサービス提供に力を注ぐ方針だ。超高速無線通信でのアクセス導入は
まず数会場でテストされ、徐々に輪を広げていく予定だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141128-00000082-spnannex-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ドルト香川の親しい友人「いいタイミングでパスをくれない。ボールを持っても 動いてくれない。って香川が言ってた」w 

1: ぽてぽんφ ★@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 12:58:44.44 ID:???0.net
ドルトムントFW香川真司(25)は、敵地ロンドンでの欧州チャンピオンズ・リーグD組アーセナル戦
(日本時間27日午前4時45分開始)の先発から外れ、ベンチスタートとなった。

ようやく出番が回ってきたのは、0-2で迎えた後半16分。定位置のトップ下に入った。
もちろん、香川の役回りははっきりしている。攻撃を差配してゴールとアシストに絡み、
せめて一矢を報いることである。

しかし、ピッチ上での存在感は、相変わらず希薄なままだった。時に最前線に陣取ってボールを要求しても、
味方からパスは回ってこない。しびれを切らしてピッチ中央に戻り、ボールを受けて前を向こうにも、
相手選手の厳しいチェックにボールを失う場面ばかり。

見せ場はわずか2回。後半33分、相手ゴール正面の香川の足元に右サイドからパスが渡った。
左から攻め入ったMFグロスクロイツにラストパスを送ったが、微妙にタイミングがズレてしまい、
無理な体勢からのシュートはゴール右に外れた。

終了間際、右SBピシュチェクから縦パスが入った。PA内に走り込んだ香川のイメージは
「トラップしたボールを1メートル前に置き、トップスピードのままシュート」だったハズだ。
しかし、トラップをミスしてボールはゴールラインを越えてしまった。絶頂期の香川なら、
悪くてもシュートに持ち込んでいただろう。

香川は、親しい友人に「ドイツサッカーのスピーディーな展開に慣れない」
「チームメートから信用されていない」「欲しいタイミングでパスが来ない。
ボールを持っても動き出してくれない」などと、不安を語っているという。

10-11年、11-12年シーズンのブンデスリーガ連覇の立役者となった香川は、
2シーズンで計21ゴールを決めている。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/155265/1

 慣れ親しんだはずのドイツで持ち味を発揮できないでいる香川の悩みは深い。

no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像】ドルト香川真司がロンドンでマンU時代の友達?と再会!! 

1: 名無しのSamurai
ロンドンで黒人男性とパシャリ!マンU時代の遊び友達?いい笑顔です!
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【データ】ドルトムント攻撃陣の出場時・不出場時の得失点率&香川と同時起用時の得失点率 

14: 名無しに人種はない@実況・\(^o^)/ 2014/11/28(金) 07:46:40.49 ID:8R+Qorg20.net
09/13 [BL03] ~ 11/26 [CLGS5] 得失点
オーバメヤン出場時 1081分 得点 20 / 失点 16 (+4) 得点率 1.67 / 失点率 1.33 (+0.34)
オーバメヤン不出場 359分 得点 7 / 失点 2 (+5) 得点率 1.75 / 失点率 0.5 (+1.25)

香川出場時 1009分 得点 20 / 失点 5 (+15) 得点率 1.78 / 失点率 0.47 (+1.31)
香川不出場 431分 得点 7 / 失点 13 (-6) 得点率 1.46 / 失点率 2.71 (-1.25)

ムヒタリアン出場時 978分 得点 20 / 失点 11 (+9) 得点率 1.84 / 失点率 1.01 (+0.83)
ムヒタリアン不出場 462分 得点 7 / 失点 7 (0) 得点率 1.36 / 失点率 1.36 (0)

グロスクロイツ出場時 824分 得点 12 / 失点 16 (-4) 得点率 1.31 / 失点率 1.75 (-0.43)
グロスクロイツ不出場 557分 得点 15 / 失点 2 (+13) 得点率 2.42 / 失点率 0.32 (+2.10)

ロイス出場時 651分 得点 13 / 失点 7 (+6) 得点率 1.80 / 失点率 0.97 (+0.83)

インモービレ出場時 628分 得点 14 / 失点 11 (+3) 得点率 2.01 / 失点率 1.58 (+0.43)

ラモス出場時 521分 得点 9 / 失点 6 (+3) 得点率 1.55 / 失点率 1.04 (+0.51)

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

アンケート
欧州リーグ 日本人得点ランキング 2014-2015
 
1

本田 圭佑(ミラン)
6
2

岡崎 慎司(マインツ)
6
3

柿谷 曜一朗(バーゼル)
2
4

久保 裕也(ヤングボーイズ)
2
5
香川 真司(ドルトムント)
1
6
大迫 勇也(ケルン)
1
7
清武 弘嗣(ハノーファー)
1
2014.11.4更新  
主要一部リーグのリーグ戦のみの集計です [G=ゴール]


情報募集!



欧州リーグ 日本人得点ランキング 2013-2014
 
1

岡崎 慎司(マインツ)
15
1
2

ハーフナー・マイク(フィテッセ)
10
4
3
長友 佑都(インテル)
5
6
4
清武 弘嗣(ニュルンベルク)
3
7
5

本田 圭佑(CSKA→ミラン)
2
3
6
酒井 宏樹(ハノーファー)
1
-
7
吉田 麻也(サウサンプトン)
1
-
8

高木善朗(ユトレヒト)
-
3
9
内田 篤人(シャルケ04)
-
3
10
香川 真司(マンチェスターU)
-
3
11

細貝 萌(ヘルタ)
-
1
12
長谷部 誠(ニュルンベルク)
-
1
13
酒井 高徳(シュツットガルト)
-
1
2014.5.12更新  
リーグ戦のみの集計です [G=ゴール A=アシスト]
欧州リーグ 日本人得点ランキング 2012-2013
 
1

ハーフナー・マイク(フィテッセ)
11
5
2

本田 圭佑(CSKAモスクワ)
7
5
3
乾 貴士(フランクフルト)
6
5
4

香川 真司(マンチェスターU)
6
3
5
清武 弘嗣(ニュルンベルク)
4
10
6
長谷部 誠(ヴォルフスブルク)
2
1
7
宇佐美 貴史(ホッフェンハイム)
2
-
8
カレン・ロバート(VVVフェンロー)
2
-
9
大津 祐樹(VVVフェンロー)
1
3
10
内田 篤人(シャルケ04)
1
2
11

岡崎 慎司(シュツットガルト)
1
-
12
長友 佑都(インテル)
-
2
13
吉田 麻也(VVV→サウサンプトン)
-
1
14
永井 謙佑(リエージュ)
-
1
2013.5.20更新  
リーグ戦のみの集計です [G=ゴール A=アシスト]
タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
メッセージ
QRコード
QRコード