Samurai Goal

スポンサード リンク




【俊輔特需】ジュビロ磐田、シーズンチケット売り切れ続出!! 

1: サムライ24時 2017/01/17(火) 19:26:47.00 ID:CAP_USER9
ジュビロ磐田は17日、現在販売中の「2017シーズンシート」について、ロイヤルシートが予定数に達したため、受付を終了することを発表した。

 MF中村俊輔の移籍で大きな注目を集める磐田。昨季のクラブの発表では、SS指定席(南)とB駐車場(第7駐車場=バックスタンド東側)が売り切れたのみだったが、今季は上記のB駐車場が昨年12月に早くも予定数に達したのを皮切りに、GB指定席、S指定席(南)、SS指定席(南)、そして今回のロイヤルシートと、売り切れが続出している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-01635986-gekisaka-socc
11
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【論争】メッシよりC・ロナウドが上!イタリア専門紙が挙げた10の理由 

1: サムライ24時 2017/01/17(火) 19:05:13.97 ID:CAP_USER9
数字の他、過去の実績、ピッチ外の活動も考慮した結果は!?
クリスチアーノ・ロナウドとリオネル・メッシは、どちらが優れた選手か?
 
サッカー界最大の論争テーマであり、世界中で多くの人々が意見をぶつけ合っているが、
イタリアの『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は先日、独自の見解をもって、このテーマに対する現時点での答を導き出した。
 
イタリア最大のスポーツ新聞が選んだのはC・ロナウド。
昨年、レアル・マドリーではチャンピオンズ・リーグ、クラブワールドカップ、ポルトガル代表ではEURO2016を制した他、
個人ではUEFA最優秀選手賞、バロンドール、FIFA最優秀選手賞を獲得しただけに、至極妥当な判断だろう。
 
ただ、同紙は獲得タイトルだけでなく、様々な視点から2人を比較。
数字はもちろん、過去の実績、さらにはピッチ外での行動なども含めた上で、ポルトガル人アタッカーの方に軍配を上げている。
 
その10の理由は以下の通りだ。
 
1)試合における完成度が上。
 
2)両足はもちろん、ヘディング(空中戦)でも高い確率でゴールが奪える。
 
3)完璧なフィジカルと、それを維持するためのストイックなまでのケア(トレーニング)ぶり。
 
4)イングランド、スペインのクラブでメジャータイトルを獲得。バルセロナひと筋のメッシとは違い、異なる環境でも活躍できることを証明している。
 
5)メッシがブラジル・ワールドカップ、コパ・アメリカで2度、決勝戦で敗れてタイトルを逃したのに対し、昨夏のEURO2016で優勝を果たし、母国に初のメジャータイトルをもたらした。
 
6)昨シーズン終了時点でのチャンピオンズ・リーグ(CL)での通算ゴール数は93。これはメッシを10上回っている。
 
7)アメリカの経済誌『フォーブス』によると、2016年の収入は8800万ユーロ(約94億円)とされている。メッシは8140万ユーロ(約87億円)。
 
8)慈善活動により積極的。シャペコエンセの遺族やパレスチナの孤児たちに対する寄付や慰問などのニュースが頻繁に伝えられている。
 
9)欧州各国リーグで最も多くのゴールを挙げた選手に贈られる「ヨーロッパ・ゴールデンシュー」を4度受賞している。メッシは3回。
 
10)CLにおいて、1試合2得点を25回も記録。ハットトリックは昨シーズン、3度達成した。リーガ・エスパニョーラでは、過去6シーズン連続で30得点以上を挙げている。
 
もちろん、メッシの方が上回っている項目も多々ある。得点数においても、今シーズンはメッシがリーガで14点とランキングの首位であり
(C・ロナウドは12点)、CLにいたってはC・ロナウドが2点止まりなのに対し、メッシは10ゴールと大きくリードしている。
 
視点によって評価の結果は全く変わってくるだけに、この先も両者の比較は多くの論争や興味の種を人々に提供していくことだろう。

SOCCER DIGEST Web 1/17(火) 18:59配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170117-00021932-sdigestw-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170117-00021932-sdigestw-000-view.jpg
08

 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

すべてはレアルを倒すために!ジュビロ黄金期「N-BOX」とは!? 

1: サムライ24時 2017/01/17(火) 19:22:05.43 ID:CAP_USER9
短期連載・今こそ「ジュビロ磐田のN-BOX」を考える(1)

 2016年12月18日に行なわれたクラブ・ワールドカップ決勝。レアル・マドリードと対戦した鹿島アントラーズが、延長戦までもつれ込む好勝負を演じたことは、記憶に新しい。

だが、今から15年前にも、国際大会でレアル・マドリードに真剣勝負を挑もうとした日本のクラブが存在した。今なお「Jリーグ史上最強のチーム」との呼び声が高い、2001年のジュビロ磐田である。

 その年の夏に開催されるクラブ世界選手権への出場が決まっていた磐田は、レアル・マドリードとの対戦に備え、革新的な戦術・システムを編み出すのだが――。

 これは、幻に終わった世界へのチャレンジと、日本サッカーの理想形を体現してみせた男たちの物語である。

国立で産声をあげた「N-BOX」

 澄み切った国立競技場の空に、サックスブルーの凱歌が響きわたった。

 2001年4月7日、J1リーグ・ファーストステージ第4節。リーグタイトル奪還に燃えるジュビロ磐田が、前年の三冠チャンピオンである鹿島アントラーズを下して開幕4連勝を飾った。

スコアは2?1と僅差だったが、内容は磐田の圧勝。当時、試合後のミックスゾーンでさほど多弁ではなかった名波浩を「鹿島に対して、これまでで一番気持ちのいい勝ち方ができた」と饒舌にさせるほどの完勝だった。

そんな試合内容と同じくらい鮮烈なインパクトを残したのが、この日の磐田が採用した特異なシステムだ。

 メンバーリストには、3人のディフェンダー、5人のミッドフィールダー、2人のフォワードの名前が記されている。いわゆる3?5?2である。ところが、中盤の5人がダブルボランチ、両ウイングバック、トップ下で構成される従来の3?5?2とは大きく異なり、俯瞰して見ると「サイコロの5の目」のように並んでいる。

 右の攻撃的ミッドフィールダーに藤田俊哉、左の攻撃的ミッドフィールダーに奥大介、右のボランチに福西崇史、左のボランチに服部年宏、そして、その4人を結んだ四角形の真ん中に名波がいた。

 一般的な3?5?2におけるウイングバックのような、サイドを主戦場とする選手はひとりもいない。それなのに、ピッチ上ではサイドを含めたあらゆるエリアで磐田の選手たちが数的優位を作り、鹿島の選手に襲いかかってはボールを刈り取っていく――。まるで、磐田がひとり多い人数で戦っているかのようだった。

当時の磐田の指揮官で、今は日本体育大サッカー部を率いる鈴木政一は、試合後の選手たちの様子を昨日のことのように覚えている。

「清々しい表情で『今日は本当に楽しかったな』って話しながらピッチから帰ってきたんですよ。『このサッカーをやってきて本当によかった』って。それを聞いて、『よし、やった』って、心の中でガッツポーズしましたよ」

 しかし同時に、選手たちがそれまで不安を抱えながらプレーしていたことを、鈴木はこのとき初めて知った。

「『ここまで負けてなかったけれど、実は、まるで手応えがなかった』って彼らが言うんです。もちろん、しっくりきていないんだろうということは分かっていましたが、まさかそこまでだったとは。でも、その不安を乗り越えて、よくモノにしてくれたなと」

 最大のライバルとの一戦で、このシーズンから着手したばかりの新戦術、新システムを、彼らはほぼパーフェクトに機能させたのである。

 サッカー専門誌『週刊サッカーマガジン』は、この特異なシステムを「N-BOX」と名付け、この日の磐田の戦いぶりを特集記事としてレポートした。その記事に「N-BOXの産声」というタイトルを掲げて――。

21
 

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【W杯出場枠増】岡田武史副会長が懸念「大会のブランドが落ちる可能性もある」 

1: 名無しの24時 2017/01/17(火) 12:28:41.99 ID:CAP_USER9
日本サッカー協会の岡田武史副会長(60)が16日、
26年からW杯の出場国が48チームになることについて言及した。

日本代表監督として2度の本大会を経験しており
「へたをしたら8-0、9-0の試合が出てきて、大会のブランドが落ちる可能性もある。

出場できる国が増えても、出るだけではダメな大会になるかも。
ただ、やるからには成功させるようにやるしかない。議論だけでは答えはでない」と語った。

デイリースポーツ 1/17(火) 6:04配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000011-dal-socc

写真
https://lpt.c.yimg.jp/amd/20170117-00000011-dal-000-view.jpg

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

横浜・斎藤学、海外挑戦への希望明かす!「チャンスのタイミング」4大リーグ1部でのプレーを望んでいる 

1: サムライ24時 2017/01/17(火) 12:16:08.54 ID:CAP_USER9
横浜Mの日本代表MF斎藤が初めて海外挑戦の希望を明かした。
チーム始動の練習に参加し「海外に行きたいからここまで長引いている。(年齢的に)チャンスのタイミングだと思っている」と語った。

交渉状況については「何も話せることはありません」と語った。
J1川崎がオファーを出しているほか、ドイツ2部ボーフムなど複数クラブが興味を示している。斎藤は4大リーグ1部でのプレーを望んでいる。

スポーツ報知 1/17(火) 7:02配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170116-00000282-sph-socc

写真
no title

no title


スポニチアネックス  横浜MF斎藤、チーム練習参加 去就決まらずも「理解してもらってる」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170117-00000047-spnannex-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【画像アリ】槙野智章がポドルスキについてツイート!2ショット写真も投稿 

492: サムライ24時 2017/01/17(火) 18:48:27.82 ID:V+Wo3PN20
槙野智章
@tonji5
58秒前
ポドルスキが日本に来るかも??
ケルン時代にはたくさん仲良くしてくれたし、日本語もたくさん教えたし、
東北の震災の時はこうして一緒にメッセージしてくれたし、本当にナイスな男だし選手だ!楽しみだなー。
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索