Samurai Goal

スポンサード リンク


【動画】まさに日本の誇り!欧州タイトル獲得…天才小野伸二の“エンジェルパス”に再脚光 

20181214-00154156-soccermzw-000-1-view
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【鹿島】内田「レアルレアル言うけど、まず初戦。絶対強いよ」メキシコ名門との初戦に照準 

20181213-00000202-sph-000-8-view
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

長友佑都 初公開した息子、愛梨似で可愛いの声にぼやき「間接的に俺をディスりすぎよ。笑」  

1: 2018/12/13(木) 22:27:26.10 _USER9
 サッカー日本代表DF長友佑都(32=ガラタサライ)が13日、自身のツイッターを更新。妻でタレントの平愛梨(34)とともに今年2月に誕生した長男の顔をSNSで初お披露目したところ、フォロワーから殺到した反応をぼやいた。

 夫妻は前日12日が平の34歳の誕生日とあって、34本の真っ赤なバラの花束とケーキの前でポーズを取る親子3ショットをそれぞれのSNSに13日掲載。長友が妻へ向けて添えた「愛してんぞー」のメッセージも話題となったが、初公開した長男のあまりに可愛らしい顔がそれ以上の話題に。「めちゃくちゃ可愛い」「目くりっくりですね」「ママにそっくり」などと絶賛する声がファンから続々と挙がった。

 これを受け、長友は改めて更新したツイッターで「みんな息子が愛梨ちゃん似でよかったって間接的に俺をディスりすぎよ。笑」とぼやき、「まぁ正論なんやけど。笑」と続けた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000152-spnannex-socc

https://twitter.com/YutoNagatomo5/status/1073162321017614336

参考画像
no title

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<川崎>元ブラジル代表FWレアンドロダミアン獲り!ロンドン五輪得点王 「ニューイブラヒモビッチ」の異名 

GettyImages-1038620178-800x532




1: 2018/12/14(金) 05:27:44.29 _USER9
今季2連覇を達成したJ1川崎が元ブラジル代表FWレアンドロダミアン(29)=インテルナシオナル=を完全移籍で獲得することが13日、分かった。複数の関係者が明かした。

187センチの長身FWで、12年ロンドン五輪では6得点を挙げ、得点王にも輝いた逸材。ブラジル代表歴もあり、近日中にも発表される。来季、Jリーグ3連覇とACLなどの複数タイトルを狙うチームがブラジル人の“ゴールハンター”を獲得し、さらにスケールアップを図る。

 川崎が大型ストライカー、元ブラジル代表FWレアンドロダミアンを獲得することが決定的となった。来季に備え、リストアップしていた高さと強さを併せ持つ187センチの長身ブラジル人FWと条件面でほぼ合意に至った。ブラジルでの契約は今季で満了となり、移籍金はかからない見込みだ。

 ダミアンは昨季に続き、今季もサントスからインテルナシオナルに期限付き移籍。26試合10得点を挙げ、3位での南米クラブNO1を決めるリベルタドーレス杯出場権獲得に貢献した。

 ロンドン五輪ではFWネイマール(パリSG)、FWフッキ、MFオスカル(ともに上海上港)、DFマルセロ(Rマドリード)らとともに銀メダルを獲得した。さらにネイマールを抑え、6得点で大会得点王にも輝いた。フル代表では背番号9をつけ、17試合に出場し3得点。強烈な右足シュート、屈強な体と打点の高いヘディングが特徴で、一時は元スウェーデン代表の長身FWになぞらえ「ニューイブラヒモビッチ」の異名を取り、欧州の名門チームがマークした。

 川崎には今季日本人得点王となる15得点のFW小林もいるが、小林はサイドのMFもこなせるため、1トップでも2トップでも、共存可能。クラブ幹部は「相手に引かれた時に高さでこじ開けることもACLで勝ち抜くことを考えると必要になってくる」と補強に入る前に話しており、理想的な選手だ。

 多彩なパスワークでボール支配する川崎は中央突破からの攻撃が特徴で、「地」では他の追随を許さない。一方、「空」にはやや課題が残る。今季はオウンゴール3点を除く54得点の約20%にあたる11得点がヘディングだが、その大半は高さで競り勝ったものではない。ダミアン加入で「空」での得点パターンも増えてくるはずだ。

 来季が3年目の鬼木達監督(44)は「とにかくタイトルを2つ、3つ取りにいきたい」と話す。ダミアンは10年にはリベルタドーレス杯優勝も経験。J1の3連覇はもちろん、ACL、ルヴァン杯、天皇杯のタイトルも新助っ人の加入で現実味を帯びてくる。

 ◆レアンドロダミアン(本名、レアンドロ・ダミアン・ダ・シウバ・サントス)1989年7月22日、ブラジルのジャルジン・アレグレ生まれ。29歳。サンタカタリーナ州のアトレチコ・イビラマの下部組織で育ち、2009年にインテルナシオナルに加入。ロンドン五輪では銀メダルと得点王を獲得。スペインのベティスなどでもプレーした。ブラジル代表では11年にデビューし、国際Aマッチ17試合3得点。187センチ、84キロ。

12/14(金) 5:03 スポーツ報知
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000196-sph-socc

年度別成績
https://www.hochi.co.jp/soccer/garticle.html?id=20181213-OHT1I50142

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

<日本代表>アジア杯メンバー23人決定 現時点の「ベスト布陣」&「最新序列」は?  

20181212-00300856-footballc-000-3-view




1: 2018/12/13(木) 22:48:52.64 _USER9
 来年1月のアジアカップ(アジア杯)に向けて、森保一監督率いる日本代表の本大会メンバー23人が発表された。その多くは順当とも言える顔ぶれとなったが、2大会ぶりのアジア王者を目指す日本代表の最新序列はどうなっているのか。メンバー発表を受けて、現時点でのポジション別の最新序列とともに、“ベスト布陣”を見ていく。

■森保ジャパン「2018年戦績」

9月11日 コスタリカ戦 ○3-0(得点者:OG、南野、伊東)
10月12日 パナマ戦 ○3-0(得点者:南野、伊東、OG)
10月16日 ウルグアイ戦 ○4-3(得点者:南野2、大迫、堂安)
11月16日 ベネズエラ戦 △1-1(得点者:酒井)
11月20日 キルギス戦 ○4-0(得点者:山中、原口、大迫、中島)

【アジアカップ2019 UAE/日本代表23人ポジション別最新序列】
★=スタメン最有力候補

■GK
東口順昭(G大阪) ★
権田修一(鳥栖)
シュミット・ダニエル(仙台)

 森保体制発足以降、各シリーズで招集された三人が順当に選出。東口と権田が2試合ずつ、シュミットが1試合で起用されている。GK陣最年長の東口が最もスタメンに近い存在と言えるが、権田も全く引けを取らない。経験値では前者が勝るものの、試合前のコンディションで最終判断が下されそうだ。

熾烈な競争が予想されるポジションの一つがCB、気になる“吉田のパートナー”は?

■右サイドバック
酒井宏樹(マルセイユ) ★
室屋 成(FC東京)

 酒井がスタメン、室屋がバックアッパーと鮮明な構図ができ上がっているポジションだ。室屋の進境も著しいが、海外リーグで研鑽を積んできた酒井との差は大きい。マルセイユ在籍3年目を迎える酒井は、パリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールやフランス代表FWキリアン・ムバッペらと対峙し、代表でも世界クラスのアタッカーと攻防を繰り広げてきた。そうした経験がアジア杯でも大いに生きそうだ。

■左サイドバック
長友佑都(ガラタサライ) ★
佐々木翔(広島)

 肺気胸の影響で10月下旬から戦線離脱し、11月シリーズ未招集となった長友だが、11月28日のUEFAチャンピオンズリーグ・グループステージ第5節ロコモティフ・モスクワ戦(0-2)で先発復帰。徐々に調子を取り戻しており、アジア杯ではフル稼働しそうだ。森保監督の広島時代の教え子である佐々木はバックアッパーの域を出ないが、11月シリーズで代表最速デビュー弾を叩き込んだDF山中亮輔(横浜FM)との競争を制し、23人入りを果たしている。

■センターバック
吉田麻也(サウサンプトン) ★
冨安健洋(シント=トロイデン) 
槙野智章(浦和) 
三浦弦太(G大阪) 

写真
no title


 熾烈な競争が予想されるポジションの一つだ。吉田は最終ラインの要であり、森保監督も信頼を寄せる“不動の存在”だが、焦点はそのパートナー。残る三人の中で、実績では槙野が突出している一方、ベルギーで経験を積む20歳の冨安、次代のリーダー候補である23歳の三浦も成長を遂げている。そのなかで188センチの高さに加え、足下の技術も確かな冨安が一気に頭角を現わし始めており、指揮官が大抜擢する可能性もありそうだ。

つづく

12/12(水) 19:10フットボールゾーン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181212-00153805-soccermzw-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

韓国代表のロシアW杯“正GK”がJリーグ移籍か 韓国紙も去就注目「欧州? 日本?」 

20181213-00154063-soccermzw-000-7-view
ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索