Samurai Goal

スポンサード リンク


【Jリーグ】ペトロビッチ監督の「攻撃サッカー」が功を奏したか 6戦無敗のコンサドーレ札幌躍進の理由とは 

9213
1   2018/04/25(水) 09:53:32.46 _USER9
北海道コンサドーレ札幌がクラブのJ1記録を更新する6戦負けなしと好調だ。

今季から就任したペトロビッチ監督の下、攻撃サッカーを展開。シュート数はリーグ最多の121本を数える。得点は11点だが、うち8点をヘッドで決めている。

左利きのアタッカーが多いこともあってか、通常は多くなる右足での得点が1点もなく、頭での得点が全体の72・7%を占める(オウンゴール除く)。この数字に、札幌躍進の理由が垣間見えた。

 長身のジェイや都倉だけが頭でゴールを量産しているわけではない。158センチのチャナティップが2点、172センチの宮吉も1点。チームのクロス成功数、成功率ともリーグ1位で、小柄な選手でも頭で合わせられる高精度のクロスが、三好、駒井らから上がっている。

 ペトロビッチ監督は、短期間で劇的にチームを変えた。1試合平均のボール保持率は昨季の45%→54%にアップ。同パス成功数も120本近く増加した。

クロス攻撃は昨季から武器の1つとなっていたが、その前段階の崩しがより洗練され、「クロス→ヘッド」の精度、威力が増した。あと4勝で並ぶ外国籍監督の歴代最多勝記録も、W杯中断期間の前に更新しそうな勢いだ。【石川秀和】

4/25(水) 7:28配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00189271-nksports-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

『ヴェンゲルが日本代表監督に!?』フランスメディアが報道 名将就任はありえるのか 

F201301061631379874449811
1   2018/04/25(水) 03:23:12.95 _USER
イングランド・プレミアリーグのアーセナルを今季限りで退任するアーセン・ベンゲル監督(68)が、
日本代表の次期監督候補になっていると22日、フランスのメディアが報じた。


 約22年間も同クラブを率いた名将には、すでにオファーが殺到。
英国メディアは、フランス1部の強豪・パリSGが会長としてオファーを出す方針だと伝えている。
フランスのメディアは同監督が1995年から名古屋を指揮した経験があることを伝えた上で、
日本代表監督候補に浮上する可能性があると報じた。



スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20180423-OHT1T50238.html

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

怒りのハリル氏「韓国代表監督説」急浮上!!!敵の敵は味方?“復讐”する日が来るのか 

1   2018/04/25(水) 07:47:12.23 _USER9
サッカー日本代表のヴァヒド・ハリルホジッチ監督の電撃解任について国内では賛否両論だが、海外では、「W杯出場に導いた監督にとんでもない仕打ち」(フランスの日刊紙『パリジャン』記者のドミニク・セベラック氏)といった見方が大勢を占めるようだ。

 欧州のサッカー事情に詳しいスペイン在住カメラマンのムツ・カワモリ氏が解説する。

「特に問題視されているのは、解任理由の説明が明確でなかったことです。これまで欧州の人々が抱いていた“日本人は誠実”という印象の反動もあり、“もう誰も日本の監督なんて引き受けないだろう”といわれている」

 ハリル前監督は怒り心頭で、日本サッカー協会の田嶋幸三会長が手渡ししようとした契約解除の書類の受領を拒否。すでに来日して、27日には反論会見を開く予定という。

 一方で、早くも“再就職先”の交渉を進めているようだ。ノンフィクションライターの宇都宮徹壱氏はこう話す。

「ブラジルW杯で指揮をとったアルジェリアや、エジプトなどが招聘すると囁かれている」

 そこに“参入”するかもしれないのが韓国だ。

「昨年8月のW杯予選でハリルジャパンがオーストラリアを破った際に韓国でのハリル評価は高まり、昨年12月の東アジア選手権の開催中には韓国サッカー協会幹部が接触したとの情報も飛び交った。ハリル氏が掲げるカウンター主体の戦術は日本より韓国向き。さらに“アジアのサッカーを知っている”というアドバンテージもあるから、韓国が名乗りを上げる可能性は十分あるでしょう」(サッカー協会関係者)

 敵の敵は味方──ハリル氏が日本の宿敵を率いて“復讐”する日が来るのだろうか。

※週刊ポスト2018年5月4・11日号

写真
no title


4/25(水) 7:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00000003-pseven-spo

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

『西野より手倉森の方が良かった』誰が代表監督に適任だったのか 

131211_tekuramori_02
1   2018/04/25(水) 07:02:07.66 _USER9
サッカー日本代表「ハリルホジッチ解任」の吉凶

 お互いが自分のやり方を押しつけて、人間関係はギスギスの極みで最悪。采配も稚拙な愚将、クビで正解か? 選手たちの運命やいかに

■本田圭佑はツイッターで

 〈It's never too late.〉和訳すると“遅すぎることはない”。4月10日、サッカー日本代表の本田圭佑はツイッターでこう呟いた。「何を指しているのかは一目瞭然。
その前日の4月9日、サッカー日本代表監督のヴァヒド・ハリルホジッチ氏の解任が発表されたんです」(スポーツ紙記者)

 2015年から約3年間、代表監督を務め、ロシアW杯の出場も決めたハリルホジッチ氏のまさかの解任。その衝撃は計り知れない。
「電撃解任の理由は、成績不振。確かに日本代表はW杯出場が決定して以降は、3勝4敗2分けで低迷していました。とはいえ、ロシアW杯を2か月後に控えたこの時期に、なぜ? と疑問も残ります」(前同)

 本田は“遅すぎることはない”と呟いているが、はたして、どうなるか? 後任には、アトランタ五輪サッカー日本代表監督で、Jリーグではガンバ大阪などを率いた西野朗氏が選ばれたが、大丈夫なのか?
■長谷部誠は何度もハリルの解任を進言していた

 そこで、本誌が『ハリルホジッチ解任の吉凶』を徹底取材すると、今回の解任劇を“吉”とする見方がかなり強い。三十数年、サッカー日本代表の試合を取材しているスポーツライターの戸塚啓氏は、こう言う。「ハリル解任は当然の流れ。タイミング的には遅すぎると思いますよ」

 その理由として挙げられるのは、ハリルのサッカー戦術と日本のサッカーが“合っていない”ことだ。
「ハリルのサッカーは“縦に速い”。距離の長いパスを主軸に、選手をとにかく前線に走らせるスタイルです。ただ、日本人サッカーはもともと、短めのパスをつないでいくことを得意としています。ミスマッチがあったんです」(前同)

 サッカー専門誌の編集者もこう語る。「ハリル監督の口癖は“デュエルで勝て”。デュエルとはフランス語で1対1のことです。日本人は、海外の選手に比べてフィジカルが弱く、個の力で突破できない弱点があった。ハリルは、そんな日本人選手を改革しようとしたんですね」

 そして、長年、決定力不足が問題だった日本サッカーを変えようとしたのだが、結果が伴わなかった。「W杯のアジア予選なら、それなりに通用したんですが、欧州や南米の強豪相手では、まったく歯が立たなかったんです」(前同)

 それが如実に現れたのは、先の3月下旬に行われたベルギー遠征。
「W杯の同じグループの対戦国を想定した遠征でしたが、マリとは1-1の引き分け、ウクライナには1-2で敗戦。この2国はW杯出場を逃した格下なのに、このありさま。ハリルジャパンの限界が見えたような結果でした」(夕刊紙記者)

 それだけではない。ハリルと選手の間の信頼関係も末期状態だったという。ベルギー遠征後、MFの森岡亮太は、「監督と選手の間にイメージのギャップ? それは見ていても分かると思う」と不満気味にコメント。
DFの槙野智章は、「自分たちの良さは何か。ショートパス、間を使いながらプレーするのも必要だったかなと思う」と、監督の戦術に対して真っ向、批判をブチまけた。
「キャプテンの長谷部誠は、何度も協会にハリルの解任を進言していたようです。しっかり者の長谷部が動いていたのだから、余程でしょう」(前出の夕刊紙記者)

 このように、ハリル解任は、日本サッカーにとって“吉”という見方が強い。

■今の日本はワールドカップで勝てない

 だが、これですべてがうまく進むとも言えないのだ。「正直、今の日本がW杯で勝てるとは思えない。1次リーグで、コロンビア、セネガル、ポーランドという強豪と当たります。
ハリルが辞めたところで、今の日本選手の実力では、とうてい太刀打ちできません」(前出のスポーツ紙記者)

 後任の西野監督への疑問の声も。「西野監督といえば、ガンバ大阪の黄金時代を築き上げた名監督ですが、あれは当時、遠藤保仁という天才が全盛期で活躍したおかげ。
その後、ヴィッセル神戸、名古屋グランパスの監督に就任したものの、結果が残せずに解任されているんです」(前同)

>>2-5あたりに続く)

日刊大衆 2018.04.23 05:00
https://taishu.jp/articles/-/59056

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【チャンピオンズリーグ】「リヴァプール×ローマ」サラー、まるで鬼神!!! 

GettyImages-950824992-800x547
1   2018/04/25(水) 05:38:50.45 _USER9
チャンピオンズリーグ(CL)準決勝ファーストレグが24日に行われ、リヴァプールとローマが対戦した。

 ホームのリヴァプールは準々決勝でマンチェスター・Cに連勝を収めて10年ぶりのベスト4となった。先発には、古巣対決のモハメド・サラー、ロベルト・フィルミーノ、サディオ・マネの強力3トップをはじめ、主将のジョーダン・ヘンダーソンやアレックス・オックスレイド・チェンバレンらが名を連ねた。

 対するローマはバルセロナを相手に大逆転劇を演じて初のCL準決勝。CLの前身であるチャンピオンズカップ時代を含めると、1983-84シーズン以来となる34年ぶりの欧州4強となった。スタメンには、バルセロナ戦でゴールを決めた主将のダニエレ・デ・ロッシ、エディン・ジェコ、コスタス・マノラスらに加え、ラジャ・ナインゴランがトップ下に入った。

 試合は開始2分、ローマが先にケヴィン・ストロートマンのミドルシュートで相手ゴールに迫ると、リヴァプールも3分にサラーが右サイドから切り込んでシュートを放ったが、どちらもお互いのGKを脅かすことはできない。15分、リヴァプールにいきなりアクシデントが襲う。アレクサンダル・コラロフとの競り合いでチェンバレンが右ひざを痛めて担架で運び出され、代わりにジョルジニオ・ワイナルドゥムが投入された。

 ローマは18分、こぼれ球に反応したコラロフがエリア前から強烈な無回転ミドル。だが、相手GKロリス・カリウスに反応され、ボールはクロスバー直撃で得点にはつながらない。あわや失点のシーンを防いだリヴァプールは徐々に先制点の匂いを漂わす。マネが28分にエリア内へ抜け出して左足シュート、直後の30分にもフィルミーノの折り返しに右足で合わせたが、どちらも枠を捉えられない。

 すると36分、リヴァプールは高い位置でボールを奪い返すと、エリア右でパスを受けたサラーが一瞬の隙を突いて左足を振り抜く。シュートは相手GKアリソンもノーチャンスのゴール左上隅に決まり、先制点となった。これで勢い付くリヴァプールは38分にも右CKからデヤン・ロヴレンがヘディングシュートを放つが、これはクロスバーに弾き返された。

 前半アディショナルタイム1分、リヴァプールがカウンターから追加点を奪う。サラーの落としを受けたフィルミーノが持ち上がりエリア中央へスルーパス。そこに走り込んだサラーが飛び出したGKアリソンをかわすループシュートを沈め、リヴァプールの2点リードで前半は終了した。

 後半に入ってリヴァプールは56分、エリア右に抜け出したサラーが冷静に中を見て折り返すと、中央フリーのマネが合わせて追加点。さらに61分には再びエリア右へ侵入したサラーがグラウンダーのクロスを送り、ファーのフィルミーノが合わせてリードを4点に広げた。それでも勢いは止まらず、69分にはジェイムズ・ミルナーの右CKから中央のフィルミーノがヘディングシュートをゴール左隅に叩き込み5点として、決勝進出に大きく前進する。

 しかしローマも意地を見せる。反撃が実ったのは81分、敵陣中央のナインゴランが前線へピンポイントのロングパスを送ると、エリア内左で収めたジェコがフリーで右足シュートを沈めて1点を返す。さらに85分には相手のハンドで得たPKを、ディエゴ・ペロッティがゴール右上隅に決めてアウェイゴール2点を奪った。

 試合はこのまま終了。リヴァプールが5ゴールを挙げて先勝したが、ローマもアウェイゴール2点を奪い返して奇跡の逆転劇が視野に入る3点差とした。セカンドレグは5月2日にローマのホームで行われる。

【スコア】
リヴァプール 5-2 ローマ

【得点者】
1-0 36分 モハメド・サラー(リヴァプール)
2-0 45+1分 モハメド・サラー(リヴァプール)
3-0 56分 サディオ・マネ(リヴァプール)
4-0 61分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
5-0 69分 ロベルト・フィルミーノ(リヴァプール)
5-1 81分 エディン・ジェコ(ローマ)
5-2 85分 ディエゴ・ペロッティ(PK)(ローマ)
4/25(水) 5:37配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180425-00747859-soccerk-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【宇佐美貴史】評価うなぎ上り!!デュッセルドルフ『完全移籍』に向けて注目発言! 

1   2018/04/25(水) 06:15:54.21 _USER9
「タカは華々しい活躍を見せている」と指揮官
 
ドイツ国内での評価がうなぎ上りだ。ブンデスリーガ2部のフォルトゥナ・デュッセルドルフで出色の出来を披露する日本代表FW、宇佐美貴史である。
 
日曜日の31節、3-0の快勝を収めたインゴルシュタット戦では、僚友・原口元気が先制アシストを決めると、宇佐美は2点目と3点目をCKキックから導き、ふたりで全得点に絡んで見せた。
ドイツ・メディアはこぞってこの日本人デュオの活躍を称え、フリードヘルム・フンケル監督は「昔からよく知るゲンキ(原口)が来てからというもの、タカ(宇佐美)は華々しい活躍を見せているね」と目を細める。
 
ドイツ全国スポーツ紙『BILD』は、「チームにすっかり溶け込めているし、僕たちふたりは本当に楽しんでプレーしている。個人的には冬のウインターキャンプでいい準備ができたのが大きかった」と宇佐美の声を伝えた。
さらに選手本人は「(2部で)チャンピオンになりたい。そして、デュッセルドルフに残りたい」と、その胸中を明かしている。

現在、宇佐美は1部のアウクスブルクからの期限付き移籍中で、レンタル元との契約は2019年6月まである。フォルトゥナは来シーズンに1部を戦う上で重要な戦力と捉えており、それはフンケル監督も同意見だ。
アウクスブルクが売却に応じるかどうかだが、クラブのスポーツ・ディレクターであるシュテファン・ロイターが『BILD』紙の取材に応え、口を開いた。かつてボルシア・ドルトムントなどで一時代を築いた、元ドイツ代表の名DFである。
 
「フォルトゥナでのウサミは素晴らしいね。もしプレーヤーが私の元へ来て、他のクラブでの解決策を探し求めているなら、基本的に話をする準備はあるよ。だが結論を出すためには、すべてのサイドの条件がフィットしなければならない」
条件面さえ整えば完全移籍の交渉に応じる、とも取れる発言だ。『BILD』紙も「フォルトゥナが適正な買い取り額を提示すれば問題はないだろう。そもそもウサミとアウクスブルクは上手く行っていなかったのだから」と記している。

◆原口とともに“ダブル買い取り”の可能性も
 
ドイツ2部の情報を専門に扱うサッカーサイト『LIGA-ZWEI』は、フォルトゥナに対して早急な決断を求める。「ウサミはハラグチとともにワールドカップを戦う日本代表のメンバーに選ばれるだろう。
もしそこで名を上げれば、市場価格はグッと吊り上がるはずだ。フォルトゥナは早めに決断して、アクションを起こす必要がある」と論じるのだ。
 
原口も宇佐美と状況は同じで、レンタル元のヘルタ・ベルリンとは来年6月まで契約が残っている。
左に原口、右に宇佐美を配する日本人アタッカーの両翼が機能しているフォルトゥナだけに、フンケル監督は原口の完全移籍も視野に入れているかもしれない。
 
いずれにせよ、西野朗新政権が発足した日本代表にとって両雄のハイパフォーマンスは、頼もしい限りだ。今週土曜日のディナモ・ドレスデン戦でも揃ってスタメン出場を果たすか。
勝てば1部昇格が決まり、他会場の結果次第では2部優勝が確定する注目の一戦だ。

4/25(水) 5:56配信 サッカーダイジェスト
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180425-00039355-sdigestw-socc

写真
no title

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索