Samurai Goal

スポンサード リンク



ファン・ハール「「マンUには4人の10番がいるが、私の目には少しバランスが悪く映る!」 

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2014/07/25(金) 14:45:59.58 ID:???0.net
スポーツ報知 7月25日(金)7時5分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140724-00000300-sph-socc
 マンチェスターUの日本代表FW香川真司(25)が、ブラジルW杯で母国オランダを3位に導いた
ファンハール新監督から放出候補にリストアップされる可能性が出てきた。マンUは23日、
米カリフォルニア州でLAギャラクシーとプレシーズンマッチを行った。
就任初戦の指揮官は、3―4―3の新システムで7―0と大勝。「我々には4人の10番(=トップ下
)がいるが、私の目には少しバランスが悪く映る」と人員整理を示唆した。

 4人とは香川を含めてルーニー、マタ、フェライニを指す。この日はルーニーとマタがスタメン、
フェライニはベンチ外、香川は後半から途中出場して守備的MFでプレーした。3―4―3で
想定される位置はトップ下かボランチのみ。効果的にパスを散らして試合を作った香川も、
ゴール前でチャンスに絡む場面は少なかった。

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

セルジオ越後「アギーレの能力は蓋を開けてみなければ分からないが、今問題なのはこの就任決定までの経緯だ」 

1: 名無しのSamurai
【セルジオ越後コラム】アギーレ就任よりも論ぜられるべきこと
http://news.livedoor.com/article/detail/9078654/
 アギーレの監督としての能力がいかほどのものか、それは蓋を開けてみなければ分からない部分もあるけど、今問題にすべきはそこではなく、やはりこの就任決定までの経緯だ。
 
 ある事業に失敗した企業の上層部が誰一人責任を取らず、現場監督の首をすげ替えてそれで終わり。そういう企業は絶対にうまくいかないよね。皆さんが務めている会社でも思い当たるフシがあるのではないかな? 8年前も4年前も、同じ光景を見た気がする。まったく進歩がないね。呆れてものが言えないよ。
  
 アギーレをどうしても就任させたかった原技術委員長は、この任命を最後の一仕事とばかりに、技術委員長の座から離れ、出世する。ザックジャパンの反省=責任を取るということを放棄し、今回の任命責任すらうやむやにするつもりだ。そう思われても仕方がないだろう。

 悪しき慣習の責任の一端には、メディアの存在もある。とにかく次の話題、新しい話題をほしがるメディアは、言わば共犯だ。決して協会に騙されているわけではない。むしろ一緒になって、この茶番を作り上げている。また4年間、同じ金儲けをしようと企んでいる。
 
 選手の海外移籍報道にしてもそうだ。バーゼルとは何か、カールスルーエとは何かに目を向けることなく、ただただ海外に出て行く選手を持ち上げる。ゴールを決めたら紙面に踊るだろう。そのリーグのレベルなど関係ない。こういったスタンスのままでいいのかな。
 
 ブラジルW杯での惨敗は、協会もメディアもファンも含め、皆のマインドが変化する大きなきっかけだったかもしれない。個人の能力、チーム戦術、大会に臨むにあたっての準備等々、世界の強豪国との差を痛烈に感じさせられたことで、今までのやり方から変えるべきところは変える、つまりまた一つ階段を登るチャンスだったはずだ。けれど、そうはならなかった。上達し続けているのはお金儲けくらいじゃないか。
 
 僕はもうすぐ70歳だからいい。けれどツケを背負わされるであろう若い世代のサッカーマン、サッカーファンは大変だ。残念で、申し訳ないとすら思う。
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

サッカー日本代表が「もっとも感動した、印象に残ったチーム」と「もっとも悪い印象をもったチーム」の1位に選出! 

846: U-名無しさん@実況・\(^o^)/です 2014/07/25(金) 11:19:25.19 ID:WQk1RTCd0.net
その年の「ベストチーム」を表彰する、ベストチーム・オブ・ザ・イヤー実行委員会
http://team-work.jp/press/2014bestworst.html


もっとも感動した、印象に残った"チーム"
1位 「サッカー日本代表」
2位 「LINE株式会社」
3位 「妖怪ウォッチ」

2014年上半期「ベストチーム」に選んだ理由
no title


もっとも悪い印象をもった"チーム"
1位 「サッカー日本代表」
2位 「理化学研究所 STAP細胞研究チーム」
3位 「自民党」

2014年上半期「ワーストチーム」に選んだ理由
no title


代表2冠w

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【オリンピアコス×ミラン 試合結果】3失点でミラン完敗!本田は後半31分から右ウィングで出場!![全ゴール動画有] 

1: 名無しのSamurai
ギネス・インターナショナルチャンピオンズ・カップ2014
オリンピアコス 3-0 ミラン

■ 得点:ドミンゲス(前半16分)ディアマンタコス(後半4分)ボハラキス(後半33分)

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像・動画】ミラン本田圭佑がファンサービス&英語インタビュー 

1: 名無しのSamurai
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

日本はアジアで最高の国!・・C・ロナウドの発言に 中国ネットー「たった今嫌いになった」「通訳が間違えちゃったかな」 

1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/07/25(金) 05:26:46.66 ID:???0.net
サッカーのスペインリーグ、レアル・マドリードの所属で、ポルトガル代表スター選手のクリスティアーノ・ロナウドが22日から23日にかけて訪日し、
イメージキャラクターを務める日本の美容機器メーカー、MTGのPRイベントに出席した。中国・騰訊体育が24日伝えた。

C・ロナウドが単独で訪日するのは初めて。MTGが東京で行った新製品発表会には1500人を超える日本のファンが殺到し、
時々ちらりと見せる見事な腹筋の魅力に、日本の女性ファンたちが熱狂した。

会見でC・ロナウドはファン3人からの質問に答えた。日本のイメージについて聞かれると、
「日本はアジアで最高の国。街はクリーンでキレイだし、人々も素晴らしい。ファンも熱狂的だ」と語った。

このニュースが伝わると、中国のインターネット・ユーザーたちから日本に批判的なコメントが続々と集まった。一部を拾ってみる。

「C・ロナウド、たった今嫌いになった」
「日本がアジアで最高の国だって? あんたのチーム、これからずっと負けろ!」
「死んじまえ! 中国に来たら、つばかけられまくるぞ」

「中国が“アジアで最高”とは言わないけど、絶対に日本ではない」
「きっと彼は『日本はすごい国だ』って言ったけど、通訳がそんな風にしちゃったんだろうな。そんなにバカじゃないと思う」

「日本のAVは確かに最高だけどね」
「日本企業から金もらうんだから、その国のことをよく言うのは当たり前」

「バカだね。自分のファンが中国に多いか、それとも日本に多いか、計算できないのか」
「日本が好きでもいいけど、アジアのほかの国のことを悪く言わないで。世界で最高のサッカー選手はメッシだし!」

「アジアで最高の国は中国だろ」
「がっかり」 「そこまで日本ほめるって、中国に来るつもりはないんだな」

ただ、冷静な意見もあった。

「まあ、それが現実だな」
「今、外国人のイメージの中で東洋と言えば日本だろ」
「日本は地震があることを除けば、完璧な国だ。中国はまだまだ」

「言ってることは間違いない。3年前に日本に行ったけど、今でも懐かしい。本当に素晴らしい国だよ」
「客観的に見て、確かに日本は中国より強い」
「なんで彼が『日本はアジアで最高』って言ったかって? 答えは簡単。民度が高いからだ」

「日本は世界で最高の国かもね」
「日本のことを言ったんだぜ。中国と関係ないだろ。なんでもかんでも中国と比べて、楽しいか?」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140725-00000003-xinhua-cn
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

アンケート
欧州リーグ 日本人得点ランキング 2013-2014
 
1

岡崎 慎司(マインツ)
15
1
2

ハーフナー・マイク(フィテッセ)
10
4
3
長友 佑都(インテル)
5
6
4
清武 弘嗣(ニュルンベルク)
3
7
5

本田 圭佑(CSKA→ミラン)
2
3
6
酒井 宏樹(ハノーファー)
1
-
7
吉田 麻也(サウサンプトン)
1
-
8

高木善朗(ユトレヒト)
-
3
9
内田 篤人(シャルケ04)
-
3
10
香川 真司(マンチェスターU)
-
3
11

細貝 萌(ヘルタ)
-
1
12
長谷部 誠(ニュルンベルク)
-
1
13
酒井 高徳(シュツットガルト)
-
1
2014.5.12更新  
リーグ戦のみの集計です [G=ゴール A=アシスト]
欧州リーグ 日本人得点ランキング 2012-2013
 
1

ハーフナー・マイク(フィテッセ)
11
5
2

本田 圭佑(CSKAモスクワ)
7
5
3
乾 貴士(フランクフルト)
6
5
4

香川 真司(マンチェスターU)
6
3
5
清武 弘嗣(ニュルンベルク)
4
10
6
長谷部 誠(ヴォルフスブルク)
2
1
7
宇佐美 貴史(ホッフェンハイム)
2
-
8
カレン・ロバート(VVVフェンロー)
2
-
9
大津 祐樹(VVVフェンロー)
1
3
10
内田 篤人(シャルケ04)
1
2
11

岡崎 慎司(シュツットガルト)
1
-
12
長友 佑都(インテル)
-
2
13
吉田 麻也(VVV→サウサンプトン)
-
1
14
永井 謙佑(リエージュ)
-
1
2013.5.20更新  
リーグ戦のみの集計です [G=ゴール A=アシスト]
タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
メッセージ
アクセスカウンター
  • 累計:

QRコード
QRコード