Samurai Goal

スポンサード リンク




【岡山】DF岩政退団を発表・・・「私はサヨナラではない気がしています」 

1: 名無しの24時 2016/12/08(木) 17:28:29.51 ID:CAP_USER9
J1昇格プレーオフ決勝で敗れ、クラブ初のJ1昇格を逃した岡山は8日、元日本代表DF岩政大樹(34)と話し合いを重ねた結果、来季は岡山でプレーしないことが決まったと発表した。クラブ、岩政双方の将来を熟考した結果だとしている。

 岩政はクラブを通じ、「今シーズンをもって、ファジアーノ岡山を退団することになりました。皆さんに感謝しています。ありがとうございました」と退団を報告。

 「『サッカー人生を賭けた挑戦』と心に決めて、何も知らなかった岡山という土地に足を踏み入れた、2年前のあの日のことが随分遠くのことのように感じます。私が求めた挑戦がここにはあり、多くの方々のサポートのおかげでそれを思う存分にさせていただきました。2年間、苦しく楽しい日々でした。苦しくて苦しくて、何度も結果から逃げて行きたくなりました。でもそんな時、信じられないくらいの想いを届けてくださったサポーターの皆さんと、信じられないくらい私を信じてくれたクラブ、スタッフ、そして仲間たちの気持ちに心が震え、自分を奮い立たせてきました。今は、求められた結果をもたらすことができなかった自分に落胆しています。そして、皆さんには本当に申し訳なく思っています」と昇格を逃したことが退団の原因となったことを明かした。

 その上で「私は『クラブの次なる目標へのDNAを作ってほしい』と言われ、ここに呼ばれました。それを私は、結果への責任であり、覚悟だと解釈しました。だから、ファジアーノ岡山で最後にできる私の仕事は、ここでけじめをつけることだと思います。そして、この2年間の経験をクラブの歴史に上積みし、新たに変わっていくことがこのクラブの未来なのだと確信しています。感謝を伝えたくても言葉では伝えきれません。私の記憶の中で、この2年間は本当に濃い色で彩られる思い出となりました。それは皆さんのおかげです。ありがとうございました。ただ、私はサヨナラではない気がしています。たまに当たる私の予感です。『想いは届く』皆さんに教えられました。本当にありがとうございました」としている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000149-spnannex-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

槙野PK献上で大損失!?W杯逃した浦和の“減収”はいくら?? 

1: 名無しの24時 2016/12/08(木) 10:21:35.77 ID:CAP_USER9
J1王者を決めるチャンピオンシップ第2戦の79分、クリアミスから鹿島若手FWの突破を許した揚げ句、ペナルティーエリア内で背後から倒してしまい、決勝点となるPKを献上した浦和DF槙野智章(29)に対して「日本代表とは思えない大ミスを犯し、浦和のJ1王者とクラブW杯出場をダメにした。“損害賠償として”20億円ほど支払ってもらおう」と大ブーイングである。

 まずは、浦和が8日に開幕するクラブW杯に出場していたら――。

 8日、横浜国際でJ1王者の鹿島とオセアニア地区王者のオークランドシティー(ニュージーランド)が対戦する。J屈指の観客動員力を誇る浦和が出場していたら、鹿島よりも1万人の動員増につながって「チケット代の平均が5000円(カテゴリー1が8000円~同4が2000円)。計5000万円の入場料収入アップ」となった。第2ラウンド、準決勝と勝ち上がって18日の決勝で欧州代表のレアル・マドリード(スペイン)とぶつかったら、決勝のチケット代は平均2万3000円(カテゴリー1が4万円~同4が1万円)なので浦和敗退で2億3000万円がフイになり、4試合で計3億8000万円の“減収”となった。

 浦和が王者として来季J1に臨んだ場合――。

 10年ぶりのJ1制覇に熱狂的なサポーターが大興奮。本拠地の埼スタには今季と比べて1万人増の、敵地にも5000人増のサポーターが詰めかけることが予想され、来季34試合の本拠地分の6億円増、敵地分の3億円増の「計9億円」が吹っ飛んだ計算となる。

「人気クラブの浦和が王者としてクラブW杯やJ1に臨めば、入場料収入アップに加えて優良企業のスポンサー参入やサッカーファンの購買力アップにつながり、相乗効果としてテレビ・雑誌などメディア業界も潤った。鹿島よりも、総額20億円ほどのカネが多く動いていた」(サッカー関係者)

 それをすべてブチ壊した槙野。どうやって穴を埋める?

日刊ゲンダイDIGITAL 12/8(木) 9:26配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000010-nkgendai-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【鹿島アントラーズ】オークランドに舐められた!?「浦和が勝ち上がると…」 

1: 名無しの24時 2016/12/08(木) 09:32:11.06 ID:CAP_USER9
クラブチーム世界一を決める大会が、8日に開幕する。開催国枠で出場するJ1覇者の鹿島は、1回戦でオセアニア代表のオークランド(ニュージーランド)と対戦する。両チームは7日、試合会場となる横浜国際総合競技場で公式練習を実施。実は、オークランド側が予想した対戦相手は鹿島ではなかったようで…。

 完全に想定外だった!? 開幕戦を翌日に控え、公式会見と練習に臨んだ鹿島とオークランド。鹿島の練習終了後に壇上に上がったスペイン人の敵将、トリブリエチ監督が苦笑いを浮かべた。

 「来日前は浦和や川崎の研究もしていた。実際のところ、浦和が(CSを)勝ち上がる可能性が高いと思って、重点的に警戒していたんだ」

 オークランドは11月30日に早々と来日した。今大会に向けて入念な準備を重ねていたが、来日前の“予習対象”は浦和だったとポロリ。まさかの鹿島の勝ち上がりに、指揮官は急きょ、浦和-鹿島のCS決勝第2戦(3日、埼玉)を視察したという。

 年間勝ち点3位から下克上Vを果たした鹿島にしてみれば、完全になめられた格好。自国開催の地の利はあるとはいえ、初出場の鹿島とは対照的にオークランドは最多8度目の出場となる。昨年は広島に1回戦で0-2と完敗したが、2014年大会では3位に食い込んだ。“上から目線”は鹿島イレブンが闘志を燃やすには十分だ。

 鹿島はCS決勝から中4日での日程だが、「アントラーズファン以外にも、みてもらうことができる。そこでJのチームが負けてはいけない」とDF昌子。勝ち進めば準々決勝は11日で中2日、その後も中2日、中3日の強行スケジュールとなるものの、士気は上がる一方で疲労を理由にはしない。

 オークランドの選手は他に本業を抱えるセミプロがほとんど。敵の映像を数試合分チェックし、対策を練ったMF柴崎は「序盤からアグレッシブなサッカーを展開することが大事」と猛攻を仕掛けるつもりだ。なめられてたまるか!

サンケイスポーツ 12/8(木) 5:00配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000500-sanspo-socc

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【CL】ドルトムントがレアルとドロー、セビージャのGS突破確定…<GS第6節> 

1: サムライ24時 2016/12/08(木) 09:21:28.28 ID:CAP_USER9
チャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第6節が7日に各地で行われた。

 グループEでは、トッテナム(イングランド)がCSKAモスクワ(ロシア)を下し、3位が確定。すでにグループステージ突破が決まっているチーム同士の対戦は、レヴァークーゼン(ドイツ)がモナコ(フランス)に完封勝利を収めた。

 グループFでは、日本代表MF香川真司所属のドルトムント(ドイツ)が、ドイツ代表FWマルコ・ロイスの得点などで2点差を追いつきレアル・マドリード(スペイン)とドロー。グループ首位通過となった。また、レギア・ワルシャワ(ポーランド)が今大会初勝利を挙げている。

 グループGでは、ポルト(ポルトガル)がすでにグループ首位通過を確定させている日本代表FW岡崎慎司所属のレスター(イングランド)に5-0で勝利。2位通過を決めた。

 グループHでは、リヨン(フランス)の猛攻を耐えた日本代表MF清武弘嗣所属のセビージャ(スペイン)が、スコアレスで試合を終え決勝トーナメント進出を果たしている。

 なお、日本人は岡崎のみが出場。清武はベンチ入りしたものの出場はなく、香川はベンチ外となった。

■CLグループステージ第6節結果(7日)
▼グループE
レヴァークーゼン(ドイツ) 3-0 モナコ(フランス)
トッテナム(イングランド) 3-1 CSKAモスクワ(ロシア)

▼グループF
レアル・マドリード(スペイン) 2-2 ドルトムント(ドイツ)
レギア・ワルシャワ(ポーランド) 1-0 スポルティング(ポルトガル)

▼グループG
クラブ・ブルージュ(ベルギー) 0-2 コペンハーゲン(デンマーク)
ポルト(ポルトガル) 5-0 レスター(イングランド)

▼グループH
リヨン(フランス) 0-0 セビージャ(スペイン)
ユヴェントス(イタリア) 2-0 ディナモ・ザグレブ(クロアチア)

■グループステージ順位(◎はCL決勝トーナメント進出、◯はヨーロッパリーグ決勝トーナメント進出)
▼グループE
1位 モナコ(勝ち点11/得失点差2)◎
2位 レヴァークーゼン(勝ち点10/得失点差4)◎
3位 トッテナム(勝ち点7/得失点差0)◯
4位 CSKAモスクワ(勝ち点3/得失点差-6)

▼グループF
1位 ドルトムント(勝ち点14/得失点差12)◎
2位 レアル・マドリード(勝ち点12/得失点差6)◎
3位 レギア・ワルシャワ(勝ち点4/得失点差-15)◯
4位 スポルティング(勝ち点3/得失点差-3)

▼グループG
1位 レスター(勝ち点13/得失点差1)◎
2位 ポルト(勝ち点11/得失点差6)◎
3位 コペンハーゲン(勝ち点9/得失点差5)◯
4位 クラブ・ブルージュ(勝ち点0/得失点差-12)

▼グループH
1位 ユヴェントス(勝ち点14/得失点差9)◎
2位 セビージャ(勝ち点11/得失点差4)◎
3位 リヨン(勝ち点8/得失点差2)◯
4位 ディナモ・ザグレブ(勝ち点0/得失点差-15)

▼グループA
1位 アーセナル(勝ち点14/得失点差12)◎
2位 パリ・サンジェルマン(勝ち点12/得失点差6)◎
3位 ルドゴレツ(勝ち点3/得失点差-9)◯
4位バーゼル(勝ち点2/得失点差-9)

▼グループB
1位 ナポリ(勝ち点11/得失点差3)◎
2位 ベンフィカ(勝ち点8/得失点差0)◎
3位 ベジクタシュ(勝ち点7/得失点差-5)◯
4位 ディナモ・キエフ(勝ち点5/得失点差2)

▼グループC
1位 バルセロナ(勝ち点15/得失点差16)◎
2位 マンチェスター・C(勝ち点9/得失点差2)◎
3位 ボルシアMG(勝ち点5/得失点差-7)◯
4位 セルティック(勝ち点3/得失点差-11)

▼グループD
1位 アトレティコ・マドリード(勝ち点15/得失点差5)◎
2位 バイエルン(勝ち点12/得失点差8)◎
3位 ロストフ(勝ち点5/得失点差-6)◯
4位 PSV(勝ち点2/得失点差-7)

SOCCER KING 12/8(木) 7:28配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00524500-soccerk-socc

【サッカー】<UEFA-CL>アーセナルが逆転で首位通過!混戦のB組はナポリとベンフィカが突破/GS第6節©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481064909/
901


ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【横浜Fマリノス】中村俊輔、残留に向けて長期契約提示!チームの顔に最大限の誠意 

1: サムライ24時 2016/12/08(木) 04:16:01.69 ID:CAP_USER9
サッカーJ1横浜Mの利重孝夫チーム統括本部長(51)は7日、磐田からオファーを受けている元日本代表MF中村俊輔(38)に対して、
将来的な監督やコーチ就任の可能性を含めた“生涯契約”オファーを提示することを明らかにした。

一方、今季リーグ戦23試合に出場したブラジル人DFファビオ(27)は、クラブの了解を得ないまま帰国したことが発表された。

横浜Mが俊輔の残留に向けて最大限の誠意を示す。この日、取材に応じた利重チーム統括本部長は磐田から獲得オファーを受けている俊輔について
「クラブとして最大限の努力をする。選手としてもそうだし(将来的な)コーチだったり監督だったりといったことも含めて交渉する」と言い切った。

将来的な監督就任を見据えたオファーはJリーグ24年間の歴史の中でも例がなく、異例の待遇。
クラブ幹部は「来年も我々と一緒に戦ってもらえるよう、交渉を続けたい」と背番号10の残留を最優先事項に挙げている。
主将として長年、チームに貢献してきた実績に加え、若手の手本になる姿勢を高く評価して“生涯マリノス”の契約を熱望した。

俊輔はスコットランドのセルティックに在籍していた07年10月に、
リーグ2連覇に貢献したことから“生涯オファー”を提示されたこともあり、今回が2度目になる。

ただ、指導者の道を示唆されたからといって俊輔がすんなりと残留を決意するかは不透明だ。

関係者によると、俊輔は主将としてシーズン中から練習環境やチーム改革案について真摯(しんし)にフロントに訴えていたというが、
フロント側は少数株主でチーム編成に影響力を持つシティ・フットボール・グループ(CFG)の意向ばかりを気にし、具体的な改善・改革は進まなかった。

クラブは今季33試合出場のDF小林祐三(31)の契約を更新せず、全試合フル出場の元日本代表DF中沢佑二(38)には一時、半減の年俸を提示。
ベテランを冷遇しながらも昨季7位、今季10位と結果を残せなかったエリク・モンバエルツ監督(61)を続投させ、さらに年俸もアップした模様だ。

ネット上などでサポーターから批判の声が上がり、クラブは公式サイトに長谷川亨社長(58)の名で
「F・マリノスファン、サポーターの皆様へ」と題した声明文を掲載するまでに至った。

9月末に左膝を痛め、長らくリハビリを行っていた俊輔は、すでに全体練習に部分的に合流。
この日はフルコートの紅白戦には参加しなかったが、10対10のパスゲームではキレのある動きを見せた。
クラブと俊輔の交渉は年内に行われる予定。去就の決定まで、予断を許さない状況が続く。

◆過去の異例オファー

▽18か月契約 01年に清水のDF森岡隆三が02年日韓W杯後の欧州移籍を視野に入れ、
異例の18か月契約を締結した。

▽引退選手に 05年限りで引退したG大阪のFW松波正信に対し、数クラブが非公式ながらも獲得オファーを提示。
「ガンバで終わりたかった」とそのシーズン限りで引退。

▽長期留学 08年2月、ドイツ1部のバイエルンが浦和ユースのMF原口元気に約2年間の長期留学オファー。
バイエルン側は専属家庭教師や選手寮、下部組織登録の準備などを進めたが実現はしなかった。

2016年12月8日4時0分 スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20161207-OHT1T50312.html

写真
no title


【サッカー】<横浜Fマリノス>DFファビオが一時帰国!「向こうでやらなくてはいけないことがある」クラブ引き止めも聞かず…
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1481099585/

【サッカー】<横浜F・マリノス>何がやばいのか?サポーターの憂鬱と希望
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1480993580/

ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ

【破格オファー】中国がサンチェスに週給約5750万円を提示、アーセナルと契約延長しない可能性も 

1: サムライ24時 2016/12/07(水) 23:40:21.26 ID:CAP_USER9
英『ミラー』は、アーセナルのFWアレクシス・サンチェスに中国から破格のオファーが舞い込み、アーセナルとの契約延長交渉が暗礁に乗り上げることになるかもしれないと報じている。

 同紙によると、現在いくつかの中国のクラブがサンチェスの代理人に接触しており、週給40万ポンド(約5750万円)を提示。アーセナルも中国のクラブがサンチェスに関心を持っていることは把握しているとのことだが、サンチェスが契約を更新しないのではないかと憂慮しているようだ。

 一方、サンチェスと同時に交渉中のMFメスト・エジルとの契約は、うまくいくと見られている。エジルはロンドンでの生活に満足しており、週給20万ポンド(約2875万円)程度で合意する見込み。しかし、現在週給13万ポンド(約1870万円)を受け取っているサンチェスは、アーセナルでトップの給与をもらいたいと考えており、そこがネックとなるかもしれない。

 契約延長交渉で揺れるサンチェスに対し、マンチェスター・シティは関心を否定したというが、ユベントスが獲得を考えているという。ただし、どちらのクラブも中国のクラブが提示する資金には太刀打ちできないだろうと同紙では報じている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161207-01634141-gekisaka-socc
900


ブログランキング にほんブログ村 サッカーブログへ


ブログパーツ


RSS
social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_feed social_64px_color_hatena

検索
カスタム検索

タグクラウド

月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ
アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
QRコード
QRコード
記事検索