Samurai Goal

スポンサード リンク




英EU離脱の混乱。ホッとするのは16歳でセスク、ピケらをプレミアに奪われたバルセロナか? 

1: 名無しさん
英EU離脱の混乱。ホッとするのはバルサか?
http://bylines.news.yahoo.co.jp/komiyayoshiyuki/20160625-00059269/
英国のEU離脱。

それにホッと胸をなで下ろしているのは、もしかすると世界王者であるFCバルセロナの関係者かもしれない。バルサはこれまで英国のサッカークラブに、「EU」という盾と矛に使われ、多くの若手選手を奪い取られてきたのだ。EUから離脱した英国はその武器を失ったようなもので――。
16歳でプレミアリーグに奪われたセスク、ピケ、ベジェリンなど

「Brexit」(ブリクジット)

イギリスがEUを離れることを意味する造語(BritainとExitを絡めた)は、世界を駆け巡った。そのニュースはサッカー界にも大きな混乱を呼んでいる。

欧州内のリーグでプレーしている英国人選手は、真っ先にこの影響を受ける。非EU選手として、アフリカやアジアの選手と立場が同じに。限られた外国人枠を争わなければならなくなる。

「離脱によって、英国人サッカー選手の動きを制限し、島に押し込めるのでは」という懸念は当然だろう。

そして英国のプレミアリーグは世界有数のサッカーリーグだが、EU離脱によってEU内選手のすべてが外国人扱いとなる。現在在籍の100人以上の選手が外国人となってしまう。

「国内の若手にチャンスが与えられる」とする楽観論もあるが、自由競争の力が狭められることは、プレミアリーグとしての価値低下であることは間違いないし、EU選手を追放してのポジション確保が真の強化につながるのか、は疑問だろう。

そもそも、英国のクラブは有力外国人選手を積極的に雇用し、欧州で渡り合ってきた。とりわけ、潤沢な資金を「青田買い」に使ってきたところがある。

プレミアリーグのクラブ関係者は、巧妙に法律の抜け道を使った。FIFAの移籍条項第19条には「国際移籍は18歳以上の選手にのみ許される」と明記されるが、18歳未満の未成年の国際移籍が認められる例外がある。

1「両親が仕事(サッカー以外)の理由でクラブのある国に移住した場合」

2「自宅が国境から50キロ以内にあり、国境から50キロ以内にある隣国のクラブに移籍する場合」

3「16歳以上18歳未満のEU圏内で移籍する場合」

英国クラブは3番目の例外措置を使ったのである。若い才能を見いだすと、豊富な資金力をちらつかせ、父母を取り込む。そうして16歳になる前から下準備を行い、16歳になった時点で引き抜いていった。

「EU内ではEU国籍の人間は労働の自由が認められている」という法律を逆手に取り、育成金だけで移籍金を支払わずに逸材を手にしてきたのだ。

その点、最も大きな被害に遭ったのが、スペインの強豪バルサだろう。

バルサの下部組織は「マシア」と呼ばれ、世界有数の行く勢力を誇る。リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタ、ジェラール・ピケなど現在のトッププレーヤーを次々に輩出。世界中がうらやむ若手が揃っている。

これに目をつけたのが、プレミアリーグのクラブだった。例えばアーセナルのアーセン・ベンゲル監督はセスク・ファブレガスに惚れ込み、16才で獲得している。当初は「プロ契約を結んでいない選手と何をしようと自由」と居直り、1ユーロも払っていない(その後、育成金として1億円程度が支払われたが、彼らは数年後にセスクを43億円でバルサに売却している)。商売上手といえばそれまでだが、あまりにえげつない若手獲得は「人さらい」と揶揄されてきた。

バルサが奪われた才能はセスクだけでない。ピケ(マンチェスター・ユナイテッド)、フラン・メリダ、ベジェリン、ジョン・トラル、フリオ・プレゲスエロ(アーセナル)、ダニ・パチェーコ、セルヒオ・カノス(リバプール)、ジョシマール・キンテーロ(チェルシー)などを各クラブに次々に奪われている。バルサは英国スパイを警戒し、下部組織の練習を非公開にするなどするようになったが、こうした移籍は絶えなかった。

Brexitによって、バルサの関係者もようやく安眠できるということか。バルサだけでなく、スペインのクラブは英国の青田買いには苦しんできただけに、「ようやく泥棒が来なくなる」という声もある。彼らがそこまで皮肉る理由は、スペインでは有望な若手だったのに、英国に渡ってから凡庸な選手になって戻ってくる、というケースの方が多いからだ。

小宮良之 | スポーツライター
2016年6月25日 13時48分配信
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

清武が移籍するセビージャ、「売った選手のベストイレブン」が超強い!!! 

1: 名無しさん 2016/06/25(土) 14:21:21.49 ID:CAP_USER9
すでに発表されていた清武弘嗣のセビージャ移籍。
インターナショナルマッチウィークを終え短いオフを過ごしていた清武は、23日午後、セビージャのクラブハウスを訪れた。

no title


クラブの公式サイトによれば、清武は24日の朝にメディカルチェックを受ける予定でその後正式に移籍の手続きが完了するという。

清武が移籍したセビージャは、2015-16シーズンのUEFAヨーロッパリーグを制し、前人未到の三連覇を成し遂げた。長年安定した成績を収められている要因は「売り上手」にして「買い上手」であるクラブのマネージメント力にある。

これまで幾多の選手がこのチームで成長し、ビッグクラブへと移っていった。そしてセビージャは選手補強も巧みであり、そうしたサイクルが続いているのだ。

そんなセビージャで名をあげ巣立っていった選手は枚挙に暇がない。

『transfermarkt』が選出した「売った選手のベストイレブン」はこんな感じ。

no title


GK:ディエゴ・ロペス(→レアル・マドリー)
推定の移籍金:350万ユーロ(およそ4億2000万円)

DF:ダニ・アウヴェス(→バルセロナ)
推定の移籍金:3550万ユーロ(およそ42億7600万円)

DF:セルヒオ・ラモス(→レアル・マドリー)
推定の移籍金:2700万ユーロ(およそ32億5200万円)

DF:ガリー・メデル(→カーディフ)
推定の移籍金:1300万ユーロ(およそ15億6600万円)

DF:アルベルト・モレーノ(→リヴァプール)
推定の移籍金:1800万ユーロ(およそ21億6800万円)

MF:ジョフレイ・コンドグビア(→モナコ)
推定の移籍金:2000万ユーロ(およそ24億円)

MF:イヴァン・ラキティッチ(→バルセロナ)
推定の移籍金:1800万ユーロ(およそ21億6800万円)

MF:ヘスス・ナバス(→マンチェスター・シティ)
推定の移籍金:2000万ユーロ(およそ24億円)

MF:アントニオ・レジェス(→アーセナル)
推定の移籍金:2000万ユーロ(およそ24億円)

FW:アルバロ・ネグレド(→マンチェスター・シティ)
推定の移籍金:2500万ユーロ(およそ30億1100万円)

FW:カルロス・バッカ(→ミラン)
推定の移籍金:3000万ユーロ(およそ36億1300万円)

※レートは全て現在のもので計算

ご覧のように錚々たる顔ぶれが並ぶ。
こうした選手を適正な金額で“売る”能力も流石だが、これだけの選手を抜かれながらもそれに代わる選手を“買う”スキルはヨーロッパでも屈指である。
清武もセビージャからさらに大きなクラブへと巣立っていくのだろうか?

http://qoly.jp/2016/06/24/sevilla-best-eleven-of-selling

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

イタリア版クローゼ!ACミラン、セリエB得点王ラパドゥーラを獲得!今季セリエBで30得点を記録 

1: 名無しさん 2016/06/25(土) 13:35:48.06 ID:CAP_USER9
日本代表FW本田圭佑が所属するミランが今季のセリエB得点王を獲得することが決定的となった。
24日、イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』を含む複数のメディアが報じている。

ラパドゥーラは今季セリエBのペスカーラで昇格プレーオフを含む公式戦46試合で30ゴール12アシストを記録。
セリエA昇格の原動力となった。

同選手はペスカーラの指揮官でありミランOBのマッシモ・オッド監督に「ドイツの伝説ミロスラフ・クローゼのようだ」と称賛されている。

この例えに「クローゼのキャリアはサッカー選手にとって夢のようだ。
ペスカーラとオッド監督に感謝しなければいけないね」と喜んでいる。

ミランはラパドゥーラ獲得によってジェレミー・メネズやルイス・アドリアーノの放出が見込まれている。
大エースカルロス・バッカとラパドゥーラの2トップによって、名門復活を成し遂げることはできるのだろうか。

フットボールチャンネル 6月24日(金)21時10分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160624-00010039-footballc-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

サッカー界にも激震!!英国のEU離脱で100人超がプレー資格失う可能性も 

1: 名無しさん 2016/06/25(土) 13:01:24.47 ID:CAP_USER9
EUからの離脱が確定した英国。これまでEU内出身選手は英国で制限なくプレーできたが、
今後は労働許可証の取得が必要になる可能性が浮上するなど日本代表FW岡崎慎司(30)=レスター=らが在籍するサッカー界への影響も必至だ。
BBC(電子版)によると、プレー資格を失う可能性のあるEU内選手はプレミアリーグ全体で100人を超えるという。

サッカーの母国が大ニュースで揺れた。国民投票の結果、英国のEU離脱が決定。最大の娯楽となっているサッカーにも、激変の波が押し寄せることは確実だ。

まず、影響は選手に及ぶ。世界中からスター選手が集まるイングランドプレミアリーグでは現在、英国内で制限なくプレーができるEU内選手は、EU外選手と同様に労働許可証取得が必要になるとみられる。

英サッカー界では自国出身選手の保護を目的に労働許可証の発給にはハードルが設けられている。スペインのGKデヘアやフランスのMFカンテらフランスで開催中の欧州選手権で活躍する選手も、
直近2年間の代表戦に一定数の出場を求める現行の労働許可取得基準は満たしていない。BBCの報道によれば、プレー資格を失うEU内選手はプレミアリーグ全体で100人を超えるという。

EU内移籍の自由を認めた「ボスマン判決」は適用外となり、外国人枠の復活もある。日本代表FW岡崎らEU外出身選手がより厳しい競争を強いられることにもなり得る。

ファンにも無関係ではない。欧州チャンピオンズリーグなど国外で行われる試合の観戦に、これまでのように自由に行けなくなる可能性もある。当面は、混乱が続きそうだ。

サンケイスポーツ 6月25日(土)7時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00000009-sanspo-socc

no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

原博実副理事長が語る「Jリーグ改革案」 …外国人枠、ビッグクラブ、指導者の海外進出 

29: 名無しさん 2016/06/25(土) 10:54:54.72 ID:OH3wUP3z0
外国人枠、ビッグクラブ、指導者の海外進出…原博実副理事長が語る「Jリーグ改革案」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160625-00000052-sph-socc
スポーツ報知 6月25日(土)10時33分配信

 元日本代表FWの原博実氏(57)が3月に日本協会を退職し、Jリーグ副理事長に就任した。
選手、指導者として現場を知り、協会とJリーグの幹部を歴任するなど経験豊富な原氏は、
発足から24年目に突入したJリーグは「大きな分岐点にある」と捉える。
「もう一度、いい循環にしたい」と1993年のリーグ開幕直後に巻き起こったフィーバーの再燃に向け、
私案を交えて“改革案”を披露した。(取材・斎藤 成俊)

no title

1: 名無しさん
<外国人出場枠1増>

 開幕初期、Jリーグには“華”があった。ジーコ、リトバルスキー、ストイコビッチ、レオナルドら、人気と実力を兼備したスターが所属し、その姿を見るために多くのサポーターが足を運んだ。日本人選手は“世界”を知ることで成長してきた。現在、資金力を背景に“爆買い”を続ける中国で同じことが展開されている。その状況に原氏は危機感を抱く。

 「監督、選手と中国リーグにいる外国人のレベルは高い。国内の選手は、中国に比べて日本の方がレベルは高いが、ワールドクラスと対戦して学ぶ経験は少なくなっている。日本人は下手になってないが、この状況が続くのは良くない」

 国内活性化のために求めるのは一流外国人で、獲得には資金が必要だ。Jリーグでは17年シーズンからの放映権契約の交渉を進行中。大型契約が成立すれば、各クラブへの分配金が増え、高額年俸選手獲得の可能性は高まる。その上で、原氏が考えるのは外国人出場枠を増やすことだ。Jリーグでは1試合に登録できる外国籍選手は3人以内。これにアジアサッカー連盟加盟国、またはJリーグ提携国の枠で1人追加できる。

 「外国人枠をもう1つ増やせたら、外国人同士も競争して全体のレベルが上がる。今は枠を使い切ってないクラブもある。一流外国人選手同士の交代があってもおもしろい。日本人の出場機会が減るという意見もあるが、出られなければ出られるクラブに移籍すればいい。それに、激しい競争に生き残れない日本人は世界で戦えない。ドイツ、プレミアなどは外国人枠がない。競争があればリーグは活性化する。こういう議論だって、タブーなくやればいい」

<営業収支100億円超クラブを>

 一流外国人選手獲得と国内選手の成長で、期待されるのがビッグクラブの誕生だ。

 「これまでJリーグのチーム数を増やしたことは悪くないが、全体的に(戦力が)平均化して、トップクラブがなかなかACLで勝てない」

 現在、Jクラブで営業収支1位は、浦和の約60億円。原氏が望むのは100億円超えのクラブだ。

 「育成を大切にする地方クラブがあることは素晴らしいが、やっぱり100億円以上の規模を誇るクラブがいくつかほしい。ACLで優勝して、クラブW杯決勝に行くようなクラブが出てきて、引っ張ってほしい。突き抜けたチームが3、4つあって競い合う。これは代表強化にもつながる」

 重要なのがスポンサーなどの収入だ。サッカー人気が上昇すれば、いわゆる“お金持ち”が投資先としてJリーグに目を向ける可能性はある。

 「例えば、東京の都心に大きなスポンサーがついたビッグクラブがあり、有名な選手もいるという状況になってほしい。そのポテンシャルは東京にある」

<指導者の海外進出>

 本田圭佑(ACミラン)、香川真司(ドルトムント)、岡崎慎司(レスター)ら、海外を舞台に戦う日本人選手は格段に増えている。だが、監督、コーチらはどうだろう。原氏は指導者の海外“武者修行”を提言する。

 「弱いチームでもいいから指揮してほしい。ひょっとしたらACLで日本のクラブを破り、優勝する可能性だってある。名を上げて、再び日本に戻ってくるような指導者が出てほしい。お金は、勝ったらもらえればいいという考えだっていい。国内にいると(就職先は)何とかなるだろうという気持ちになる。とにかく、海外に出て行くというチャレンジ精神(が大切)。それに指導者が海外に出ればネットワークが広がり、自国の選手を獲得しやすくなり、選手の海外挑戦も促す。最初は2部だって、3部だっていい。日本が世界で戦うには、監督にもたくましさが必要だ」

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

体育でサッカーやるときのサッカー部wwwwwwww 

2: 名無しさん 2016/06/25(土) 00:06:32.96 ID:gRnEK3T60
ウキウキで草

no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索