Samurai Goal

スポンサード リンク


<イニエスタ>相手置き去りの“回転スキル”が反響拡大!メディア「ドリブルキング」「良質なワイン」 

1: 2020/02/24(月) 14:21:17.92
横浜FCのペナルティーエリア内で次々とマーカーを翻弄
 
ヴィッセル神戸の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタは、22日に行われたJ1リーグ開幕節・横浜FC戦(1-1)でフル出場を果たした。
来日3年目のリーグ初戦で得点やアシストこそなかったものの、相手選手を手玉に取るドリブルテクニックを披露。海外メディアは「ドリブルキング」「良質なワイン」と称賛している。

【動画】「ドリブルキング」と海外称賛 神戸MFイニエスタ、包囲網を打開する“魔法スキル”で決定機演出
https://www.football-zone.net/archives/248215/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=248215_6

ホームで“昇格組”の横浜FCを迎えた開幕戦は、前半24分に先制される苦しい展開。
後半29分にFW古橋亨梧が同点弾を決め、勝ち点1の痛み分けに終わったなか、イニエスタはテクニックで格の違いを見せつけた。

後半38分、敵陣でボールを受けたイニエスタは巧みなステップでDFマギーニョ、MF瀬古樹、元日本代表FW皆川佑介を次々と交わし、ラストパスを供給。
特にパス直前にゴールライン際でボールを残し、一回転する切り返しは秀逸だった。

オランダメディア「VTBL」は、「“ドリブルキング”イニエスタが相手を置き去りにする」と見出しを打ち、「イニエスタはワンダフルな動きで相手を困惑させた。
残念ながら、神戸のチームメートは彼の美しいプレーをゴールにつなげられなかった」と速報。

ベネズエラ紙「エル・ナシオナル」も、「イニエスタは日本のリーグ開幕戦で魔法を失っていない。数メートル以内に3人がいるなかを縫う素晴らしい動きを見せた。
イニエスタは良質なワインのようで、熟成すればするほど良くなる」と称賛している。

イニエスタは3年目の今季も、その卓越したテクニックで魅了してくれそうだ。

2/24(月) 7:30配信 フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200224-00248215-soccermzw-socc

写真
no title


【サッカー】<ACL>水原三星キャプテンが舌を巻いた“名手イニエスタの真髄”「なにがスゴイって…」「異次元だよ」
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1582243081/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<”なぜガンバ大阪は横浜F・マリノスを撃破できたのか?”>選手たちが明かした“スペシャル戦術”の全容・・・ 

1: 2020/02/24(月) 10:28:52.98
キャンプから研磨してきた「狙い通りの2発」
[J1リーグ第1節]横浜 1-2 G大阪/2月23日/日産ス

決して完勝とは言えない。だが、単なる勝点3でもない。

日産スタジアムで行なわれたJ1リーグ開幕戦で、ガンバ大阪は前半のうちに2点を奪って試合を優位に進め、怒涛の攻勢を仕掛ける横浜F・マリノスの追撃を1点に封じ込んだ。
下馬評を覆す内容での2-1勝利。J1リーグ開幕戦での白星は実に9年ぶりである。

宮本恒靖監督が採用したシステムは、3-5-2の予想に反して4-3-3だった。しかしながらあくまでこれはベースの形であり、戦況や局面に応じて臨機応変に変化した。
鍵を握ったのは右サイドの守備だ。1ゴール・1アシストと気を吐いた背番号10、倉田秋はこう振り返る。

「去年のマリノス戦で、(左SBの)ティーラトン選手にカットインからミドルを決められた。マリノスの攻撃は強烈ですけど、あのサイドバックのところをまずケアしていこうと。
だから守備のときは5-4-1で、攻撃になったら4-3-3や3-5-2とか、相手の出方を見定めながら(システムは)目まぐるしく変わってましたね」

右SBのオ・ジェソクは「かなり変則的。マリノス戦限定です」と話す。元韓国代表によると、右サイドハーフの小野瀬康介がスイッチャーだったという。
彼がどのエリアでプレスを仕掛けるかで、オ・ジェソクの位置取りが変わり、右CBか右SBかが決まった。「で、相手がハーフウェイラインを越えてきたら割り切って5バックで対応しようと話してましたね」と振り返る。

かたや小野瀬は、「前から後ろまで動き回って相当な運動量が求められましたけど、個人的には5バックにならないようにと心掛けて、積極的に行きましたよ」と明かす。

前半の2得点は、キャンプ中から取り組んできた狙いが結実した。昨季以上に連動性の高い前線でのフォアチェックを強化。
開始6分、敵GK朴一圭にハイプレッシャーを掛けた矢島慎也がトラップミス誘発からボールを奪取し、倉田の先制点をお膳立て。

さらに34分、「けっこう練習で繰り返してたパターン」(オ・ジェソク)で追加点を奪う。
横浜がラインを押し上げた瞬間にGK東口順昭が裏へ蹴り込み、左サイドから抜け出した倉田が矢島のゴールをアシストした。まさにしてやったりの2発だ。

2/23(日) 20:33配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200223-00010000-sdigestw-socc

写真
no title


【動画】まさにしてやったり! G大阪が横浜戦で挙げた電光石火の2ゴールをチェック!
https://www.soccerdigestweb.com/news/detail3/id=70133

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

アザール(Rマドリード)復帰間もないのに、またも離脱…右足腓骨の亀裂骨折で 

20200223-00370642-usoccer-000-3-view




1: 2020/02/24(月) 07:15:52.61
レアル・マドリーは23日、ベルギー代表MFエデン・アザールが右足腓骨の亀裂骨折と診断されたことを発表した。

22日に行われたラ・リーガ第25節のレバンテ戦に先発したアザール。前節のセルタ戦で約3カ月ぶりとなる復帰を果たしたばかりだったが、67分にアクシデントを起こして交代していた。

レバンテ戦後の記者会見でジネディーヌ・ジダン監督は、「重そうに見える」とコメント。また、スぺイン『マルカ』は以前に負傷していた足と同じであることを指摘し、今シーズンのほとんどを欠場することになると見ているようだ。

2/23(日) 22:20配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200223-00370642-usoccer-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<久保建英ら>強力マジョルカ攻撃トリオに頭文字を取って「BCK」の愛称!監督に新たなトリデンを 

1: 2020/02/24(月) 12:57:17.34
久保建英ら強力マジョルカ攻撃トリオにBCKの愛称

21日のスペイン1部リーグ第25節ベティス戦で大活躍したマジョルカのブディミール、クチョ・エルナンデス、久保建英の攻撃3選手について、
マジョルカの地元紙ウルティマ・オラ電子版は23日、それぞれの頭文字を取って「BCK」と名付け、ビセンテ・モレノ監督が新たなトリデンテ(みつまたの矛)を手に入れたと伝えている。

3選手はベティス戦で、それぞれが異なる役割を果たしながらゴールを記録しチームは3-3で引き分けた。ブディミール、クチョ・エルナンデス、久保建英は3人で、
1部リーグのチーム総得点の半分となる通算13ゴールを決めているだけでなく、アシストを5回記録し、シュートを68本打ってチームの攻撃に大きく貢献している。

ブディミールのここまでのリーグ戦通算成績は24試合(先発24試合)1986分出場、9得点2アシスト、シュート33本。
シーズン開幕よりチームのエースとして君臨し、ビセンテ・モレノ監督に欠かせない絶対的なレギュラーとなっている。

クチョ・エルナンデスは10試合(先発6試合)641分間出場、2得点1アシスト、シュート17本。長引くけがによりチームへの合流が大幅に遅れて出場数は少ないものの、
第24節アラベス戦でマジョルカ初得点を記録すると、ベティス戦では2戦連続となるゴールを素晴らしいボレーシュートでマークした。

久保のリーグ戦成績は22試合(先発11試合)1259分出場、2得点2アシスト、シュート18本。ウルティマ・オラ紙は、「先発出場もゲームに影響を与えることもない暗闇の中の1カ月後、
タケ・クボに火がついた。アラベス戦で再び活発な動きを見せると、ベティス戦ではマジョルカの3ゴールの主役となった」と大絶賛し、今後に向けて大きな期待を寄せていた。

マジョルカは次節、3月1日にヘタフェとホームで対戦するが、ビセンテ・モレノ監督が再びこの3選手を同時起用するかに注目が集まることになる。(高橋智行通信員)

2/24(月) 10:34配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-22240261-nksports-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

セリエA インモービレが止まらない! 今季27得点目で61年ぶりの大記録に並ぶ 25試合27得点 

1: 2020/02/24(月) 10:52:59.57
ラツィオに所属するイタリア代表FWチーロ・インモービレが、23日に行われたセリエA第25節ジェノア戦(3-2)で、リーグのとある記録に並んだようだ。同日、イギリスメディア『BBC』が報じた。

インモービレは同試合の51分、ゴール前でこぼれ球を拾うと、右足を振り抜いて正確にゴール右下隅へ流し込む流石のフィニッシュを披露。
リーグ戦2試合連続の得点で、今季セリエAでの得点数を「27」に伸ばした。

セリエAで最後に25試合で27得点を挙げたのは、1958-59シーズンのアントニオ・アンへリージョ氏(インテル)だ。
同氏は同シーズンで最終的に、33試合の出場で33得点を挙げて得点王に輝いた。

なお、セリエAにおける1シーズンの最多得点数は、2015-16シーズンにゴンサロ・イグアイン(当時ナポリ)が記録した36得点(35試合)となっている。
それでも、61年ぶりの大記録に並ぶ驚異的なペースで得点を積み重ねるインモービレなら、こちらの記録更新にも期待できそうだ。

2連勝となったラツィオは現在、勝ち点「59」の2位。29日に行われる予定のセリエA第26節では、DF冨安健洋が所属するボローニャと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200224-01039406-soccerk-socc
2/24(月) 10:12配信

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/stats/53
得点ランキング

no title

no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

”久保建英”レアル英雄ブトラゲーニョから祝福の電話!現地メディア「日本人選手にとってこの上ない誇り」 

1: 2020/02/24(月) 07:53:05.89
レアルの象徴的存在の1人だったFWブトラゲーニョ氏が個人的に久保へ祝福の言葉
 
スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英は、現地時間21日に行われたリーガ・エスパニョーラ第25節ベティス戦(3-3)で1得点1アシストを挙げ、チームの勝ち点1獲得に貢献した。
リーガ2点目を挙げた日本人アタッカーのもとに、レアル・マドリードのOBから祝福の電話が入ったという。レアル専門メディア「DefensaCentral」が報じた。

【動画】マジョルカ久保建英、右足を振り抜いて決めたベティス戦の同点弾
https://www.football-zone.net/archives/247827/2?utm_source=yahoonews&utm_medium=rss&utm_campaign=248157_6

1月19日の第20節バレンシア戦(4-1)以降、リーグ戦でのスタメン落ちが続いていた久保は、ベティス戦で6試合ぶりに先発復帰。
前半から好パフォーマンスを見せると、先制点につながるシュートを放っただけでなく、チーム2点目のアシストも記録した。

前半を2-2で終えたマジョルカだが、後半開始早々に勝ち越しゴールを奪われ、そこからは苦しい展開に。
しかし、久保が同25分にチームを救う。前線での守備からFWアンテ・ブディミルがボールを奪うと、久保の足もとへ転がる。

対峙したアルジェリア代表DFアイサ・マンディを突破し、カバーに入ったDFアレックス・モレノも細かなステップで翻弄。
最後は右足を振り抜くと、相手GKジョエル・ロブレスの手を弾くグラウンダーのシュートをネットに突き刺した。

レアル専門メディア「DefensaCentral」によれば、試合後、久保の保有権を持つスペインの名門レアルの関係者が連絡を入れたという。
その人物とは、1984~95年にレアルで活躍した元スペイン代表FWエミリオ・ブトラゲーニョ氏だ。2004年に発表された偉大なサッカー選手100人「FIFA 100」にも選ばれている名FWが、自ら祝福の電話をかけたと伝えている。

「レアル・マドリードはマジョルカへレンタル放出しているメレンゲ(レアルの愛称)選手、タケフサ・クボのわずかなディテールも逃すことがない。
金曜の試合で日本人選手は1得点を挙げ、チーム・ベルメジョン(マジョルカの愛称)のベティス戦引き分けで鍵となる選手になった。この状況はサンティアゴ・ベルナベウで決して見過ごされていない。

当然のことながら、クボはビジャマリンでの活躍から多くのお祝いメッセージを受け取った。しかし、彼にとってレアルからのものほど特別なものは事実上なかった。
DefensaCentralが知り得たところでは、エミリオ・ブトラゲーニョが個人的にクボへ電話をかけ、ゴールと活躍、さらにスペイン1部リーグデビューの年を良い形で過ごしていることを祝福した」

記事によれば、レアルはレンタルに出した選手を注意深く見守り、ほぼ毎週電話で連絡をしているというが、なかでも「象徴的な存在であるブトラゲーニョが、個人的に祝福するというのは日本人サッカー選手にとってこの上ない誇り」と言及。
そして、「身近な人たちにマドリード加入が『自分の人生での大きな正解だった』と打ち明けるほどのものになっている」と報じている。

マジョルカへのレンタル期間は1年間。シーズン終了後、レアルに復帰することになるのか、注目が集まる。

2/24(月) 6:50配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200224-00248157-soccermzw-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索