Samurai Goal

スポンサード リンク


南野拓実をリヴァプール・フィルミーノの後継者に推薦…英メディア「彼は即戦力の代案」  

98770030-7a73-451c-8e5d-d454cdeee39f





1: バグダッドの夜食 ★ 2019/12/12(木) 17:27:39.08 ID:nNNlG1U49
 
だが、『DreamteamFC』の見解によると、同クラブも「時の経過を免れない。リヴァプールもいつの日か、サラー、フィルミーノ、マネの三羽烏から次に進まなければいけなくなる」とのこと。そして、その1人である「テクニック、落ち着き、大胆さによる複雑なカクテル」と形容されるフィルミーノの後継者として、ザルツブルクの南野の名が挙げられている。

同メディアはその南野を10月の対戦でもゴールを含め、今季公式戦22試合で9ゴール11アシストを記録中のアタッカーとして紹介。「ミナミノはヨーロッパのどこでもプレーできるだけのスキルを持ち、両ウィング、トップ下、あるいは今晩のオーストリアでの試合のようにメインストライカーの位置でも違和感なくプレー。彼の動きは非凡であり、巧みなタッチを見せるうえ、それに値する完成品をオファーできる」とも記された。

また記事では『ニューヨーク・タイムズ』でサッカー報道を担当するローリー・スミス記者の言葉も引用されている。同氏は試合中ツイッターで、「どこかがアーリング・ハーランドに対して莫大な移籍金を支払うことになるし、それはごもっともだ。しかし、レッドブル・ザルツブルクは彼がミナミノやファン(ヒチャン)がどれほど優れているか、誰もの気をそらしていることに満足しているだろう」と綴っていた。

一方、『DreamteamFC』はクロップ監督の下でフィルミーノほどの出場時間が与えられている選手はいないとも指摘。ブラジル代表FWは「クロップの愛弟子であり、彼以上ドイツ人指揮官のサッカー哲学を体現する選手はいない」との見解を述べつつ、「だが、ミナミノといった比較的安価で獲得できるレディーメードの代案がいる」と強調した。


詳細はリンク先をご覧ください。

南野拓実をフィルミーノの後継者に推薦…英メディア「彼はレディーメードの代案」
https://www.goal.com/jp/%E3%8B%E3%A5%E3%BC%E3%B9/%E5%8D%E9%8E%E6%8B%E5%AE%9F%E3%92%E3%95%E3%A3%E3%AB%E3%9F%E3%BC%E3%8E%E3%AE%E5%BE%8C%E7%B6%E8%85%E3%AB%E6%8E%A8%E8%A6%E8%8B%B1%E3%A1%E3%87%E3%A3%E3%A2%E5%BD%BC%E3%AF%E3%AC%E3%87%E3%A3%E3%BC%E3%A1%E3%BC%E3%89%E3%AE%E4%BB%A3%E6%A1%88/1w6lfp892qlt21r27pt48x7kzg
Goal 13:10 12/12/19


★野球とサッカーの対立を煽る、業者スレ立て人を芸スポ+から追放しよう★

【CB】悪質スレッド報告とスレ立て人資格★CAP停止(実質自治スレ)★245
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1575901086/
・悪意のあるスレッド
・誤解を招くスレッド
・ほぼ同じ話題の重複スレッド
・政治や災害それ自体のスレッド
など、お気軽にご報告ください。
スレッド検索にこちらもご活用ください。
http://www.kusanone-net.com/news_search.php?str=%E3%AC%E3%A9%E3%AC%E3%A9+%E9%AB%E9%BD%A2%E8%85%E5%91%E3%91+%E4%B8%8D%E4%BA%BA%E6%B0%97&ita=8

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

J2降格の磐田が元日本代表FW大久保嘉人と契約満了…1年半で4ゴールも「情熱は全く衰えていません」 

20191212-00365982-usoccer-000-3-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/12(木) 15:41:02.37 ID:yp6BVeHa9
ジュビロ磐田は12日、元日本代表FW大久保嘉人(37)との契約満了を発表した。

大久保は国見高校から2001年にセレッソ大阪へ入団。
途中マジョルカへのレンタル移籍がありながらも、5シーズンを過ごすと、2007年にヴィッセル神戸へと完全移籍。
神戸でも6シーズンを過ごし、途中ヴォルフスブルクでプレー。
2013年に川崎フロンターレへと完全移籍した。

川崎Fでは、2013年、2014年、2015年と3シーズン連続でJ1得点王に輝くも、2017年にはFC東京へと完全移籍。しかし、1年で川崎Fへと復帰していたが、半年後の2018年夏に磐田へ加入していた。

磐田では2シーズンで明治安田生命J1リーグで37試合に出場し4得点を記録。
今シーズンは20試合に出場したが、1得点に終わっていた。大久保はクラブを通じてコメントしている。

「1年半という短い期間でしたが、お世話になりました。厳しい残留争いが続いたシーズン、力になれなかったことを悔しく思うと同時に、シーズン途中で監督が代わり、目指すサッカーを変えることの難しさを痛感しました。
それでも最後まで一緒に戦ったチームメイト、スタッフ、サポーターには感謝しています」

「私はサッカーが大好きです。サッカーに対する情熱は全く衰えていません。これからも頑張っていきたいと思っています。本当にありがとうございました」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-00365982-usoccer-socc
12/12(木) 11:10配信

https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/players/detail/3857/131
成績

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

ナポリ、新指揮官はガットゥーゾ氏!「ナポリに『sì』と言うのは簡単だった」  

20191212-01008422-soccerk-000-1-view[1]




1: 久太郎 ★ 2019/12/12(木) 13:24:10.35 ID:O0lg/0hD9
 ナポリが12日に、ジェンナーロ・ガットゥーゾ氏を新指揮官として招へいしたことを、クラブ公式サイトを通じて発表した。

 10日、ナポリは2018年7月からチームを率いてきたカルロ・アンチェロッティ氏との契約を解除したと発表していた。

 ガットゥーゾ監督は、ナポリの指揮官として初めて臨んだ記者会見で、以下のように抱負を述べている。

「ナポリに『sì(イタリア語で「はい」)』と言うのは簡単だったよ。過去10年間、このクラブはイタリアと欧州の舞台で輝いてきたし、絶対的な価値を有していると思う。今シーズンはセリエAで良い時間を過ごしていないけど、私好みの機能的なサッカーをしているように見えるね。つまり、このチームを指揮できることに非常に感謝しているんだ」

「(ミランで選手と監督の関係性だったアンチェロッティ氏と話をしたかと問われ)アンチェロッティは、チームを助けるためのアドバイスをくれたよ。ただ、私と彼を比較しないでほしい。私はまだ41歳の若い監督である一方で、彼は全てを勝ち取った監督だからだ。彼がこれまでのキャリアで獲得したものの10%でも勝ち取れればいいね」

 セリエAで7位に沈むナポリの再建を託された、ガットゥーゾ監督。果たして、ナポリをあるべき姿に戻すことができるだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191212-01008422-soccerk-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

「南野は最高級」 リバプール公式も注目したダイナミックな動き「脅威をもたらす」  

20191211-00233834-soccermzw-000-2-view[1]




1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/11(水) 21:14:15.66 ID:mXrl+l7e9
CL最終節前、リバプール公式サイトで注目選手として評価

ザルツブルクの日本代表MF南野拓実は、現地時間10日にホームで行われたUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ最終節のリバプール戦にフル出場。
MF奥川雅也も後半30分から途中出場したものの、ゴールには絡めずチームも0-2で敗戦し、決勝トーナメント進出はならなかった。
それでも、リバプールのクラブ公式サイトで「最高の選手」との評価を受けていた力を見せつけた。

ザルツブルクは昨季CL王者リバプール相手に勝利すれば、自力でグループステージ突破を決められる状況で最終節を迎えた。
そして南野は敵地アンフィールドでの第2節(3-4)で鮮やかなボレーシュートを決めたこともあり、注目される存在となっていた。
試合前、リバプール公式サイトはオーストリアのサッカー専門誌「ballesterer」のモリッツ・アブリンガー氏に話を聞く形で、試合を展望。
そのなかでアブリンガー氏は次のように語っている。

「ザルツブルクはほぼ例外なく、とてもダイナミックな選手がいて、脅威をもたらす存在だ。ホランドはもちろんのこと、タクミ・ミナミノも最高級だ。
右サイドから入ってきて、ピッチをよく把握し、ゴールに絡むことができる」

欧州で注目銘柄となっているノルウェー代表FWエルリング・ブラウト・ホランドとともに、試合を決定づけられる選手として注目されていた。

実際にザルツブルクは、キックオフ直後からリバプールに対してプレッシャーをかけ猛攻を仕掛ける。
開始3分には高い位置でボールを奪うと、ペナルティーエリア手前で南野がボールを受ける。
リバプール守備陣に囲まれたもののパスをつないで味方のミドルシュートを導き出すと、前半7分には韓国代表FWファン・ヒチャンと見事なコンビネーションを見せる。
ペナルティーエリア右に流れた南野が意表をつくヒールパスでファン・ヒチャンにボールをつなぐと、シュートのこぼれ球に南野が詰めたものの相手GKアリソンに阻まれた。

CL16強は逃すも…欧州最高峰の舞台で輝きを放つ

奮闘していたザルツブルクだが、後半11分、元ザルツブルクの2人に仕事をされる。
セネガル代表FWサディオ・マネからMFナビ・ケイタのヘディングシュートで先制を許した。
その直後、ザルツブルクの焦りをリバプールのエース、エジプト代表FWモハメド・サラーが見逃さずに抜け出すと、右サイドの角度がない位置から追加点を決めた。

勝利に向けて3点が必要となり、絶望的な状況となったザルツブルク。
それでも南野は後半27分、ファーサイドからのクロスを受けて際どいシュートを放つなど、アタッカーとしての高い能力を見せたと言えるだろう。

CLベスト16進出は逃したものの、欧州最高峰の舞台で輝きを放った南野。
グループ3位となったザルツブルクはUEFAヨーロッパリーグに回るが、新たな舞台での躍進に期待したいところだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191211-00233834-soccermzw-socc
12/11(水) 16:30配信

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

引退語るも「丸く」はなってない!本田圭佑「僕の生き方を見て判断して」  

1: 豆次郎 ★ 2019/12/12(木) 01:30:07.18 ID:Sx2GvSaN9
12/12(木) 0:01配信
Number Web
引退語るも「丸く」はなってない!本田圭佑「僕の生き方を見て判断して」


 “終焉”を意識しているのだろうか。

 本田圭佑は、「引退」という言葉を口にした。


 「引退に向かっているし、当然ながら死にも向かっている」

 12月8日、すっかり陽は短くなり、木の葉も落ちて、初冬の気配が漂うオランダ、アーネムの街――。

 エールディビジ第16節、対フェイエノールト戦。自信を失っているチーム同士の試合で、本田は、0-0のまま迎えた81分から途中出場した。センターFWのティム・マタフス、10番のリーシェドリー・バズール、そして6分早くピッチに入ったジェイ=ロット・グロットのアタッカー陣をサポートすべく、金髪の背番号33は精力的に動く。

「『チームのバランス』だと思います」

 この33歳のベテランは、「チームのバランス」を見極め、一歩退き、積極的に“引き立て役”を担った。

 「見ての通り中盤が分断されていたので、ティムがまだプレーしていて、ジェイが僕より前に試合に出ているわけですから、僕が入って僕が得点だけ狙いにいったらどうなるか。明らかですよね。後はバズールも典型的なやりたいようにやるタイプなので、じゃあ僕が入って僕もやりたいようにやっていいのか、という話になってくる。『チームのバランス』だと思います」

 そのスタイルは、かつて2部に落ちたVVVフェンロで、髪を金色に染め上げ、試合前に吐き気を催しながらゴールを量産していた11年前とは、まるで異なるものだ。

 「今21歳で、これからオランダでキャリアを刻むんやったら、中盤を放棄して、得点だけを狙いに行きますけど、さすがにそういう立ち回りは10年前とは変わっているわけで。

 中盤が分断されているということを、気にかけないわけにはいかない年齢で、経験値を持っています。オランダでプレーしている他の日本人選手とは立場が明らかに違うから、当然そういう役回りになりますよね」

東京五輪世代と本田の立場の違いとは?

 「オランダでプレーしている他の日本人選手」――つまりPSVアイントホーフェン所属の堂安律、FCフローニンゲン所属の板倉滉、PECズウォーレ所属の中山雄太、そしてAZアルクマール所属の菅原由勢、FCトゥエンテ所属の中村敬斗といった選手たちは、「これからオランダでキャリアを刻む」、または現在進行形で刻んでいる最中の選手たちだ。

 そういった東京五輪世代と、今の本田は「立場が明らかに違う」。

 オランダにやってきたばかりの頃は黒髪だった日本人の青年は、'09年にキャプテンマークを巻いてフェンロを2部優勝に導き、MVPに輝き、市庁舎のバルコニーで雄叫びを上げると、ファンと喜びを分かち合った。それからおよそ10年の月日をかけて、CSKAモスクワ、ACミラン、CFパチューカ、メルボルン・ビクトリー……文字通り世界各国のクラブを渡り歩いていった。その間、日本代表の一員として戦ったW杯では、栄光も挫折も味わった。他に類を見ない濃密な時間の中で、青々とした果実は、金色に熟していった。

 そして、冒険が一巡したかのように、本田は再びオランダに辿り着く。

 気付けば33歳になり、すっかりベテランのサッカー選手になっていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191212-00841774-number-socc
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

サッカーA代表のゴールデンタイムの試合が、2試合続けて視聴率一桁だったらしいんだけど  

7e1bb677-s




1: 名無し募集中。。。 2019/12/11(水) 13:58:07.21 0
本当?

放映権料って結構高くなかった?

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索